ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2012年 08月 ( 24 )   > この月の画像一覧


2012年 08月 31日

姪の結婚式・・・最後

ダラダラ続けてきた結婚式のレポもおしまいです。お読みいただき、ありがとうございます。良くブラジルでの結婚式のお祝いは何が良いのですか?というご質問を頂きますが、日本のように現金でもOKですし、新郎新婦が指定したお店のリストを見て予算に合わせたものを買っても良いです。勝手にこちらの好きなものを買ってプレゼントをするというのは最近はあまり見られません。この二人の場合は、結婚式の出欠やプレゼントのリストなどを全て自分たち専用のサイトで一元管理をしていました。実に合理的ですね。さて・・・午後7時半から始まった結婚式の宴もたけなわ、、、ってこの時点で午前1時!
f0146587_11345713.jpg
逆にカロリーナの目はパッチリ開いちゃってお利口さんしています。
f0146587_11363615.jpg
比較的元気な義妹たちは変なメガネをかけて変装してワイワイ踊っていますが、私は外にデザートの用意が出来たようなので真っ先に取りに行きま~す。
f0146587_1139559.jpg
なかなか豪華なラインナップ
f0146587_11402825.jpg
たくさん頂いてしまいました~♪
f0146587_11412451.jpg
義姉たちと変なメガネをかけてみたり、光る指輪で無邪気に遊びます。
f0146587_11425713.jpg
もうお腹がいっぱいになったところで留めのケーキ(@_@;)
f0146587_1144233.jpg
いやいや・・・なかなか楽しい結婚式でした。午前2時まで頑張ったけれどもう眠たくてダメ。そろそろ引き上げようかと思ったら、出口付近に温かいアスパラのポタージュ、コーヒー、紅茶、マカロンなどが用意されていました。
f0146587_1146854.jpg
最後まで身も心も温まるパーティーでした。ただ、帰り道に信号の待ち時間が長い交差点があり、ちょっとだけゾッとすることがありましたが、事なきを得ました。実は、私だったら深夜に帰宅する時は、比較的明るい大通りしか通りませんが、この日の運転はトリオさん。いつもの裏道(自分の気に入っている道)を通ったために、怪しい集団のいる真横で信号待ち。彼らは何も仕掛けては来なかったものの、生きた心地はしませんでした。ひぃ~(-"-)深夜のサンパウロはやはり少し怖いです。無事帰宅した時の二人、雄弁でした(笑)

最後になりましたが、会場のカーテンに下げられていたこの鶴の飾り付けは全て手作りだそうです。
f0146587_11493551.jpg
Rくん、Tちゃん、素敵な結婚式に参列させてくれてありがとう。今頃新婚旅行の最中ね。末永くお幸せに・・・。

by beijaflorspbr | 2012-08-31 11:52 | 家族 | Trackback
2012年 08月 30日

姪結婚式・・・④ケーキカットと食事

ゆるゆると続けております。さて、Buffet Colonalの宴会場には続々とゲストが詰めかけています。年代別に上手に分けた席順、娘のエルたちは従兄弟同士で反対側の席でした。皆同じ席で盛りあがっているかと思いきや、あちこち歩き回って私たち親のところで長話・・・。できればファミリーを固めて座らせてくれた方が良かったかな?
f0146587_23332965.jpg
ずっとおつまみを食べながら待っていると、ウェディングケーキが運ばれてきました。可愛い~♪
f0146587_23351136.jpg
大勢のゲストの温かい拍手に迎えられて、新郎新婦が入場してきました。
f0146587_23441326.jpg
賑やかなケーキカットに続き、新郎新婦の父親の感動的な挨拶。地方都市に住む義弟、結局は娘たちをサンパウロの大学に進ませました。経済的にも大変だったことでしょう。挨拶をしながら涙ぐむ義弟を立派だと思いました。ケーキカットの後は、二人が幼い頃からの懐かしいDVDが流れます。仲良く3人(弟夫婦に新婦の姉の姪)
f0146587_23384893.jpg
いよいよ食事が始まります。その前に祭壇!?にはたくさんの花で飾られたスィーツ。
f0146587_23394996.jpg
マカロンやチョコレートなど等・・・。パティシェでもある姪っ子の拘りでしょうか。
f0146587_23405674.jpg
さあ、前菜が運ばれてきました。
f0146587_23462149.jpg
次はパスタ
f0146587_23465848.jpg
最後はお肉、フィレミニョンのポートワインソース
f0146587_23474897.jpg
色々な余興と並行しているため、何となく食べてしまって、いつの間にかお腹がいっぱいになってしまいました。ところで、お給仕をするのはこの美しいお姉さんたち。娘に訊くと、モデルさんがほとんどと言っていました。テキパキしていて笑顔がステキ。
f0146587_23514024.jpg
食事が終わるか終らないかのうちに、奥のホールからけたたましい音楽が・・・。元気な花嫁が踊る踊る。。。もちろんママも一緒にダンシング~♪
f0146587_23524472.jpg
とにかく長い・・・、そろそろ老夫婦な我々は疲れてきちゃいました。もう少しだけ続きます。

by beijaflorspbr | 2012-08-30 23:53 | 家族 | Trackback | Comments(4)
2012年 08月 29日

姪結婚式・・・③おつまみ

こうダラダラ書いている間にも身辺には色々困難なこともあり、ちょっと落ち込み気味です。そんな時だって、逞しいおばさんはめげちゃあいけませんよね。残念ながら出かける用事もあるので、披露宴の障りだけを、ご報告させて頂きましょう。招待客がほぼ揃いました。300人以上はいたでしょうか。
f0146587_22424634.jpg
私たち、(新婦の)おじさんおばさんたちは18番テーブル。姪っこは調理師専門大学を卒業して、現役バリバリのシェフ。小さなお鍋の中身は彼女が作ったBrigadeiroという練乳ベースの甘いお菓子が入っています。
f0146587_22361333.jpg
まずはエスプマンテ
f0146587_2238472.jpg
本日のメニューもあります。
f0146587_22383244.jpg
おつまみがどんどん来ましたよ。
f0146587_22385685.jpg
ついつい食べ過ぎちゃう・・・。いよいよ新郎新婦が賑やかな音楽に乗って入場してきました。続きます。

by beijaflorspbr | 2012-08-29 22:39 | 家族 | Trackback
2012年 08月 28日

姪の結婚式・・・②

バージンロードを父親とゆっくり歩いて、いよいよ花婿さんにバトンタッチ。万感の思いを込めて美しい娘を見つめる義弟N感動します。
f0146587_22384210.jpg
花婿Rが膝まづいて花嫁の手にキス。ひや~ん、カッコイイ~~映画のワンシーンみたい♪
f0146587_2241842.jpg
いよいよセレモニーが始まりました。お坊さんの優しい声が心地よく響きます。
f0146587_22415470.jpg
15分ほどセレモニーがあって、いよいよ指輪の交換、あれ?小さな子どもが・・・この子たちが指輪を運ぶ幸せの使者でした。
f0146587_2242511.jpg
指輪の交換も無事に済み
f0146587_2244445.jpg
仲人さんとひとりひとり丁寧に抱き合って挨拶をした後、最後はご両親と。両親も新郎新婦も涙が止まらなくて・・・
f0146587_2245712.jpg
心が温かくなるようなステキな式でした!
f0146587_22461340.jpg
シャボン玉で祝福されるふたり
f0146587_22471236.jpg
次は披露宴会場に移動します。
f0146587_22482281.jpg
ブルーを基調としたステキなテーブルに着きます。周りは皆トリオさんの姉妹と弟たち。
f0146587_22493394.jpg


by beijaflorspbr | 2012-08-28 22:50 | 家族 | Trackback
2012年 08月 25日

「みつよし」でお寿司ランチ

前「ROBATA」があったところに出来た和食のお店「みつよし」この名前、ブラジル人にはちょっと言いにくいかもしれない。「ミチュヨチ」とか「ミトゥヨッシー」なんて言いそうだなと前を通るたびに笑っていた。一緒に歩いていたMさんが「このお店、結構ボリュームあるんですよ」と教えてくれたので、4人で入ってみた。店内は結構広い。一番奥が寿司コーナーで職人さんも3人くらいいる。
f0146587_11144728.jpg
座って注文をすると、すぐにキュウもみと何故か豆腐のお味噌汁が出される。お味噌汁はお料理と一緒に出してくれないのかなあ?冷めちゃうじゃない・・・などととみんなでブツブツ。。。(笑)
f0146587_11164968.jpg
メインが来る間暇なので、4人の突出しの量を比べてみるの図。何故かお皿が一人だけ違う
f0146587_11505045.jpg
そんなに待つことなくやってきた「寿しエゼクチーヴォ」
f0146587_111815100.jpg
「コンビナード・エゼクチーヴォ・大(グランジ)」
f0146587_11195941.jpg
ははーん、なるほどお刺身が付いているのと付いていないけれど、巻物重視の一皿。最初はこれで足りるかしら?とちょこっと心配したけれど、食べているうちにまあお腹がいっぱいになっちゃった!サービス料も入れてR$33,00はまあまあかな?食べ終わってしばらく楽しくお喋りをしていたら、次から次へお客さんが押し寄せたので、早々に席を空けた。本当にブラジル人はお寿司やお刺身などの和食が大好き。この街で例えば「くら寿司」や「スシロー」などのリーズナブルで簡単に食べられる回転寿司チェーン店がオープンすれば必ず流行ると思う。パウリスタ(サンパウロの人)はとても働き者だから、なるべく早く食べて仕事に戻りたいはず。ちゃっちゃと食べてそれが体に良い食べ物なら、お客さんが来ないはずはないだろう。とにかく美味しかった、ご馳走さまでした!お昼でお腹がいっぱいになったので、もう夕飯は食べられないかと心配したけれど、6時くらいにはやっぱりお腹が空いちゃった・・・(^_^;)和食はやっぱり体に優しいわ。

by beijaflorspbr | 2012-08-25 11:28 | サンパウロのレストラン | Trackback | Comments(2)
2012年 08月 24日

娘への幸福便フロム岡山~♪

つい先日まで暑さでめげていた娘のパトちゃん、心配した岡山のお友達が彼女のためにこんな素敵な贈り物をしてくださいました。これで元気を取り戻すことでしょう!
f0146587_10535179.jpg
今が旬のピオーネ、白桃、梨そしてあの高価なウナギが2匹も!!いいな、いいな。私の大好物ばかり~♪もし私が日本にいたら独り占めして食べちゃったかも・・・(^_^;)お友達っていいな、早く日本に帰りたくなって困りました。ブラジルも良いけれど、やっぱり日本もいい。生まれ故郷の空気を思い切り吸いたいと思うのは、皆同じではないでしょうか。

今年の3月11日、パリ・ユネスコ本部で行われた佐渡裕さん指揮の演奏をバックにキーボードを叩く日々。最後の「ふるさと」は聴くたびに涙してしまいます。故郷の原風景は子ども時代を過ごした美しい山や川。そんな時代に生きて来られた幸せを感謝するとともに、被災された多くの方々に心を寄せたいと思います。コンサートの模様はコチラのUstreamで視聴することができます。パリの兄夫婦もこの日、ユネスコでこのコンサートを生で聴き、あまりに素晴らしいコンサートだったので忘れられないと言っていたので、一生懸命ウェブサイトを探し当てました(笑)コンサート概要はコチラです。

鈴鹿でNPO「愛伝舎」の理事長をされていらっしゃる坂本さんから、「女川に行きます」とご連絡を頂きました。同NPOは女川の子どもたちをサポートする「希望のえんぴつプロジェクト」窓口となっています。そこで、昨年3月11日の震災当日に、ご高齢の女性を助けるために津波で流され45歳で落命された遠い親戚のKMさんのために女川の海に向かって手を合わせて頂けないでしょうか、とお願いしました。今も家族の元に帰ることができないKMさんが一日も早く見つかりますように。佐渡さんの指揮する美しい音色を聴きながら祈り思いを馳せる日々です・・・。

by beijaflorspbr | 2012-08-24 11:21 | 家族 | Trackback
2012年 08月 23日

久々の話し合いに参加

どうしても後で車を使う用事があり、この日はバスとメトロで街に出ました。「街」と言っても、サンパウロ中心街へという意味ですけれど(細かい?)私の乗ったメトロ行きのバス、なななんと長いんです。全部で3台を連結したようなながーーーいバス。それに乗ってみると、ほら、運転席がちょっと変。
f0146587_232096.jpg
そうなんです、お喋り好きなブラジル人の口を塞ぐような構造の特別仕様のバス。このバスは最近増えている「Eco Frota」というバイオディーゼルが20%混ざった燃料で走っているエコバスです。外から見ると、こんな感じで表示されています。
f0146587_2392560.jpg
少し道路が混み合っていて、メトロ・サンタクルスまで50分罹りました。さあ、急いでメトロに乗り換えましょう!メトロは速い、あっという間にParaisoに着きました。23 de Maioが意外にも両面ともスイスイ。。。
f0146587_23115760.jpg
お友だちのSさんのお宅には5分遅れで到着。Paraiso界隈も、新しいプレジオ(ビル)がたくさん増えました。引っ越しをするならこの辺がいいな、などと思いながら小走り。美味しいコーヒーと紅茶、そして手作りのお菓子に癒されます。
f0146587_23143158.jpg
「ブラジルを知る会」では次の講演会のテーマを日本人移民も含めた広い意味での日系社会をテーマに、3部作で連続して行うことを計画しています。そのお話が出てから、自宅に戻り、昔一生懸命勉強した移民の資料を寝るまで読み漁っていました。読み出したらその奥深さに引き込まれました。久々に勉強意欲が湧いてくるのを感じます。講演会については、近日中にお知らせできるかと思います。

by beijaflorspbr | 2012-08-23 23:18 | ブラジルを知る会 | Trackback
2012年 08月 22日

体調不良の日本の家族

サンパウロはもう20日以上雨が降らない日が続いていて、カラカラ天気の毎日です。今日のお昼の湿度は、遂に30%を切ってしまったそうで、これでは砂漠並みだとテレビニュースで言っていました。火事にも要注意のレベルだそうです。水分をしっかり摂って体調管理にはくれぐれもご注意をということを繰り返していました。ただ、気温は25℃前後と安定していてとても気持ちがよく、日本で長い期間猛暑に苦しんでいる方々に申し訳ないほどです。
f0146587_658253.jpg
今朝方、大阪に独りで住んでいる娘のパトちゃんからスカイプの呼び出し。何だかいつも元気な彼女じゃない。「ママ、何だか体調が良くないの。頭が痛くて気分が悪いし、吐き気がするの。どうしちゃったんだろう?」もしかしたら熱中症かもしれない。今朝のNHKニュースで、今年は熱中症で既に103名の尊い命が奪われたと言っていたっけ。「明日朝一番で〇〇病院に行きなさい!お金はあるでしょ?」「うん、ママが置いて行ってくれたお金がそのまま置いてある」「それを持って朝一番のシャトルバスに乗って必ず行きなさいね!」聞くところによると、とても慎ましい性格の彼女、「ママにこれ以上の(経済的)負担は掛けられない」と、極力クーラーを付けるのを我慢しているとのこと。「我慢なんてしないで暑かったらどんどんつけていいのよ!」改めて言い聞かせました。このエアコンを買う時に、少し高かったけれど、大型で省エネタイプにしたので、実際の電気代はそんなに高くないのですが、いくら言っても「私一人だし勿体ないもの。節電しなくちゃ」と言います。この慎ましい性格が、体調を悪化させているとすれば親としては複雑な心境です。

パトちゃんにもう一度言います。
「すぐに病院に行きなさい!」
「暑いのを我慢せず、クーラーは自由に使って!!」
「美味しいものをたくさん食べて栄養を付けて!!!」
母親として何もしてあげられない自分がもどかしい。こんな時はすぐにでも日本に飛んで行きたいのに。後1か月だから、頑張って!!
*娘と話しました。あれから病院で診察を受けたところ、「熱中症ではない」との診断だったそうで取りあえず安心しました。ご心配をして下さった皆さま、ありがとうございます!

by beijaflorspbr | 2012-08-22 07:16 | 家族 | Trackback
2012年 08月 21日

我が家の一大事

例の(固定資産税がかかっている)サッカー場も随分ボロボロになりました。
f0146587_1095648.jpg
トリオさんの友だちがこのコートにペンキを塗ってくれるというので、みんなでお掃除~♪
f0146587_10105019.jpg
プールの水を使ってゴシゴシ。。。何となく綺麗になったような気がするから不思議。
f0146587_10115146.jpg
そしてペンキ塗りのおにいちゃんが来てくれました。ひたすら一生懸命塗ります。
f0146587_10141024.jpg
夕方6時過ぎにやっと終了!お疲れさまでした~♪
f0146587_10151614.jpg
網が無くなったので、家の全貌が見渡せるようになりました。本当は家も塗らないといけないのだけれど。
f0146587_10165258.jpg
目を瞑ってもらいましょう(笑)庭が少しだけ広くなったような気がするから不思議。公園のように毎日この庭をお散歩しています!
f0146587_10191349.jpg


by beijaflorspbr | 2012-08-21 10:19 | Chacara Flora | Trackback | Comments(4)
2012年 08月 20日

週末は簡単ピッツァ~♪

我が家がピッツァを食べたい時は、店には行かずデリバリーか持ち帰りをします。住んでいるところが特殊地域!?なので、どこへ行くにしても歩いてはいけません。VejaサンパウロのComer e Beberを引っ張り出してきてああ、この店もいいね、あの店も美味しそうだねなんて会話はするものの落ち着くのはすぐ近くの店。今回何十年ぶりかで買ってみたウチから一番近い「Tomatto」そう言えば父も連れてきたことがあったっけ。トリオさんのアミーゴのジョンズィニョおじいちゃんも誘って、二人で勢いよくカシャッサ(ピンガ)を呑んだ呑んだ~二人とももうこの世にはいない。でもどう考えてもピッツァにはやっぱりビールが合うと思うのだけど・・・。
f0146587_205562.jpg
家で静かに待っていると、ほどなく男二人が帰ってきました。やっぱり近所だけあって早いこと!アツアツトロトロでチーズが流れ出しちゃっているー(^_^;)
f0146587_19525688.jpg
「適当に乗っけました」感のあるルッコラがバサッと。
f0146587_19533230.jpg
まあ味は素晴らしく美味しかったからめでたしめでたし・・・。日曜日の夜はこんな食事がやっぱり簡単でいいな。このピッツァリアのお隣があの有名中華の「China Lake」さん。何故か中華がそんなに好きじゃない家族はなかなか「行こう!」ってことになりません。この店もやっぱりデリバリーが有難くて、おかずを2品くらいと、家で炊いた白ごはんが一番美味しく感じますねえ。駐在員ファミリーが大好きな「YAKITORIYA」も車で10分以内でも鶏が苦手なハチドリかーちゃんにはチト辛い(ー_ー)!!やっぱりおうちごはんに行き着くのかな?ま、とにかくご馳走さまでした~♪

by beijaflorspbr | 2012-08-20 19:58 | サンパウロのレストラン | Trackback | Comments(4)