ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2008年 10月 ( 24 )   > この月の画像一覧


2008年 10月 31日

久々の娘との時間を

昨晩仕事を終えて遅く帰ってきた娘(次女)と3か月ぶりの再会、おみやげを広げながら色々説明をする。まもなく独立しようとしている娘に買ってきたものがたくさんあった。北海道で歯科医院を経営している従弟に頼んで取り寄せてもらった道具や診療所に置いておく本、娘は小児専門なので、久々に絵本を吟味して選んできた。面白いのは「お父さん、お母さん用の雑誌もね!」という注文だった。大人向けの雑誌はお手のもんだが子ども向けとなるともう卒業した気分だったので何となく新鮮だった。だが重かったなあ~。。3つの荷物に振り分けてヒーヒー言いながら運んだのだ。その他彼女の好物や可愛い柄の小物、来年の手帳、犬のカレンダー、化粧品、Tシャツなど喜ぶ顔見たさに色々なものを買いそろえてしまった、親バカだ!昨晩は遅くまで話をした。彼女の身にも色々なことが起こったんだな、でもそれをはねのけて逞しく生きている姿が嬉しくまたちょっぴり眩しかった。
f0146587_1583214.jpg

今日は一日自宅で勉強中の彼女にお昼は何にする?と訊ねると「鍋焼きうどん!」という返事が返ってきた。うどんに天ぷらは付かなかったけれど、おぼろ昆布とねぎ、竹輪、卵を乗っけた愛情たっぷりのおうどんを作って食べさせた。3か月もの間、放っててごめんね、でもこれからはまた傍にいてあげられるね、と心の中で声を掛けた。簡単に甘える子ではないが、親がいればいたで少しは頼ってくれるのかしら?などと思っているのだが…。私の考えはチト甘いかな?
f0146587_222829.jpg

とにかく3人子どもがいても一人一人強烈な個性を持っているので楽しめるものだなあ~♪

by beijaflorspbr | 2008-10-31 23:55 | 家族 | Trackback
2008年 10月 30日

JAL048便 ニューヨークJFK→サンパウロGuarulhos

先ほどサンパウロの自宅に無事到着しました。機内ではまたもや逞しさを発揮し、マイペースでぐっすり休み、ご飯もしっかり食べるなど復活しつつあります。というのは、ニューヨークまでは食欲もわかず、ひたすら気分の悪さに耐えるという状態でしたので。

ブラジルは今春爛漫です。気温は思ったよりも高めで湿気もありますが、明るい日差しが心地よく、「ああ、やっと我が家に帰って来たんだな~」と実感できました。いつものように遅れてきたトリオさんにちょっとムッ!としましたけどねっ!いつもと同じChacara Floraの緑と、また一回り大きくなったみそがちぎれんばかりに尻尾を振ってお出迎えです。今回はみそにボールのお土産もあるので、後で渡したいと思います。

さあ、少しだけ羽根を休めてまた始動します。長旅を見守ってくださった家族の皆さま、そしてお友達の皆さまありがとうございました。追って旅行記はゆっくりとしたためたいと思っております。
f0146587_12271492.jpg


by beijaflorspbr | 2008-10-30 23:19 | 飛行機 | Trackback | Comments(6)
2008年 10月 29日

さあ、いよいよ出発です!

思えば7月30日に帰国してから色々なことがありました。8月1日の花火大会は家族で楽しみました。しかし3日に叔父のKが突然倒れ、それからの日々は非常に厳しい毎日でした。結局最後まで責任を果たし、K家に寄り添い、この3か月を何とか過ごしてきました。この間に色々学んだことがありました。それは、人の誠意というものは通じるものだということです。Kを囲む家族の輪の中に入り、ある意味心地よささえ感じたのはひとえに優しいKの妻のNちゃんのお陰かと思っています。

先ほど、一緒に帰伯することになったすずめちゃんにNちゃんが優しい言葉をかけてくれました。「人間はね、失敗して失敗して前に進むんだよ。失敗しても躓いても恐れずに前に進めば必ず周りの人が助けてくれる。私だってそうやって前に進むことができたんだよ。失敗を恐れずにね!」と。これにはジーンときましたね。場所がら泣くわけにはいかなかったものの、夫を突然の病で亡くして這い上がってきたNちゃんだからこそ言える言葉なのかなと思いました。
f0146587_13135561.jpg

今回は色々あり過ぎて一言では言えませんが、◎人間は生きているのではなく生かされている◎人の優しさは大きな悲しみをも包み込む大きな力を持っている◎周りの方々のお陰で自分は生きていける

大きな人生の勉強をさせて頂いた3か月でした。仕事面でも自らに納得のいく良い結果が得られて何とも言えず満足感でいっぱいの日々でした。人生全力投球と仰ったのはどなただったか…全力投球をした日本を離れてすこ~~しだけ自分を甘やかしてあげたいと思っています。

昨晩は娘、ムスコとの貴重な時間を共有しました。家族っていいなあ、さりげない思いやりがとっても有難くて泣けてしまいそうな夜でした。ではあと5時間後に出発します。次はニューヨークからお便りできるのでしょうか?66番という座席番号に少し自信のないハチドリでした。では行ってまいります!と言っても今から4時間後に!!

by beijaflorspbr | 2008-10-29 13:23 | 飛行機 | Trackback | Comments(6)
2008年 10月 28日

飛騨路への旅「高山」

白川郷であまりにも居心地がよく長居してしまって残念ながら高山に着いた時はもう辺りは真っ暗でした。駅から少し離れた旅館を予約していた方は、送迎バスの時間が過ぎてしまったと焦っていましたが、私はラッキーなことに、駅から徒歩3分の「スパホテルアルピナ飛騨高山」を予約していました。このホテルは今年の9月9日にオープンしたばかりという新品のホテルでした。オープン記念キャンペーン!という文字が目にはいり(笑)6150円でした。禁煙ルームを予約しましたので、室内は実に清潔です。
f0146587_18595776.jpg

最低限の設備は整っています。無線LANもあるので、ビジネスにももってこいです。PCを持参しなかった私は、1000円でPCをレンタルしようかな、と思いましたがせっかくの休日なのでひたすらのんびりさせてもらうことにしました。
f0146587_191327.jpg

ホテルをチェックインしたのがもう7時を過ぎていました。日曜日なので「篤姫」を観なくては…と焦るばかり。ホテルロビーにあるアルポートシステムというので、お薦めのお食事処を検索でき、クーポンも出してくださるというので利用してみました。結局第一候補がフランス料理の店、第二候補が飛騨ステーキ専門店でした。商店街はもう閑散としています。
f0146587_1985270.jpg

第一候補は満席で断られたので、仕方なく第二候補の店へ。
f0146587_10221368.jpg

何故かお皿の上に直接手書きのドリンクメニューが置かれていました。「取り合えずビールを!」注文。良く歩きましたもんね…良く頑張りましたもんね…。
f0146587_10222796.jpg

あらら?なんだか違和感が…グラスが欠けていたのです。あ~ガッカリ…。しきりに厭な予感がします。私はディナーコースの一番「安い」5250円を注文。そのうちに他のテーブルにはジュウジュウと美味しそうなお肉が鉄板で供されます。ドキドキしながらもおとなしく「サツマイモのポタージュ」を頂きます。
f0146587_19133170.jpg

ひとりだと何となく間が持ちません。待つこと20分くらい、やっと待望のステーキが運ばれてきました。あれれ?鉄板じゃないのか。。。(;一_一)テンションが急激に下がってしまいました。こんなことならコースにしないで4000円のステーキだけを注文すれば良かった。
f0146587_19155751.jpg

今までにお肉は随分頂いてきましたが、このお肉は特別美味しいというわけでもなくてよけいにショック!ご飯とサラダが一気に運ばれてきました。
f0146587_10231772.jpg
 
髭を生やした貫禄あるシェフがお客さんの間を回りご挨拶…。でも私のところは何故か無視。何故なんだろう?一番安いコースだから?鉄板じゃないから?なんだかな~という悲しいディナーになってしまいました。こんなことなら、居酒屋で一杯ひっかけたら良かったなと後悔しきり。店の名前も忘れてしまいましたが、この市内では一流の老舗(建物はかなり老朽化していて掃除も行き届いていなかったが)のようでした。ホテルのクーポンを持っていたので「何が飲めるのですか?(ソフトドリンクが1杯無料と書いてあったため)」と訊ねると「ああ、それだったらコークかジンジャエールくらいですかね」「だったらジンジャエールをお願いします」「ああ、そうそうコーヒーも良いそうです」「じゃあ温かいコーヒーを」というまどろっこしいやりとりも煩わしいものでした。会計の時に、また驚いたのはレシートも領収書も言わないと出ないことでした。「領収書をください」とお願いすると、明細も何もない紙を渡されました。最後までちょっと何かが足りない店でした。今度店を選ぶ時は気をつけましょう。気を取り直して足早にホテルに戻り、篤姫を見る前にひと風呂、見てからもうひと風呂浴びて美味しい飛騨の地酒を飲みながら休みました。と言うよりもしらずしらずのうちにうたた寝をしていたようです。気が付いたらTVも電気も点いていました(^^ゞ

朝は6時に起床してまずは起きぬけの朝風呂へ。髪の毛が恐ろしいほど跳ねていたのでまずは洗髪、そしての~んびりお湯に浸かりました。至福の時でした。ここの温泉はなかなかのものでしたよ。身支度をして7時50分にチェックアウトし、徒歩3分の駅に行きました。
f0146587_21374715.jpg

朝はコンビニのサンドイッチを!最近おにぎりが胃にもたれるようになってしまいました。
f0146587_10243428.jpg
 
山の紅葉を愛でながら…。
f0146587_21412362.jpg

絶景が車窓から眺められるのです。おちおち寝ていられません。
f0146587_2142580.jpg

水の色が綺麗ですねえ。
f0146587_2143169.jpg

絶景です!
f0146587_2144209.jpg

景色見とれていると、あっという間に岐阜に到着しました。何故かこの駅から逆方向に走行するのでちょっと気持ち悪いです。
f0146587_21454296.jpg

約2時間半で名古屋駅に到着しました。身近に行ける地なのに、なかなか行く機会がありませんでした。今回一人旅ができて本当に良かったと思いました。日本らしい景色の連続に、感動しっぱなしの旅でした。また機会があったらのんびりと旅を楽しみたいなあと願っています。ありがとう白川郷、そして高山の優しい方々…。

by beijaflorspbr | 2008-10-28 19:32 | 日本国内旅行 | Trackback
2008年 10月 27日

一歩また一歩…。

今日、恐らく最後から2番目になるであろう胸部~腹部CT造影検査の結果を聞きに行ってきました。その結果は異常なし! 
f0146587_1552755.jpg

秋空を見上げながら「あともう少しだな…」などとひとり呟いてみました。来年の4月にもう一度同じ検査をしたら無罪放免となるようです。発症時から常に応援し、祈り続けてくださった家族、そして友だち、ブログを始めてからお知り合いになれた世界中の皆さま本当にありがとうございました。完治まであと半年です!

by beijaflorspbr | 2008-10-27 15:09 | 癌と闘う | Trackback | Comments(12)
2008年 10月 26日

飛騨路への旅「白川郷」の続き

合掌造りの村に入って既に1時間が経過していました。そろそろ家の中を見学してみましょうか。何年か前にNHKでこの家の葺き替えの模様が映し出された記憶が私にもありました。長瀬家は代々が医者の家系らしく、調度品も立派で整然と展示されていました。
f0146587_10314530.jpg

欄間や梁にも歴史の重みを感じさせられます。
f0146587_1032560.jpg

何となく懐かしい畳敷きの廊下。
f0146587_2326594.jpg

外はこんな光景が広がります。
f0146587_2327246.jpg

この家は3階建てで2階3階は使用人の部屋や道具置きになっています。
f0146587_2329972.jpg

釘を使わないで萱と藁だけで家全体を支えているそうです。すごいですねえ。
f0146587_23304030.jpg

こちらの「神田家」は休館日でした。大きな家です。
f0146587_2333446.jpg

何やら手作りの飾りを作っているところを発見。
f0146587_23464297.jpg

唐辛子を縄で繋いでいました。そう言えばどの家にもこれがぶら下がっていました。
f0146587_23472651.jpg

随分日が落ちてきました。秋の風情たっぷりです。
f0146587_2348378.jpg

軒先にはトウガラシや小豆が干してあります。
f0146587_10402423.jpg

可憐な花に心が和みます。
f0146587_10473067.jpg

車の上にお布団が干してあります。これも日常なのですよねえ。。。
f0146587_2354295.jpg

たくさんの外国人とすれ違いました。
f0146587_1041166.jpg

白川郷は結構広いので、散歩をしていてもきりがありません。そろそろ帰ろうかな?
f0146587_10411994.jpg

午後の柔らかい日差しが水面に反射して美しいこと。
f0146587_031123.jpg

民宿の軒先の風景。こんなところにのんびり泊まって寝っ転がってみたいものです。
f0146587_10474799.jpg

飛騨の地酒にも惹かれるし、牛串も美味しそうですが、バスの時間が…。
f0146587_10441537.jpg

もう一度であい橋を渡ります。
f0146587_093812.jpg

う~む、と唸ってしまうほど自然の前では人間は無力だなと思わされます。
f0146587_0103525.jpg

これから観光のガイジンさんたち
f0146587_0115067.jpg

近辺大渋滞で、20分ほど遅れてバスが到着しました。
f0146587_10443287.jpg

やっと乗ったと思ったら渋滞でちっとも進みません。
f0146587_0151383.jpg

さようなら白川郷の自然たちよ!次はできれば雪を被ったこの地を訪れたいと思いました。さぞや美しいことでしょうね。
f0146587_0155459.jpg

憧れていた日本の原点のような地を訪ねることができて本当に良かったです。ひとりで旅をしていると無性に誰かと話をしたくなってしまいました。でもたまには静けさの中に自らを置いてみるのも悪くはないな、と思った旅でもありました。結局バスは50分で着くところを1時間40分かかって高山駅に到着しました。次は高山のホテル、そして楽しみにしていた飛騨牛のステーキディナー編です。ここで少し残念なことが起こってしまうのですが、続きはまた明日。

by beijaflorspbr | 2008-10-26 23:58 | 日本国内旅行 | Trackback | Comments(8)
2008年 10月 25日

飛騨路への旅「白川郷」

白川郷は寒冷地のせいか、もう紅葉が始まっていました。サンパウロに帰る前にこうして紅葉狩りができたのは大変幸運なことでした。
f0146587_10103456.jpg

風情のある天然冷蔵庫。白川郷の水は澄んでいて冷たいのです。
f0146587_10113662.jpg

側溝の脇にも美しい花が…村全体が手入れが行き届いている感じがします。
f0146587_10131320.jpg

分かりやすい標識もあちこちに立て掛けられています。それにしてもツァー客の多いこと!外人さんグループも含めて驚くべき数でした。
f0146587_10144830.jpg

ハチドリ歩けば人間に当たる…人とぶつかってばかりでした、トホホ…。
f0146587_10552684.jpg

それでもめげずに季節の野花に励まされながら歩き続けます。
f0146587_10172516.jpg

お土産屋さんには何が置いてあるのでしょう。お土産を物色するのも旅の楽しみです。
f0146587_10554050.jpg

胡麻や塩煎餅、お饅頭などの定番土産に加えて手工芸品も多く見ていて楽しめました。
f0146587_10555442.jpg

竹製品には惹かれますが、荷物になりそうで…(*_*;
f0146587_10212578.jpg

この絵ハガキのような風景が世界中の人々を惹きつけるのでしょうか。
f0146587_1027178.jpg

明善寺です。
f0146587_1030772.jpg

人の波の中にも容赦なく車が突っ込んできます。危ない危ない。。。
f0146587_10561294.jpg

そろそろお腹が空いてきました。「ふるさと」という名前のひえ(稗)めしの店に入ってみましたが…。
f0146587_10563142.jpg

太鼓を叩いてください!ですって。
f0146587_10351917.jpg

生憎満席でした。。。それではもう少しお散歩を楽しみましょう。
f0146587_10362330.jpg

田んぼのあぜ道のようなところの脇に、大きな合掌造りの家が建っています。
f0146587_10593945.jpg

これらの合掌造りの家は、民家あり、民宿あり、飲食店ありなのですが、どこも統一された風情を醸し出していました。合掌庵、お茶室なのでしょうか。
f0146587_10422579.jpg

散策しているうちに美味しそうな(匂いのする)手打ち蕎麦の店を発見!「乃むら」
f0146587_1143363.jpg

すぐ横は民宿です。次回は白川郷に泊まるのも良いですね。娘と相談しましょう!
f0146587_1145095.jpg

順番を待っている間に周囲を観察。私たちは旅人でも、この地に住んでいる方々には日常の延長線上でしかないのだな、と洗濯物を見ていて思わされました。
f0146587_115594.jpg

40分ほど待ってそんなに広くない店内に案内されました。厨房の横では実際に蕎麦を打っていました。
f0146587_10521822.jpg

さあ、やっと私のお蕎麦がきました!盛り蕎麦(並)¥840なり待ち時間に反比例してあっと言う間に平らげてしまいました。トホホ…。腰があって驚くほど美味しいお蕎麦でございました!ご馳走さま。
f0146587_1054085.jpg

大満足で蕎麦屋さんを後にします。
f0146587_1056620.jpg

う~ん、ファッショナブルなかかしさんたち
f0146587_10564384.jpg

皆が何かを覗きこんでいます。なんだろう?
f0146587_10582848.jpg

澄んだ水の中で鯉や岩魚などが優雅に泳いでいました。
f0146587_1152410.jpg

昔の懐かしい風景がここではあちこちで見られるのです。
f0146587_11195.jpg

次は公開されている民家に入ってみましょうか。白川郷の旅、もう少しだけ続きます。

by beijaflorspbr | 2008-10-25 11:03 | 日本国内旅行 | Trackback | Comments(5)
2008年 10月 24日

飛騨路への旅

秋晴れのある日、少しだけ遠出をしてみました。まずは新幹線で名古屋へ…。
f0146587_2151136.jpg

好天気に恵まれたせいか、あちこちで団体客が行列を作っていました。
f0146587_11115832.jpg

私はレールパスを使っての旅なので、ゆっくり「ひかり」で旅行をしました。新大阪~名古屋~高山のコースで、目的地に到着するまで3時間半でした。
f0146587_11121184.jpg

飛騨古川行きですが、私は手前の高山で下車します。
f0146587_11122341.jpg

先頭は展望車になっていますが、人気があるらしくなかなか取れません。
f0146587_21555411.jpg

木曽川(愛知県)~飛騨川(岐阜県)と変化する景観は見事としか言いようがありません。
f0146587_21571116.jpg

思ったよりも川の流れは速いのです。
f0146587_21574648.jpg

名古屋を出発して2時間半、やっと高山駅に到着しました。
f0146587_21593176.jpg

思えば高山に旅をしたのは今から35年前のことでした。学校の旅行で高山・金沢を訪れたのです。帰りに大阪の実家に寄ってお土産を届けたのも良い思い出です。高山駅に到着後すぐに濃飛バスセンターで白川郷行きのチケットを購入します。片道2400円、往復は4300円でした。
f0146587_2223172.jpg

高山駅から白川郷まではバスで50分です。
f0146587_2235598.jpg

白川郷の近くに来てからがひどい渋滞で、停車位置まで20分くらいかかるのです。駐車場には既にたくさんの団体バスが停まっていました。
f0146587_2243839.jpg

素晴らしい景色です!
f0146587_11124984.jpg

やっと特徴のある合掌造りの家が見えてきました。
f0146587_2264321.jpg

総合案内「であいの館」です。
f0146587_2274451.jpg

狭い「であい橋」(吊り橋)を渡りましょう。
f0146587_1113572.jpg

澄んだ川の水、うっすらと色づいた山並み、これぞ日本の原風景といった風情です。
f0146587_11132357.jpg

右側通行、縦一列で渡りました。
f0146587_2211149.jpg

渡りきったところに鳥居があります。
f0146587_2236516.jpg

世界遺産に認定されてからは見学者が激増したとNHKでやっていましたが、確かに人また人の波に呑まれていきます。日曜日の観光地はどこもいっぱい、というのは覚悟の上でしたが、ここまでとは思いませんでした。
f0146587_22373346.jpg

さあ、負けずにじっくりと世界遺産の街、白川郷を見て回ることにしましょう。続きます。

by beijaflorspbr | 2008-10-24 22:40 | 日本国内旅行 | Trackback | Comments(10)
2008年 10月 23日

上海旅行記…上海博物館

上海博物館1952年12月国内外著名な中国古代博物館として建設され、1996年10月12日改装され高さ19.5メートル現在の形にいたる。開館以来12.3万余りの貴重な資料や骨董が収集され、青銅器、陶器、書画、玉器など21種に及ぶ。11の専門陳列館、3つの展示場、陳列面積は、12000平方メートル。
f0146587_23191178.jpg
生憎の曇天です。
f0146587_1124578.jpg
上海旅行の2日目は上海博物館に行きました。ここには名だたる陶器や書画などが展示されています。以前は20元と有料でしたが、私が行った日は何故か無料開放日で、長蛇の列に並ぶこと1時間以上、足が痛くなった頃にやっと中に入ることができました。中国はどこへ行っても行列です。黙って並んでくれると良いのですが、途中で唾を吐いたりするので、気になって気になって仕方がありませんでした。
f0146587_23225725.jpg
中は吹き抜けになっています。
f0146587_11253136.jpg
それでは私と一緒に展示物を観て回りましょうか。陶器好きにはたまらないほど魅力的なコレクションの数々です。
f0146587_11255190.jpg
一番気に入った書です。こんな字が書けたら良いなあ~PCに頼るようになってすっかり字を書かなくなった昨今、よけいに新鮮に見えます。
f0146587_1126835.jpg
上海もコスモスが咲き乱れていました。
f0146587_2337169.jpg
こうして展示物の写真を自由に残せるのは大変有難いことですね。時間に限りがあり、全部は見られなかったので、今度はゆっくり来てみたいと思います。

by beijaflorspbr | 2008-10-23 23:42 | 上海の街角から | Trackback
2008年 10月 22日

ある週末のこと

山の中にひっそり佇んでいるログハウス、若夫婦が切り盛りしています。
f0146587_16184973.jpg
名前は歩絵夢。
f0146587_1619281.jpg
この時期はコスモスが群生しています。ああ、色とりどりのコスモスが綺麗!
f0146587_16222089.jpg
12時ちょうどにお店に入ったら既に満席!テラス席でお料理の運ばれてくるのを待ちます。
f0146587_4302452.jpg
「今日のランチ」にはポタージュが、「洋風焼き肉丼」には大きな揚げの入った味噌汁付。
f0146587_4305030.jpg
洋風焼肉丼
f0146587_16285656.jpg
今日のランチ、ワンプレートに美しく盛られています。
f0146587_16293399.jpg
ご飯付きなのです。
f0146587_16301338.jpg
デザートに紅茶のシフォンを注文しました。
f0146587_16312376.jpg
皆で頼んだケーキを並べてみましょう。
f0146587_1632121.jpg
恵まれた自然と季節の花、美味しく心のこもったお料理。何より嬉しいのが静かに流れる時間でしょうか。
f0146587_4311166.jpg
ああ、日本っていいなあ~♪秋って美味しいなあ~~(笑)

by beijaflorspbr | 2008-10-22 16:41 | 日本の美味しいもの | Trackback | Comments(6)