ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2008年 12月 ( 34 )   > この月の画像一覧


2008年 12月 31日

2008年12月31日午後12時55分

今年3回目の故郷の地を踏みました。Xmasが盛大なサンパウロから、お正月がメインの日本へと、ハチドリパタパタと飛んできました。
f0146587_15492711.jpg
ニューヨークからも満席の機内は少し息苦しい感じがしました。とはいえ、飛行時間12時間半の半分以上はぐっすり熟睡するという相変わらずの逞しさでしたが…。今回は「もう少し飛んでいても平気!」という感想はなく、「ああ、やっと着いた!」でした。飛行機を降りてからも、もちろん船橋のデパートにおせちを買いに行く元気なんぞどこにも残っておらず、「まあいいか、いざとなったら家の近くの〇ーソンに行けば…」なんて思いました。年々確実に疲れが貯まり、年を取っていくということの証明なのでしょうね。今回年内帰国を目指したのにはもうひとつ理由がありました。現在私は、JALグローバルクラブの「クリスタル」というステータスなのですが、あと7000マイルでもうひとつ上のサファイアに昇格できるという際どいところでした。年明けの1月中旬までには帰らなくてはいけなかったので、少しだけ予定を早めて「日本の子どもたちとのお正月」と「JGCサファイア」のステータスを同時に手にする、という一石二鳥を狙ったのでした。お陰様で、来年はボーナスマイルが100%貯まり、より容易くアップグレードも叶いますので、今年よりは良い状態になるかと期待します。ただ、あてが外れたのは、年末ギリギリだからきっと飛行機の中はガラガラだろうな、と自分勝手に想像したことです。何の何の…ひとつの空席もない満席状態なのには大変驚きました。今回はJALのサンパウロ支店で直接チケットを購入しましたが、ネットで監視していた時は私が押さえた43C席のお隣、43A、43Bもずっと空いていました。しかしながら実際は満席!A席には日本人のおとなしい女性の方、B席は若い台湾人の女性の方、お話はしませんでしたが、とても思いやりにあふれた方々でした。とっても驚いたのは、私がお手洗いに5回行くうちの1回くらいしか行かなかったこと。やはり私は通路じゃないと絶対に迷惑をかけるな、と改めて思った次第でした。機内では本当に阿呆のように良く眠れましたが、それでも飛行機から降りたらどっと疲れが出たような気がしました。何しろ到着したのが12時55分、サンパウロは夜中の1時55分です。無理もないかな、と。サンパウロからニューヨークまでの機内の温度は暖かめで、逆にニューヨークから成田は寒かったので、お腹が冷え切ってしまいました。腸の冷えは、私には大敵です。しっかり毛布をお腹に巻きつけたものの、今でもなんとなく寒々としています。心配だったので(と言い訳をしながら…)火傷しそうな鍋焼きうどんを頂きました。体が芯まで温まったところで、見学デッキにでてしばらく飛行機を眺めていました。こんなカメラ用の穴があるのですよ。面白いのでここにカメラをはめて!?写真を何枚か撮ってみました。マニアの方は立派な一眼レフのカメラでベストショットを狙っています。私は安もんのコンパクトデジカメです…(*^^)v青組さんのANA機が静かに、着陸しました。なかなか新鮮です!
f0146587_16391722.jpg
南米線を走る飛行機は噂によると一番古い型がそうですが、そんなに揺れもなく無事にこんな遠くまで運んできて下さいました。ありがたいことです。成田空港にて、少しだけおせち料理もどきを買いました。明日元旦の午前中はこれで誤魔化し、夜は何か美味しいものを作ってあげようと思っています。皆さまからたくさんのコメントを頂戴しました。ありがとうございます。順番にゆっくりとお返事をさせて頂きますね。今年最終の書き込みになるかと思います。ここを訪れてくださる皆さま、今年一年間拙いハチドリブログを読んで頂き、ありがとうございました。ある時はサンパウロから。ある時は日本からと、あまり落ち着かない私ですが、いつも一生懸命に書いているつもりです。まだまだ力不足の文章と記事と写真ではありますが、これからも一生懸命に表現させて頂きたいと思っております。このブログの記録が家族や、私の友人、そして情報を必要とする方々のために何らかの力になれば良いなと願っています。皆さま、どうぞ良いお年をお迎えくださいませ!


by beijaflorspbr | 2008-12-31 16:18 | 飛行機(搭乗記) | Trackback | Comments(10)
2008年 12月 30日

あれ?ここはどこでしょう?

今こんなところにいます。
f0146587_21504978.jpg
何故か冷たいおうどんと
f0146587_21512423.jpg
アンパンなんぞを頂いています、あれ?ここはどこでしょう??
f0146587_2152510.jpg
ここまで言ったらばれていますね、実は今日本への帰国途中なのです。子どもたちには内緒で「電撃帰国」というのをやってみようと。。。でもな、このブログを見ていたらしっかりばれますよね。成田に到着したら、船橋のデパート辺りまで行って、おせち料理を少しだけ買ってこようかな?などと思っています。だって、大阪の自宅に到着するのは31日の夜10時ころなのですもの…。2年ぶりの日本の子どもたちとのお正月を楽しみに、満席の飛行機の旅を楽しんでいます!では、あと13時間ほどの空の旅、引き続き頑張ります!地球は広いなあ、南米は遠いなあ~~(#^.^#)
f0146587_21571765.jpg
★何故か、ラウンジに大声を上げながら走り回るガキが複数います。今この静かなビジネスセンターにまで侵入してきました。何故親は走り回る子どもを注意できないのでしょうか?ラウンジの外に行けばいくらでも自由に走り回ることのできるスペースがあるのに。機内でもそうです。泣き叫ぶ子どもの「面倒を見ないで知らん顔をして寝ている親」がいました。反面一生懸命泣かせないように頑張っているお母さんもいました。これは性格や人間性や感覚の違いでしょうか。少なくとも私は3人の子どもが機内で泣き叫んだ、という経験が一度もありません。泣かせないように、迷惑をおかけしないようにするには、親の工夫と努力が必要です。時代が変わったのか、私が年を取ったのかどちらでしょう。機内で、昔3人の子どもたちといつも離着陸の際に手を繋いでいたのを思い起こしていて、懐かしくて涙ぐんでしまいました。ずっと愛おしく育てた子どもがどうなっていくのか、何故かずっと家族のことを考えていました。

by beijaflorspbr | 2008-12-30 22:12 | 飛行機(搭乗記) | Trackback | Comments(21)
2008年 12月 30日

年末の飛行場って…

今日のサンパウロは33℃と最近になく、ヒートアップしました。夕方の7時過ぎまで(夏時間なので、本当は6時)こんなに明るいのです。「夕日」に輝くAnhangabau
f0146587_09022870.jpg
今日の夕刻、サンパウロGuarulhos空港に来ました。これで午後8時です。
f0146587_09023811.jpg
世の中不景気とはいえ、この景気の好さはブラジルだけ!?国内・国際とも全便満席で出発です。恐るべし、新興国!
f0146587_92999.jpg
ムスメのエルは、しっかり働いて今から年越しのため某所へ出発します。1月4日まで大勢のお友達とキャンプをしながら旅をするそうで…若いっ!
f0146587_9312088.jpg
さて、もしかしたらハチドリさんもこんなところで少し怪しい動きをしています(*^_^*)
f0146587_9323626.jpg
だいたいいつも寝ている時間なのに起きているのが不思議ですよね~♪次の記事できっとはっきりしますね、お楽しみに~~(^○^)/

by beijaflorspbr | 2008-12-30 09:34 | 飛行機(搭乗記) | Trackback | Comments(8)
2008年 12月 30日

Santosへ

今日のサンパウロは天候も回復し、何と33℃の暑さでした。ギラギラ容赦なく照りつける太陽をまともに受けながら、麻酔で麻痺したほっぺたを抑えながら町を歩いてきました。そうなのです、今日はムスメエル先生による歯茎治療の2日目だったのです。腫れはまだ引きませんが、随分楽になってきました。歯の磨き方が悪いのが諸悪の根源なのだそうで、まあ厳しいセンセイですこと!というとお客様(患者様)が来られなくなるので、この辺で・・・。もちろん患者様にはとても優しいセンセイのようですが、私にぁ信じられん!(?_?)サンパウロ市南部にあるJabaquara駅から海岸線への高速バスが出ています。だいたいはいつも15~20分くらいは出発が遅れます。この日は20分遅れ。もうバスが来ないんじゃないかと訝っていたらやってきました。ホッー
f0146587_16491711.jpg
SantosのRodoviarioまでちょうど1時間です。ここからPonta da Praia方面に行くバスに乗ります。R$15,00(約600円)中はとても快適です。
f0146587_16493324.jpg
Imigrante街道をしばらく走ると、料金所があります。
f0146587_16494766.jpg
Anchieta街道から見たImigrantes街道、壮大な景観が楽しめますが、生憎の濃い霧ではっきり見えません。
f0146587_3131229.jpg
サントスにやってきました!潮の香りをたくさん吸い込みます!
f0146587_3161910.jpg
友人Sのアパートから見える海、多くの船舶の航行を見ることができます。
f0146587_317328.jpg
夜も更けて…。同じ景色もまた違って見えるから不思議です。
f0146587_319695.jpg
Sの心づくしの夕食の前に…ビールとお煎餅、お酒を一滴も飲まないS家にビールがあったのに驚き!
f0146587_320345.jpg
さあ、お腹も空きました。煮物
f0146587_322548.jpg
ブタの冷しゃぶサラダ
f0146587_322505.jpg
昔一品持ち寄りの時にいつも持ってきてくれていた茄子の揚げびたし(豆板醤と生姜がたっぷり入っていてピリ辛で美味しい!)調子に乗って2膳もお替りをしてしまいました。ちょっと苦しかったーーー(ーー゛)
f0146587_3251912.jpg
夜10時過ぎにご主人さまのご帰還、笑ってしまったのが、タバコのパッケージ、ほらほら、と見せてくれるものが結構ドギツイというか、厳しいというか…タバコは毒ですよ!というのを露骨に表示しないといけないのですね、こちらでは。こちら表側
f0146587_3272223.jpg
裏を返すとこんな広告(告知!?)が。
f0146587_3281730.jpg
それにしては煙草を吸う人も多いし、他の国に比べると安く売っていますよね。S家に来た私、思いきりリラックスしてぐっすり眠れたのは言うまでもありません。ずっとお天気が悪くて、散歩をする気にもなりませんでしたが、翌日は何とか晴れそうだったので、海岸線を散歩しました。後日続編を書かせて頂きます。

by beijaflorspbr | 2008-12-30 03:32 | サンパウロ生活情報 | Trackback
2008年 12月 29日

A bela Sintraでミニミニオフ会!

昨晩は、我が家で打ち上げられた花火に腹を立てながら眠ったわけですが、今朝、娘に対して咎めながら訊くと、「ああ、あれはね、癌でもう助からないかもしれないお友達を励ますためにやったの」だそうです。まだ27歳の若さで、抗がん剤治療を受けているのにもかかわらず、脳や肺に転移しているのだそうです。彼のたつての希望だったとのことでした。それだったら最初からそう言ってくれれば良いのに…。人生色々です。悲しいこと辛いことが山ほどあるのですね。希望を捨てず前向きに生きていくことが大切なのかもしれません。そして私の周りの癌に罹った友人が口を揃えて言うのは、「自分は生かされているのだ」ということです。改めて命の重さを、生きていることの尊さを感じています。

さて、クリスマスも終わった26日のお昼、このブログをずっと愛読してくださっているM子さんご夫妻と、アベラシントラでランチをしてまいりました。我が家からたっぷり40分はかかるはずなのに、Xmasの終わったサンパウロの市街地は、もぬけのカラでガ~ラガラでした。道路もスイスイ、これはどこの街だろう?という静けさです。12時5分前に私が店に到着した時は、店内はまだ開店準備中で真っ暗でした。電気を点けてもらって(笑)M子さんご夫妻が来られたのが12時ちょうど。日本人は時間に正確なのは分かっていましたが、これほどピッタリとは!初対面でしたので、まずはお互いの自己紹介をしました。M子さんのご主人さまは日系2世。こちらにご実家があるので、毎年里帰りをされるそうです。二世のご主人さまは、日本語に全く不自由はなく日本人よりも流暢で丁寧かつ正確な日本語を話されているのには大変驚きました。後で妹さんとポルトガル語で普通に話されているのをお聞きし、「ああ、ポルトガル語も話せるのですねえ~」なんて思わず確認してしまいました。さて、楽しい会話&美味しいお料理の始まりです。前菜にコロッケやパンをたっぷり頂いた後にメインのお料理が供されます。M子さんの注文されたEmpadao de Bacalhau,大きなパイの中に、Bacalhau(干し鱈)や小海老が入っていたそうです。
f0146587_6441256.jpg
ご主人さまはBacalhau a Braz(細かく裂いた干し鱈のお料理)たっぷりの量です!
f0146587_6474839.jpg
私はお魚にしてみました。Truta Grelhada(マスのソテー)これは絶妙な焼き加減で大変美味しく頂きました。あっさりしたケッパーのソースが、お魚の単調な味にアクセントをつけてくれました。また付け合わせの黄色いご飯の中にはさりげなくPalmitoなどが混ぜ込まれていて、とっても美味しくて感激しました。
f0146587_6512255.jpg
M子さんご夫妻は残されましたが、もちろんお持ち帰りに…。これがこの店の良いところです。え?ハチドリさんはって?もちろん完食しましたとも!(#^.^#)ゆっくりお話をして、デザートも注文しました。M子さん
f0146587_6534039.jpg
ご主人さま
f0146587_654958.jpg
私は好物のセリカイアを!
f0146587_6545463.jpg
このレストラン、A bela Sintraに慣れてしまうと、他の店に行って冒険したいと思わなくなってしまうくらい、最近はこの店ばかりで食事を摂るようになりました。黙っていても痒い所に手が届くような行き届いたサービスには安心感があります。午後2時過ぎまで色々なお話を楽しませていただきました。インターネットを始めて10年になりますが、こうして色々な方との出会いを通して、様々なことを学ばせて頂きました。自分の知らない分野のお話はいつお聞きしても楽しく、また刺激を受けるものです。このブログを通して、友情の輪が大きく広がっていくことを密かに祈っております。M子さん、ご主人さま楽しい時間をありがとうございました。また来年、サンパウロでお会いできるのを楽しみにしております。

by beijaflorspbr | 2008-12-29 07:01 | サンパウロのレストラン | Trackback | Comments(6)
2008年 12月 28日

ここはどこの国?

波乱に満ちた2008年の年末も押し迫ってきました。皆さま、今週は何かとお忙しいと思いますが、私は逆に罰が当たりそうなくらいの~んびりした日常生活をここサンパウロで送っております。12月9日にこちらから発送したXmasカードも25日に無事日本に着いた、というお知らせを次々に頂き、「ちょうど15日で着くよ!」と言った郵便局のおじさんの言葉はまさに正しかったのだ、とこちらのCorreio(郵便局)をチョッピリ少し見直しました。このXmasの一番郵便のやり取りをする時期にストライキを起こし、年内には絶対に着かないということに慣れてしまっていましたので、今回は嬉しかったですねえ。こんなことで喜ぶなんて、日本では有り得ないでしょう?そう言えば、日本でも梅田に郵便物が置き去りにされていたことや、故意に郵便物を放置したふとどきな職員もいましたね、これは一部なので、届かなかったら運が悪いと思わなくてはいけないのでしょうか。さて、先週の月曜日に、パウリスタ大通りをウロウロし、クリスマスの飾りをリポートしましたが、昔こちらに住んでいたことのある方には大好評でした。画像を見ていたら懐かしくて涙が出た…という方もいらっしゃったようで、私としては「今のサンパウロ」をリアルタイムにお伝えさせて頂けることができて大変嬉しく思っています。今日はその続きです。Avenida Paulista/Rua Pamplonaを歩いている時、左手にMaksoud Plazaホテルが見えてきました。昔は超一流と言われたホテルでしたが、その後、外資系のハイアット・ヒルトンそしてL'HOTEL、EMILIANO、UNIQUE、FASANO HOTELといった一流ホテルもどんどん増えましたので、今や少し色褪せて見えます。何やら派手なペイントが建物全体に施されています…。何かを描いているのか、意味不明!?
f0146587_6263819.jpg
Brigadeiro Luis Antonioに向ってどんどん歩いて行きます。この日は暑かった!GAZETAビルです。ここにはテレビ局や、大学が入っています。昔は(今も!?)高校もあったような…?我が家のお手伝いさんが通っていました。我が家で学費を負担して、お小遣い程度の給料で働いてもらっていましたが、この高校から現役でUSP(州立サンパウロ大学)の文学部日本語科に入ったのには感心しました。日系の住友ビルと丸紅ビルです(もしかしたら所有者は変わっているかもしれません)結婚当時、住友ビルの裏側のアパートを買って住んでいました。この辺の光景は懐かしいです。便利さを取ると、空気の悪さを我慢しなくてはならず、さすがに子ども2人に増えたときに、もう少し下のJardinsのアパートに買い替えて転居しました。丸紅ビル(Top Center)には日本総領事館や日系企業がたくさん入っています。地下食堂街には、和食のラーメン屋定食屋、カレー屋さんが並んでいます。
f0146587_1722534.jpg
Joaquim Elgenio de Limaとの角には、ブラジルマクドナルド第一号店があります。オープンしたての頃、お友達と一緒に物見遊山で行ったものです。今はほとんど食べなくなってしまいましたが。
f0146587_643596.jpg
Brigadeiroを少し過ぎたところの左手の黒いビルに、JALサンパウロ支店があります。お馴染み、超親切なFさんは、来客中、おとなしく待合スペースで待ちます。ここに来ると不思議に日本がぐっと近く思えるから不思議です。並んでいるミニコミ誌や、JALの機内誌Skywardも頂けるので、ここは大好き!と言っても何も用事がないと来ることすらできませんが…。
f0146587_1724319.jpg
30分ほどで用事も終わりましたので、次の目的地Liberdadeに移動しましょう。
f0146587_6471457.jpg
お次は東洋人街で買い物です。私はPaulistaからの移動はいつもバスにします。自分の行きたい場所に格安で運んでくれるからです。この日はメトロリベルダージの駅まで行くことにしました。いつも捕まえるのが、オレンジと白の「Largo da Polvora」というPinheirosから来るバスです。Paulistaの裏に住んでいた時は、毎週2回、このバスでポルトガル語の授業に通っていた懐かしいバスなのです。バスに乗って10分くらい経った時に、真黒な雲が空を覆い、ゴロゴロと雷が…、ほどなく大粒の雨が降りだしましたので、SOGOというデパートのような名前の集合ショッピングセンター(と言うほどでもありませんが)に飛び込みました。
f0146587_6553911.jpg
そこは通り抜けするだけで、横移動をしてCASA BUENO、MARUKAI(丸海)でゆっくり買い物をしました。BUENOは比較的空いていますが、丸海の混みようといったら…。この店は品ぞろえも良いせいか、いつもたくさんの客で賑わっています。長い長い会計の列に並ばされたので、恒例の激写を開始!(笑)だって暇なんですもの…。まるで日本にいるような商品の数々…。値段は日本のちょうど倍くらいです。何故かふりかけの種類が日本より多いような気がするのは気のせい?小さいお子さんいらっしゃる方にはこちらをどうぞ!
f0146587_173458.jpg
カレールーに梅干しも種類が多いです。ブラジル産の梅干しは少し硬くて苦いのが特徴です。私は和歌山のお友達が漬けた無添加の梅干しが世界一好きです~♡今は切らしていますけど…(T_T)
f0146587_174563.jpg
中華の調味料や昆布茶、煎茶なんでもござれ!
f0146587_1742530.jpg
「寿るめ」、う~んもうすぐお正月ですよねえ。福岡ではするめを出汁に使うそうです。私はちょっと炙って酒のつまみにしますが…(笑)
f0146587_1744518.jpg
うどんだしやラーメンスープも揃っています。麺もこちら製から輸入ものまで色々。
f0146587_175597.jpg
インスタントラーメンや、カップラーメンの種類も豊富です。飲み物も韓国産や日本製のものはカルピス、お~いお茶などたくさんありますが、高いので買いません。
f0146587_1752532.jpg
雨で足止めされている人がた~くさん、私も15分ほど雨宿りをして、ダッシュで地下鉄の駅に急ぎました…。教訓:この時期は傘を忘れるな!(笑)この後、地下鉄Ana Rosa駅に向かい、傘を持たなかったために、長い間雨宿りをした末、娘に迎えにきてもらい、叱られながら診療所に向って治療を受けたのでした。ヤレヤレな一日。でも全部用事が済んだのでよしとしましょうか。
f0146587_7145870.jpg


by beijaflorspbr | 2008-12-28 07:27 | 買い物 | Trackback
2008年 12月 27日

サンパウロでも食べられる美味しいものは?

昨日も真っ黒な雲がモクモクと…いや~な予感がしました。と思ったら案の定シャーーーーーーーーっと雨が。。。今日も一日雨が降っていました。この時期は雨季だったのかなあ?と訝るほど、何となくはっきりしないお天気の今日この頃です。こんな時は家で美味しい「おうちごはん」が一番良いですね。まずはクリスマス前に行った魚屋のミツギのおじさんが分けてくださった特上のマグロ、もちろんトロがしっかり入っています。2キロ近くありました。
f0146587_6145615.jpg
サントスのSにサンパウロに取りに来ない?と言うとさすがに来る用事はない、と言ったので、サクにして半分以上は家族で頂き、2サクはしっかり冷凍しました。
f0146587_13523671.jpg
マグロはあまりにも美味しすぎて、二日で食べてしまったので、翌日はマグロと一緒に買ってきた海老で天ぷらうどんを作りました。材料を並べて…冷蔵庫にあったシイタケ、ミョウガそして海老(小さいけど)五匹!!うどんは「カトキチ」の冷凍讃岐うどんです。1玉が約160円。日本の倍ですが、このとてつもない距離を考えるとお得ですよね。いつも天ぷらを作る時は小麦粉をベースにしますが、ちょっと手抜きをして買ってきたばかりの天ぷら粉を使います。こんな時はお手軽で良いですね。出汁は煮出し用のお手軽なものを使いました。ゲランドの塩を隠し味にして。日本人はこのお出汁の香りに弱いですねえ。ああ、美味しそう~♡
f0146587_6214312.jpg
自家製温泉卵とネギの小口切りも添えて、はい出来ました。
f0146587_6231019.jpg
みんなで夢中になって食べ、汁まで飲み干してしまいました。ご馳走さま!前日に作った新生姜の甘酢漬けをつまむと口がさっぱりします。南米は暑い!というイメージがあるかと思いますが、今年の「夏」のスタートは20℃もない涼しさです。我が家は高台にあるので、とても冷えるのです。暖かいおうどんはこんな時の救世主、外国でもこんなものが日常的に食べられます。サンパウロは和食天国であります!バンザイ\(^o^)/056.gif

by beijaflorspbr | 2008-12-27 06:31 | おうちごはん | Trackback | Comments(6)
2008年 12月 26日

親戚でNATAL(Xmas)を祝う

昨日の日記で長々と書きましたように、今日25日クリスマス当日になっても、未だ電気・電話が復旧していないところが数多くある、ということをTVGloboのキャスターが伝えていました。落雷による倒木が原因で道路が寸断されたところが今でもかなりあるそうです。ひとりの男性が、濁流に巻き込まれ亡くなったそうです。たかが雨と決して侮れないこの地の厳しい気候変動があるのを目の当たりにし、改めて自然災害の脅威を感じました。今日も大雨の予想で、午前中からだんだん東の空が暗くなってきました。停電する前に、ブログ記事をアップしようと、一人台所でPCに向かっています。昨日は結局午後10時40分に家を出発したことは既に書きました。Marginal Pinheirosに出るのに、普通なら10分もかからないのに、この日は30分以上も時間のロスをしてしまいました。
f0146587_3365881.jpg
MorumbiのPonte Estaiadaもライトアップされていますが、何しろすごい雨で…Marginalに入ってからは順調で(この辺は全く影響なし)30分ほどで義弟の家に到着しました。既に雨はこちらにも来ており、傘を差しても濡れる始末。せっかく綺麗にライトアップしてあったのに、写真を撮ることもままなりません。親戚の人たちの笑顔に迎えられて私たちも席に付き、心づくしのお料理を頂くことにしました。その前にちょっと撮影をば!
f0146587_4442838.jpg
お料理の数々です。マヨネーズのサラダや、シーチキンのサラダ
f0146587_17293668.jpg
春雨サラダに一世のおばあちゃん手作りの煮物。こちらのお醤油は濃いので、煮物をすると真っ黒になります。最初は驚きましたが、もう慣れました。私の亡くなった義母もこんな色の美味しい煮物を良く作ってくれましたっけ。
f0146587_17295477.jpg
トリオさん特製のBacalhau(干タラ料理)と豚とレンズ豆&レーズンご飯,肝心な写真がピンボケに…(>_<)
f0146587_17301135.jpg
Palmito(ヤシの芽)のタルトやラザーニア
f0146587_17302681.jpg
いつものように、お皿に乗りきらないくらい盛って頂きます!ひじきの炊き込みご飯と、タケノコご飯もあったので、今日は自分のお赤飯を中心に炭水化物攻めでいきます。
f0146587_354382.jpg
着いたのが遅かったせいか、食事中にスパークリングワインを開ける準備をし始めました。カウントダウンと同時に一斉に開けられます。しっかり瓶を振る親戚の人や娘たち。
f0146587_356486.jpg
12月25日0時になると同時に、"Feliz Natal”(メリークリスマス)"Parabens!”←「おめでとう」の意味と言い合いながら抱き合ってチュッチュッっとホッペを付ける挨拶が交わされます。私はこれが大の苦手で…何だか照れくさくて…チュッの音を出すのも苦手で…気恥ずかしくて…ってこう書いていると「馬鹿じゃないの?郷に入っては郷に従えでしょ!」とあちこちからお叱りの言葉がすっ飛んできそうですが、苦手なものは苦手!いつも適当に誤魔化しております(#^.^#)日本人だな~と思う瞬間。お祝いを言い合った後はデザートの部です。義妹はお菓子作りがプロ級なので毎回楽しみ。
f0146587_431092.jpg
季節のフルーツのてんこ盛りや…
f0146587_1731692.jpg
サクランボとレモンのムース
f0146587_17312356.jpg
「今年はハチドリちゃんの大好物のリンゴタルトも作っておいたよ!」と。嬉しい!!
f0146587_17314182.jpg
何と素晴らしい義妹よ!これならいつでもお菓子屋さんが開けそうです。エクレアもシュークリームもゼラチンも美味しく頂きましたとも…。どれだけ食べるねん!?
f0146587_17315924.jpg
あまり甘いものばかり食べ過ぎると糖尿病予備軍になりそうなので、少し室内をお散歩します。隅々にまで気を使い、綺麗に飾られているのにはいつも感心してしまいます。
f0146587_4144554.jpg
ツリーの根元にあるたくさんの箱は、後でプレゼント交換をするために置かれています。大きな箱から小さな物が出てきたりしてみんな大笑い。新入りの飾りも増えて、益々パワーアップしていますねえ。
f0146587_1732412.jpg
この後、総勢32名で大プレゼント交換会が行われました。我が家は、石鹸と、マルチ懐中電灯をゲット!これでまたいつ停電になってもOKです。ハハハ…。片付けや待ち時間も含めて全ての行事が終わったのは午前3時過ぎ。トリオさんは既に2時過ぎからぐっすりソファでお休みzzz。。それからまた例のチュッチュッの挨拶を全員と交わし車に乗り込んで帰路につきました。ところで、翌朝(つまり今朝)撮った写真です。プールの水嵩が極端に上がって水が溢れそうになっています。本当にひどい雨嵐だったのですね。水も汚れてしまいました。
f0146587_425252.jpg
こうして波瀾万丈のうちに、ハチドリ一家のXmasイブは終わったのでした。自宅に到着したのは午前4時、それから電気がおかしいと少しバタバタして休んだのは結局5時頃でした。ヤレヤレ…お疲れさまな一日でした!どなた様もMerry Christmasー☆でございました。

by beijaflorspbr | 2008-12-26 04:33 | 年中行事 | Trackback | Comments(8)
2008年 12月 25日

大荒れのクリスマスイブ

皆様、メリークリスマス!と言っても、私の友人のように「私ゃね、仏教徒、別にクリスマス祝わんでも…」と言う方もいらっしゃるかもしれませんが…。この国は国民のほとんどがクリスチャンというお国柄ですからクリスマスのお祝いは実に盛大なのです。我が家でも毎年恒例の親戚大クリスマスパーティーが市内から40キロほど離れた義弟の家で行われるにあたり、トリオさんは得意のBacalhau ao Fornoという干だらと野菜を食べやすい大きさに切ってオーブンで焼いたもの、私はいつものお赤飯、今回は頑張って9合分を早朝から作りました。そのせいで疲労困憊、夜のフェスタに備えてぐっすりとお昼寝をして体力を蓄えパーティーに臨もうと思いきや…夕方の7時過ぎから雲行きが怪しくなり、ゴロゴロと雷鳴が…。あーーーこりゃ来るぞ!と構えていたらゴロゴロ、ピカッ!おまけに強風付きのトリプルプレゼント!雹のおまけ付き!雷雨と雨ぐらいじゃ滅多に停電しなくなった我がChacara Floraですが、「風」には滅法弱い。案の定、出かける予定の午後9時少し前に突然パチッ!と一斉に停電!!!「あの~出かけるんですけど…」「何も見えないんですけど…」(ーー゛)停電する前に懐中電灯を家族が持って、家の戸締りやら何やらに走り回り、何とかシャワー(トリオさん)と化粧(ハチドリ)を済ませて出かける機会を窺っていたものの、なかなか雨脚は弱まりません。もう止めちゃおうかな~と思った時に雷雨は続いていたものの、何とか外出できる目処がたったのが既に10時半。こりゃ、行くまでにきっと困難を極めるだろうな~と想像していたとおり、一軒家ばかり並ぶ我が家の近くは、自然に囲まれた素晴らしい環境で…と自慢したいところなのですが、反面こうした異常気象の時は、大きな木が倒れてあちこち道路が寸断されて通行不可能になるのです。この地に住んで約20年、もうこの近辺の地図は裏道も含めすっかり頭に入った我々家族でさえ、あっちもダメ、こっちもダメならこっちだよ、大きな通りに出たらたぶん大丈夫なのでは?と向っていたら、その大通りのVereador Jose Dinizが全面通行止め!(>_<)(後のニュースによると、大木の倒壊で通行不可に、14時間も停電していたそうです)

じゃあ、もうひとつの大きな道路…Vicente Raoは?と向うと、そこも部分的に木がバタンバタンとお倒れになり部分的に通行止め!何とか迂回を繰り返しながら何とかMarginal Pinheirosに入ることができました。ムスメよ、パチパチ!私はもう緊張しまくりで手には汗、おまけにトイレに行きたくなるし…(恥)娘に叱られるしで、何だかこの大雨のせいで3重苦なXmasイブでした。結局停電した我が家、午前4時に戻ったら電気は来ていたものの、家中の電気が点滅を繰り返すなど誤作動が続いたので、電気をつけることを諦めそのまま休みました。ずっと義弟の家に行くまでに観察してみると、どうやら本当に酷かったのが我が家近辺、サンパウロ市内南部直撃型の雷雨だったようです。やれやれ…とんだクリスマスイブになってしまいました。前置きが長くなりましたが、Avenida Paulistaのリポートをもう少し続けます。賑やかで五月蠅いBradesco銀行に別れを告げどんどこ歩きました。
f0146587_19555639.jpg
お昼休みのPauista大通りは、たくさんの人が行き交っています。「あの」派手な青いおうちのBanco Itauです。
f0146587_2003183.jpg
これは断然夜のほうがキレイ!しかし細かい飾り物が夜はちっとも見えません。ちゃんと普通に営業していることを確認!って当たり前か、、、。
f0146587_1741057.jpg
家を取り囲むようにして隅々まで飾られています。毎年ここはすごい!
f0146587_17411663.jpg
大きなビルが並ぶサンパウロの金融の中心街=Avenida Paulistaです。
道路を横断するようにして建設中の橋?(舞台)は、新年を祝うためのものです。この舞台で有名歌手(MPB=Musica Popular Brasileira)が夜通し歌うそうです。
f0146587_2082680.jpg
次は緑を求めて、Parque Trianonにまいりましょう。
f0146587_20103537.jpg
私たちが先日踊った場所も何事もなかったかのように静まり返っています。パウリスタ散策もなかなか楽しいものです…がこの日は暑かったなあ~
f0146587_2014013.jpg
もう少しお散歩は続きますが、今日は電気が不安定なうえ、インターネットの調子も今ひとつですのでこの辺で失礼いたします。☆昨夜のサンパウロ市南部の記録的雷雨の続報 TVGloboのニュースによりますと、昨晩4時間の間に1300もの雷が発生。そのうちいくつ落ちたかは未だ未定。15時間以上が経過した12月25日正午、電気・電話などのライフラインが断たれている家が多数あるそうです。そのほとんどが、我が家の近くのAlto da Boa Vista Chacara Santo Antonio Avenida Roque Petroni Junior他が部分的に停電などの被害が続いているそうです。信号が壊れているところもたくさんありますので運転の際は気をつけましょう。市役所はできるだけ早く倒壊した塀や木を取り除くべく復旧中だそうです。まあ、今日は外出を控えることですね。このひどい雨をどうやって表現したら良いのか、適切な言葉が見つかりません。「恐怖の雨」という言葉がより相応しいような気がします。世界中が異常気象でこれからどうなってしまうのか、とても不安です。 

by beijaflorspbr | 2008-12-25 20:16 | 年中行事 | Trackback | Comments(4)
2008年 12月 24日

滑り込みセーフの「クリスマス特集」

「もうおしまいです!」と宣言しておきながら何なのですが、今年は「お昼」のクリスマスの様子をあまり見に行かなかったことに気づきましたので、一昨日駆け足でもう一度パウリスタ大通りをざっと見てきました。日本はもう24日、クリスマスイブになってしまいましたね。急いで今日と明日でサンパウロの「昼間のクリスマス」のレポートをしたいと思います。
f0146587_10352514.jpg
一番大がかりな設えをするのが、このBanco Realです。去年も見に行きましたっけ。今年のテーマは「Natal do Nosso Mundo」です。つまり私たちの世界のNatal(クリスマス)ということなので、色々な肌をしたサンタクロースさんがいました。まずは入口。日差しの強い暑い日だったので、銀行内に入った時はすーっとしました。おにーちゃんに、「あれ、生粋の日本人だぁ!」と叫ばれてしまいました。「コンニチワ、アリガトー」といつものセリフ。一時は「トヨタ・ミツビチ」と言っていましたが、今や自動車産業にも陰りが見えてきたので、無難な挨拶にとどまっているようで!
f0146587_1801958.jpg
時々「良くできた人形」のようなオニーサンがいたりして…
f0146587_1803981.jpg
細かいところまで良く気を配って作られています。
f0146587_1805811.jpg
飾り物が和風でしたが、最後まで分からず…!?
f0146587_1811895.jpg
こちらは東洋系のクリスマスのようで、畳の間は日本ですがそれ以外がちょっと!?左のお母さんは日本人ではなくて中国系のようにみえます。尤も、外国人から見た「日本」なんてこんな風にしか見えないのかもしれませんね。
f0146587_1814071.jpg
あれは変!とブツブツ言っていると、「生きたオネーサン」が笑っていました。
f0146587_182286.jpg
世界のサンタさんたちの夕食会(Ceia)です。
f0146587_1825870.jpg
ちゃんとCorreio(郵便ポスト)も用意されていますけどお手紙は出せるのかしら?
f0146587_1832311.jpg
子どもたちにとってはと~っても夢のある空間ですね。銀行の中なので、普通にサラリーマンが通っています(皆随分楽しそうですけど)
f0146587_10544361.jpg
今年も夢をたくさんありがとう、Banco Realさん。銀行再編の波に揉まれませんように!さて、お次もBradescoという銀行のクリスマスです。Real銀行を出ると何と大音響!コーラスに次いで、ダンスを踊っています。煙は濛々人がいっぱいで道を通ることもできないほどです。近づいてみると…
f0146587_10585651.jpg
すごいギャラリー(午後1時半を過ぎていたのですけど…皆さん大丈夫ですかぁ~)パーフォーマンスは続きます。
f0146587_1834194.jpg
ま、楽しけりゃいいのよね。今踊っていた人が笑いかけてくれました。
f0146587_11759.jpg
ここの巨大ツリーには魅せられます。
f0146587_118157.jpg
随分長くなりましたので、今日はこの辺で…。それにしても…銀行って儲かるのね!065.gif065.gif065.gif

by beijaflorspbr | 2008-12-24 11:29 | 年中行事 | Trackback | Comments(8)