ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2011年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2011年 03月 31日

友旅2011年3月23日(水)

この日は朝から新幹線に乗ってお出かけをしました。この日お会いしたお友達はM子さん。子どもたちがまだ小さい時にサンパウロでお友達になった方です。聡明で研究熱心なM子さんとはいつも「自主料理研究会」と称して一緒にお料理をしたものです。お互いの子どもたちも行ったり来たり預けたり預かったりしながら大きくなりました。M子さんの上のお嬢さんが小学校に上がる頃、駐在期間が終わって帰国してしまいました。私の家族も今住んでいる一軒家を建てて移り住んだのもちょうどその頃でした。M子さんの前任者のE子さんとも親しくしていて、別れが辛かったので、いずれ日本に帰ってしまう駐妻(日本人駐在員の妻)さんとはお付き合いしたくないと思ったものですが、その後その考えは間違っていたことに気づきます。

賑やかで活気のある新大阪駅から、ガラガラの新幹線「ひかり」に乗って東京へと移動しました。東京駅に着くといつも「眩しい!」と感じる照明がこの日は計画停電の影響で真っ暗・・・と言っても良いくらい消灯されている部分があちこちにあり、改めて驚きました。山手線ホームに上ると、照明はゼロでした。今までが必要以上に明るすぎたのかもしれません。電気が付いていなくても結構ちゃんと見えます。今回の福島の原発事故がなければ、こんなに電気を大切にする思いは湧かなかったかもしれません。いつかサンパウロでも電気消費量が制限され、ある一定の使用量を超えると電気を切られるというお触れが出たことがあります。その時にほとんど全ての家庭や会社が、白熱球から省エネタイプの電球に替えたことがありました。PCをいつまでもやっていられないので、「今夜はこの辺でお休みなさい」などと書いて電源を切った覚えがあります。あの時は、パラグアイから来る送電線が切れて、送られてくる電気の量が限られていた時だったと記憶しています。真っ暗の中、毎晩階段の手すりを頼りに階段を上った覚えがあります。今の首都圏も電気に関しては当時のブラジルと良く似ていますね。一旦このようなことがあると、節電に対する考え方がガラッと変わってきます。あの徹底した節電はとてもためになりました。あの時ほど毎月の電気代に神経を尖らせたことはありませんでした。当然エスカレーターのほとんどが動いていませんが、「グランスタ」の真ん中のエスカレーターのみ動いているのを発見し、そこから上に上がりました。
f0146587_16545136.jpg

青森新幹線も折角開通したのに、すぐに地震で不通になってしまいました。実はレールパスを使って今回は是非とも「東北新幹線で青森まで」と「九州新幹線で鹿児島」まで行くことを目標にしていました。結果的には両方とも叶いませんでしたが。
f0146587_16565846.jpg

有楽町で下車して、銀座まで歩きます。そうか・・・卒業シーズンなのですね。華やかな女子学生の袴姿。
f0146587_16575290.jpg

待ち合わせ場所は三越のライオンさんの前です。
f0146587_16581877.jpg

和光のショーウィンドウも消灯されていて何となく寂しい。
f0146587_16584691.jpg

5分ほど待っていたら大きなマスクをしたM子さんが現れました。マスクをしているのは酷い花粉症とのこと。ああ、懐かしい!!じつはM子さんのご主人さまは10月の初旬にご病気で亡くなられたのです。闘病の間はなかなか声が掛けにくくて彼是5年ほどお会いしていませんでした。本当は、地震があった翌日の12日にお会いするはずでしたが、あの騒ぎでこの日に延期しました。まだお店を再開していないところもあったので、敢えて予約しないで行ってみたところ、ガラガラでした。結局個室仕様の静かなお店でじっくりお話を伺うことができました。
f0146587_178896.jpg

綺麗なお料理だったのですが、ほとんど話に集中していたので、味もあまり覚えていないほどでした。ご主人は4年前に発症されて何度かの手術と厳しい治療を得て、最期にご家族で看取るまでのお話は、涙なしでは聞けませんでした。愛情深いM子さんに守られたご主人さまは最期まで幸せだったんだなと思いました。家族の絆の大切さ、これからの彼女自身の生き方、医者になった子どもたちの未来などなどを淡々と話す落ち着きを取り戻した前のままのM子さんを見て、とても嬉しくまた安心しました。まだまだご主人さまの遺されたものなどは手付かずでそのまま置いてあるそうです。「もう少し経ってから手を付けようかなと思って…」「急ぐことはないんじゃない」「そうよね、全部が主人の思い出に繋がるものばかりだから」
f0146587_1717305.jpg

「あのね、3人(ご夫妻とワンコ)で定年になったら桜前線を追いかけて旅しようね、って約束していたの」その話は前に聞いていました。10月の通夜の日に、「大人のさくら旅」という本が祭壇に飾られてありましたもの。2回のサンパウロ駐在をされたご主人の愛したブラジル、ボサノヴァ・・・。あの悲しかった日の明るいボサノヴァの音楽が思い出されて涙。。。「いつかサンパウロにおいでよ!」「そうね、主人が大好きだった街だもの。私も歩ける日が来ると良いな」「待っているからね!」

その後、銀座中央通りを新橋方面に向かって歩きブラジルの香りたっぷりの「カフェーパウリスタ」でコーヒーを飲みました。二人で静かに昔を懐かしんだり、ご主人さまの面影を追ったりしていたらあっという間に時間が経ちました。ご主人を亡くされて長い間家に篭っていたM子さんが最初に会う友達に選んでくれたのが私だったことを光栄に思います。
「お陰さまでハチドリさんから元気をいっぱいもらったわ!」
最初に会った時の悲壮な感じが少し和らぎ、優しい目になっていたのに救われました。一緒に三越で「今半」のお弁当を買い
f0146587_17501061.jpg

再会を期してお別れしました。ああ、会えて良かった。M子さんはちっとも変わっていない。幼い子どもたちを遊ばせながら、何度も何度も語り合ったあのM子さん、銀座まで出かけて来てくれて本当にありがとう!という気持ちでいっぱいでした。そこから御徒町に行き、職人さんと打ち合わせをした後、東京駅に戻りました。大丸の婦人小物売り場コーナーには臨時で、米・水・カップラーメンなどの売店ができていて、長蛇の列ができていました。東京の方も大変だなあ~と思いながら東京を後にしました。
f0146587_17282084.jpg

人生は出会いと別れの繰り返しですが、一旦出会った方とは一生大切にお付き合いして行きたいと思います。子どもたちの思い出にも繋がるM子さんのこれからの幸せを祈り続けたいと思います。M子さんに会っている間は割にしっかりと聞き役に回っていたものの、新幹線に乗ってからがもうダメ。涙が後から後から溢れ出てきました。それはこんな言葉が思い出されたからかもしれません。
「夕方はいつも悲しみで心がいっぱいになって泣いてしまうの。パパが今にも帰ってきそうだから」
夫を亡くしたM子さんの悲しみが思い起こされて涙がなかなか止まりませんでした。不幸を跳ね飛ばす強さがM子さんにはあると思います。これからも頑張って!私たちは一生友達だからね。

涙が治まってから「今半」のお弁当を頂きました。
f0146587_17505589.jpg

美味しかった。。。生きると言うことはこういうことなのかもしれません。

by beijaflorspbr | 2011-03-31 17:34 | 友達 | Trackback
2011年 03月 30日

99歳の詩人 柴田 トヨさんの世界

震災後すっかり涙もろくなってしまった私。今日も病院の診察を終えたロビーで読売新聞のこんな記事を読みながら思わず泣いてしまいました。。。

被災地のあなたに    柴田 トヨ 

最愛の人を失い
大切なものを流され
あなたの悲しみは
計り知れません

でも生きていれば
きっといい事はあります

お願いです
あなたの心だけは
流されないで

不幸の津波には
負けないで


トヨさんの心のこもった美しい言葉の一つ一つに癒されます・・・。


言葉の大切さをいつも学んでいます。トヨさん、ありがとうございます。

by beijaflorspbr | 2011-03-30 16:11 | 人生 | Trackback | Comments(2)
2011年 03月 29日

1年ぶりの人間ドック検診

35歳からほぼ毎年続けて受けている定期健診の日。昨日の午後7時に夕飯を摂ってからは絶食で検査を受けに行きました。昨年は潜血反応がプラスだったために、大腸内視鏡検査を追加で受け大騒ぎしましたが、今年はどうなったのか・・・?

まず体重が昨年より増えてイエローカード!!BMI値が標準より随分高いので厳重注意されました。尿酸値も少しだけ高かったものの、これはお咎めなし。薬を飲むほどの高コレステロールは、相変わらず少し高かったものの、善玉コレステロールが高いので、先生のご意見ではもう薬は止めて様子を見たら?ということでした。「こんなに体重があるのに中性脂肪や肝臓の数値は優等生なみだねえ」ということで、両方ともセーフ。しかしながら今年も何故か出てしまった潜血反応。しかし、昨年大腸内視鏡検査をして異常がなかったので、今年はいいんじゃない?との診断。その他胆嚢に4ミリくらいのポリープがあるそうですがこれも今のところは大丈夫とのことでした。毎年大騒ぎするこの定期健診ですが、今年は「体重を減らすこと!運動量を増やすこと!」以外は大丈夫でした。

さあ、明日から一生懸命有酸素運動をするよう頑張ります!今日は早速2駅ほど歩いてきました。いつまで続くやら・・・。早速我慢していた甘いものを頂きました、へへへ・・・。毎年皆さまに多大なご心配をお掛けしていますが、今年は何とか無事通過しましたのでご報告申し上げます。大病を経験しているだけに、無罪放免の有難さが身に沁みます。

by beijaflorspbr | 2011-03-29 20:04 | 人生 | Trackback | Comments(4)
2011年 03月 28日

友旅2011年3月22日(火)

この日は平日なので、午前6時半にご出勤されるおっとりさんに駅まで送って頂きました。氷見にも寄りたいけれど次の機会に・・・。
f0146587_10144763.jpg

特急列車で降り立ったのはやはりこちら金沢市です。
f0146587_1015246.jpg

近江町市場まではバスで5分ほど。近江町と言えば蟹でしょう。
f0146587_10173228.jpg

甘エビやマグロを購入しました(こちらは甘エビではありません)。
f0146587_1018712.jpg

せっかくなので、ノドグロの干物も購入(こちらのは何故か長崎産)
f0146587_1019161.jpg

お寿司屋さんを求めて右往左往しましたら、小さなお店を発見しました。
f0146587_10201839.jpg

朴訥なお父さんと優しいお母さんのお二人でされているお寿司屋さんです。
f0146587_10213024.jpg

握り6貫をまず注文。朝の8時ですものね。あまり入りません。
f0146587_10223847.jpg

なんて言いながら、イクラと中トロを追加してしまいました。
f0146587_10231595.jpg

「どこから見えたのですか?」こんな質問はいつものこと。「ブラジルからなんですよ」「え?ブラジルって、あの遠いブラジルですかぁ?」「ハイそうなのです。昔父の友人が金沢に住んでいて、近江町に何度も連れて来て頂いたので懐かしくてたまらないのですよ」「そうですか・・・嬉しいですねえ」「私もこんなに新鮮で美味しいお鮨が頂けて幸せです、お父さんもお母さんも頑張ってくださいね!ご馳走様でした」と笑顔でお別れしました。またいつの日か元気なお父さんとお母さんにお会いしに来たいな、と思いました。金沢・近江町市場で海産物を山ほど買ってからはすぐにまた電車に乗りました。途中下車したのはコチラです。
f0146587_10273696.jpg

八坂さんにお参りをして
f0146587_1028289.jpg

梅を愛でました。
f0146587_10283483.jpg

白川沿いを歩き。。。
f0146587_10292137.jpg

蕾の膨らんだしだれ桜に思いを馳せてきました。
f0146587_10301467.jpg

春はもうすぐですね。
f0146587_10304496.jpg

ここまで来たので、ついでに錦に寄り、湯葉や豆などの乾物を買いました。
f0146587_10312084.jpg

錦市場から少し離れたところに移転した富美家さんで鍋うどんを頂きました。
f0146587_10323254.jpg

その日は自宅に戻ってムスコと新鮮な魚介類に舌鼓の夕食を摂りました。明日から友旅はまた続きます。

by beijaflorspbr | 2011-03-28 10:34 | 日本国内旅行 | Trackback | Comments(2)
2011年 03月 27日

友旅2011年3月21日(月)

友旅の第一歩は大阪駅からスタートしました。新装なったJR大阪駅の北陸行きホーム。
f0146587_9392678.jpg

特急サンダバードで高岡へ
f0146587_943512.jpg

まだ雪深い北陸地方
f0146587_9435735.jpg

優しい友おっとりさんとの癒しの時間が持てました。
f0146587_946927.jpg

おっとりさんの隠れ家での癒しの時間。。。
f0146587_9472837.jpg

完璧に保存され、手をかけてきちんとリフォームもしているこの貴重な日本家屋が、この2日後にお隣からの延焼で半分焼けてしまったそうです。もう大ショック!この家を愛して大切にしていたおっとりさんご夫妻に何と言ってよいか言葉もありません。たくさんの思い出の詰まったこのお家の行く末がとても気になります。おっとりさんのご厚意で、これまでに何度も何度もこの静謐に包まれたお宅に泊まらせて頂き癒しの時間が持てました。おっとりさんともうひとりの若いお友達のJ子さんと3人でお布団を並べて明け方まで良く語り合いました。この日も炬燵を真ん中にしてたくさんたくさんお喋りしました。生きていると辛いことが山のようにあるのですね。何だか脱力感でその後見た風景がどんよりと灰色に染まってしまいました。しかし、そんなに暗くなるのはおっとりさんの本意ではないと思いますので、明日からは明るくブログを続けて行きたいと思います。友旅はその後も続きましたので。。。

by beijaflorspbr | 2011-03-27 23:53 | 友達 | Trackback
2011年 03月 26日

津波で助かった友からのメール

岩手県陸前高田市に住む高校時代の同級生のH。今回の地震の津波で同市は壊滅状態とニュースで見た時、ああ!と思わずため息をついてしまいました。テレビに映った映像をみると、市内はほぼ壊滅状態というのが見て取れたからです。水没した陸前高田市を見てこれはもうあきらめなくてはいけないのではないだろうか、と思いました。Google Person Finderの中に彼女の名前を見た時、もう一度大きなため息が出てしまいました。「この人の消息を探しています」という項目だったから。何日かして、同級生のHPに「どうもHが助かっていて、しかも避難所で元気に炊き出しを手伝っているらしい」という話が伝わってきました。ああ、良かった、、、本当に良かった。しかしHはどうやって助かったのだろう?

後で聞くと、すごい話でした。地震当時、彼女とお嬢さんは自宅にいて、お嬢さんと2人で車で逃げようとしたところ、シャッターが開かなくて、駐車場ごと流されたそうです。なんとか、車の屋根に登って、運よく電柱にひっかかって、その電柱に登ったそうです。その電柱の横に大きい倉庫があり、その屋根に飛び移って何とか助かったそうです。なんという話か!昨日、同級生を通じてHの携帯メールアドレスが分かったので、メールを入れておいたらこんな返事が。。。

ハチドリへ
Hは死ななかったよ!
ありがたい。
本当にありがたい。
新しくもらった命これからどう生きようか。
楽しみ。
会える日まで元気で!


恐らく何百とメールが届いていたであろう中、こうして一言一言に命の大切さ、命を繋げることの有難さを私たちに教えてくれたHに感謝!メールを読んでいてもう泣けて泣けて仕方がありませんでした。。。

H生きていてくれて本当にありがとう。どんな時にも最後まで諦めちゃいけないんだね。いつか笑って会える日が来ますように!そしていつかのように、綺麗な小名浜の海を見て一緒に感動したいね!

★同級生Hの真実の声
Hのご主人さまからお聞きした避難状況でしたが、事実はこうだったそうです。
細かく言えば表門のシャッターが上がらなかったので裏門から出たのが幸いしたというところです。一秒違えば命はなかったな。隣にいた車は沈み三人亡くなりました。私は250メートル位流され非常用の金槌で窓を割って屋根に乗り、まるで導かれるようにたった一本残った電信柱に流れ着いたの。勇気を出してよじ登り倉庫に飛び移り救助を待ったと言うわけ。ホント運が良かった。ありがたいです。(本人の文章そまま)

う~ん、無我夢中だったと思いますが、とっさの判断で行動したHはやっぱりすごいです!

by beijaflorspbr | 2011-03-26 17:44 | 友達 | Trackback
2011年 03月 24日

いつもと違う東京駅

震災後、久しぶりに東京に行ってきました。前にも書いたかもしれませんが、私自身はどちらかというと大阪よりも東京の方が好き。おそらく多感な学生時代に過ごした東京の空気が忘れられないからかもしれません。東京に行くと思っただけでワクワクします。今日も早起きをして張り切って東京への道のりを楽しみました。東京八重洲口に出てみると・・・あれ・・・?いつも眩しいほどの灯りと大勢の人が行き交う賑やかなコンコースの電気がところどころしか点いていません。暗い空間が目の前に広がり違和感を感じました。
f0146587_052415.jpg

地下に降りるエスカレーターやホームへのエスカレータは全てストップ。手すりに縋りながら階段を一生懸命上っているお年寄りが気の毒でした。計画停電、節電に努めている方々のご努力が偲ばれました。
f0146587_07389.jpg

売店も真っ暗な中で営業しています。心なしか売り込みの声も小さかったような気がしました。大阪と東京でこんなにも雰囲気が違うとはと、愕然とするばかりでした。お友達とランチをした銀座のお店も、客も入らず閑散としていました。申し訳なくなるくらいゆっくりさせてもらいました。少し込み入った話だったため、個室にして頂き本当に有難かったです。しかしどう考えても銀座らしくありません。このままいったら・・・なんて心配になりました。もちろん私も地震後の仕事は全てキャンセルでちょっと大変なことになっています。悩んでいても仕方がないので、前向きに考えるだけです。
f0146587_0244135.jpg

職人さんのところに行ったらちょっとビックリしたことがありました。日系二世の奥さんが何と今週末に急遽ブラジルに帰国するというではないですか!なんても、「地震ノイローゼ」でもう日本には怖くていられないのだそうです。ブラジルの家族も「早く帰ってこい!」と煩く言ったので決意したらしいのです。余震がある度に全身が震え怖がっていたのだとか。他の業者さんが来られて、御徒町からインド人(主にダイヤモンドや裸石を扱っている)が一斉に消えて仕事に支障をきたしているそうです。経済が少しだけ持ち直したと思ったらまた落ち込むのかなあ~と暗い顔の職人さん。いや~色々な意味でビックリした一日でした。。。 

by beijaflorspbr | 2011-03-24 00:22 | 日本 | Trackback
2011年 03月 23日

おうちごはんのおかずは?

こうして日常生活を綴るのも意味があると思いおうちごはん編を続けさせて頂きます。いつもの茄子の豚バラ巻き、これはもはや皆の大好物に昇格した我が家の定番メニューです。
f0146587_3323753.jpg

ホウレンソウを食べない人がいると聞きましたが、我が家は大好物でしかも1把85円の格安だったので3把も買ってしまいました。いつもの胡麻和え
f0146587_3335590.jpg

鶏苦手な私が一生懸命挑戦した棒棒鶏、鶏腿肉を使用。練りゴマを使わなくてはいけないのに、全然足りなかったため、白ゴマを擂って代用しました(恥)
f0146587_335668.jpg

新鮮なイカでワタも使いバターで炒めたもの。味は塩、コショウ
f0146587_336799.jpg

熊本で求めたお豆さんを圧力鍋いっぱいに煮込みました。もちろん皆さんにお持ち帰りしてもらいました。ホシケイのもあるよ~取りに来てね!
f0146587_3372262.jpg

メインディッシュはコロッケです。新じゃがを使ったのでしっとりと美味しく上出来でした。
f0146587_3382044.jpg

お料理が苦痛という方に良く会います。でも私にとっての料理は元気のバロメーター。さあ、頂きましょう!
f0146587_3454390.jpg

7年前に大病をした私がこうして誰かのために包丁を握って何時間も台所に立ってお料理に打ち込める幸せは何物にも代えがたいのです。これからも少しブレーキをかけながらも地道にお料理を楽しみながら作っていきたい、そんな良い夕食会になったかと思います。いつもながらの大皿でどかんどかんと品がない。。。と顔を背ける方もいらっしゃるかもしれませんが、これこそが私そのものなのかもしれません。

さあ、あと2時間半で某所へ。私にとって大切な大切な方との再会です。地震の翌日に予定していたランチが今日に日延べとなったのです。昨年大きな悲しい出来事が起こってしまった彼女に今私に何ができるか。行きの新幹線の中でじっくりと考えたいと思います。行ってまいります。

by beijaflorspbr | 2011-03-23 03:43 | おうちごはん | Trackback | Comments(2)
2011年 03月 22日

久々のおうちごはん

昨日からまた激しく列車移動を始めました。今回は「友を訪ねる旅」。大震災で大切なものを失った方には本当に申し訳ないと思いながらも、日本での滞在期間の決まった私は「友旅」を敢えて決行することにしました。震災後、旅もキャンセル、飲み会もキャンセル、ランチ会も女子会も・・・という中で日本経済を活性化し生き残って行く道を模索するのは難しいのではないかと思います。旅の記録は後ほど詳しくするとして、一生懸命お友達のために祈りながら作ったごはんの数々。トップは春のちらしずし。デパートで干しシイタケの切れ端を求め、それをじっくり煮たら肉厚でかなり良い出汁が取れ美味しくできました。若いYちゃんにトッピングを任せたのでダイナミック!?
f0146587_1933638.jpg

教え子のYちゃんが「ハチドリ先生のお赤飯食べたことなーい」と言うので作ったお赤飯。
f0146587_1934877.jpg

明日はおかず編を続けます。一番大切なのは、大事なお友達ととても良い時間を共有できたことです。「今を生きる」「今を生き切る」ということの大切さを噛みしめています。だから自分らしく人様のためにできることから始めようと思うのです。

by beijaflorspbr | 2011-03-22 19:37 | 友達 | Trackback
2011年 03月 21日

質素な食事

我が家の定番のかやくご飯、たくさんの野菜と味出しに鶏肉が入っています。食べ物の好き嫌いはない私の唯一の苦手なものが鶏、これだけはご飯から取り出してボンに食べてもらいます。何故か昔から、かやくご飯には豚汁。きっと同じような野菜で済むので手間が省けるからかもしれませんが、この組み合わせが好き。日本は豚肉ががとっても美味しいので、どうしても豚肉ばかりを買ってしまいます(経済的な問題もありますが…)。質素なご飯でも「美味しい美味しい」と喜んで食べてくれるのは嬉しいもの。
f0146587_095492.jpg

こんな温かい食べ物、被災地に届けたい思いでいっぱいです・・・。

by beijaflorspbr | 2011-03-21 00:11 | おうちごはん | Trackback