ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2011年 06月 ( 34 )   > この月の画像一覧


2011年 06月 30日

怖いけど怖くないブラジルの人たち?

日本に長く住むと、日本人ばかりの生活が当たり前になる。政治家も会社社長も平社員も先生も生徒もみんな日本人だ。当たり前か・・・。ブラジルに嫁に来て初めて帰国した時のこと、成田空港を掃除するのが日本人のおばさんだったことに軽い衝撃を受けた。だってここは掃除をする人は必ずと言っていいほど少しだけ色の付いた人たちだから。我が家のお手伝いさんのCiceraの家も、6人兄弟だけど、半分以上の4人が薄暗い。そして何故かCiceraとCica(姉)の肌の色は白い。でも髪の毛はチリチリの金髪だ。Ciceraの両親に会った時に謎が解けた。お父さんは本物の黒い人(これからは時計の針で例えたい)時間で言えば午後9時くらい。お母さんは髪は金髪で肌の色は午後5時くらい。夫のトリオさんの部下に真っ黒(午後11時)のゴッドフレッドという怖いオジサンがいた。最初は怖がっていた私もだんだんゴッドフレッドに馴染んでいきて、「ゴッドちゃん」なんて呼ぶようになった。ゴッドちゃんは夜間大学を苦労して卒業してな、な、何と弁護士さんになった!やっぱりゴッドちゃんは午後11時の中でも超大物だったんだ。今でも背の高い威圧的なでも目が飛び切り優しいゴッドちゃんを思い出すことがある。

この家に引っ越してどうしても庭の手入れをする男性使用人が必要だった時にやって来たのが、ゼー(ジョゼーの略)だった。ゼーは午後9時くらいの色。この人もすごく心が優しくて、息子のボンはいつもゼーと手を繋いで庭をお散歩していた。「ゼー遊ぼう、ゼーボール蹴りしよう!」ボンの話しかける言葉は全部日本語だ(ーー;)でもゼーは嫌な顔ひとつせずボンに付き合っていた。我が家は集合住宅で、Portaria(警備員)が二つある。その1箇所をゼーと手を繋いで出ようとしたところで、警備員に捕まった。「ゼーと一緒に外に出ようとしているけれど、誘拐じゃないのか?」と電話がかかる。「ああ、大丈夫。ゼーに買い物を頼んだから」「ボンと一緒でも出して良いか?」「OK、許可する」と言わないとテコでも出さない構えの警備員。それからはゼーとボンが出かける前に必ずPortariaに電話をすることにした。ゼーは傷つかなかったんだろうか?ブラジルでは人種差別はないとはいえ、やはり社会問題になるほどある。いつかアパートのエレベーターに女中さん(Empregada)がSocial(住人専用)のエレベーターに乗っていて住人から咎められ裁判にかけた事例があった。もちろん女中さん側の全面勝訴。いつかは午後6時くらいの黒い人がレストランに入って差別を受けたそうだ。腕っこきの弁護士が付いてその午後6時さんを勝訴させた。レストラン側は多額の罰金を支払ったそうだ。ブラジルでは16世紀からアフリカのアンゴラを中心に171万人の奴隷が輸入された。手かせ足かせを付けられ動物のような扱いを受け、奴隷小屋に繋がれた。その奴隷小屋が今でもあちこちに残る。それは1888年の奴隷輸入禁止令が出るまで続いた。奴隷禁止令が出されてから代替労働力としてブラジル政府の移民奨励が始まり、ポルトガル、スペイン、イタリア、日本、ドイツなどの国から移民を大勢受け入れた背景がある。奴隷の代わりにコーヒー農園などに入れられた移民たちの苦労はいかばかりであったことだろう。

そんな歴史的背景の中で、ブラジルには一言で黒人といっても色々な黒人が誕生した。有色人種の多いこの街に住まうようになって、黒い人への抵抗は薄らいだ。昔は怖かった。それは1976年、初めてアメリカ本土へ渡った時、トランジットのシカゴ空港で真っ黒い人に射竦められた(ような気がした)時、トイレに駆け込んで泣いた。でもサンパウロに35年も住むようになると、黒い人の居ない空間など有り得ないので随分慣れた。慣れたというより、何も感じなくなった。昨日たまたま街角で見たこの3人組。「マンジョッカ」という日本で言えばタロイモを売る男たち。このお芋は茹でて油で揚げるととっても美味しい。「奥さん、マンジョッカ要らない?買ってよ、安くしとくよ!」「ううん、要らない。要らないけどあんたたちの写真撮ってもいい?」これこそがブラジル人の良いところ。「いつか(Um dia)買うからね!チャオ!」と笑いながら別れた。
f0146587_22323022.jpg
ブラジルにはたくさんの面白くて楽しくて底抜けにお人好しがいる。人間が面白い街は、住んでいても楽しい。これで治安が良ければ最高なのに・・・。ちょっと残念だなあ。

by beijaflorspbr | 2011-06-30 22:34 | サンパウロ生活情報 | Trackback
2011年 06月 29日

記憶の中のサンパウロの光景は?

北海道は釧路に住んでいる72歳のYさんからこんなメールを頂戴しました。
先般NHKの「ラジオ深夜便」という番組がブラジルから放送されていましたが、この番組が海外から放送されるとは、ちょっと驚きでした。夜中の番組ですので、全部聴くのは無理でしたが、多少の興味をもってまどろみながら聞いていました。ブラジルについては、私の親たちも戦前ブラジル移民を志したようなのですが、ある事情で頓挫したとのことでした。そして、戦前に先に行っていた母方の家系の家の方が、戦後の日本を訪れ、その時お土産に頂いたサンパウロ市内の絵葉書が何葉かあるのを思いだしました。1950年代頃のものかと思います。それで、その絵葉書の場所が60年後の今はどのようになっているのかと、もの好きにもちょっと知りたくなりました。絵葉書の昔のサンパウロの絵が今はどのような景色になっているのか調べてというか写真を撮って載せていただけないかと・・・・場所というか絵は、プラッサ・デ・プブリカ  アベニーダ・ノーベデジュリヨ  アベニーダ・パウりスタよりの当?建物  バカエンブー(フットボール場)  御茶ノ水橋(高いのは南米第一の建物)  医科大学  ブタンタン(蛇の注射薬製造所)  などです。大変不躾な要望ですみませんが、時間が許せるなら、時折にでも載せていただけると嬉しい限りです。
Yさんのご要望にお答えして、と申し上げたいのですが、私自身が行くところが決まっていますので、なかなか全部と言うわけにはまいりませんが、出来るだけご要望にお答えさせて頂きたいと思っております。
1、アベニーダ・パウりスタよりの当?建物・・・アベニーダパウリスタの写真は何枚もありました。
f0146587_1525562.jpg
何といっても経済の根幹をなす金融の街、サンパウロ市の中心となる大通りです。
f0146587_15262650.jpg
2、御茶ノ水橋(Viaduto do Cha)市の中心街からGuarulhos空港へ行く時に必ず通ります。
f0146587_1527634.jpg
3、バカエンブー(フットボール場)Pacaembuサッカー競技場のことですね?
f0146587_15453956.jpg
比較的中心街にある大型スタジアムです。つい先日の日曜日もコリンチャンスーサンパウロF.Cの試合が行われたばかりです。
f0146587_15294833.jpg
4、アベニーダ・ノーベデジュリヨ、Avenida 9 de Julho、良く通る道ですが、運転していることが多く、写真がありませんので、他所からお借りしてきました。
f0146587_15312876.jpg
5、医科大学、サンパウロ大学医学部のことですね?
f0146587_1532753.jpg
プラッサ・ダ・ヘプブリカ・ブタンタンの毒蛇研究所は今度行った時に写真を撮ってまいりますね。ヘプブリカ広場周辺にはいつも行っていますが、治安が悪い場所なので少し心配です。その他のお勧め名所もついでに載せておきますね。
※イタリアビル(そのプラッサダヘプブリカ公園の真ん前にある巨大商業ビルです)
f0146587_15345474.jpg
※サンベント教会(私がサンパウロで一番好きな教会です)
f0146587_15352763.jpg
※カテドラル・メトロポリターナ大聖堂(セー教会)大改装をして大変綺麗になりました。
f0146587_15361227.jpg
※イビラプエラ公園、バンデイランテスのモニュメント
f0146587_15371147.jpg
クリスマスには毎年巨大ツリーがお目見えします。
f0146587_15374473.jpg
※サンパウロ産んだ世界に誇るF1レーサー亡きアイルトン・セナの名を冠したアイルトン・セナ街道(サンパウロ・グァルーリョス空港へ行く道です)アイルトン・セナはMorumbi墓地に静かに眠っています。
f0146587_15393232.jpg
上のお勧め箇所は、全て自分で撮影してこのブログに掲載したものです。まだまだ市内の名所はありますが、回り切れていません。これからも行った場所の画像を精力的に収めてまいりますね。いつもハチドリブログを応援して頂き、ありがとうございます。

by beijaflorspbr | 2011-06-29 15:42 | サンパウロ生活情報 | Trackback | Comments(10)
2011年 06月 28日

久々のTrindade(ポルトガル料理)へ

Itaim地区にあるポルトガル料理店「Trindade
f0146587_6484374.jpg
お母さん店のa bela Sintraよりもカジュアルで明るい雰囲気
f0146587_6505974.jpg
このお店は本当に久しぶり。何ヶ月か前に、お友達4人で来たことがありましたが、不覚にもカメラを忘れて記録に残っていませぬ(ーー;)ブロガー失格!
f0146587_6512024.jpg
座った途端におつまみが。焼きたてパンは熱々のホワホワ・・・
f0146587_6522044.jpg
飲み物はポルトガル産の白を・・・
f0146587_6532738.jpg
バカリャウ(干し鱈)や小エビのコロッケも熱々でございます。
f0146587_6545545.jpg
Entradaはトマトスープと蟹料理、スープが濃厚です!
f0146587_704493.jpg
本日のメニューです。お昼のランチメニュー、値段が少し上がりました。「税金が高すぎるんだよ」とトリオさんから説明あり。この中からBacalhauと・・・
f0146587_656336.jpg
シェフのお勧めのPolvo grelhado(タコ) com batata murroを、ブロッコリー&オリーブの実添え
f0146587_6575729.jpg
デザートはいつものCreme de Papaia&カフェ
f0146587_714279.jpg
久しぶりの気持ちの良い時間を過ごすことができました。スタッフのフランさんの笑顔が眩しいほど。親切にして頂き、ありがとう!またお友達を誘ってきますね~~♪
f0146587_731060.jpg


by beijaflorspbr | 2011-06-28 07:03 | サンパウロのレストラン | Trackback | Comments(2)
2011年 06月 27日

究極のアンコールとは!?(シモンボリバルオーケストラ)

いつもお世話になっているドイツ在住ののんちゃんから貴重な情報を頂きました。私独り占めにするのはもったいないので、改めて記事にさせて頂きます。先週の日曜日に行ったOrquestra Simón Bolívar de Venezuelaのコンサートについてですが、こんなステキな秘話が隠されていました。『ベネズエラの青少年教育の国政の一環として、2歳からオーケストラに参加させます。その子供たちの90%は貧困層。裸足や、日本なら古着にもならないような服を着た子などが国から貸与された楽器を抱えて集まって来るそうです。この青少年音楽教育が始まってから非行が減ったそうです。』(のんちゃんご提供情報)

それでは改めてステキなアンコールシーンを聴いて頂きましょう。これを聴きながら改めて「音楽の力って凄いな」「クラッシックって心が洗われるな」「コンサートは演奏者と観客が一体とならなくては・・・」などと考えました。私もこのOrquestra Simón Bolívar de Venezuelaの迫力ある演奏を聴いて、音楽への概念が覆されたような気持ちでいっぱいです。今、無性に生のクラッシックが聴きたくてたまらなくなりました。
のんちゃん、ありがとうございました。※今日は息子ボンの誕生日です。こんな寒い時期に生まれたんだな、と改めて思い出していました。2人続いた後の男の子の誕生、それはそれは嬉しくて飛び上がりたいほどでした。どの子も可愛いのはもちろんですが、少し甘やかし過ぎたのも事実。親からの愛情を当たり前と受け取る傾向も見られます。今後とも彼の人生に幸あれと祈るばかりです・・・。ボンくん、お誕生日おめでとう! 

by beijaflorspbr | 2011-06-27 09:51 | 音楽・映画の世界 | Trackback | Comments(2)
2011年 06月 26日

ドコモの「森の木琴」もカンヌ国際広告祭金賞受賞


ニュースに取り上げられて初めて知りました。・・・そう、ここは日本から遠く離れた地球の裏側。インターネットという文明の利器がどんどん私たちの興味の幅を果てしなく広げてくれます。朝からステキなニュースをありがとう!私もdocomoユーザーではありますが、当分機種変更はしない予定なので良客にはなり得ませんが、行く行くはこんなウッド調の携帯を手にしてみたいものです。木琴の秘話はコチラです。

by beijaflorspbr | 2011-06-26 21:55 | 音楽・映画の世界 | Trackback
2011年 06月 25日

サンパウロの日本食材不足

3月11日の東北大震災の影響が地球の反対側、サンパウロにも波及しています。一昨日切らしてしまった醤油を買いにガルボンブエノに行ったところ、愛用のキッコーマンまたはヤマサ醤油など日本製醤油が全て売り切れていました。醤油は和食の味を決める大切な大切な調味料でもあります。メインの「カーザブエノ」「丸海」はもちろん、Banriも中華食材店からも日本製の醤油は消えていました。醤油があった棚にはずらーーっとおソースが並んでいました。同じく消えてしまったものに「冷凍納豆」があります。納豆は娘の大好物なので、我が家の冷凍庫から切らしたことがありませんでした。その後しらみつぶしに(笑)訊ねて回ったところ、店の名前は「Kaisen」(入り口でたこ焼きを焼いている店)に売っていたので、2本買いました。日本から直接輸入したものではなく、英語表記のものでしたので、樽で輸入してこちらで詰めたものかもしれませんが、香りは確かにキッコーマンのもので安心しました。日本製醤油に慣れてしまうと、さとうきびから作ったこちらの色も真っ黒な「サクラ」や「ヒノモト」はとても食べられません。
f0146587_234385.jpg
最近のサーチワードに、「Guarulhos空港 放射線検査」というのが良くありますが、私がこちらに戻った4月の時点ではそんな検査は全くありませんでした。但し、郵便局でのEMSやSAL便や船便はもしかしたら検査があり、そのせいで配達が大幅に遅れているかも・・・と私が言っていると、ブラジレイロのトリオさんが「そんなはず絶対にないよ、ただただ郵便局員がサボっているだけだよ。第一放射線を量る機械もないでしょ!」なんて言っていました。国際郵便の遅配問題は現地でニュースにもなっています。次は醤油までトランクに入れて手荷物で持ってこなくてはいけないのかと思うと暗澹たる気持ちになります。一日も早く福島第一原発の問題が解決してくれないと先が読めません。改めて今までのサンパウロでの和食材がどんなに恵まれていたのかが分かりました。ある和食材輸入業者に訊いたところ、今のところ輸出(日本→ブラジル)許可が下りていないので、出すに出せないということでした。放射線検査云々ではなさそうですがこれも原因不明の措置です。これから和食材店の棚からお煎餅やお菓子やフリカケや調味料がなくなっていくと思うと少しぞっとしています。昔のようにお煎餅一枚を家族で分ける・・なんてことになりませんように!今のところ、こちらで作っている料理酒やみりんはたっぷりストックがありますのでご安心を。
f0146587_235481.jpg
久しぶりにこちら製の「Sakura印」の赤みそと白みそを購入してみました。醤油で貶したSakura印ですが、みそはどちらも意外に美味しくてビックリ!
f0146587_236886.jpg
早速きゅうりに付けておつまみ風にして食べたり、鰆の味噌漬けを作ってみました。
f0146587_236568.jpg
こうやって見ると、サンパウロは日本から一番遠い地なのに、移民の方々のご努力のおかげでどれほど恵まれているかが分かりました。当分納豆がなくても我慢できそうです(笑)
★ご参考までに・・・サンパウロ新聞の記事をご覧ください!早く来い来い日本食品~~053.gif

by beijaflorspbr | 2011-06-25 22:18 | 買い物 | Trackback | Comments(8)
2011年 06月 25日

2011年6月25日日記ーブログ4周年に思う

毎日、或いは時々、週に1回や月に1回と言う方もおられるかもしれませんが、数あるブログの中からここハチドリブログにお立ち寄り頂きありがとうございます。最初2007年6月25日にブログを書き始めて今日で4年の歳月が流れました。あっという間の4年間でした。とにかく身の回りで起こったこと、食べたもの(これが異常に多いのが特徴ですが)、会った人との共通の思い出、見たもの、感じたこと等などを気ままに綴ってきました。自分に課している一日一投稿を実行に移してはいますが、時には全然興味がない内容も含まれているかもしれず、それはただただお詫びをするしかありません。またある時は自分の内面にしまってある弱い部分を曝け出してしまうこともあり、後で読み返すと赤面の至り・・・なんてこともしばしば。ブログはその人の性格がそのまま反映されるツールでもあります。私のブログは「サンパウロの生活情報」や「地域情報」も兼ね備えていますので、色々なサーチワードを辿ってここに来られる方も多いようです。日によって全く違ってきますが、昨日24日のサーチワードはこんな感じでした。
「サンパウロ日記」「beijaflor」」「JAL サンパウロ」「サンパウロ ブログ」「ブラジル出入国カード記入例」「ブラジル サントス 観光 」「サンパウロ」「はちどりサンパウロ」「ANA 搭乗記 機内食」「サンパウロ 治安」「ハチドリ サンパウロ 不動産」「サントス ブラジル 治安」「サンパウロ 生活」「http://beijaflors.exblog.jp/」「サンパウロ ハチドリ」「朝ごはん」「サンパウロ日本人学校 バス」「サンパウロ 水」「ブラジルハチドリ」「モーリョ レシピ」「座席調整 タイミング JAL」「サンパウロ日本人学校 」「ブラジル サンパウロ 住まい」「サンパウロ 駐在」「piselli イタリアン」「サンパウロ マッサージ店」「ブラジル 飛行機」「おもてなし簡単ランチ」「ANA ビジネスクラス 搭乗記」「はちどり ブラジル」「天才ピアニスト 小林」「”現代社会に足りないもの”」「サンパウロの病院」「サンパウロ生活」「成田 ニューヨーク 旅行記」「ブラジルで人気の日本の甘いもの」「見える障害」「JAL JFK ラウンジ」「東山農場」「プラズマテレビ」「サンパウロ ブラジル」「サンパウロ 観光」「魚喜 高崎」「JAL 50万マイル達成」「ダイヤモンド会員 JAL」「ハチドリ ブラジル」「サンパウロ らん月」「サンパウロ 雅」「満津美寿司」「ブラジル 栗」「羽曳野市 千鶴」「ブラジル行くならどこの航空会社がいい」「ブラジル油ご飯の作り方」「サンパウロ JAL」「ブラジル 最近 事件」「サンパウロ コーヒー お土産」「バトームーシュ 乗り方」「サンパウロ アスレチック 子供」「JAL747の機長」「ブログ ブラジル サンパウロ」「サンパウロ 撤退」「ブラジル 学歴社会」「ブラジルの図書館」「南米スタイル スズキの丸焼き」「jal3002」「日本 お土産 ブラジル」「ANA ビジネスクラス CA」「ブラジル ハチドリ」「サンパウロ歯科」「JAL マイル ブラジル どれぐらい」「ブラジル 珍味」「ブラジル モーリョ」「ブラジル 特急電車」「ブラジルを知る会 講演」「マイル 登録 旧姓」「intercontinental-sao-paulo」「ハチドリ サンパウロ」「サンパウロ お土産」「澤正」
読みにくくてすみません。実は私にとって、このサーチワードこそがブログを書くヒントとなり、力ともなっているのも事実です。皆さんはどのような情報を求めていらっしゃるのだろう?どんなサンパウロをお知りになりたいと思っていらっしゃるのだろう?というのは大変興味深いことでもあります。ある時はサーチを読みながら「それはね・・・」なんて自分で一生懸命答えたりして・・・聞こえませんよね!(笑)ある方は間違えてたまたまここをさーっと通り過ぎただけかもしれません。ある方は、ブラジルやサンパウロに深い縁や思い出があり、そのまま留まって読み続けて下さっている方もいらっしゃるかもしれません。私の個人的に親しい友人たちも「生きているかどうかが知りたくて」読みに来てくれているようです(笑)全ての方にご満足のいく結果には到底なれないと思いますが、今後とも一生懸命何らかのサンパウロ情報を、普通のおばさんの視点で書き続けたいと思っています。もしご質問や疑問点、ご不安に思ってらっしゃることなど、何でも結構ですからコメント欄或いは直接ブログ専用アドレスへご遠慮なくお願いいたします。名前や内容を伏せたい方は、非公開コメントにチェックを入れてください。「片手は自分のために、もう一方の手は人のために」このお言葉は今アマゾンでインディオの保護活動をされている尊敬する南 研子さんのお言葉です。私も良い年になりましたので、この言葉を肝に銘じ、サンパウロに関して分かることは何でも情報を提供させて頂きたいと思っています。拙いブログではございますが、今後ともハチドリブログをどうぞ宜しくお願いいたします!
f0146587_119434.jpg
★ブログ4周年特別企画067.gif
ブログ4周年を記念し、ささやかなプレゼントをご用意いたしました。プレゼントの内容はまだ秘密です。「ハチドリに因んだもの」とだけ申し上げておきます。いつもハチドリブログを読んでくださっている3名の方へ差し上げます。ご希望の方は、コメント欄の非公開欄にチェックを入れて「プレゼント希望」と書いてください。愛あるコメントも頂けたら嬉しいです(ひ~さんの真似っこ)ハチドリとしては初企画ですので、ふるってご参加頂けたら嬉しいです。尚、締め切りは今月いっぱいとさせてください。 

by beijaflorspbr | 2011-06-25 10:26 | サンパウロ生活情報 | Trackback | Comments(24)
2011年 06月 24日

Shopping Morumbiへ

Le Vin(ラ・ヴァン)で朝ごはんを食べ、そのまま大手スーパーWal-Martにテレビを見に行った我々。そのまま家に帰ろうか~?と弱気なトリオさんを説得してやや強引にMorumbiショッピングセンターに連れて行きました。実は家からすごく近いので、一番行きやすいのです。
f0146587_10101571.jpg
大きなショッピングセンターだけあり、テレビや家電を扱う店がたくさんありました。そして値段もまちまちで大変参考になったことは言うまでもありません。ここの良いところは、PanasonicやSamsungのショールームもあり、詳しく説明してくれるところです。Ponto FrioやFnac、Fastなど等も見、大体買うものに目星をつけた後は軽くごはんを食べていくことに。あちこちウロウロした結果、二人ともそんなにお腹が空いていないのに気づき、ポルキロ(量り売りの店)では一番美味しい「Viena」にしました。このお店、すごく不思議なのがデザートが一番最初に並べられていること。そして結構これが高いのです。次がサラダ、(キーウイやイチゴの入ったなんちゃって)巻き寿司、フェイジョン、ストロガノフ、ご飯、コロッケ、魚、肉の順番で並んでいます。
f0146587_10134322.jpg
飲み物も取って真ん中のお姉さんがいるところで量ってもらいお金を払います。
f0146587_10144331.jpg
私が選んだ一皿。トリオさんのはまるで鳥の餌のようなチョイス、ビールがメインでした(笑)。
f0146587_10154079.jpg
結構美味しくてパクパク・・・。めったにこんなところに一緒に来ることはないので、後でこの顛末を娘に報告したら大層驚いていましたっけ。で、翌日セントロ市街地に出かけたトリオさん、店との直接交渉でインターネット価格よりも更に安くこんなテレビを買ってきました。もう一台が壊れるのも時間の問題かも・・・。次は公平にPanasonicにしますかねえ。結構楽しいテレビ騒動でした。といってもトリオさんにはあと3回月賦が残されているのでした(笑)

by beijaflorspbr | 2011-06-24 10:20 | サンパウロのレストラン | Trackback | Comments(2)
2011年 06月 23日

幻のJR九州CM、カンヌ国際広告祭金賞を受賞

何度観ても誰が見ても言葉なんて分からなくても何だか心の底からハッピーになれるのがこの幻のCM

あの大震災の翌日の2011年3月12日(土)、九州新幹線は鳴り物入りで全線開通した。しかし大震災でイベントは全て中止され、このステキなCMも流されることはなかった。しかしこの動画は静かな漣となって人々の心を揺り動かしていった。九州は私たち家族にとっても思い出深い大切な地だ。これを観ていると今すぐ日本へ、九州へ行きたくなる。温かい人たちの住む地、九州の益々の繁栄を祈りつつ・・・。カンヌ国際広告祭金賞受賞おめでとう!

by beijaflorspbr | 2011-06-23 11:55 | ニュース | Trackback
2011年 06月 23日

Le VinでCafé da Manhã

娘が共同購入して、結局仕事が忙しすぎて行けなかった朝食のクーポンをもらって朝早くから行ったItaim地区にあるLe vin。8時から11時半までの限定だそうです。両面が開けた明るい窓側に座ります。
f0146587_1025266.jpg
R$29,00のところをR$14,00(約700円)で買った娘、大丈夫かいな?なんて不審に思いながらも期待大。何しろ車で10キロ以上も走って来たんですから。まずは新鮮絞りたてのSuco de Laranja(オレンジジュース)
f0146587_10264945.jpg
甘い甘いPapaia,こうやって上品に切ってくれるともっと美味しく感じられるわ。
f0146587_10274137.jpg
次は暖かいサンドウィッチ、こちらはバゲット
f0146587_1028153.jpg
クロワッサンのサンドウィッチもなかなか美味しい
f0146587_10284740.jpg
熱々のCafeでおしまい。本当はこれにケーキが付くのだそうですが、朝早くてまだ来ていないので、代わりにバゲットを2本お土産に頂いてきました。
f0146587_10295343.jpg
とってもステキなカフェのプレゼントをありがとね、エルちゃん。このお店は、お昼のランチメニューが充実していることでも有名です。お魚料理は本当に美味しいですよ。次はお昼に来たいな~♪朝食が終わったのが9時半、さて・・・これから何処へ行くか?

by beijaflorspbr | 2011-06-23 10:34 | サンパウロのレストラン | Trackback