ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2014年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2014年 01月 31日

KAN「勘」サンパウロ

早朝から娘のためにフェイラ(朝市)、調理、片付けをして忙しくしていました。頑張ったご褒美に「お昼何でも好きなものを…」と珍しく大盤振る舞いのトリオさん、「じゃあお鮨!」と向かった先はコチラ。前々からエルに「美味しいよ!」と'美味しい話'ばかり聞かされてきた親二人。。。初「勘」へ入店です。ドアが閉まっていて戸惑いましたが、暖簾が出ていたのでガラッと扉を開けて入りました。「みずさか」「寿し源」と並んだ一番右側の黒を基調にした落ち着いた店構え
f0146587_05490674.jpg
幸いカウンター席が2席空いていました。一心不乱にひたすら注文のお鮨を握る大将。お仕事がとても丁寧で、見ているだけでまるで華麗なショーを見ているみたい。因みに盛り付けているのは、お昼の定食の「ちらし鮨」です。
f0146587_05520311.jpg
暑い中一生懸命歩いてきた我々…もちろん駆け付けイッパイのビールを!
f0146587_05532300.jpg
手際の良いお仕事ぶりを眺めていると、あっという間に注文をしたお昼の定食の「握り」ができあがりました。美味しそう~♪
f0146587_05552270.jpg
一品一品を味わって頂きました。トリオさん、左隣のブラジル人と肘が当たってとても不愉快だったのだそうで、お気の毒。何でも自分の自慢話ばかりしていたそうで、「なんだ、あいつは!」なんて怒っているの(笑)こんな時、ポルトガル語が分かるとこんな目に遭いますな。ハハ…。でもお鮨は最高に美味しかったと絶賛していましたが。大きな丼に入った「お椀」も出されました。これでR$45,00(約1900円)因みに、両サイドの方たちが食べていたのが、「夜のおまかせ握り」でR$70,00だそうです。こちらはもう少し量が多く、ウニ・いくら付きですが、思ったよりリーズナブル~♪
f0146587_06101065.jpg
血迷って我々のようにビールなんぞを飲むと、ちょっと高くなってしまいます。大満足で涼しいお店を後にし、炎天下を歩きました。それにしても暑い~~(ー_ー)!!サンパウロは記録的暑さを更新中です!
f0146587_06015721.jpg
年末からずっと入院されているトリオさんの長兄のお見舞いに行きました。全く食事が摂れず随分痩せておられましたが、ニコニコ笑顔で何だかカワイイ。病院に行くと、昔父や母の看病を長い間していた頃のことがフラッシュバックしてきて、何ともいえない哀しい気持ちになってしまいました。義兄は今日からまた集中治療室に入られ治療を受けています。早く良くなりますように!義姉も喜んでくれてお見舞いに行って良かったとしみじみ思いました。命の尊さをしみじみと語り合いました。1時間半、立ちっぱなしはさすがに疲れましたが、義姉の頑張りを見ていたらそんなことは取るに足らないことです。
f0146587_06050074.jpg
おまけに(ご褒美に?)病院からの絶景を楽しめました。
f0146587_06064459.jpg
暑い中、お疲れさまな一日でした。健康でいつも元気なトリオさんに感謝!でもその頑固な性格は治そうよ!(-_-)/~~~


by beijaflorspbr | 2014-01-31 06:07 | サンパウロのレストラン | Trackback
2014年 01月 30日

サンパウロに暮らすということ(雑感)

今日は独り言です(って毎日ほとんど独り言なのですが…)。暑い毎日が続いています。湿気はないものの、直射日光は非常にきつく、今更ながら日本から帽子を持って来て本当に良かった、と思いました。こちらの人たちは、紫外線に強いのか、あまり帽子を被ったり日傘を差している人はほとんどいません。何人かの人は、サングラスをかけ目を守っていますが、ほとんどの人が素のまま。我が家も私は帽子をしっかり被っていますが、トリオさんはそのまんま。だから真っ赤な顔をしています。昨日も、頑張って2駅分歩いたのですが、もうヘロヘロヨレヨレでした。それでもパウリスタは働き者だし、何よりとっても元気!そんなパワーをいっぱい感じるサンパウロの街です。
f0146587_21291447.jpg
良く「治安はどうなの?」と訊かれますが、普通に歩いていて強盗に遭ったりスリに遭ったりということはないとは言えませんが、気を付けていたら自分の身は最低限守ることが出来ると思います。但し、一部のスラム街やセントロの危ない地区には近寄らない、夜間の不要な外出は控える、などは当たり前のことです。駐在で来られた奥さん方も、比較的自由に市内を楽しく闊歩しておられますよ。今の駐在員の方とはあまりお付き合いはありませんが、昔の駐在奥さまたちは、大学や高校に入って本格的にポルトガル語を勉強するツワモノもたくさんおられました。今のように「美味しいお店」や「見て楽しいお店」があまりなかったせいもありますが。サンパウロは日系人も多く住んでいる関係で「ポルトガル語を覚えなくても何とか生活できる」という声もチラホラ聞こえてはきますが、それは嘘です。外国で日本語だけで通じるはずがありません。「何とか通じる程度」ではなく「日々楽しく生活を送るため」にはポルトガル語の基礎学習は必須科目です。今何らかの事情でポルトガル語を学んでおらず、自由に自分の言いたいことが言えない方は、独学でも良いので是非是非ポルトガル語を早急に学び、ブラジル人とたくさん話す機会を設けてください。フェイラで値切るのは朝飯前、日常会話の中で冗談が通じるようになればしめたもんです。習うより慣れろ、と言いますが言語だけは基礎学習が必須なのではないでしょうか。周りのほぼ全員が『ポルトガル語教師』と考えると、学びの場は無限にあるということですよねえ。
f0146587_21262406.jpg
今でも忘れられないのが、昔子どもを学校に送って行った私の友人がうっかりエプロンを付けたまま住人・客用エレベーター(Elevador de Social)に乗ってしまったそうです(注:こちらの中上流家庭ではお手伝いを雇うのが当たり前)。一緒になったそのアパートのマダムが「あなた、私の家のお手伝いにならない?」と本気でスカウトされたのだとか。度胸の据わった彼女「そうね、考えておくわね!」と笑顔で別れたその後、何日か経過したある日、パーティーがあってご主人とともにドレスアップした彼女とくだんの住人が顔を合わせた時のビックリした顔、見せたかった!---と。・・・ということは、アパートのマダムは友人のことを本気でお手伝いさんだと信じていた、ということでしょう。意外に階級がはっきりしているこの国ですので、普通の奥さん(マダム)は絶対にエプロン姿に買い物かごでは外に出ない、(赤ちゃんの時から)子どもに皮靴を履かせる、高級レストランや高級店に子どもは連れて行かないなど、いくつかのルールはあります。それらも何も知らないでこの国で暮らしているとちょっと恥をかくこともあるかもしれません。ポルトガル語は私自身学校にも長年通い苦労をしましたが、一番の勉強はTV GloboのJornal Nacionalです。毎日夜8時半から流れる正統派ニュース番組です。これだけはこの30何年間欠かさず視聴し、標準語の美しい発音の男性キャスターを勝手に「Boner先生」と呼んでいます(笑)できれば夜のニュースだけではなく、ローカルニュースも含めて朝のニュースも務めて視聴すると、かなり分かるようになりますし、今何が起こっているかも良く解ります。映像は何よりの先生です。NHKも良いですが、ニュースの時間だけはGloboにチャンネルを変えて、ポルトガル語に触れましょう。
f0146587_21532362.jpg
今週の28日火曜日からケーブル会社最大手の「NET」がチャンネルを大幅に替えました。日本人に一番馴染みのあるNHKは'147'から'207'に変更。このAviso(連絡事項)はかなり前から画面に出ていました。「聞いてないよ!」と怒る前にちゃんと画面の表示を正確に読めるポルトガル語力は身に付けたいものです。本当はここで事前に「変わるみたいよー」と情報を流せたのかもしれませんが、あまりにも分かりやすい表示法だったため、敢えて書きませんでした。という私も未だ毎日'147'じゃなくて'207'と呪文を唱えていますが。。。。いやはや頭が固くなったもんです。諦めないでポルトガル語を勉強しましょう、というおばさんのささやかなご提案でした。私ももっと勉強しなくちゃ…。今日も[Canamidade Publica]という言葉が分かりませんでした。これは公共災害、や災難と言った意味だそうです。今年に入って降雨のせいか、洪水の被害が後を絶たない、その対策がどれほど進んでいるか、というニュース内容でした。ああ、分かってすっきりした・・・・。


by beijaflorspbr | 2014-01-30 21:26 | サンパウロ生活情報 | Trackback
2014年 01月 29日

2013年秋友旅@モクモクファーム名古屋で誕生日ランチ

高崎から帰った翌日、荷造りをしてまた関東方面へ向かう途中に名古屋で途中下車しました。名古屋近辺にお住いのサ日学のママ友=サンパウロマザーズのまかちゃんに久しぶりにお目にかかるためでした。思えば、まかちゃんが最後に駐在していたのもサンパウロ、お互いの誕生日が近いこともあり、お互いにお祝いをするために美味しいお店を食べ歩いたものでした。まかちゃんと予め打ち合わせをし、地元の彼女が早く行って順番を取ってくれました。お蔭で何と8番の番号札をゲット~♪待っている人多数でしたが、呼ばれた順番に入店するシステムです。一組に一人担当者が付いて、店内の説明をそれはそれは丁寧にしてくれます。並んで入らないといけないほど人気のあるお店なのです。モクモクファームについては、こちらをご参照ください
f0146587_20091547.jpg
美味しそうな野菜がずらーーーっと並んでいます。ビュッフェ形式で食べ放題、制限時間は90分です。さあ!行きますよ~~♪あちゃ。。。いつものようにてんこ盛り。
f0146587_20115912.jpg
あれもこれもと欲張った結果、いつも見るに堪えない有様になってしまいます(/_;)反省!でもお上品なまかちゃんは比較的綺麗に盛っていました。おむすびもその場で握ってくれて美味しいの。
f0146587_04445957.jpg
せっかくのお誕生祝いなので、ワインでカンパイー☆二人とも結構呑兵衛。。。(^_^)/
f0146587_20153037.jpg
ずっと怠惰に座って食べ続けていると、フットワークの軽いまかちゃんが新たなお料理を持って来てくれました。「お酒に合うわよ~」との殺し文句と共に…。
f0146587_20161392.jpg
最後は〆のカレーライス、このお店、評判通りの美味しいお店でした。何より野菜が美味しい!!
f0146587_20172942.jpg
デザートはこんなものを…。まあ小豆の美味しいこと、ソフトクリームのサッパリすること!ダイエットはまた明日から頑張ればいいんだし…。
f0146587_20193394.jpg
とっても美味しかった!まかちゃん、良いお店を選んでくれてそのうえご馳走になりありがとうね~♪売店で、ソーセージやハムや野菜を買って次の場所へ行きました。
f0146587_20203352.jpg
まかちゃんが「どこか行きたいところある?」「じゃあお言葉に甘えて…名古屋といえば熱田、熱田神宮に行きたい。カロリー消化のためお散歩しよ!」と私が言うと、まかちゃんが「そうしよそうしよ!」我ながらグットアイデア。摂取カロリーを出来るだけ消化する為に歩くのだ!続きます。
f0146587_20221269.jpg


by beijaflorspbr | 2014-01-29 20:24 | 日本の美味しいもの | Trackback
2014年 01月 28日

2013年秋友旅@味里でお昼ごはん

まあ聞いてくださいな。今日は早朝から義弟との実家の片付けに出かけたトリオさん、大きな鉄扉を開けるのは私の役目、度重なる停電や落雷のせいで、今は手動にしているのですが…。じゃあね~行ってきます!エラクご機嫌さんでご出発と思いきや、自分のセカンドバッグを置きっぱなしに…。まあね、車だから目的地までは行けるし、午前中に戻ればお金も要らないし、まあいいか!と放っておくと電話がかかってきました。「忘れたでしょ?」「いや、要らないから置いて行った」ですって。自分の非を認めない頑固じーさんになっているのでちょっと心配。携帯電話くらいちゃんと持って行って欲しいな、だってセカンドバックの中に、しかもスイッチオフ(-_-;)今はちょっと家庭の事情で身動きが取れないので、この春の楽しみな帰国もちょっと微妙です…。帰りたい、というより飛行機に乗りたい~♪ま、愚痴はこの辺までにして、高崎のDとのランチに戻りましょう!高崎郊外にある「味里」このお店はDご夫妻と縁のあるお店だそうです。
f0146587_20491932.jpg
とても優しくて感じの良いおかみさんが応対してくださいます。随分お客さんが入っていて流行っていました。お値段もリーズナブルです。
f0146587_21002271.jpg
Dはソースかつ丼定食を、大きなおうどんも付いています。
f0146587_21020284.jpg
私は迷った末、トンカツ定食にしました。お蕎麦付き。
f0146587_21020899.jpg
このお店の豚肉は「岩中豚」という岩手県のお肉です。ジューシーでサクサク、本当に美味しいトンカツでした。
f0146587_21053586.jpg
とても楽しい時間をDと共に過ごすことができました。Dに感謝!高崎駅まで送ってもらい、再会を約束してお別れしました。駅の売店で本場のラスクをちょっとだけ購入し、新幹線に乗りました。随分ラスクの種類が増えているのですねえ。。。
f0146587_21073509.jpg
高崎から東京、そして大阪まで一気に帰りました。


by beijaflorspbr | 2014-01-28 21:09 | 日本の美味しいもの | Trackback
2014年 01月 27日

2013年秋友旅@高崎観音山

昔年の近い叔父に当たるKくんが高崎に赴任していた関係で、高崎にはご縁がありました。新幹線で高崎に近づくと、大きくて真っ白な観音様が見えてきます。前夜Dと「明日はどこかに行きたい?」「そうだねえ、一度あの観音様見たいな」ということで願いを聞き入れてくれました。幸いとても良いお天気で気持ちの良いドライブ~♪駐車場に車を止めて、遊歩道をゆっくり歩き出します。
f0146587_22362405.jpg
上州名物と言えば、これ!「焼きまんじゅう」小学校5年生から中学2年まで群馬県・前橋市に住んでいた頃、おやつと言えばこの焼きまんじゅうでした。甘辛い醤油だれを塗ったこのおまんじゅうは、子どもの頃の何よりのご馳走でした。
f0146587_22383139.jpg
この日はお腹いっぱい朝食を頂いてしまってお腹がイッパイだったので買いませんでした。ウェブから写真を頂いてきた焼きまんじゅうはこんな感じです。炭火で焼かれたおまんじゅうはフワフワしていて香ばしくてなかなかのものですよ。そう言えば何十年も食べていません。。。
f0146587_22401962.jpg
はっ!話が横に逸れました(^_^;)さて観音山公園の遊歩道を進みましょう。時期的に山の木々が見事に紅葉していて本当にキレイ~♪
f0146587_22430503.jpg
すると、どんどん観音様が近づいてきて大きくなりました!気品に満ちたお姿の観音様です。
f0146587_22455693.jpg
とても良く整備された遊歩道で、歩きやすいのですよ。
f0146587_22470223.jpg
正面にやってきました。観音様の中にも入れるとのことでしたが、遠慮しておきました。
f0146587_22480374.jpg
慈眼院と高崎白衣大観音


高崎白衣大観音は、昭和11(1936)年、高崎の実業家井上保三郎により建立されました。井上保三郎翁は、高崎十五連隊の戦没者の霊を慰め、世の中に観世音菩薩の慈悲の光明を降り注ぎたいと念じ、さらに高崎の発展を願って、古来観音に縁の深い観音山頂に建立されたのです。観音像は高さ41.8m、重さは5985tのコンクリート造りとなっております。以来、北関東における観音信仰・大師信仰の中心地として、広くその名が知られてまいりました。次の良恒代では、昭和61(1986)年に白衣大観音建立五十周年記念事業として、仮本堂から高崎千体観音堂への大改築を成し遂げました。その前後には、一路堂・光音堂・大師堂・心経宝塔の建立、二度に亘る白衣大観音の大修理、太鼓橋・玉垣の改修と、立て続けに境内整備にとり組みました。現在では、観光地としてはもちろん、関東八十八カ所霊場第一番札所として多くの参拝客が訪れるほか、東国花の寺百ヶ寺のひとつに選ばれ、全山約三千本の桜をはじめ四季を通じて様々な草花を楽しむことができる市民憩いの場ともなっています。観音像は平成10(1998)年に「たかさき都市景観賞」受賞、平成12(2000)年には国の「登録有形文化財」に指定されました。

f0146587_22534045.jpg

ご本堂にお参りをし、ご朱印を頂いてきました。「ご朱印帳はね、天国に持って行くと極楽浄土に行けるらしいよ」とDに俄か薀蓄を話すと「ふーん。。。」興味なさそうなD(-_-;)

f0146587_22550169.jpg
山の上から高崎市が一望できる絶景です。
f0146587_22552949.jpg
帰り道で、高崎名物の福だるまを買いました。高崎市の「だるま市」はつとに有名で、子どもの頃に連れてきてもらった記憶がうっすらありました。私の選んだ色は何と、ゴールドと黒!変な趣味と言わないで~(^_^;)
f0146587_22563022.jpg
Dと二人っきりの時間、とっても落ち着き癒されました。Dは学生時代に生徒会の役員をしていた人で、人望も篤くこんな友達を持てたことに感謝の気持ちが湧きあがってきました。さあ、時間はちょうどお昼ごはん。何食べようか?とてもワクワクする時間です。「上州だからうどんかお蕎麦がいいな!」という私をDが優しく見つめて、「じゃあそこに行こう!」連れて行ってくれたのは!?



by beijaflorspbr | 2014-01-27 23:01 | 日本国内旅行 | Trackback
2014年 01月 26日

2013年秋友旅@群馬県高崎市へ…

《私は今、サンパウロにいますが、昨年秋に遡った記事を書いております。ご了承くださいませ》

今から遡ること1か月半、今日から12月という日、早朝に大阪を出発しました。朝7時13分の「ひかり号」新大阪始発の自由席に飛び乗りました。いつも新幹線の自由席に並ぶ時は、皆さんどこに並びますか?もちろん一番列が長くなるのが(ひかり号の場合)5号車ですが、私は必ず2号車の後方に並びます。何故ならば、人間の心理としてなるべく中央に近い所に並ぶ傾向があるそうです。新幹線の自由席はひかりは1-5号車、のぞみは1-3号車ですね。このうち奇数号車にはトイレが付いているため、偶数号車の方が、断然座席数が多く、座れる確率が高くなるのだそうです。ひかり号の場合は、2,4号車が良く(のぞみは2号車)後方に並んだ方が『富士山側』の二人掛けの窓側E席にほぼ確実に座ることが出来ます。昔は広々としたA席が好きでしたが、最近はどうしても富士山が見たくてEを取ろうとします。同じ3時間ならちゃんと富士山を観たい、そんな気持ちで新幹線に乗る私のような人間も多いのかもしれません。ともかくこの日もE席しかも7番をゲット!ひかり号なのに、のぞみ車両で、電源なども付いていて静かでなかなか快適です。Japan Rail Passも早く「のぞみ」が使えるようになるといいのにな、、、。サンドウィッチよし、コーヒーよし、お茶よし、みかんよしの図(笑)これで安心して旅立つことが出来ます!え?そんなもん、なくてもいいでしょって?まあまあ。
f0146587_22123825.jpg
3つ目の駅、岐阜羽島辺りでほぼ満席になりました。それでも名古屋で多数の入れ替えがあり、さらに豊橋では満席どころか、立っている人多数…。やはり「ひかり号」の役割は大きいようでした。そして、無事に富士山をファインダーに収めることに成功しました!
f0146587_22244354.jpg
無事に東京駅に着き、そのまま東北新幹線に乗り換えて大宮まで行きました。その後、大宮→東京→浦和(Sちゃんと再会)→大宮から新幹線で高崎と、首都圏を右往左往し、高崎に到着しました。大宮駅にちょうど入線してきた青森新幹線の「はやて」
f0146587_22263155.jpg
同級生Dのお宅にお邪魔しました。Dのお孫ちゃんとまずは窓にお絵描き~♪上手に描けました!パチパチー☆
f0146587_22281935.jpg
すごく可愛いお孫ちゃん3人にエラク懐かれてまるで幼稚園の先生状態~♪そう言えば、ワタシ忘れていましたけれど東京都公認の「幼稚園教諭」の免許を持っていたのでした。あの免許どこ行ったんだろう??さあ、何はともあれ、カンパイです。Dと教え子Y子さん、私の3人で再会を祝してカンパイ、自宅サーバーの生ビールなので、飲み放題ですよん~!(^^)!
f0146587_22322119.jpg
美味しいビールを片手に、豚しゃぶやポテトサラダなどなど…。美味しい夕食でした。
f0146587_22382755.jpg
この日は息子さんご夫婦の結婚記念日で、おばあちゃんのDが孫たちを預かっていたのでした。Dのご主人さまは外国旅行中でしたが、ご主人手作りのスモークサーモンのマリネも、出してくださいました。
f0146587_22372074.jpg
その後は、日本酒の品評会ならぬ、飲み比べ大会~♪
f0146587_22383514.jpg
随分酔っ払っていたのに、Sちゃんから頂いた和菓子も皆で美味しく頂きました。
f0146587_22491583.jpg
すっかり良い気分になってしまい、母屋でお風呂を頂いてゲストハウスへ…。Y子さんは代行で自宅に帰ったので、一人でゆっくり休ませて頂きました。ありがとうD,もうDとは半世紀以上のお付き合いになってしまった。変わらぬ友情に感謝!!さあ、翌日向かったのは・・・?


by beijaflorspbr | 2014-01-26 22:41 | 日本国内旅行 | Trackback | Comments(4)
2014年 01月 25日

おうちフェイジョアーダの土曜日~♪

暑い日々の中でも、少しずつ少しずつ涼しくなっているサンパウロ、今日は朝扉を開けると何だか肌寒いくらい。でもとても良いお天気なので、また気温がどんどん上昇することでしょう。一日のうちに10℃くらいの寒暖の差は当たり前なので、体温調整を上手にする必要があります。さて、地味な我が家のお昼ごはんの前菜はこれトマトにケイジョ・ミナス。先日のフェイラで購入してきました。まるで食感はお豆腐のようで、味もあっさり。これにお塩とオレガノ、オリーブオイルを少量かけて頂きます。
f0146587_18284331.jpg
そしてメインのフェイジョアーダ。ブラジルの郷土料理を簡単にアレンジしたものです。あまり脂っこくないので、食べやすいし消化も良い。毎週土曜日は、Juraciくんが働きに来る日なので、こうしたものを用意します。我が家も家族が減って、家もそんなに汚れなくなったので、今Juraciくんは週一回だけ働きに来てもらっています。お手伝いさんは、とっくの昔に断りました。
f0146587_18314222.jpg
家で食べるフェイジョアーダは一番美味しい。本当は昔このお料理がとても苦手でしたが、だんだん食べられるようになりました。わざわざレストランに食べに行こうとは思いませんが、こうして少しだけ食べるのは、カレーライスのようでなかなか美味しい~♪いつも食べている台所から見えるリビング方面。
f0146587_18454532.jpg
扉という扉を開放しないと、暑くて…。Juraciくんが綺麗にお掃除をしてくれた気持ちの良い穏やかな土曜日の我が家ですが午後になるとこの通り…。
f0146587_18375029.jpg
恒例の夏の雷雨、今日のはまた格別凄かったぁ!我が家から3キロ圏内の大通りは大洪水だったとテレビのニュースでやっていました。ああ、何も壊れなくて本当に良かった!先日の落雷でつぶれちゃったWiFiルーターは、価格COMで新しく購入しました。
f0146587_18404914.jpg
来週には無線LANが復活しそうです~♪サンパウロにお住まいの皆さま、雨が降り始め雷が鳴り出したらくれぐれも電気製品にお気を付けくださいね。油断をしていると、壊れますよ~~(/_;)


by beijaflorspbr | 2014-01-25 18:43 | おうちごはん | Trackback
2014年 01月 24日

Intercontinental 'Tarsila'で姉弟ランチ

1月の猛暑日を更新中という連日『猛暑』のサンパウロ、この日も暑かった~もちろん車の冷房もガンガン利かしてやってきたインターコンチネンタルホテル
f0146587_11494398.jpg
義姉とトリオさんが何やら相談ごとがあると、メインレストラン「Tarsila」にやってきました。
f0146587_11511683.jpg
今どきのメニューは、みなタブレットですね。以前あったブッフェが衛生局の検査が入り、ダメになったとのことで、普通のビジネスランチのみ。3種類の中から選ぶことが出来ます。
f0146587_11534866.jpg
パンとバター&クリームチーズ、パンはもちろん温められていてお替り自由
f0146587_11555384.jpg
飲み物はトリオさんがビール、義姉と私はスイカジュース~♪何故かずっとスイカに飢えていて、スーパー・サンタルズィアに行った時も、重たくて持てないのに買いたくて買いたくて…、そんなことありません?ないか・・・(ー_ー)
f0146587_11584718.jpg
前菜はそれぞれ違うサラダを注文しました。私のは、スモークサーモンの中にインゲン、人参などがサイコロ状に刻んであるマヨネーズサラダでした。
f0146587_11594790.jpg
メインはメダリョン(フィレミニョン)のグリルと付け合せのこのごはんが香ばしくて本当に美味しかった!
f0146587_12025069.jpg
デザートはアイスクリームや、ブリガデイロ(チョコレートと練乳の甘い甘いお菓子)、間違ってきたティラミス(は残念ながら返しました)等など…。
f0146587_12051578.jpg
義姉と弟はずっとずっと難しいポルトガル語で何やら(と言っても大体の内容は分かるけど)話していました。これからちょこっと家族(というより兄弟)で解決しなくてはならない難しい案件があるので、益々集まる機会が増えそう。という訳で、この日はむっつり黙り込んでひたすら食べていたワタシにトリオさん「どうしちゃったの?ママ。病気かと思った!」「何言ってんの、私はいつも無口ですっ!」「(-_-;)」なわけないか!!でも、久しぶりのご馳走を頂いたせいか、少しだけ血の気が引くような時間がありました。義姉と弟(トリオさん)が二人で両親が住んでいた家へ様子を見に行ったので、ひとりでNHKを観ながらお留守番。義姉の家からの景観もなかなかのもんです。地下鉄の駅まで3-4分と便利だし、右手にはコンゴニャス空港の滑走路もちょこっと見えるのですよ。
f0146587_12112146.jpg
ちょうど「ごちそうさん」のめ以子の結婚式のところで、一人なのを良いことに号泣。。。やっと結婚式が出来て良かった良かった!義妹の希子ちゃんの粋な計らいにぐっときました。いつも一生懸命台所で立ち働くめ以子さんは本当の意味で主婦の鑑ですね。私も見習わねば…。


by beijaflorspbr | 2014-01-24 12:17 | サンパウロのレストラン | Trackback | Comments(4)
2014年 01月 23日

高騰し続けるサンパウロの不動産

いつも我が家からセントロ(市中心部)に行く時に通る道横には、急に開発されたこんなアパート群が林立しています。このアパート群は、ここ数年(いや2-3年?)でどんどん増えに増え、今やこんな状態に・・・。ブラジルで言う「アパート」はApartamento、フランスではアパルトマン。つまり日本で言えば分譲マンションに当たります。この界隈のアパートはほぼ「買い取り」の分譲マンションですが、最近とても人気があるそうです。ある新聞によると、「今一番人気の高級アパート(Alto Padrao)はCampo Belo!!」とあり、トリオさんと二人で「ウッソーーー」と顔を見合わせてしまいました。だってこんな感じなんですよ。
f0146587_23053335.jpg
日照権や景観条例はないのでしょうか?といくらい隙間なく次々に建設されるアパート、もちろん高級仕様で素晴らしいのは分かるのですが、買う時に良く考えないといけない物件かもしれません。ただ、良い点は、すぐ近くをメトロが2本通るようになることでしょうか。長年スラム街が延々続き、立ち退かなかったのを無理矢理立ち退かせて建った高級アパート群。サンパウロの不動産バブルは一時期の〇国のようです。大丈夫かな?と思うのは私だけではないと思います。我が家から見ることができるこんな風景・・・これぞ最高の贅沢なのかも。トリオさんに感謝、とはいえこの広すぎる家もお荷物状態なのですが…。あー難しい。
f0146587_23102859.jpg
憎っくき固定資産税(IPTU=Imposto Predial e Territorial Urbanoの略)が今年も不動産評価額に比例してグーンとアップしたのでもう住み続けられません(/_;)永遠に悪循環です。


by beijaflorspbr | 2014-01-23 23:10 | サンパウロ生活情報 | Trackback
2014年 01月 22日

JardinsのDo(道)で鮨ランチ

コメント欄に「今は日本ですね、楽しんでください」と書いてくださった方がいらっしゃいましたが、私は今ブラジル・サンパウロにいます。ずっと日本の記事を混ぜ込んでいますので、ややこしいことこの上ないですねえ、すみません。もうしばらくは、ここサンパウロで老夫婦二人でのんびりゆっくり暮らします。最近、また趣味の!?航空券価格のリサーチを始めたものの、何故か私が帰ろうかな?と思っている日にちの値段が急上昇、やはりW杯の影響で需要が高まっているせいか、高い高い。。。ちょっと前には1200ドルくらいだったものが、既に2000ドルを軽く超えています。何故なのでしょう?航空券の仕組みは複雑すぎて分かりません。さて、年末に行ったサンパウロのお鮨屋さんの記事が抜けていました。この日は、3か月間続いた「ブラジルを知る会」の期を越えた『縦勉強会(通称:タテベン)』が無事終了した打ち上げ忘年会で集まりました。Jardinsのスーパー、Santa Luzia(サンタルズィア)の横の通り、Padre Joao Manoelにある寿司屋「Do(道)」
f0146587_18243558.jpg
縦に長細い土地を上手に使ってテーブルを配置してあります。とても清潔で綺麗なお店。
f0146587_18293383.jpg
メニューはとてもシンプルで分かりやすいので、選ぶのも簡単でした。ランチメニューが今時R$35,00という良心的価格、但しお茶は1杯R$3,00と有料でその上にサービス料が加わります。まずキュウリの酢の物と、お味噌汁が陶器の器で出されました。
f0146587_18320740.jpg
私は1の中から餃子を選びました。大きい!(@_@;)
f0146587_18331439.jpg
お友達は、サーモンのサラダを。
f0146587_18351269.jpg
2からお鮨をお願いすると…このボリューム、ちょうど良い量でした。酢飯が残念ながら甘くて、食事の後、日本語の分かる職人さんに伝えました。
f0146587_18371560.jpg
お友達のコンビナードの鮨刺身セットもなかなか充実していました。
f0146587_18375902.jpg
このお店から、Mさんのお宅に移動をしてティータイム~♪Xmas前でしたので、ポインセチア
f0146587_18411373.jpg
Mさん手作りの抹茶プリンは栗が乗っかっていて美味しい~♪器もステキ!
f0146587_18395578.jpg
ここからが楽しいXmasイベントの始まり。。。ケーキ台に
f0146587_18430974.jpg
一生懸命飾り付けをしてくれたのは、Cさんのお嬢さん2人、手をクリームだらけにして真剣に取り組んでいました。その仕草が可愛くて可愛くて癒されます。
f0146587_18464452.jpg
はい、見事に完成、ブッシュ・ド・ノエル
f0146587_18474956.jpg
温かい気持ちがそのまま伝わってくるような美味しいケーキを愉しませて頂きました~♪
f0146587_18484823.jpg
Mさん、勉強会の皆さん本当にありがとうございました!この後、今の家の前に住んでいたJardinsのAlameda Casa Brancaを通り、当時良く利用していたBanca(雑誌や新聞を売る店)に寄ると、顔馴染みのお二人がいてしばらく話をしました。Jardinsのアパートを離れてもう25年にもなるのに、今でもはっきり家族全員のことを良く覚えていてくれました。子どもたちが唯一「ツケ」で買えるささやかなお店で、シールなどを衝動買いする大のお気に入り店でした(笑)Jardim界隈は、良く子どもたちの手を引いて歩いた懐かしい場所、この辺を歩くだけで昔の想い出にタイムスリップできるので大変居心地の良い時間を過ごさせて頂くことができました。


by beijaflorspbr | 2014-01-22 18:55 | サンパウロのレストラン | Trackback