ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2009年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2009年 12月 31日

サンパウロを歩こう!(旧Centro市街地)

先ほど今日送る記事をほぼ書き終わって、送る前に別ウィンドウを立てて念のため検索をかけて確認していたらいきなりPCが凍って動かなくなりました(>_<)泣く泣く閉めて寝ようかと思いましたが、明日は来客で少し忙しいので、再チャレンジすることにしました。読み苦しい点もあるかと思いますが、お許しくださいませ。さあ、頑張るぞ!AnhangabauのPraça do Correioでカードを55通投函した後は、Estação Repúblicaまで歩いていくことにしました。
f0146587_1312959.jpg

この辺はいつもはメトロで素通りするところです。たまには歩いてみるのも悪くないですねえ。両サイドには露天商がたくさん建ち並んでいます。
f0146587_1334087.jpg

Centroには、こうした広場がたくさんあり、車も入ってこないのでゆっくり歩けます。
f0146587_134457.jpg

ここは黒人専用の教会だそうです。そんな教会があるのも知りませんでした。
f0146587_1352967.jpg

あっちをみたりこっちを見たり、まるでおのぼりさんです。
f0146587_16272411.jpg

派手な落書き発見、こちらではれっきとしたグラフィックアートなのです。原色遣いが上手ですね。
f0146587_1383798.jpg

やっとAvenida Ipirangaまでやってきました。
f0146587_1393991.jpg

とてもCentroらしい光景です。
f0146587_13104360.jpg

Caetano Velosoの歌に出てくるAvenida Ipiranga com Avenida São Joãoです。
f0146587_13131083.jpg

この四ツ角はこんな感じです。
f0146587_16305348.jpg

それではここでしっとり聴いて頂きましょう。Caetano Velosoの「Sampa」
*Sampaとはサンパウロの意味です。

ここはいつも車で通り過ぎる道ですが、必ずカエターノの歌が頭に響きわたります。
f0146587_13195536.jpg

Estação Repúblicaの近くまでやってきました。この道を渡ったところに大きなRepública公園があり、週末には民芸市が立ち並びます。こちらの気温は連日30℃を超えています。今が夏!
f0146587_1322228.jpg

Rua Barão de Itapetiningaは商店が立ち並びます。ここを真っ直ぐ進むと市立劇場、Teatro Municipalがあります。
f0146587_1324328.jpg

あるビルに入っていきます。古いビルですが、この建物はあの有名な首都ブラジリアの建設を手がけたブラジル人建築家Oscar Niemeyer氏がまだ売れない若い頃に建てたものだそうです。入口にはCândido Portinari(芸術家)が描いた壁画があります。彼の作品は、MASP(サンパウロ美術館)に行けば見られます。
f0146587_16274446.jpg

さあ、波状になったガレリアの中に入ってみましょう。以前取引していた業者さんが上にいましたが、回廊式になっていて普通のビルとは少し違った感じでした。
f0146587_13321919.jpg

この中にトリオさんが40年も通っている散髪屋さんがあるのです。随分レトロな床屋さん、座って周りを見回すと、昔父に付いて行った床屋さんにそっくりです。タイムスリップしたような錯覚を起こしました。肝心なトリオさんですが、横の毛を揃えてもらっただけなので、今日はサービスとのこと、ちょっとさっぱりしてお店を後にしました。そういえば、このお店のお客さま随分平均年齢が高い!(笑)この辺では老舗だそうです。
f0146587_12544167.jpg

他にも靴屋さんやお土産屋さん、ブティックなども並んでいてウィンドゥショッピングをしたら楽しそう!
f0146587_13375526.jpg

いつまでもCentroを散策していたいところですが、もうそろそろお昼になりますので、次の場所に移動しました。車を義姉のところに置いてきたので、珍しくタクシーをつかまえて行った先はこんな場所でした。
f0146587_1339534.jpg
 
さてこの続きはまた後日…おっと来年に持ち越しそうです(笑)。

年末のご挨拶
2009年、皆さまにとってはどんな年だったのでしょうか。私個人でいえば、このブログに表現させて頂いたように、少しだけ忙しかった一年だったように思います。昨年の大晦日に急遽帰国して4月までは日本に滞在、その後3ヶ月がサンパウロ、7月には娘と共に帰国し3ヶ月日本に滞在、そして10月中旬からはまたサンパウロと地球をぐるんぐるん周っているうちに一年が終わろうとしています。今年4月には待望の病気完治という嬉しいニュースも発表させて頂きたくさんの心温まるメッセージも頂きました。10月には、英国からロビンさんご夫妻(先日記事をアップしてくださいました!)を我が家にお迎えするという嬉しい再会もありました。先日ロビンさんの記事を拝見して、ああブログをやって本当に良かった、人と人とを繋いでくれるのがブログの醍醐味なのだなあ、と改めて思いました。来年も拙い文章と下手くそな写真ですが、益々パワーアップしてサンパウロの色々な場所をご紹介させて頂きます。たまには個人的な愚痴もこぼすこともあるかと思いますが、その時はどうか気になさらないで聞き流してくださいませ(笑)。来るべき2010年が皆さまにとって最良の年となるようお祈りしております。今年一年ハチドリブログをご訪問頂き、また応援のクリックもたくさん頂き、ありがとうございました。
皆さま、良いお年をお迎えくださいませ!
f0146587_14103935.jpg


by beijaflorspbr | 2009-12-31 14:00 | サンパウロ生活情報 | Trackback | Comments(13)
2009年 12月 30日

サンパウロ中央郵便局へ

Natal(Xマス)も押し迫った12月21日、慌ててサンパウロ中央郵便局にカードを出しに行きました。その理由は、3日前の18日、遅れていたクリスマスカードを徹夜で完成させ、翌19日の土曜日に近所の郵便局に朝一番で投函しに行ったところ・・・閉まっていました(>_<)そこで苦肉の策、月曜日朝のうちに中央郵便局に持って行こう!とトリオさんと相談が纏まり、初体験となりました。そもそもこんなに遅くなった私が悪いわけですが、「全くもう、ブラジルの郵便局ったら~~~」と文句タラタラな私。何はともあれ、朝早く出て、車は義姉のところに置き、MetroでSão Bentoまで行きました。São Bentoに着いたらAnahgabau方面の出口のまん前がPraça do Correioと言われる「郵便局前広場」になっています。
f0146587_1838888.jpg

昔栄えた旧Centro街には、一流ホテルや、商店、そしてビルも立ち並んでいます。
f0146587_18362485.jpg

São Bento教会の前から延びる橋は、Santa Efigênia橋です。夜はライトアップされなかなかムードがあり、素敵な橋です。少し遠くから見てもなかなか全貌が写せませんが雰囲気は伝わるでしょうか。
f0146587_124998.jpg

時間があったらSão Bento教会に行って俄かクリスチャンになりたいところですが、この日は用事が迫っていたため先を急ぎます。
f0146587_184212100.jpg

今まで遠くからしか見たことがありませんでしたが、随分立派な建物です。
f0146587_1844755.jpg

ちょっと圧倒されるけれど、中に入ってみましょうか。だって早くカード出さなくちゃ…。中に入ると、高い天井の向こうにもう一枚ドアが。大きなサンタさんが「いらっしゃいませ~」って言わないか…(--〆)
f0146587_12492880.jpg

おお!普通の郵便局ならどんなに大きなところでも数か所なのに、ここは30か所くらいのカウンターで職員がお客さんをアテンドしていました!ああ早くここに持ってくればよかった。
真ん中の行列に並ぶこと1分ほどで順番が回ってきました。普通の郵便局じゃ考えられません。銀行、スーパー、郵便局は長時間並ぶリストのベストスリーですから。
f0146587_12494942.jpg

はい、この人がアテンドしてくれた親切なオニーサンです。「切手貼ってよ」というと、何と自分で一枚一枚貼ってくれました!でもモタモタしているので、やっぱり私も手が出ちゃいましたけど。一緒に切手を貼り付けて何とか完成。だって、55通ですものね。本当は100通書く予定だったのですが、今年はいまひとつ体調が良くなくて書く気が起こりませんでした。結局、クリスマスの文字を外して、「良いお年を」カードにしてしまいました。でもきっと1月の忘れた頃にしか着かないでしょうねえ。もし届いたお友達の皆さま、どうぞ笑ってくださいまし。こうしてあなた様へのカードはこのサンパウロ中央郵便局から出発したのですから。
f0146587_1854159.jpg

可愛い郵便ポストのシンボルマーク
f0146587_18544244.jpg

さあ、ここからもう少し旧Centro市街地を散歩するのですが、今日はいつにもましてインターネットの接続状態が悪く、なかなか画像をアップロードできませんので、明日続きを書かせて頂きます。私と一緒にもう少しだけサンパウロ散策をお付き合いくださいね。
f0146587_18562968.jpg


by beijaflorspbr | 2009-12-30 18:59 | サンパウロ生活情報 | Trackback | Comments(8)
2009年 12月 29日

Xマスパーティー(デザート編)

今年も残すところあと3日となりました。随分早い1年だった、と思うのは私だけではないと思います。この時期になると、ああ、こうすれば良かったああもすれば良かったと後悔しきりですが、人生なんてなるようにしかならないんだもんね、今この瞬間をそのまま受け入れて楽しく暮らすしかないな、と簡単に結論を出してしまう私でございます(笑)さて、義弟宅ではいよいよデザートに移っております。気の早い甥や姪は、早々とすぐになくなるサクランボを狙い撃ちしては口の中にポンポンと放りこんでいきます。私も負けずに…。スィーツを一気にご紹介いたします。
f0146587_33045100.jpg
少しだけおみやげに頂くことにして、食べるのは諦めました。さあ、12時になりました。皆それぞれにご挨拶「Feliz Natal!」と言って抱き合って喜びます。何で喜ぶのかクリスチャンじゃない私はいまひとつ分かりません。お次はアミーゴセクレット、つまりプレゼント交換の時間です。ふわ~眠い。。。夜中の1時だもん。まずはクジを人数分作ります。プレゼントを真中に置いて、次々にクジを引き、好きな包みを取り開けます。
f0146587_9502936.jpg
後にクジを引いた人は先の人が手にしたプレゼントと交換できるルールなので、後に引けば引くほど有利に。大きな包みを欲張って取ると…トリオさんは早々に車に引き揚げて寝てしまったのですが、私が最後の籤を引き当て、3人分のプレゼントはしっかり頂きました。(買うと高いそうな)トランプ、ボールペン、がっちりした宝石入れでした。我が家からは、トリュフチョコを持っていったので、結構喜ばれました。そんなこんなで混乱のうちに今年のクリスマスパーティーもお開きになりました。自宅に着いたのは午前3時。寝たのは4時でした、、、。道が大渋滞でなかなか進まない!楽しいけれど少し疲れるクリスマスを終えるともうすぐお正月です。年越しのパーティーの担当は我が家なので、また夜通し頑張る予定でございます。まあお元気なサンパウロのご親戚の皆さまでした。ちゃんちゃん。。。 

by beijaflorspbr | 2009-12-29 10:02 | 年中行事 | Trackback | Comments(4)
2009年 12月 29日

今子どもたちに言っておきたいこと(独り言)

最近体力も気力もめっきり落ちてきました。
おまけにあれだけ旺盛だった食欲も何故か減退気味です。
歯を治療しているせいかもしれません。
いったい私の体がどうなっているのか正確なことは分かりません。
5年前にがんを患った私の体は、いつ再発してもおかしくないのですもの。
2、30年前、私は7年の間にあなたたち3人をこの世に送り出しました。
当時は20代前半でしたが、今は随分年を取ってしまいました。
子どもを産むということは母親の体を蝕み栄養を奪い取ってしまうことです。
歯もガタガタ、視力もどんどん落ち、髪の毛は真白です。
それでも何とか若づくりをしようと懸命になってもなかなか年には勝てなくなりました。
まず気力が低下しています。なかなかやる気が起きません。
しばしばそんな姿を目にしたらさぞや「怠けている」ように見えるかもしれませんね。
でもね、人間って突っ走っているだけでは長持ちしないんですよ。
たまには息抜きしたり、怠けたり、休んだりしないと生きていけないのです。
もしかしたら今の私はそんな情けない姿になっているかもしれない。
でもね、昔はとても頑張ったでしょう?24時間突っ走っていた時期もあったでしょ?
長い長い間、朝から晩まであなたたちのために働いてきたでしょう?
だから分かって欲しいのです。
厳しい言葉をぶつけるばかりでは落ち込むばかりです。
母も人間、たまには休みたい、そんな時にはほんの一言でいいから
優しい言葉のプレゼントをして欲しいのです。
母の望みはそれだけなの。何も要らないから優しい言葉をかけてください。
そうすれば救われるのですよ。これだけが母のささやかなお願いです。


…と言っても自分が母親にならないと分からないでしょうねえ。。。

by beijaflorspbr | 2009-12-29 09:09 | 家族 | Trackback
2009年 12月 28日

Xマスパーティー(ごはん編)

恒例の義弟宅でのクリスマスパーティーは、24日夜10時くらいから始まりました。
f0146587_20125998.jpg

例年にもまして素敵な飾りつけです。
f0146587_1053185.jpg

色々なサンタさんも…(@_@;)右側は軽石さんです。
f0146587_10533211.jpg

トリオさんのBacalhauのお料理と私が作ったおでん。
f0146587_10534771.jpg

義妹がほとんど作りましたが、それぞれが1品ずつ持ち寄りました。VatapaというBahia(ブラジルの北)料理。海老がいっぱい入っています。ごはんものや色々なサラダ、お肉もたっぷりと。豚の丸焼きがちょっと怖くて毎年手が出ません、ラザーニアも。50人で賑やかに食卓を囲みます。
f0146587_10494336.jpg

午後10時半になり、やっと食事が始まりました。体に悪そう~(--〆)まあ夜が長いので、たまにはよいかもしれません。最近食欲がなくて、珍しくこの1回でもうお腹がいっぱいになってしまいました。って十分すぎるって突っ込まないでくださいな。
f0146587_2181440.jpg

甥っ子といろいろ話をしながら楽しく頂きました。デザートのテーブルで頂いたので、目の前にあるデザートが気になりますが、もう少し我慢我慢。。。次はデザート編に続きます。 

by beijaflorspbr | 2009-12-28 21:21 | 年中行事 | Trackback | Comments(4)
2009年 12月 27日

ポルトガル料理店「Trindade」へ

はっきりしないお天気の日、どうしてもクリスマスの買い物に行く必要があり、トリオさんと一緒にLiberdadeに行きました。道はそんなに混んでいないものの、どうもこのぼや~んとした空気は苦手です。
f0146587_12332989.jpg

Liberdadeでは、調味料、野菜、生もの、卵、練りものを死ぬほど買い、二人でひ~ひ~言って駐車場まで持って行きました。軽いものはパリのエコバッグに、重たいものはラデュレのバッグにと、二つともとても便利で重宝しています。お店は既にお正月モード、サトウの鏡餅も売られていました。約1300円のお餅を買うべきか否か…もちろんパスしました(笑)。日本の値段を知っていると、なかなか買えないものです。この日は何故かみつぎさんにお魚が全く入らなかったようで、おじさんも途方に暮れていました。
f0146587_6242644.jpg

ひと汗もふた汗も掻いたところで、お昼ごはんの相談。Natalだよねえ、せっかくだから美味しいところに行こうか、と簡単に相談がまとまり、目指した先はItaim Bibi地区。広いFaria Lima大通り、ここまで来るのにとても混んでいてかなり時間を取られました。
f0146587_1053675.jpg

あのCarlos氏が経営するa bela Sintraの子ども、Trindadeです。お母さん店よりもちょっとだけリーズナブルでカジュアルなお店です。外のテラスは喫煙席。サンパウロ市のレストランは条例で全面禁煙になりましたので、こうした外でしか吸うことができません。
f0146587_1236324.jpg

早い時間だったせいか、まだ店内はガラガラ。一番窓側の席を選びました。
f0146587_6244359.jpg

座ると同時に焼きたてのパンが出てきました。前菜とパテ、バター類
f0146587_1241227.jpg

喉が渇いたので(飲兵衛はこうした言い訳ばかり…)プロセッコをお願いしましょう。
f0146587_1142782.jpg

スタッフのFranさんが満面の笑みでメニューを持ってきてくれました。a bela Sintraのギャルソンは男性のみですが、こちらには女性スタッフもいます。
f0146587_1173162.jpg

このお店のテーマカラー、紫色のメニューです。クリスマス特別メニュー、いつものランチコースと2種類あるようです。
f0146587_1239697.jpg

ほどなくタコとコロッケ類が出てきました。このタコちゃん、驚くほど柔らかく美味しい!
f0146587_6253621.jpg

次はスープです。良く冷えたガスパッチョとグリーンアスパラのクリームスープ。
f0146587_6255683.jpg

この辺でお店はもうすっかり満席状態に。クリスマスイブの前日だったためか、会社関係の会食に来ている人が多く、ほとんどの人がワインを飲んでいました。ということで私たちもワインを。ポルトガル産、Alentejanoワインがお気に入り。
f0146587_11165444.jpg

いつもはバーカウンターでシェーカーを優雅に振っているLindalvaちゃんも今日は応援で走り回っています。この人いつも素敵な笑顔なのです。
f0146587_11181545.jpg

後姿の彼女、足が長くて抜群にスタイルが良いのです!
f0146587_11213544.jpg

さあ、メインのお料理がきました。トリオさんは七面鳥のお料理、デミグラスソースがかかっていて食べやすくて美味しい。
f0146587_11193610.jpg

私が選んだのは、海老と魚をソテーしたもの、普通すぎたかしら。
f0146587_11203661.jpg

お腹がいっぱいになったところで、デザートもしっかり頂きます。Creme de Papaia。これはアイスクリームとパパイヤをミキサーでドロドロにしたものです。カシス酒をたっぷりかけて頂きます!
f0146587_11232281.jpg

満席で更に順番待ちをしている人がいたので、急いでコーヒーを頂いて席を立ちました。
f0146587_11245030.jpg

皆平日よりもリラックスしているように見えました。
f0146587_6261224.jpg

この界隈は高級レストランが並びます。こちらはDressing。
f0146587_11304377.jpg

このツタの絡まる高級そうなお店の名前は失念。
f0146587_1142563.jpg

なかなか車が来ません。Manobristaに頼んで持ってきてもらうので待つしかありません。
f0146587_1144923.jpg

手作り風なオーナメント。色々な願い事が書かれています。七夕じゃないんだから…(笑)
f0146587_12233366.jpg

やっと来ました。我が家のボロ車ちゃん。帰りは私が運転手です。
f0146587_11445912.jpg

Hotel Uniqueのまん前を通り、Ibirapuera公園横を通って我が家に帰ります。
f0146587_1146742.jpg

何だか平和なイブイブ(Xマスイブの前日)の一日でした!

by beijaflorspbr | 2009-12-27 11:57 | サンパウロのレストラン | Trackback | Comments(6)
2009年 12月 26日

NHKスペシャル「働き盛りのがん」

いま増え続ける働き盛りのがん。この番組はあるビジネスマンが6回のがんと向き合った25年間の軌跡を軸に、現在働きながらがんと向き合う人々の現実を織り交ぜながら、彼らの前に立ちはだかる壁とは何か、それを乗り越えるには何が必要かを問いかけるドキュメンタリードラマである。関原健夫さん(64歳)はNY駐在中の39歳の時、進行した大腸がんを告知され、その後肝臓、肺への転移、肝臓への再転移などを繰り返しながらも生き延び、当初の「5年生存率20%」を身をもって打ち消してきた。仕事に打ち込み家族を守りながらがんと正面から対峙(たいじ)し、絶望と希望を繰り返しながら生きようとした軌跡は、いま、がんと直面する人々への普遍的な伝言である。関原氏の軌跡をドラマで辿ると共に、いま実際にがんと向き合いながら働く20代から50代までの働き盛りの人々が繰り広げるスタジオトークを別途収録。ドラマとトーク、ドキュメント映像を自由に行き来する新しい演出のNHKスペシャルである。(キャスター:俳優・児玉清)NHKHPより抜粋

今や2人に1人が罹り、3人に1人ががんで亡くなる時代。誰がいつこの病に罹ってもおかしくない。私自身も何度もこのブログに記してきた厳しくて長い直腸がんとの闘いを経験したひとりだ。がん5年生存率を信じるとすれば、私は「生還者」ということになるだろう。罹患から完治までの道のりは決して楽ではなく、一度も忘れたことはない。この闘病の経験は、私の人生をこれからもずっと支えてくれるものなのだから。

5人のがん患者さんのそれぞれのお言葉を聞き、共通する思いに感動を覚えた。やはり誰もが「今生きていること」に当たり前のように感謝し、周りの支えてくれるひとたちに感謝している。私もそう、決して忘れたことはない。今も時々襲う腸の不調は、私を恐怖のどん底に陥れる、しかし私は希望を決して失わないだろう。そして毎年の検診はこれら絶対に欠かさないと思う。定期健診しか私の命を救ってくれるものはないと思っているから。

関原健夫さんも仰っていた。もっと早く検査を受けたら軽くて済んだのに、仕事にかまけてパスしてしまったことは一生の後悔であると。この事実をできるだけ多くの人に伝えるのが、がん患者である私の努めと心得ている。今一度、がんという病気の厳しさを再認識し、体調管理に気を配っていきたい。

今生きていること、生かされていることに感謝をし、今自分に何ができるのか、と模索していきたいと思っている。それにしても、関原さん、何度かの再発・転移にも負けず、強い精神力で乗り越えてこられた。見習いたいものだ。そしていつかがん患者を応援し、家族を支える「リレーフォーライフ」にも参加してみたいものだ。

がんは今や誰でもがかかる可能性がある病気です。どうか毎年の健診を欠かさずに受けてください。何度も何度も言いますが、これが私のただ一つのお願いです。

by beijaflorspbr | 2009-12-26 22:47 | 癌と闘う | Trackback
2009年 12月 25日

Natalino em São Paulo(サンパウロのクリスマス)…最後

昨日は出かける前に記事を急いで書いたものの、自分でPCの電源をうっかり外してしまうなど不手際もあり、すっかり出遅れてしまいました。夜8時ー明け方の3時と恒例とはいえかなりきついクリスマスパーティーをこなし、寝不足で頭がフラフラです。Avenida Paulistaの夜景ツァーを続けます。一番のお勧めスポットはこのBANCO ITAU(イタウ銀行)です。一般の支店とは区別された富裕層向けの「Personalite」の店舗です。
f0146587_21244154.jpg

押すな押すなの大盛況。そのうえポップコーン売りや綿あめ売りがたくさんいて大混乱です。やっと先頭に辿り着きました。ひぃ~
f0146587_21264840.jpg

みな一生懸命写真を撮っている、誰かな?と近づくと…あらら…可愛くな~い。
f0146587_4101774.jpg

それにしてもすごい人!早々に退散しましょう。。。
f0146587_21311147.jpg

Rua Augustaのところで道路を渡ってみましょう。ここも銀行です。
f0146587_2132499.jpg

Center3、そしてBanco do Brasilのビルです。気温がどんどん下がってきました。
f0146587_21371082.jpg

クリスマスはカップルのためにあるのかな?こんな光景があちこちに…、Feliz Natal!
f0146587_21381937.jpg

道路を隔ててイタウ銀行をみるとこんな感じにキラキラ輝いてステキ!
f0146587_21393253.jpg

Parque Trianon。上の方まで電球がキラキラ光っています、すごい!
f0146587_21405353.jpg

こちらは舞台を備えたBradesco銀行です。今年も巨大ツリーが。
f0146587_12294619.jpg

細々とした飾りが盛りだくさんで、たくさんの子どもたちが楽しそうに遊んでいました。
f0146587_4104865.jpg

去年はもっと詳しく歩いてみましたが、もう疲れてしまったので、次の場所へ移動します。次は以前住んでいたAlameda Casa Brancaの下(Avenida Brasilの少し手前左側)にある会社です。一般に広く開放しているイルミネーションを訪ねてみました。
f0146587_21493259.jpg

Papai Noel(サンタクロース)もいて、記念撮影ができるようになっています。ちょうど居合わせた4人姉妹、お母さんがカメラを持っていませんでしたので、撮ってあげました。お母さんにその場で写真を見せてあげたら「わあ、キレイありがとう~」と喜んでくれました。住所を聞いて写真を送ってあげたら良かったかしら?
f0146587_21513882.jpg

午後7時ー午前7時までライトアップしていると警備員さんが仰っていました。
f0146587_21523873.jpg

次はMorumbiにある、Ponte Estaiadaに行ってみました。今年は橋のライトアップが大きなクリスマスツリーになっています。キレイ!
f0146587_2155026.jpg

ブルーやグリーン、そして赤に変わります。昨晩もMarginal Pinheirosから見たらとってもステキでした。
f0146587_21561280.jpg

駆け込みでお伝えしたサンパウロのクリスマスの夜景でしたが、楽しんで頂けましたか?最後に…この間の抜けた画像で今年のクリスマスツァーを〆たいと思います(爆笑)長時間運転をしてくれたすずおさん、ありがとう。そしてすずめちゃん、たくさん笑わせてくれてありがとう(汗。。。)
f0146587_2212561.jpg

長い長いサンパウロのクリスマス記事を読んでくださってありがとうございました。どなたさまもメリークリスマス&Feliz Natal!!!

by beijaflorspbr | 2009-12-25 22:08 | サンパウロ生活情報 | Trackback | Comments(6)
2009年 12月 24日

Natalino em São Paulo(サンパウロのクリスマス)…5

いよいよNATAL(クリスマス)イブですね。こちらも明日のFestaの準備で忙しくなってきました。うだるような暑さの中、娘の命令で!?「おでん」を作るように言われ、材料をLiberdadeで調達してきました。じっくり煮込むためには前夜から、今おでんちゃんたちは2つの大鍋でおねんねしています。さて、このレポートも早くしないとクリスマスが終わってしまいます。イビラプエラ公園の噴水ショーと大きなツリー見学を楽しんだ我々は、恒例の!?Avenida Paulistaに繰り出しました。いつものように、Alameda Campinasに車を止める場所を見つけました。こちらはレストラン新鳥(旧燦鳥)
f0146587_10101762.jpg

こちらはスターバックス、一等地にありいつも賑わっています。ブラジルに来た当時、この2軒先のアパートを買い住んでいました。この界隈はとても懐かしい!
f0146587_10112686.jpg

自宅を出てから既に5時間、少し休みたかったのでお店に入りました。店内の様子は万国共通です。カプチーノとカフェラテをそれぞれ頼みました。クレジットカードで支払った段階で、私の名前をコップに書くシステムですが、2つは私の名前入りなのに、何故か1個がカロリーナになっていました!?さすが適当大国のブラジル!
f0146587_1221519.jpg

冷えた体も温まったので、お散歩を続けましょう。プレゼントに変身したメトロの駅。
f0146587_10204665.jpg

Fiespビルはいつものように天に延びるシンプルなイルミネーション
f0146587_10363831.jpg

REAL銀行もハデハデ
f0146587_10374098.jpg

楽しみにしていたTrianon公園、たくさんのLED電球がキラキラと輝いていました。たくさんの人が公園の中に吸い寄せられていきます。
f0146587_452448.jpg

私たちも中に入ってみましょう。うわ~キレイ!皆上ばかり見て歩いています。写真でうまくお伝えできないのがもどかしいです。
f0146587_12221189.jpg

サンタさんの家では撮影会があるのか長蛇の列
f0146587_10472421.jpg

たくさんの明りに照らされた公園散策はなかなか楽しかった!
f0146587_104884.jpg

次も銀行のイルミネーションです。銀行って儲かるのね!(笑)
f0146587_10495265.jpg

はい、お次は名物お菓子のおうちのようなITAU銀行です。
f0146587_10511385.jpg

長く引っ張ってまいりました、サンパウロのクリスマスバージョンもいよいよ明日で完結します。もう少し続きますが、辛抱してくださいまし。 

by beijaflorspbr | 2009-12-24 10:59 | サンパウロ生活情報 | Trackback | Comments(8)
2009年 12月 23日

Natalino em São Paulo(サンパウロのクリスマス)…4

まだイビラプエラ公園にいます!(笑)名物の巨大クリスマスツリー、これは長い時間かかって大勢の職人さんが組み立てるのですが、今やサンパウロのクリスマスの名物となりました。ツリーの時期になると、用もないのに、なるべくイビラプエラ界隈を通ろうとする私です。ふふふ…。骨時代のツリー(11月24日の画像)
f0146587_2042925.jpg

そして晴れの姿!!
f0146587_2043762.jpg

色々なパターンがあります。運が悪いとこんな暗い画像ばかり。。。金の線が縦に走りサンタさんやクリスマスプレゼントが浮き出てきます。
f0146587_356830.jpg

今年も綺麗なツリーが至近距離で見られて良かったわ。それにしても…動画にすれば良かったかな?
f0146587_20501861.jpg

混み合うイビラプエラ公園界隈から次はライトアップされたパウリスタ大通りへ移動しました。
f0146587_2115830.jpg

今からクリスマスパーティーのためのお買い物に行ってきます。ブラジルは一昨日からやっと夏に入り、毎日35℃を超す猛暑が続いています。夏バテしないように気をつけます! 

by beijaflorspbr | 2009-12-23 20:57 | サンパウロ生活情報 | Trackback