ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2013年 01月 ( 29 )   > この月の画像一覧


2013年 01月 31日

美味しいポルキロ(量り売り)ランチ

さて、坂本さんとスタッフのセルジオさんに万古焼の萬来鍋で作って頂いた美味しいお豆腐を頂いた後は、坂本さんと日曜ドライブを楽しみました。日本へのお土産を買いたいとのご希望でしたので、最終目的地をMorumbiショッピングセンターと決め、軽くJardins~Oscar Freire~Ibirapueraと流し、日曜日でのんびりお散歩やジョギングを楽しむサンパウロ市民の姿と景色と雰囲気をご覧いただき、我が家Chacara Floraにご案内しました。
f0146587_11251746.jpg

家の中は片付いているとは言い難く(笑)「何とか机だけは空けておいて!」とお願いする始末。ただ今、我が家は大掃除を敢行しており、不用品や何やかやを仕分けしている真っ最中なのでした。比較的ゆっくりと緑茶とチョコレートを召し上がって頂き、午後1時そろそろショッピングもオープンするという時間に自宅を出発してMorumbiに向かいました。我が家からは至近距離にあるモルンビは一番便利。お腹が空いていたので、どこにしましょう?とご相談すると、「夜は(重めの)会食があるので軽い方がいいな!」とのことで、量り売りのポルキロの中では一番評判の良い「Viena Express」にご案内しました。このお店は、いつも長蛇の列が出来ていることでも分かりますが、ポルキロの中では少し高い分、食材も吟味されていて美味しいのが評判のお店です。いつも新しい料理を補充してくれるのも有難いサービス。ピッツァも食べられます。
f0146587_11295887.jpg

二人で微妙に取るものが違いますね。日曜日なのに結構な人出、3連休の最終日にしては賑わっていました。
f0146587_1131618.jpg

あちこちをくまなく歩いて、必要な買い物を済ませました。ここは何でも揃うので好き~♪それに場所が分からなくても案内してくれる親切な緑のスーツを着たお姉さんがたくさんいるので買い物がしやすいのも利点です。
f0146587_11324386.jpg

無事お土産も買えましたので、ゆっくり休憩が出来るお気に入りのカフェ「Patisserie Douce France」へ。
f0146587_1135492.jpg

積もる話をたくさんして本当に楽しい時間を過ごしました。名残惜しいけれど、次のアポイントがある坂本さんをホテルまでお送りしました。盛りだくさんな日曜日、また楽しい共通の想い出ができました!三重県とサンパウロの架け橋としてどうか頑張ってくださいね。また春には三重県でお会いしましょう!

by beijaflorspbr | 2013-01-31 11:46 | サンパウロのレストラン | Trackback
2013年 01月 30日

高層ホテルで出来立て豆腐を賞味

鈴鹿市のNPO法人愛伝舎・理事長の坂本さんと言えば、「ああ、ハチドリさんが三重県で散々お世話になった方ね」とこのブログを読んでくださってる方なら思い出してくださるかと思います。その坂本さんがMiebras(三重県の特産品をブラジルに紹介する商品にこの名前が付けられます)の三重県産商品の紹介と、今年の8月に行われる三重県人ブラジル移民100周年記念式典の受け入れ準備及び打ち合わせのためにサンパウロに来られました。ある高層ホテルで坂本さんとスタッフのセルジオさんにお目にかかりました。せっかくの絶景もお天気があまり良くなくてこの通り…。
f0146587_1017582.jpg

早速お豆腐のデモンストレーションをして頂きました。まずは萬来鍋と豆乳(四日市市のミナミ産業)豆腐を食べる調味料辻さん家シリーズ(松阪市のうれし野ラボ)などを用意。
f0146587_10492652.jpg

真ん中の鍋に水を少し張り、一番上の鍋に豆乳を入れます。
f0146587_10495441.jpg

軽く混ぜてにがりを入れ混ぜます。
f0146587_1050860.jpg

固形燃料に火を付けます。セルジオさん、アチチ・・・って(^_^;)
f0146587_10503481.jpg

蓋をして10分待ちます。
f0146587_10505323.jpg

お喋りに夢中になって僅かに時間が過ぎたせいかちょっと巣が入りましたがホワホワでとっても美味しそう~♪
f0146587_10251828.jpg

出来立てのお豆腐を坂本さんが優しく取り分けてくださいました。有難い・・・。
f0146587_18331584.jpg

ではアツアツのお豆腐を有難く頂きます!
f0146587_10512565.jpg

薬味は「辻さん家のおいしいシリーズ」のかける生姜、かおる柚子、とける唐辛子
f0146587_10514148.jpg

こんな美味しいお豆腐がこの地球の反対側で頂けるなど夢にも思いませんでした。香り高い柚子、ピリッと効いた生姜、柔らかい辛さの唐辛子もお豆腐に合います。こんな美味しいものがいつも手軽に食べられたらいいなあ~車で自宅から往復30キロも飛ばしてリベルダージまでお豆腐を買いに行く必要もないし、何より出来立てのお豆腐の美味しさときたら尋常ではありませんでした。こんな商品がブラジルにもどんどん広がってくれるといいなあとしみじみ思いました。愛伝舎さんと飲食店の橋渡しがスムースにいきますように。また一般家庭にも広がれば、海外というハードルも限りなく低くなる画期的な商品だと思いました。これからジワジワとサンパウロ市内の和食レストランから広がっていきそうです。パフォーマンス好きなブラジル人に受けること間違いなし!と思いました。ご馳走さまでした!

★私個人のFacebookページを通して、シェアやたくさんの「いいね!」をして頂きありがとうございます。私たち海外在住者は、日本の優れた品物を再発見すると、喜びと同時に日本人であることの誇りを強く感じます。そして知らなかったことを新たに知ることができたことにも喜びをおぼえます。これからも良いものを誠実に長く作り続けて頂きたいと願います。

by beijaflorspbr | 2013-01-30 17:53 | 美味しいもの | Trackback | Comments(2)
2013年 01月 29日

やられました~(ー_ー)!!

飼い犬ミソに噛まれたことは既にこのブログでご報告しました。今度は噛まれた訳ではありませんが、あろうことか車に噛みつきボコボコにされました(ーー;)
f0146587_9454470.jpg

ズームしてみると更に悲惨な状況が見て取れます。一応まだ新車!あ~あ!修理にはかなりのお金がかかりそうです。
f0146587_9463226.jpg

私も近々バザーがあるため、車を使用する機会が多く、修理に出すこともままなりません。何より、無防備に家の中を放し飼いにしていたことを深く反省。やはり大型犬はしっかりした管理教育が必要なのですねえ。飼い主失格!(-"-)落ち込みますわ・・・。外を見たら積乱雲が接近中、何だか憂鬱な今日この頃…。
f0146587_9511868.jpg

お散歩に行けないからって悪さをしないでね!お願いおみそやい!
f0146587_9521128.jpg

☆この街サンパウロは、だいたいの駐車場に「マノブリスタ」という操車係がいます。車を預けるたびに「犬が噛んだので気にしないでね」と説明するのが億劫になってきています。トホホ…。「あんたのワンコはピットブル?それともドーベルマンかい?」なんて言われて「あの・・・一応ゴールデンなのよぉ~」と…。あーきまり悪い瞬間。

by beijaflorspbr | 2013-01-29 09:49 | その他 | Trackback | Comments(4)
2013年 01月 27日

2012年秋旅・・・銀座大増で松茸づくし

お泊りをさせて頂いているO夫人と共に、私の長年のお友達のKさんにお会いするために銀座に行きました。今回の待ち合わせ場所は銀座ばかり。それだけ銀座は食事処が多いと言うことなのでしょうが、それに加えて色々な線が入っているために行きやすいという利点もあるようです。
f0146587_10271081.jpg

毎朝ご主人さまと4時から1時間歩いているというKさん、もちろんスリムで足も速い・・・。一生懸命付いて行って入ったのがこのお店「大増」いつも中央通を歩いていてちょっと気にはなっていましたが、敷居が高くなかなか入る機会がなかったお店。
f0146587_102952.jpg

色々なメニューの中から「松茸御膳」を選びました。3人とも「今年はまだ食べていない!」と意見が一致。まず運ばれてきたのが、秋らしさを散りばめたお膳
f0146587_10311198.jpg

懐石は目で食べろ、と言いますが本当に綺麗ですし美味しいですね。次は本命!
f0146587_10321016.jpg

松茸ご飯と土瓶蒸しです。ほんの少しずつしか入っていないけれど、充分に風味を楽しませて頂きました。
f0146587_10343956.jpg

デザートはお善哉がちょっぴりと梅干し~♪
f0146587_10353312.jpg

3人のキーワードはやはり「サンパウロ」なので話が弾む弾む、企業戦士としてバリバリお仕事をされていたご主人を良く支えてきたお二人。私の尊敬する先輩でもあります。このお二人のお蔭でどれだけサンパウロ生活が豊かになり、良い思い出ができたことか…。これからも宜しくお願いしますね。帰りに中央通りにある「世界最大の」と謳っている「ユニクロ銀座店」へ入りました。この店舗は12階建て、ここにはベビー用の洋服も充実しているので、Oさんはお孫さんへ一生懸命洋服を選んでいました。私も模様入りの銀座店限定のヒートテックを購入しました。鳩居堂にも寄って、一筆箋を買いました。
f0146587_1042283.jpg

こうしてお友達とのんびりランチをしたり、お買い物が出来る時間って本当に良いものですねえ。お友達に感謝の一日でした。この銀座の食事で今回の秋旅は終わります。長い間お読み頂きありがとうございました。あと京都の紅葉の記事が終わったら本当に日本とはさようなら、です。ちょっとだけ寂しい、、、。もうちょっとだけ、日本とサンパウロとを行き来しますが、ご了承くださいませ。

by beijaflorspbr | 2013-01-27 10:46 | 日本国内旅行 | Trackback
2013年 01月 26日

2012年秋旅・・・束の間の仙台

仙台は、両親が仕事で約8年赴任していた懐かしの地でした。実際に私が暮らした経験はなく、ただブラジルから帰省した場所というだけなのですが、無性に懐かしい場所のひとつです。まだボンが産まれていない頃幼い娘二人を連れて良く帰ったものでした。雪の中、YMCAの水泳教室に通わせたこと、両親と一緒に東北五県を車で回ったことなど良い思い出がたくさんある地です。仙台を訪れるのは約4年ぶり、以前どうしても仙台の空気を吸いたくなり、東京からパスを使って束の間の時間を過ごしたこともありました。その時は、わざわざ両親が住んでいたところまで歩いて行ってみました。広瀬通り・定禅寺通り・東一番丁通りなどを懐かしく歩いたものでした。今回はある方とのお約束があり、それを楽しみにしつつ張り切って目的地仙台へ向かいました。山形新幹線はこの日雪の影響を受け遅延、しかし乗り継ぎのやまびこも同じく遅れていたため、無事予定の新幹線に乗ることができました。実際に仙台までは何台も出ているので、そんなに遅れることはなかったかもしれません。
f0146587_18272286.jpg

福島から仙台はあっという間。到着が7-8分遅れましたが、初めてお目にかかるMさん親子も出遅れたとのことで改札付近の地図を見てしっかり頭に入れます。東北の地図を見ながら心動かされました。沿岸部分があんなにひどい目に遭うなんて…。今でも震災のことを思うと心が傷みます。
f0146587_1830766.jpg

しばらく待っていると、美しい女性と可愛らしい女の子が突然目の前に現れました。Mさんとはブログでお知り合いになり、元大手航空会社のCAだった彼女はブラジルにも行ったことがあるそうで、メールだけのやり取りでも温かい交流が続いていました。初めまして、Mさん、そして可愛い一粒種のMちゃん。
f0146587_18324934.jpg

3歳になったばかりのMちゃんに合わせて駅中エスパルのカジュアルなお店に入りました。サラダとパスタランチ。そういえばこのエスパルにも母と良く来たものです。
f0146587_18341451.jpg

食後のデザートはケーキ~♪Mちゃんの笑顔が忘れられません。たくさん並ぶ美味しそうなケーキを見て、一発でこれ!と決めたMちゃんの潔さに驚きました。賢いお子さんだと感心してしまいました。
f0146587_18362338.jpg

世界中を飛び回っていらしたMさんのお話はウィットに富んでいて実に面白く楽しい食事時間を過ごしました。また最近新しいお仕事に復帰されたそうで、頑張って頂きたいなと思いました。そこから市内をブラブラお散歩~♪まだ足が丈夫な母とこうして何度も何度も歩いた道。。。
f0146587_1838266.jpg

仙台の宝ともいえるこのアーケード街、雨が降っても雪が降っても全く影響はありません。雪国の知恵なのかもしれませんが、このアーケード街は一年中賑わっていて歩いているだけで楽しいし、欲しいものが簡単に見つかるという利点もあります。
f0146587_1923160.jpg

東一番丁までやっとたどり着いた頃にMちゃんがぐずりはじめました。大人のペースに子どもは絶対に付いて行けませんものね、残念ながら素敵なMさんとMちゃんとお別れをしてゆっくり元来た道を駅方向へと引き返しました。途中で高校生の聖歌隊がミサ曲を歌っていました。しばし立ち止まって澄み切った音色を聴いていたら自然に震災のことを思い出します。この愛すべき杜の都仙台で、東北で、多くの方が犠牲になられた震災の悲劇を想い、気が付くと涙をこぼしていました。義援金をし、そこを立ち去りました。
f0146587_18442680.jpg

その後、懐かしい仙台一の藤崎デパートの地下で、お土産を買いました。少し時間があったので、一回りしてみましたが、思っていたより狭く、天井も低く感じました。昔両親はここでお肉を山ほど買って、皆さんへ振る舞っていました。その仙台牛の専門店も健在でした。母は気風が良く、私が「ひとり80グラム」と遠慮して言うと「何言ってるのよ、200g以上は用意していいのよ、余ったらまた皆で食べたらいいんだから…」と更にもっともっと追加して重たいお肉を持たされてひーひー言って帰ったものでした。おおらかな両親を慕う人は多く、我が家はいつもいつもお客様が多くて賑やかで楽しい家でした。そんなことを走馬灯のようにぐるぐる思い出しながら午後3時に仙台駅に辿り着きました。
f0146587_18501957.jpg

さあ、こまちに乗って東京へ向かいましょう。ノンストップ便で次の停車地は大宮、これに乗ると速い速い。
f0146587_18512066.jpg

乗り継ぎの東海道新幹線まで少し時間があったので、丸の内南口に寄り道をしました。たくさんの人が上を見上げて笑顔で写真を撮っていました。今や新しい名所になった東京駅丸の内駅舎。風情があって本当にステキ!エキナカのグランスタもたくさんの趣向を凝らしたお店が並んでいるので、ついつい余計にお土産を買ってしまいます。ここのブルディガラのパンが特にお気に入りです。
f0146587_18535933.jpg

たくさんの想い出とおみやげを抱えて大阪へと帰りました。懐かしい親戚と友を訪ねる旅もまた良いもの、これからは出来るだけ両親の辿った足跡を追ってのんびり旅をしてみたいとしみじみ思いました。

by beijaflorspbr | 2013-01-26 18:56 | 日本国内旅行 | Trackback
2013年 01月 25日

サンパウロのなんちゃって和食店・・・いろは

珍しく皆のスケジュールが合い、久しぶりに義姉と食事を共にしました。義姉の家の近くにある、ブラジル人経営の和食のチェーン店「いろは」他に4店舗あると書いてありました。
f0146587_1049848.jpg

店内は結構綺麗、たくさんのお客さんで満席状態でした。
f0146587_10494830.jpg

まずは義姉の大好きなイカの中にシメジが詰まっている甘辛い一皿。ビールには合いますが、これよりイカメシの方が本当は嬉しいな。
f0146587_10511125.jpg

義姉はトンカツ(ちょっと薄い)ボンは鶏照り(あー真っ黒(@_@;))
f0146587_10535513.jpg

私たちはこれをお願いしましたがわわわ・・・ビックリ!扇の向こう側にも天ぷらがしっかり盛られているのです!
f0146587_1055510.jpg

それに小鉢がいくつもいくつも付いてきて・・・
f0146587_1056473.jpg

机イッパイの天ぷら定食、味に改良の余地はあるけれど、十分満足行く味を楽しませて頂きました。
f0146587_10572736.jpg

最後のデザートが少しでホッとしたのは私だけかな?(笑)
f0146587_10582120.jpg

お義姉さま、ご馳走さまでした!何よりお義姉さんがとってもお元気なのが嬉しい一日でした。因みにその前日にお友達と頂いた喜怒哀楽の「焼魚定食」はこの通り…。まさに正統派の定食ですね。薄味で美味しく頂きました。
f0146587_113465.jpg

和食がブラジルではひとつの文化になっており、気軽に楽しめるのは大変喜ばしいことです。

by beijaflorspbr | 2013-01-25 11:00 | サンパウロのレストラン | Trackback
2013年 01月 24日

バザー準備編・・・パウンドケーキ

家族が車を使う用事のある時は迷いなくバスで市の中心部へ行きます。昨日もいつも乗るポントの向こう側の道路からCentro方面へのバスを掴まえてみました。これが何故かメトロ駅行きなのにガラガラ…。後で秘密がわかったのですが、どんどん途中から乗ってくる人多数。順路は最も無駄のないバス専用道路をひた走りに走るので、何百台も乗用車をごぼう抜きして行く様は見ていてなかなか楽しかったです。結局いつも私が苦労をして運転していくコースをほんの30分ほどで走り抜けました。混み合うサンパウロでの選択肢のひとつとも言えます。バスは市内ありとあらゆる場所を網羅しているので、私はサンパウロに住むようになった昔からバス愛用者でした。バスで行ってみる→失敗したら戻ってやり直し→それでも目的地になかなか辿りつけない時はタクシーと。それで随分道を覚えました。その後、車を買ってもらって運転を始めましたが、その頃には市内を自由自在に走ることが出来るようになっていました。何事も勉強そして経験ですね。
f0146587_230940.jpg

さて、2月3日(日)にParaisoの三和学院で行われる「復興応援バザー」の第一弾として、「フルーツケーキ」と「抹茶小豆ケーキ」をお仲間の皆さんと作ってきました。尤も私は猫の手くらいしか役に立ちません。フルーツケーキにくるみのトッピングをしたり・・・
f0146587_2323320.jpg

抹茶ケーキに至っては出来上がったケーキを銀紙で包むだけ、という小学生並みのお手伝いしかできないくせに・・・
f0146587_2332249.jpg

美味しいお持たせのケーキは熱心に頂くと言うていたらくで・・・(笑)お仲間の皆さますみません<(_ _)>
f0146587_2343013.jpg

出来上がった抹茶ケーキは我が家の冷凍庫の中で眠っています。フルーツケーキも熟成させた2週間後が食べ頃ということで、バザーが本当に楽しみ。さあ、そろそろ私も重い腰を上げて、小豆の準備に取り掛からねば…。バザーまで後10日。

by beijaflorspbr | 2013-01-24 23:06 | ブラジルを知る会 | Trackback
2013年 01月 23日

相変わらず毎日外出~♪

還暦を過ぎると何が違うのか!?やはり疲労度の違いでしょうねえ。ここのところ、急にまた慌ただしくなっていて毎日毎日お出かけの日々です。サンパウロ市内は気合を入れて行かなくてはいけないところとあまり気合を入れなくても良いところがありますが、前半は気合をしっかり入れて、後は気楽に・・・なんて繰り返していると夜はもう早めにバタンキューの日が続いています。家のお買い物とバザーの準備と両輪を忙しく動かしているとボケないのかなあ?昨日は、Bom Retiroの韓国街でお肉の薄切り&キムチをゲット。
f0146587_2022194.jpg

左牛肉、右豚肉です。え?分かりにくいって?因みに牛肉豚肉(いずれも1キロ)併せて45Reaisと安めです。途中お昼休みが入るので、要注意!!
f0146587_20154240.jpg

その帰りにLiberdadeに寄って長年欲しかった竹の蒸篭をサンパウロの「天満屋」でゲット!どうしても大量のお赤飯を蒸すのにはこんなアイテムが不可欠です。何故「天満屋」とか「楽天市場」というお店がサンパウロにあるのかは良く分かりませんが、天満屋さんは岡山にいる時に何度も母と行った懐かしのデパート。何となくフラフラと用事もないのに「天満屋」に入ってしまう私なのでした。
f0146587_2018259.jpg

さあ、今日もケーキ作りのお手伝いに・・・。行ってまいります~~♪猫の手くらいしか役に立たないのですけれどね!
f0146587_20192018.jpg


by beijaflorspbr | 2013-01-23 20:19 | サンパウロのレストラン | Trackback
2013年 01月 22日

サンパウロ・旧セントロ界隈散策

サンパウロという大都市に住んでいても、行動半径はだいたい決まってくるものです。例えば、観光でパリに行くとすれば、やれシャンゼリゼだのサンジェルマンデプレだのノートルダムだのルーブル・オルセー果てはオランジュリーまで制覇してしまう元気があるのですが、地元となるとなかなか精力的に回ってみようじゃないの、などとは思わないものです。それが何よりの証拠には、私の兄夫婦はあのキラキラ光る素敵なシャンゼリゼのクリスマスイルミネーションや、ギャラリーラファイエットの電飾を「何年も見ていないもんねーー」なんて平気で言います。そうは言っても、私も同じようなもの。昨日は、どうしても今度開催するバザーのお買いものがあり、セントロに繰り出しました。笑ってしまうのが、行った3人とも
◎旧セントロ市街地に全く詳しくない。
◎ほぼ方向音痴
◎GPSやスマフォという今風のアイテム不所持(それなのに3人ともWifiタイプのアイパッドは持っている)
◎だったら地図くらい持っていけよ、と思いますがそれも忘れたし・・・(ーー;)
◎性格がアバウト
◎「何とかなるかー」と楽観的
という良い加減な楽天的な性格が共通しており、地図もGPSも何も手にしないままに車で25 de março,Rua Direita界隈にちゃんと着くという快挙を成し遂げました。しかも、方角を間違ってあれーーーと方向転換した先のパトカーのおじさんを掴まえて訊く、バスの運ちゃんに訊くという方法で、何と大胆にも25 de marçoのど真ん中の駐車場にバッチリ車を入れるという幸運。だって、すごくかさばるお買い物があったのですもの、これがどれほど有難かったことか!最後に買い物を終えて店を出る時には、手荷物が邪魔をして店を出るのが難しかったほどでしたもの。そこからどうやって次の目的地Rua Direitaに行くんだ?ハテと悩む3人。「あっちじゃない?」「あれれ?こりゃ一方通行で行けんわ。。。」「じゃあ回ろかー!」ということでグルグル回って最後はやっぱりその辺の警備員さんを掴まえて訊いたら大正解!「そこの駐車場に車を入れて歩いて行きな!すぐだから」ととても親切に教えてくれました。でも不安な我々3人、もう一度駐車場のおじちゃんに「ねえ、Rua Direitaってどっち?」と訊いてかなり近いことが判明。
f0146587_20162458.jpg

紆余曲折ありましたが、無事に到着。目的地は他ならぬ日本の誇る!?100均のダイソー
f0146587_2063885.jpg

Rua DireitaのAnhangabau寄りにありました。Centro界隈は歩くのにも気を付けないといけないと言われますが、この界隈は比較的商店が林立しているせいか、もう少し安心して歩くことが出来ます。
f0146587_208594.jpg

肝心のダイソーは店内そんなに混み合っていないものの、入場制限をかけていました。日本のウチの近所にもあるダイソーがこんな遠くまで・・。これからダイソーは市内に何十店舗も拡大していくそうで、楽しみですね。但しオール5,99Reais現在のレートでは約250円。日本の2,5倍を高いと見るか安いと見るか。取りあえず必要なもので断然日本製が良いと思われるもののみ、買い求めるのが良さそうです。私は昔ブラジルに持って来た輪ゴムが最近延び切って使い物にならないので、輪ゴムと、蓋つき製氷機を買いました。11,98Reaisですが、もちろん2センターボはダイソーさんへ寄付です。日本なら2円返してくれるのにね。
f0146587_2014288.jpg

ワタシがつい先日苦労をしてトランクに詰めてきた色々なものも売っていました。もうそんなに頑張って担いで来なくても良いと思うと、ちょっと安心。真ん前の午後4時までしか開いていないという「カフェ・アロハ」で一休み。。。スイカジュースが美味しい~♪
f0146587_20155460.jpg

車のトランクはもうお買い物品で満杯!必要なものは全て揃ったので、後は肝心の中身作りですね。
f0146587_20182325.jpg

一日中降ったり止んだりの冴えない天気の中、目的達成で3人とも大満足な一日・・・。
f0146587_20233149.jpg

サンパウロの見ず知らずの人たちの親切に何度も助けられ、思い出してもくすっと笑ってしまうような良い思い出ができました。そういえば、この37年間何度も何度もこうした親切心に触れながらここまで来られたんだなあとしみじみ思いました。今日色々教えてくれた親切なおじさんたち本当にありがとう!(と言っても日本語読めないか・・・)夜、夕餉の支度をしました。本当はメルカード(サンパウロ市立市場)で豚肉と海老を買うはずだったのに、あまりの大荷物で身動き取れず、メルカードは目の前なのに行けないという残念な結果になってしまいました。そこで小坂さんで買った山芋とオクラ・納豆のコンビネーション、鳴門ワカメとキュウリの酢の物の簡単ご飯で勘弁してもらいましたが、これが案外好評でした。「たまにはこんなあっさりご飯もいいね!」と。あんたたちはいつも脂っこいんだよ!と突っ込みたくなりましたが、抑えて抑えて・・・(笑)
f0146587_2029791.jpg

改めてトリオさんに、25 de marçoとRua Direitaの位置関係を訊くと、「ほとんど隣同士のようなもんだよ」と言うではありませぬか!つまりいつも行くメインバンクのあるブラジル銀行がBoa Vista通り、そこを90度曲がると25 de marçoのあるLadeira Porto Geral。Rua Direitaは銀行街のあるBoa Vistaと至近距離という訳です。つまり私たちが辿った道は反対方向へ反対方向へとグルグル回っていたという訳。尤もこの界隈は車で行くところではなく、メトロが一番便利なのですけれどね!良い勉強になりました。たまにはセントロ方面の地図を勉強してみようかな?と思った一日でした。トリオさん「僕ね、少年の頃オフィスボーイ(使い走りの小僧)をしていて、セントロには詳しいんだ!」だそうです。そうか・・・そんな下地があったんだね。その後、40年以上セントロの職場で働いていたトリオさんに勝てるものはないでしょう。参りましたっ!バザーは2月3日(日)午前9時からParaisoの三和学院で開催されます。今回の食品部は(私の作る)お赤飯・おはぎ・そして巻き寿司(恵方巻き)・抹茶ケーキ・フルーツケーキです。それに本・雑貨・衣類もあります。奮ってお出かけくださいませ。

お願い
「ブラジルを知る会」では現在、ご自宅で不要になった本(ジャンルを問いません)、衣類、雑貨、食器等を集めております。もし該当のものがある方は、お近くの知る会会員またはこのブログの非公開コメント欄にチェックを入れてメッセージをお願いいたします。その際にはご連絡先を必ずいれてください。会場の三和学院に直接持ち込んで頂いても結構です。皆さまのご協力を宜しくお願いいたします。

by beijaflorspbr | 2013-01-22 11:39 | 買い物 | Trackback | Comments(4)
2013年 01月 21日

Terminal Santo Amaroで無料パスの手続き

先日めでたく還暦を迎えたワタシ、いよいよ市バス(残念ながらメトロは65歳から無料)の「(女性)60歳以上無料パス=Bilhete Unico Especial para Idoso」の手続きをするために、サンパウロ市内南部の巨大ターミナル、サント・アマーロのSPTRANへ。行き先は良く目にし、実際何十回もここ行きのバスに乗ったことがあるのにターミナル終点には一度も行ったことがなかったので、興味津々。金曜日にお友達と別れてBrigadeiroから空いてそうなバスを掴まえて一番前でヨロヨロして立っていると、すぐに若いお兄さんが席を代わってくれました。バスのルートを見ているとなかなか興味深い、つまり、一般乗用車が走れないバス専用路線をスイスイ抜けて走って行くので、思ったよりもずっと速いのにはビックリ。
f0146587_9525552.jpg

それでも南部の外れにあるターミナルまでは40分以上を要し、結論から言えば特別パスの受付時間が午後4時までだったのでタッチの差で間に合わず・・・。ついでだからと、あちこち冒険してきました。まずここにバスが着くまでには何千台ものバスが犇めいて待機していました。不思議なことに、こんな中途半端なところから更に南部に向かってメトロが既に開通しているのです。このターミナルからは、サンパウロ日本人学校のあるCampo Limpo方面へも既にメトロが通っています。つまり、南部の外れの住宅密集地から市中心部へ仕事に行く人は、メトローバスーメトロ、或いはメトロ―バスーバスなどと乗り継いで2-3時間もかけて出勤をしているのですねえ。大変!というより、順番が違うのだ!但し、今大工事をしているLinha Lilasが2014年に開通すれば、市内のほとんどの地区がメトロだけで繋がることになり大変便利になります。2014年と言えば、ワールドカップの年、そしてもうそれは来年なのですね。その日が待たれます。
f0146587_9573742.jpg

ところで、サンパウロの市バスはもし無料パスを所持していなくても年齢を示すIdentidade(身分証明書)を見せるだけで無料で前から下してもらうことが出来ます。この日も勇気を出して、身分証明書を見せたらちゃんと親切にドアを開けて下してくれました。皆「セニョールモトリスタ!」と言っていたので私も真似っこしてみましたら大成功でした。トリオさんにそれを言うと、「別にパスを取らなくてもいいんじゃないの?」だそうですが、やはりちゃんとカトラッカ(料金を支払う関門のようなところ)を通って下車したい私。最後のプライドですかね。このターミナルは、小さなショッピングセンターとも直結しているので、車で行ったとしてもそこに止めることは出来そうです。自宅方面に帰る時がまた大変。どこのプラットホームから乗るの?と訊くと、ある人はB、違う人はAなんて良い加減なことを言います。結局Aが正解。帰り道も優先席に座ってちゃんと身分証明書を提示して自宅近くの最寄のポントで下してもらいました。尤もそこからも歩いて行ける距離ではないので、トリオさんにお迎えにきてもらったのですが。このターミナル界隈に居る人たちは、ちょっと雰囲気が私たちとは違うのでものすごく緊張していたせいか、帰宅後シャワーを浴びてそのまま夜の8時過ぎまでバタンキューでした。きっとすごいストレスだったのかもしれませんねえ。心臓に毛の生えた感のあるこのおばちゃんでもちょっと恐ろしい気持ちになることはあるんですよねえ、良い勉強をしました。・・・でいつパスを取りに行くのって?うーーん、えーーっと来週?再来週?ま・・・そのうちにってことで!(笑)
f0146587_1062851.jpg

無事成功した暁にはまたここでご報告させて頂きますね!乞うご期待!?はぁ~(ーー;)気が重い・・・。でもこの日は良いこともありましたよ。ハチドリ家恒例の冷凍納豆箱買い。伝手を頼ってお願いしていたものがこの日手に入りました。これからは少しずつ日本からの食料品が入りそうで、これはまたとない朗報でした!納豆パワーですっかり元気を取り戻しました!
f0146587_10515043.jpg


by beijaflorspbr | 2013-01-21 10:14 | サンパウロ生活情報 | Trackback