ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2014年 08月 ( 29 )   > この月の画像一覧


2014年 08月 31日

KIRIN一番搾りと食材と(独り言)

f0146587_21383379.jpg
先日いつも買い物をする近所のスーパー”Pão de Açúcar”で大発見!!!呑兵衛の私は、ビール売場回遊は欠かさずするのですが、今回はちょっと嬉しかったことがありました。今までR$6,00(約280円)以上もしたキリン一番搾りがなななんと、R$4,67(約220円)に下がっていました。期間限定のプロモーション料金と思われ、思わずご褒美に(何の?)6本大人買い(子ども買い)時々こうして日本語が書かれているだけで、無性に手が伸びてしまう商品ってありますよね。リベルダージのスーパーではもうしょっちゅう誘惑に負けています。キリンさんがブラジルの飲料会社スキンカリオールを買収した結果、ここブラジルでも一番搾りが呑めるようになったなんてステキな話!日本でもビールと言えば「一番搾り」を迷うことなくスーパーの棚から選ぶワタシには、身近なサンパウロのスーパーでもこうして棚に並び始めたことすら嬉しくて…。あ!でも私はキリンの回しもんじゃあありませんよ。これからも値段と睨めっこしながら安めの一番搾りに出会えますように!ん?次元が低い呑兵衛の戯言すみません<(_ _)>

もうひとつ朗報が…。金曜日に、旧みつぎのお魚屋さん(今はアントニオが継いでいます)に買い物に行きました。何と、家族の大好物の「うに」がたくさん入荷していました。大き目の鯵と、ウニとあさり(小ぶり)を買って帰りました。まあもうその美味しかったの何のって!!美味し過ぎて写真を撮るのをすっかり忘れてしまいました。うに小パックR$55,00(約2500円)とちょっと値は張りますが、あの潮の風味にやられっぱなし、酢飯にして食べた食べた…。あーーー幸せ~♪結局2日間同じメニューの手巻き寿司三昧。大満足でした!食材に恵まれたサンパウロ、バンザイ!!それにしてもレアルを円に換算すると、「高い!」と思っているものが意外に安いのに気づきました!


by beijaflorspbr | 2014-08-31 22:04 | その他 | Trackback
2014年 08月 30日

うちごはんで誕生祝

この日は我が家にてゲストをお招きしての昼食会を予定していました。たまたまお誕生の人がいたので、お誕生祝いも兼ねての食事会ということにしました。この日のご招待客は6名+3名の家族。ちょうど良い人数でした。あまり多くても少なくても、お料理の調整は難しいのですが、私はいつも人数分+お土産と計算をして多めに作るようにしています。まずは主食はお祝い事の定番お赤飯から。今や目を瞑っていても出来る得意料理です。だって、ほぼ毎年「ブラジルを知る会」主催の慈善バザーで販売しているくらいですものね。もち米6合に対して、小豆は3分の2カップ、もちろん堀江式のレシピです。拘りは、貴重な日本からの小豆を使用したこと。そのストックももう底を付いてしまいました(涙)
f0146587_22000081.jpg
次もハチドリ家では定番のいなり寿司、ちょっと甘辛くジューシーに仕上げたつもり。ごはん類を盛り付けるのにいつも愛用しているこの四国彫りの塗りの器は、随分前に堀江先生を通して注文購入させて頂いたものです。3枚あったはずなのに1枚が行方不明!?現代の謎です、、、(ー_ー)!!
f0146587_22103281.jpg
箸休め3品は、ほうれん草、キンピラゴボウ、マンジョッカのオーブン焼き
f0146587_22140479.jpg
メイン1は既にご紹介させて頂いた和風ローストビーフ~♪柔らかくてしっとりしていて本当に美味しく出来上がりました(自画自賛)(^_^;)
f0146587_22162798.jpg
メイン2は鶏のから揚げでございま~す!インゲンの素揚げを添えて。。。お客さまが見えてから二度揚げしましたが、身がちょっと固くなったかも。ごめん!
f0146587_22171975.jpg
さあ、朝6時から準備した手料理を頂く時がやってきました!お腹空いた~~(ーー;)おや?お皿を見ると、アボカドのサラダ(アボカドをつぶし、鶏のささみを裂いてマヨネーズで和えたサラダ)や春雨サラダも作ったのでしたね。品数がやや多めに見えます。これだけ作ると、どれか嫌いなものがあったとしても、口に合うものは必ずありますものね。
f0146587_22203229.jpg
よ~く煮込んだおでんも大好評でした。巨大大根を抱えてバスで持ち帰った甲斐があったというものです。
f0146587_22243450.jpg
何故かいつも同じ定番のおはぎデザート、きっともう皆飽きているだろうな~と思いながらも作ってしまいました。小豆は、Santa Luziaに売っていたオーガニック小豆を使用。前日たっぷり時間をかけて丁寧に選別し、じっくり煮こんだ餡を使用しました。
f0146587_22250716.jpg
驚くべきことに、バタバタしていてケーキの完成品を撮る時間がありませんでした。全ての画像に誕生者が映り込んでいるので、こんなミニサイズになってしまいました。家にあったロウソクを急遽立ててみたので、実は年齢不詳な謎の誕生者(笑)
f0146587_22192878.jpg
な、なんか・・・ケーキの切り方がまたちょっと…(*_*)な崩れ果てた断面図。でもほとんどの人がお替りをしたほど、見てくれは悪いものの、美味しいケーキでございましたよん~♪練乳効果かしら?
f0146587_22291635.jpg
たっぷりゆっくり食べて喋ってご馳走さまでした!全てのお客さまが帰られたのは午後5時前のこと、それからトリオさんと一心不乱に後片付けをし、終わったのが午後7時半。残り物で頂く夕飯もまた美味でした。この日開いたビールは14本、皆良く吞んだなあ~(^_^)/てか、勢いに乗ってその後ももう1本呑んでしまったよ~♪


by beijaflorspbr | 2014-08-30 22:32 | おうちごはん | Trackback | Comments(2)
2014年 08月 29日

自分勝手な搭乗客・・・。

『8月27日(ブルームバーグ):「ニー・ディフェンダー(膝の保護具)」という用具が世界の注目を集めている。飛行機の中で前の席の人が座席をリクライニングさせるのを防ぐこの用具は、座席をめぐる乗客同士のもめごとで米ユナイテッド 航空機が緊急着陸を余儀なくされたことで一躍名を上げた。この用具のウェブサイトをあまりに多くの人が閲覧したため、26日に障害が発生した。2003年に売り出された21.95ドル(約2300円)のこのプラスチック製品の販売も「著しく」増えたと、発明者のアイラ・ゴールドマン氏が述べた。問題は航空会社が座席の間隔を狭くしていることにあると、同氏は指摘する。(中略)ワシントンから電話インタビューに答えたゴールドマン氏は、航空会社は「乗客が普通に座った状態で既に、膝が前の座席に付いているという状態を考慮に入れていない」と述べた。ゴールドマン氏発明の用具は前の座席の背についているテーブルの支えにU字型クリップを取り付けてリクライニングできないようにする。ニュージャージー州ニューアーク発デンバー行きのユナイテッド航空1462便は24日、この用具を使った乗客と前の席の乗客がけんかになったためシカゴに緊急着陸する事態になった。AP通信によれば、後ろの席の男性が客室乗務員の求めにもかかわらず用具を取り外すのを拒んだため、前の席の女性が男性に水を浴びせた。普通のエコノミーより5インチ(約12.7センチ)広いスペースのため追加料金のかかるエコノミー・プラスの座席での出来事だったという。』

いやいや・・・こりゃやっちゃあダメでしょ!自分さえ良ければ人はどうでもいいの?と思えた記事でした。

f0146587_09164455.jpg

昔、JALの直行便が元気にサンパウロと成田を飛んでいた頃、義母と共に帰国したことがありました。若干12歳で家族移民をした義母は苦労人でもありました。貧しい暮らしの中、6人の子どもを立派に育てた人でした。一緒に帰国をする機会があり、飛行機に乗った時、あることに気が付き愕然としてしまいました。何と、義母は24時間超えの超ロングフライトにも関わらず、ただの一度も背もたれを倒すことがありませんでした。真っ直ぐ座ってじっと耐えておられました。私が何度も「おかあさん、背もたれを倒した方が楽ですよ!」と言っても「私はこの方がいいの(このままでいいの)」と言ってちょこんと座っていました。私は根性なしなので、でれーっと足を投げ出し、だらしなく眠っていたように思います。それから何度も何度も昔移民でブラジルに渡って久しぶりの帰国をされる方々に機内でお会いしましたが、義母と同じように、背もたれを倒さずずっと同じ体制で座っている方に何だか感銘を受けてしまった記憶があります。昔の日本人は強かったのかしら。でも次に飛行機に乗った時は、やっぱり私も食事が終わったらすぐに背もたれを倒すだろうなあ~。だってお腹がつっかえるんですもん(爆)

★昔、この背もたれのことでイラッとしている2009年1月の記事を発見(笑)・・・あれからもう7年も経つのね。。。 日系エアラインが一日も早くサンパウロに直行便を飛ばしてくれますように!(遠い目)



by beijaflorspbr | 2014-08-29 09:33 | ニュース | Trackback
2014年 08月 28日

NB Steakで家族ランチ

ちょっと前の週末、珍しく家族で外食をしました。場所はIbirapueraのNB Steak.比較的新しいお店です。元々はブラジル南部のリオグランデ・ド・スル州ポルトアレグレ市で生まれたステーキ屋さんが、サンパウロにも進出してきたとHPに書かれていました。このお店の前身は、Pizzaの大繁盛店でした。残念ながら一度も行ったことがないまま、いつのまにかステーキ屋さんに変わっていました。外食率の高いグルメな義姉のお勧めのお店なので、一度試しに行ってみようか?ということに相成りました。
f0146587_20562884.jpg
落ち着いた色調の店内
f0146587_21041103.jpg
まずは座ると熱々のパンと何故かサラミの厚切りが運ばれてきます。
f0146587_21055878.jpg
メニューは至ってシンプル、サラダの他、肉・魚の食べ放題です。食べたいものを食べたいだけ持ってきてくれるシステム。
f0146587_21075508.jpg
野菜が大好きな家族なので、まずは野菜サラダ3種をお願いします。
f0146587_21095360.jpg
まずはカンパイー☆カイピロースカ、ビール、生ジュースのチョイス
f0146587_21111335.jpg
’なんちゃって’テンプラ、衣がシャリシャリしていてこれはこれで美味しい。
f0146587_21123804.jpg
ぼーっとしていると、だんだんお皿がいっぱいになってきました。
f0146587_21135114.jpg
お肉もどんどん持って来てくれます。
f0146587_21152252.jpg
キヌアやヤシの若芽パウミットの炭火焼きも…。
f0146587_21173428.jpg
カルパッチョの上には山盛りのサラダが嬉しい!
f0146587_21184721.jpg
最後の方でピカンニャが来ました、残念!
f0146587_21223147.jpg
もうこれ以上は絶対に食べられない、というところまで頑張りました。食べ放題は本当に危険です!(#^.^#)入り口付近にあったスタイリッシュな椅子、太目な私は怖くて到底座れません!
f0146587_21240388.jpg
ありそうでなかなかない良い時間でした!家族さんありがとうね。


by beijaflorspbr | 2014-08-28 21:26 | サンパウロのレストラン | Trackback
2014年 08月 27日

人それぞれの感じ方

全国高等学校野球選手権大会で見事逆転優勝を果たした大阪桐蔭高校の主将、中村 誠くんが中学3年生の時に書いた作文です。同作品は「心の輪を広げる体験作文」で内閣総理大臣賞を受賞しました。「かわいそうと思うことは良くないこと、何故ならその人を見下しているように思ったから」

朝偶然ある記事でこの作文を目にした時、涙が溢れて止まらなくなりました。私の両親も、障がい者として国から認定され、障がい者手帳を持っていました。父も母も足が悪く、普通に歩行することが大変困難でした。特に母は、外出の際には車椅子が必要でした。買い物に行くと、車椅子専用の駐車スペースは大体塞がっています。困り果てて待っていると、見た目には健常者と思われる親子が楽しそうに車に帰ってきました。何とも哀しく悔しい場面に何度も出くわしました。障がい者に対する世間の目は意外に厳しいものがありました。母はそんな困難を肌で感じたのか、次第に出不精になって行きました。最後は内臓疾患で亡くなりました。

「障がい者になりたくてなったひとは誰もいません。そして誰もが障がい者にならないという確率はゼロではないのです」中村くんの言う通りだと思います。期せずして弱者の立場になった時に、本人の強い意志はもちろんですが、周りの人たちの思いやりがより優しい社会を作り上げるのではないでしょうか。深く心を動かされました。野球選手としても牽引力のある中村くんの将来が楽しみでなりません。そしてこんな心優しい心配りが出来る若者がたくさん世の中にいるといいなあ、と思いました。私も周りの方々への思いやりを決して忘れず、日々暮らして行きたいと思った作文でした。中村くん、大切なことを気付かせてくれてありがとう!

大阪桐蔭高校は甲子園で見事に優勝しました。中村くんは、「障害者の友だちのためにも野球を続け、プロ選手になることが目標」と語っています。夢を実現させて、より大きな人間になってくれるよう、応援します。頑張れ、中村誠くん!! 


by beijaflorspbr | 2014-08-27 20:26 | ニュース | Trackback
2014年 08月 26日

持ち寄りにも便利な『和風ローストビーフ』

先日のお客様の際に一番評判の良かったローストビーフのレシピをご紹介させて頂きます。日本に居る時は、もも肉の塊を使用しますが、ここブラジルではフィレミニョンの尻尾(細い方)を購入して作るとうまくできます。このレシピは、堀江泰子先生直伝のレシピで、今まで何回も作ってきましたが、失敗がないのと、皆が美味しいと褒めてくださる一品なので、お勧めです~♪
f0146587_23250493.jpg

【材料】

牛もものかたまり肉・・・400~500グラム

(ブラジルではフィレミニョンを使用)

しょうが・・・・・・・・・1片

〈漬け汁〉

しょうゆ・・・・・1/2 カップ

酢・・・・・・・・・1/4 カップ

赤ワインまたは酒・・・1/4カップ

貝割れ菜・・・・・1カップ

干しワカメ、あさつき、みかんの皮・・各適量

★私は薬味に大根、ワカメ、ねぎなどを添えます。状況に応じてアレンジされたら如何でしょうか。


【作り方】

①牛肉は3センチ厚さに切り、十分に熱した焼き網にのせてアルミ箔をかぶせ、全面をこんがり焼く。好みでミディアム程度にまで焼いても良い。

②ビニール袋を二重にし、漬け汁の材料を入れて混ぜる。牛肉と薄切りにしたしょうがを入れ、空気を抜いて口をとめる。冷蔵庫に一日おいた頃が味がなじんで美味しい。

③牛肉を薄切りにして盛り、あさつきの小口切り、みかんの皮のみじん切りをちらす。わかめはもどし、一口大に切って漬け汁であえ、貝割れ菜と添える。

★①焼き網がない方は、フライパンでもOKです。私は魚を焼くグリルを使っています。日本では、ガス台下に付いているグリルに銀紙を敷いて焼くと綺麗に焼くことが出来ます。

★★②お客さまに出す直前に作った場合は、漬け汁をお肉の上からかけると味がしっかり染みます。



by beijaflorspbr | 2014-08-26 23:41 | おうちごはん | Trackback | Comments(6)
2014年 08月 25日

年かな?

またブログを一日休んでしまいました。わざわざクリックして来てくださった皆さますみません<(_ _)>昨日からご来客のための調理に入り、夜の10時には目がくっ付いてしまいバタンキュー。今日(日曜日)は午前6時スタートで一心不乱に調理しました。あれやこれや順番に仕上げる作業は相変わらず楽しい~♪おかげ様でお客さまには大変喜ばれましたが、年のせいか全ての後片付けが終わると、体中がギシギシ痛みました。昔はお客様と言えば、一晩寝なくても平気だったのになあ。。。100人でも200人でも一人で大丈夫だったのになあ。。。
f0146587_09223379.jpg
明日からちゃんとご報告をさせて頂きます。そうそう、家族ったら練乳を直接ケーキ台にグルグルやってました(ー_ー)!!激甘ケーキの結果は!?
f0146587_09234172.jpg


by beijaflorspbr | 2014-08-25 09:28 | おうちごはん | Trackback
2014年 08月 23日

取り込み中ですが・・・

昨日は真冬のはずなのに、一日中暑い日差しの差す中、街を歩き回って複数の用事を済ませ、満員バスで無事帰宅したのは午後5時のこと。帰宅後、何となく左足全体と膝が痛むので、忙しかった最近のスケジュールを振り返ってみました。ああ、あの時ね!と思ったのは、2日前に1人でLiberdadeへ買い物に行き、両腕に重たい荷物を抱えて帰って来た時、バスの高低差のある階段を下りた時に膝がガクッと来たのを思い出したのでした。昔日本食の買い物は、週1回か2回車で行っていましたが、最近の交通渋滞がまた酷くて、バスが30分とすると車は倍以上かかってしまうのです。楽をしていた昔が本当に懐かしい。午後4時の時点でメイン大通りはこの通りの渋滞。混み合っている方向が我が家方面なんです!トホホ…。
f0146587_23570565.jpg
ま、何はともあれ早朝からこんな感じで仕込みをしております。
f0146587_23383829.jpg
大鍋2個分、誰が食べるのよ!という突っ込みはナシでお願いします(笑)
f0146587_23433995.jpg
ああ、昆布がもうない!干ししいたけ、ゴマ、調味料などなど和食材がどんどん品切れで、本当に一日も早く帰国しなくちゃ、、、ですがまだまだだなあ(-_-;)おでんは明日用なので、今日のお昼はお好み焼き~♪
f0146587_23515805.jpg
ご家族さん、質素でごめん<(_ _)>
《地域情報》
今度新しく『サンパウロ掲示板』というコミュニティーサイトが出来たようです。今後このウェブサイトが広まり、今後のサンパウロ生活に生きると良いですね。


by beijaflorspbr | 2014-08-23 23:46 | おうちごはん | Trackback
2014年 08月 22日

久々の診療所

何か月ぶりかで娘の職場へ。娘(院長)不在のため、電話番とPCのメンテナンスにやってきました。
f0146587_20534196.jpg
複合ビルの5階の角地の部屋は眺めが良く、気持ちがいい。
f0146587_20553458.jpg
かれこれ5時間ほどかかって、アンチウィルスソフトのインストールとスキャンを終えたのは真っ暗になってから。痛い思いをしなければ、歯科診療所もネットが開通しているので居心地いいなあ~♪
f0146587_20550685.jpg
無事終わり、務めを果たしてホッとしました!一日中PCを触っていても飽きない私は、もう少し若かったらそんな仕事に就きたかったなあ、と思った次第です。


by beijaflorspbr | 2014-08-22 21:01 | 家族 | Trackback
2014年 08月 21日

土曜日の午前中

先週の土曜日の午前中、久しぶりに本が読みたくなってパウリスタ大通りの国際交流基金サンパウロ事務所(フンダソンジャポン)の図書館へ足を運びました。土曜日の朝はさすがにパウリスタもガラガラでした。
f0146587_20540574.jpg
1928年、建築家Ramos de Azevedoによって建てられた邸宅、今はサンパウロ州が管理しており、文化発信の地としています。邸宅内の見学は自由です。
f0146587_20550688.jpg
フンダソンの入るビルの1階受付に行ってみると…何と開館は毎日10時半からとのこと…(T_T)午前中に行ったことが一度もなかったので、知らなかった!
f0146587_20505444.jpg
入口のソファーでじっと待っていても良いけれど、ちょっとどこかで一休みしながら待ちたい。と向かった先は目と鼻の先のパウリスタショッピングセンター。
f0146587_21000356.jpg
入口のカフェで一休み。。。
f0146587_21004573.jpg
カフェとBroaのセットでR$6,20なり。年を取って平衡感覚が鈍っているのか、思い切りカフェをこぼしちゃった。。。(ー_ー)!!
f0146587_21020477.jpg
「BROAって何よ?」と訊いたら、「Broa de Milho、つまりミーリョ(コーン)のちょっと甘いパンのことよ」と教えてくれました。熱々なので、パサパサ感が全くなくほんのり甘くて美味しい~♪小腹が空いていたので、これで落ち着きました。
f0146587_21021233.jpg
その後フンダソンの図書館に戻って、ゆっくり最新の新聞や雑誌を読ませてもらい、目的の本も借りることが出来ました。日本人にとってはオアシスのようなフンダソン、とても有難い存在です。この図書館には、日本人移民関係の参考文献も揃っているので、またいつか熟読したいと思っています。帰りにマダムの団体さんがカフェでお喋りに華を咲かせている場面を目撃。
f0146587_21074560.jpg
紫外線を気にしなければここも良いかもね。長閑な土曜日の朝のことでした。。。そのままリベルダージへ。
f0146587_21133951.jpg


by beijaflorspbr | 2014-08-21 21:08 | サンパウロ生活情報 | Trackback