ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2012年 04月 ( 27 )   > この月の画像一覧


2012年 04月 30日

友達4人でビストロランチ

大阪・北浜のビストロLa Tortugaでお友達4人でランチ。かけがいのない友と知り合ってもう何年になるのやら。例え長い間会わなくても、会った瞬間に息が合ってしまう貴重な友。今までもこれからもよろしくね。

Kちゃんはうずらの中にご飯が入ったもの。皮パリでかなり美味しかったよう。
f0146587_22192242.jpg

Cちゃんはクスクス。ここのお料理はフランス風というよりは、ガッツリ南米系のように感じたのは私だけ?
f0146587_22193041.jpg

私の選んだ豚バラのソテー、下はレンズ豆がどっさり(笑)エミレーツの機内食を彷彿とさせるボリュームたっぷりな一皿だった。
f0146587_22194270.jpg

Aちゃんは鶏肉。人の選んだものがより美味しそうに見えるのはいつものことよね~♪
f0146587_22195314.jpg

あまり広くない店内は、予約客で満席に…。ガッツリ系のビストロ、量もたっぷりで大変楽しめた。変わらぬ友情に感謝!

by beijaflorspbr | 2012-04-30 23:59 | 日本の美味しいもの | Trackback
2012年 04月 29日

4月23日(月)旅日記 群馬県高崎市へ

小学生の頃、前橋に住んでいた私たち家族は、この地にも幼馴染がいてくれ、今でも交流があります。久々に友に会うために新大阪を早朝出発しました。午前7時30分発ひかり510号、朝の新幹線車内はとっても静かで良く眠れるから大好き~♪この日は一番前を割り振られました(あまり好きではないのですが…)
f0146587_16242657.jpg

東京駅に10時40分に着き、そのまま上越新幹線に乗り換えて群馬県高崎市へ。
f0146587_16294449.jpg

がんばろう日本 がんばろう東北 この文字を見ると1年前の悲しい震災のことをしきりに思い浮かべてしまいます。私たちは何をすべきか、を無言で語りかけてくれるような気がします。MAXたにがわ407号にて高崎へ。このMAXは全車2階建てです。少し圧迫感がありますし、各駅停車なのでもどかしいのですが、疲れを取るためには最適な乗り物です。しかし、後ろのサラリーマンが大音響で話していて煩いこと(/_;)まいりました。。。
f0146587_16295978.jpg

まあそれでも何とか高崎に到着しました。高崎は、亡きKが長年住んでおり、いつも笑顔で迎えに来てくれていた懐かしい駅です。駅に降り立った途端にKはもういないんだ・・・と思うとふと涙ぐみそうになりました。気を取り直して長いエスカレーターを降り改札を通ると、笑顔のY子さんが待っていてくださいました。Y子さんは幼馴染Dの義姉妹。フルタイムで仕事をしているDの前に迎え入れてくださったのはY子さん。一人息子さん昨年お嫁さんを迎えたそうで、運転手はお嫁さんのMちゃん。初対面ながらステキな女性でした。駅の近くのステキなお鮨屋さん「豊」へ。
f0146587_16351619.jpg

掘りごたつ式になっていてステキなお店。すし御膳をお願いしました。
f0146587_16361526.jpg

朝からおにぎり1個の身にこの美味しいお鮨がどんなに美味しく感じたか!!
f0146587_16372228.jpg

ご馳走さまでした!Y子さんと色々お話したり、Y子さんのお友達も2人見えて楽しいティータイム。お嫁ちゃんMちゃんの可愛いこと!私もこんな可愛いお嫁ちゃんならいくらでも可愛がってあげられるなあと思いました(気が早いって?)夕方「遅くなってごめん~」と長年の友Dが仕事先から駆け付けて来てくれました。何年ぶりかの再会、そうそう広島同窓会以来かな?会えそうでなかなか会えない友との再会は本当に貴重です。Y子さんたちと笑顔でお別れをして、Dと向かったのは伊香保温泉でした。続きます・・・。

by beijaflorspbr | 2012-04-29 16:41 | 日本国内旅行 | Trackback | Comments(4)
2012年 04月 28日

5日ぶりの帰阪

f0146587_2328293.jpg

たくさんの想い出とお土産と写真を手に帰ってきました。こんなに毎日が幸せで良いのだろうか?と思うほど充実した旅でした。中には46年ぶりに再会した友や、36年ぶりに再会した教え子もいました。大変お元気な97歳と89歳の恩師ご夫婦にもお会いできました。明日からまたしばらくは大阪にいますので、ゆっくりブログと向き合う時間が取れるかと思います。今日はこのままおやすみなさいませ。(-_-)

by beijaflorspbr | 2012-04-28 23:32 | 日本 | Trackback
2012年 04月 27日

東京3泊目

今日は、私の尊敬する料理研究家の堀江泰子先生のお宅にご挨拶に行ってきました。

旦那さまは6月で97歳、先生は89歳。ご長寿のお手本のステキな先生方からたくさんのことを学ばせて頂きました。明後日はご夫妻のご結婚70周年記念日だそうです。私もまだ生まれていなかった70年のことなど、想像もつきません。先生の同級生もお二人来られましたが、お若いこと!まだ若い!?私はめげてなんていられません。

明日の昼に用事を済ませて、5日ぶりに大阪に戻ります。帰ったら順に日記を記したいと思います。

by beijaflorspbr | 2012-04-27 21:54 | 日本国内旅行 | Trackback
2012年 04月 24日

友旅@伊香保温泉

ずっと岩のように石のように大阪から動かなかったハチドリは、昨日から重い腰を上げて旅に出ています。昨日は早朝に起床し、新幹線で東京を経由して高崎までやってきました。高崎で大切な用事を済ませた後は、幼馴染みのDの車で群馬県の観光地・伊香保温泉へ。

平日にも関わらず、なかなか予約が取れなかった中、苦労をして抑えてくれた宿は大手チェーンのホテルでした。そこにはずっと会いたかった昔の友のKが笑顔で待っていてくれました。私に会うために、埼玉から車を飛ばしてきてくれたKとは何と46年ぶりの再会!お互いがまだ多感な少女時代に共有した多くの貴重な時間が一瞬のうちに蘇ってくるような、素敵な時間を過ごすことができました。Kは私のブログを知ってからは、毎日時間があると遡って読んでくれたようです。そのおかげで、私のことを良く知ってくれていました(笑)夕飯を一緒にしながら泣いたり笑ったり話しは尽きないまま、埼玉まで車で帰って行きました。

温泉にも3回入って命の洗濯をさせて頂いています。こちら、伊香保は今桜が満開!良い時期に来させて頂き、良い想い出ができました。友だちっていいな〜♪DとK、本当にありがとう!今日は高崎でランチ後、東京で仕事を済ませた後次の友旅の目的地の静岡に向かいます♪明日も晴れますように!

by beijaflorspbr | 2012-04-24 09:03 | 日本国内旅行 | Trackback
2012年 04月 23日

吉野へ②

中千本からマイクロバスで約20分、険しい山道を登ったところが奥千本口です。大鳥居を潜るとそこはまあ酷い急坂で…(@_@;)はぁはぁ息を切らしながら命がけで登っていると、元気な人がどんどん追い越して行きます。運動不足を実感した瞬間でした。
f0146587_0315963.jpg

でもそこを乗り越えると、こんな雄大な光景が眼下に広がります。素晴らしい!
f0146587_0324226.jpg

足場の悪い道を歩くのに慣れていないので、苦労して辿りついた先のご褒美でした。でもこれはほんの序の口だということが後で分かったのですが。
f0146587_0335077.jpg

雄大な山の稜線を楽しんだ後は、金峯(きんぷ)神社へお参り。
f0146587_0383833.jpg

山の上は枝垂れ桜が綺麗に咲いていました。
f0146587_040876.jpg

ここまでは良かったのですが、ここからが難行苦行の連続でした(--〆)
f0146587_0421719.jpg

山道を登ること30分、途中までは土が乾いていて登りやすかったと思いきや、途中からぬかるんでいて足が取られそうになって本当に怖い思いをしました(体重が重いせいもありますが・・・笑)。知識があまりないので、標識を頼りにぐいぐい歩いて行きます。
f0146587_0465425.jpg

柵も何もない山道、歩き慣れていないので恐ろしい。意外に軽装でスイスイ歩いている人たちもいます。まさに老若男女が規律を持って登山する様はなかなか厳粛な光景でした。
f0146587_049309.jpg

本当に怖いのはここからでした。今度はぬかるんだ道をゆっくりゆっくり下ります。手すりも何もない濡れた山道を下る恐ろしさ。特にパトちゃんは平衡感覚が人よりも劣っているため、私にしっかり捕まって一歩また一歩と足を進めるため、全体重が私に掛かってきて苦労をして下山しました。
f0146587_0525021.jpg

何故こんな険しい山を登ってしまったんだろうと後悔していると、平地に辿りつきました。西行庵は、放浪の歌人西行が3年幽居していた庵だそうです。
f0146587_0561796.jpg

休憩所からふと見ると、やっと桜が見えました。吉野の桜は山桜なのでソメイヨシノのような華やかさはありません。
f0146587_0582980.jpg

それにしても本当に雄大な景色でした!
f0146587_0594717.jpg

今度は自信がついたのか、とっとと一人で山を登って行ってしまったパトちゃん。おーーい、置いて行かないで~~(^^)/
f0146587_104627.jpg

ふと後ろを振り返ると・・・この光景こそが「一目千本」と言われる吉野の桜の風景です。桜の数は少ないものの、淡いピンクで山が彩られています。
f0146587_124412.jpg

既に麓も中千本も桜は散った後でしたので、やっと観られた吉野らしい光景に大満足。この奥千本まで来ないと、しかも険しい山道を乗り越えないと見られない風景だったのかもしれませんね。

by beijaflorspbr | 2012-04-23 12:00 | 日本国内旅行 | Trackback
2012年 04月 22日

吉野へ①

世界遺産、吉野に行ってきました。最寄駅から電車で約1時間半、途中単線の為か電車が何度も何度も停まります。近くて遠い山奥の吉野。この時期は桜見物の観光客で大変賑わっています。
f0146587_024415.jpg

駅前から中千本までは徒歩、ケーブルカー、バスの3種類の中から選べます。前回はケーブルカーで登ったので、今回はバスにしてみました。中千本までは約20分。元気のある方はどんどん山を登って行きます。
f0146587_03459.jpg

約20分で中千本に到着しました。バスに乗っていた人のほとんどは、急階段をエッチラオッチラ登ってもう一度長い長い行列に並んで奥千本を目指します。
f0146587_031682.jpg

行列に並んでいるうちにお昼を過ぎ、小腹が空いてしまいましたので、近くの売店で吉野名物の「柿の葉寿司」を買ってパトちゃんと二人で分けました。柿の葉寿司には鯖が、桜の葉寿司には、穴子が載せられていてとっても美味しかった。食べ歩き用の草餅も1個ずつ購入。
f0146587_032995.jpg

約1時間待って、やっとマイクロバスに乗ることができました。4台のマイクロバスでピストン輸送するものの、急こう配の坂道を上り下りするのは大変です。
f0146587_034470.jpg

いやはや・・・最初の待ち時間から随分疲れる桜見物、どうなることやら。。。「奥千本に何があるの?」しきりに訊く娘。まあ後のお楽しみってことで・・・。

by beijaflorspbr | 2012-04-22 23:56 | 日本国内旅行 | Trackback
2012年 04月 20日

我が家にて@教え子とともに

先週我が家で宴会をしました。ブラジルから持ってきたBacalhau(干した鱈)のお鍋がメインでした。仕上げにニンニクを利かして香ばしく仕上げました。
f0146587_2328781.jpg

他にも色々・・・でもいつも「お酒」が主役のような我が家のおもてなし(笑)
f0146587_23252764.jpg

もうちょっとおシャレに決めたいものです(笑)宴会が終わったのは午前3時、それからYちゃんがTを大阪市内まで車で送ってくれました。Yちゃん、本当にありがとうね、助かりました。またいつでもウチに来て下さいね。

by beijaflorspbr | 2012-04-20 23:32 | おうちごはん | Trackback
2012年 04月 19日

造幣局桜の通り抜け

毎年恒例の「大阪造幣局桜の通り抜け」を観てきました。
f0146587_23265685.jpg

f0146587_237539.jpg

あまりにも見応えがあり美し過ぎて言葉になりません。
f0146587_2375461.jpg
f0146587_238876.jpg
f0146587_2382155.jpg

f0146587_2395048.jpg

f0146587_23113383.jpg

f0146587_2312448.jpg

f0146587_23135398.jpg

f0146587_23152080.jpg

如何でしょうか?拙い写真ですが、楽しんで頂けたら幸いです。ずっとピンクに慣れ親しむと緑も新鮮に映ります。
f0146587_23202986.jpg

最後に「妹背」という名前のこの桜に俳句が添えられていました。
f0146587_23571826.jpg

「写メールで せめて妹背を 陸前へ」
「東北へ 元気を贈る 通り抜け」

by beijaflorspbr | 2012-04-19 23:16 | 美しいもの | Trackback | Comments(10)
2012年 04月 18日

兄夫婦帰国

たくさん話してたくさん笑って食べて呑んでまた良い思い出が増えました。昨日の午後、関空のホテルに前泊する兄たちを送るために関西国際空港へ。高速は大変空いていて、色々話しているうちにあっという間に着いてしまいました。楽しかった兄たちとの束の間の時間ももうおしまい。お互いが海外在住というきつい条件を乗り越えて、共有できる時間を思い切り満喫してきた私たち兄妹。
f0146587_959247.jpg

ホテル前で二人とあっさり別れてしまったので、少し寂しくなった私は一人で関空展望台へ。関西空港は離発着する飛行機が少ないので、2機くらいの離陸を見送って帰途につきました。帰宅したらパトちゃんが、「ママ、寂しくなったね。これからは二人で頑張ろうね!」と優しく声をかけてくれました。何を頑張るのか良く分かりませんが(笑)「頑張り」ましょう。予定通りならば、今日の午前中に出発し、12時間後にパリに着くはず。ということはこの時間まだ大阪なので、思いが残ります。別れは次の出会いまでの始まり、そんな言葉がふと頭をよぎりました。色々ありがとうね、お兄ちゃん、ふーさん。旅の無事を祈っています!行ってらっしゃい~♪

by beijaflorspbr | 2012-04-18 10:04 | 家族 | Trackback