ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2008年 06月 ( 35 )   > この月の画像一覧


2008年 06月 30日

赤ちゃん誕生

生後2週間のギリェルメくんと
f0146587_1056325.jpg

ヴィトーリアちゃん
f0146587_10592699.jpg

娘の大学時代のお友達に双子ちゃんが誕生しました。娘が巻き寿司とチョコレートを持って訪問しました。女の子はひたすらスヤスヤ…男の子が元気に起きていたのでパチパチと…表情豊かで可愛いこと!!
f0146587_43756.jpg

二人も一度に授かるなんて…何とラッキーなのでしょう!でも育てるのは大変!
f0146587_4372232.jpg

何よりもすっかり母親らしくなったお友達が眩しいほど美しくて…。
f0146587_4374092.jpg

それぞれのベッドで…何もかも二つずつ用意しなくてはなりません、まだ3時間おきに授乳をしなくてはならないので、夜中は看護師を雇っているそうです。
f0146587_438314.jpg

改めて思うのは、ガイジン(本当はこの国のガイジンは私たちなんですけどね!)の赤ちゃんって本当に目鼻立ちが整っていますよね。将来がとっても楽しみです!

by beijaflorspbr | 2008-06-30 11:13 | その他 | Trackback | Comments(11)
2008年 06月 29日

土曜日の巻き寿司

皆さま、毎日たくさんの方にお越し頂き、まことにありがとうございます!ここのところ、連日ページビューがかなりの数になっております。毎日こうして日々の暮らしぶりを綴ることで、例えば、今からサンパウロに赴任をするのに役立ったり、サンパウロ近辺在住の方への情報提供の場になったり、人生を自由に語る場であったりすることを嬉しく思っております。(写真はすずめちゃんから頂いたブログ1周年のプレゼントのチョコレート!)
f0146587_3442614.jpg

*中も写さなきゃ…と思いながらもうほとんどお腹の中です、美味しかったです! すずめちゃん本当にありがとうね~♪これからも時々は脱線してとんでもないことを書いたりするかもしれませんが、応援をよろしくお願いいたします。賑やかな応援、静かな応援、どちらも大歓迎!これからも楽しく盛り上げていけたらいいな、などと思っています。さて・・・前から義姉に所望をされていた「巻き寿司」を朝から作っておりました。中身が今イチですが、あるものを巻いてしまうのが家庭の味!今日の中身は、ホレンソウ・キュウリ・カニカマ・卵焼き・アボカド等などです。ご飯を最初に4合炊いたのですが、足りなくなったのでまた3合、都合7合も炊くことになるなんて!巻き寿司や稲荷寿司って結構ご飯がたくさん詰まるのですねえ。稲荷&巻きのコラボ(って大げさな…)
f0146587_2555181.jpg

こちらはお土産用です。あじゃ~(;一_一)ちゃんと巻けていない!
f0146587_2562761.jpg

この切れっぱしはハチドリかーちゃん用なのに、家族が競って食べちゃった。。。山からもいできたアボカドも入れて、カリフォルニアロール風もこしらえました。
f0146587_1357236.jpg
 
海苔はこだわりの築地の海苔を使用。これが最後の一袋です。心細いなあ~。これ30枚で1260円ですよ、とっても美味しい海苔です。
f0146587_13572936.jpg

ところで、こちらは時々頂く「ロボッコ寿司」というものです。その通り、「ロボット」が作るお寿司です。私のより良くできていますねえ~トホホ…。稲荷寿司などパンパンで2個くらいでお腹がいっぱいになってしまいます。
f0146587_384658.jpg

こちらは握り鮨の部。これもロボットちゃんの作品です。
f0146587_3113054.jpg

次はお弁当の部  R$30,00(約1900円)の仕出し弁当…ある会合で出されたもの
f0146587_31455.jpg

R$10,00(約630円)の仕出し弁当…先日の会議の時のお弁当
f0146587_3161173.jpg

お次は「パブ圭」の昼定食。面白いのが半分ずつ注文できること。半醤油ラーメン&半メンチカツ
f0146587_3175481.jpg

半味噌ラーメン&半メンチカツ
f0146587_3183789.jpg

ご覧のとおり、サンパウロに住んでいる限りは、日本とあまり変わらない生活を送ることができます。しかしながら、どう考えても一番美味しいのは家庭で作ったおうちごはんでしょう。ロボットが巻いたお寿司もそれなりに美味しいし美しいですが、やはりこのハチドリ特製の巻きずしには勝てませんでした。家庭料理バンザイ\(^o^)/

by beijaflorspbr | 2008-06-29 03:20 | おうちごはん | Trackback | Comments(25)
2008年 06月 28日

新車購入に付き合う

友達がひどいもらい事故に遭い、残念ながら車は全廃となってしまいました。怪我をしなかったのは幸いでした。そこで新しく自動車を買うために、家の近くの「ホンダ」の代理店にくっ付いて行きました。誰が買うにしても、新しい買い物、特に車などの大物の買い物は楽しいものです。ああでもない、こうでもないと迷っている時が一番楽しいのかも!?とりあえず友人は、
◎小回りの効くもの(サンパウロ市内の道は意外に狭いところが多い)
◎坂が多いので、モーターの比較的強いもの
◎メンテナンス・アフターケアーのしっかりしている店(メーカー)
◎盗難が多発する街なので、保険金の割安な車
◎あまり目立たない車(台数が多く狙われにくい車種)
◎マニュアル車
◎分割で無理なく支払えるもの
◎FLEX車
これだけの条件を満たす車として選んだのがホンダのFITでした。フィットはこちらでは「フィッチ」と呼ばれ、若者に大変人気があります。私の娘も去年購入し、この車に乗っています。友人はおばさんですが、一応気持ちだけは若いのでよしとしましょう!今こちらではインフレが収まり、通貨REALの価値が高くなり、人々が月賦で容易く車を購入できるようになりました。車を買うのも順番待ちという景気の良さ、当然車が品薄の状態です。特に人気の高いのがこちらで生産しているトヨタやホンダなどの日本車です。我が家はたまたま「ホンダ」に知り合いがいたので、「ホンダ車」ですが、トヨタでも良かったわけです。国産車のために、保険金も安いとはいえ、盗難の多い国なので、一月1万円くらいはかかります。ずらっと並んだ車
f0146587_1352737.jpg

お友達の選んだ車種(色は違いますが…)約R$51,000,00(約320万円)ブラジルは自動車税が約50%とべら棒に高いので、新車は目が飛び出るほど高いのです。輸入車になると、これに関税がかかるため、更に高価になります。途上国ですから、贅沢品にかけられる税金は驚くほど高いのです!自動車は贅沢品ではなく、実用品だと思うのですが…。こういった矛盾点はここに住んでいると良く感じることです。それでも街に出ると自動車が溢れていて、道路はいつも渋滞しています。お金持ちが多いのか多くないのか良く分からなくなってきました。新車には購入と同時にIPVAという自動車税も加算されますが、古くなった自動車(10年以上)にはこの税金は免除されるという矛盾点もあります。日本は、10年を過ぎると、車検も毎年で割高になるのに対して、こちらは無税になる…なんだか納得がいきません。古い車が立ち往生しているのを良く見かけますが、罰金はかからないのかしら?なにやらお尻の左側に字が入ってきます。「FLEX=フレックス]・・・つまり燃料はガソリンでもアルコール(バイオエタノール)でもOKという経済的な自動車です。今発売されている自動車はほとんどがこのフレックス車です。ブラジルはバイオエタノールの先駆者です。私もかれこれ20年以上前にアルコール車に乗っていましたっけ。世界中で騒がれている「バイオエタノール」が最も身近にあるのがブラジルと言えるでしょう。ブラジルのガソリン自給率は今のところ100%です。と威張ってはみても、ガソリン代はかなり高いと思います。
f0146587_13482439.jpg
 
ホンダ・アコード、これは輸入車なので高そうです。国産CIVICでも450万円くらいします!!!高い!残念ながら今のところオートマティック車にフレックスはありません。
f0146587_1349366.jpg

因みに、こちらでの自動車の種類は、トヨタ、ホンダ、日産、三菱、GM、フォード、フォルクスワーゲン、フィアット、ルノー、メルセデスベンツ、BMW、VOLVOなどがあります。購入にあたっての必要書類は、身分証明書(Identidade)、納税証明書番号(CPF)、現住所を証明する書類(電話・電気代など)、名義の書き換えなどは全て代理店でやってもらえます。最初の契約の際に、IPVAという自動車税を月割りで支払います。ブラジルでは、中古車の需要が高く、あまり値が下がらないのが一般的ですので、なるべく丁寧に乗って高く売るのがコツです。ともかく無事購入する車種が決まり、あとは交渉次第。ここからはベテラントリオさんの出番です。どれくらいの「おまけ」を付けてくれるか…値段はもう少し下がらないか…支払い方法はどうするか…など1時間以上交渉し、やっと購入にこぎつけました。全ての手続きが完了し、来週の火曜日には車はお友達の元に渡ることになりました。4日間で納車とはブラジルにしてはなんと奇跡的な早さなのでしょう!優良代理店を選べば、交渉は非常にスムースにいくお手本のようなケースでした。来週、一緒に車を受け取りに行くのがとっても楽しみです。購入契約と同時に、自分の好きなPLACA=ナンバープレートを選ぶことができます。サンパウロ市内は「Rodizio」という決まりがあり、月曜日は最後の番号が1と2、火曜日は3と4、水曜日は5と6、木曜日は7と8、金曜日は9と0。これに該当する車は、午前7時ー10時、午後5時ー8時までは市内の目抜き通りを一切走ることができません。見つかったら罰金を科せられます。自分の都合に合わせて、ナンバープレートを選ぶことができるのです。これもサンパウロならでは、我が家は夫が5で水曜日、娘が8で木曜日と2台で融通を利かせているのです。と言うわけで、新車購入顛末記でした。おめでとう~Hさん~~♪

by beijaflorspbr | 2008-06-28 10:43 | 友達 | Trackback | Comments(4)
2008年 06月 27日

ムスコに電話をする

久しく登場していなかった「あのムスコ」ここでは結構人気があるらしいが、何故かはわからない。グータラでだらしなく、変に甘えん坊で世の中を甘く見ているふざけたヤツなのだ。時々は私の生き方やブログの内容にまで首を突っ込み批判をしたりする、私も私だ、ムキになってそれに反論するのだ。我が家は家庭内暴力はない、しかし私がムスコに手をあげることはある。逆家庭内暴力だ…。困ったものだ…。しかし最近はヤツの背が伸びて、頭頂に手が届かなくなってしまい断念。それと昔から逃げ脚が早く、追いつけないのも原因で断念。口撃が次第に多くなる。こうして地球の裏と表(どちらが裏でどちらが表なんてどうでもいいことだ)に分かれて生活をしていると、遠く離れているムスコが妙に愛しくなるのものだ。

そして今日はヤツの誕生日だった。とっくに独立している年齢ではあるが、挫折をし今また新しい道を選択し、日々新しい分野を学ぶ毎日を送っている。先ほど電話をしてみた…。大爆音!!「ドンチャカドンチャカ~~♪」(ロックの大音響)「何してるん?」「今Bar」「誕生日おめでとう」「はい、はいありがとうございます!」「お前のかーちゃんだよ!」「あ・・・はい…あ!そうか」「分かる?誰か…」「うん、分った、あのさあ~かーちゃん、本当に悪いんだけど…」「お金?」「うん、5000円くらいでいいんだけど貸してくれる?」(我が家では自分の経費は自分で何とかする方針)「ああ、いいよ。誕生祝いに1万円贈ってあげるわ」「え?本当にいいの?あのさあ、オレちゃんと毎日学校に行ってるよ」「当たり前だろ!じゃあね忙しそうだから切るよ」多分自分のご褒美か、友達に誘われて呑みにいったのかな?何だか嵐のような会話だったけど、無事元気にしかも楽しそうにしていて本当に良かった。たまには電話でもしてやるか~♪やはりムスコはとてつもなくカワイイ存在だ!親バカハチドリ…自覚済み(*^^)v

by beijaflorspbr | 2008-06-27 20:16 | 家族 | Trackback | Comments(23)
2008年 06月 27日

「らーめん和」オープン!!

Liberdade地区、Tomaz Gonzaga通りに、新しくオープンした「らーめん和」のオープニングパーティーに行ってまいりました。この店は、Linerdade東洋人街のど真ん中にあり、大変便利な場所にあります。輸入品を扱う「大和」と仕出し弁当やさんの「ビストロ和」そして日本のみそラーメンの大手チェーンの「トライ」のコラボレーションで生まれたラーメン屋さんです。
f0146587_3484447.jpg

あ、あら・・・・美味しそうな飲み物がすらっと並んでいるではありませぬか~♪
f0146587_3502731.jpg

お店の方もお忙しそうでした。熱気が伝わってきます。
f0146587_5415212.jpg

良い子はまず手を洗います!お手洗いもとっても綺麗です!
f0146587_542272.jpg

とりあえず、水代りのビールと日本酒を確保&おつまみも…。
f0146587_5421571.jpg

おつまみはひとつひとつ手作りでとっても美味しゅうございました!
f0146587_40031.jpg

支配人のマウリシオさん。日本に2か月研修に行かれたそうです。
f0146587_5422942.jpg

とってもチャーミングな女性スタッフ
f0146587_5424490.jpg

長い長いご挨拶…誰ですか、挨拶を聞きながら柿の種をポリポリ食べているのは!
f0146587_543052.jpg

結構お話が楽しくて聞き入ってしまいました、さあ、スタッフの方の動きが慌ただしくなってきました。そろそろラーメンが出るようです。楽しみ~♪今日はオープンの日なので、醤油ラーメンとみそラーメンの二種類です。
f0146587_4192272.jpg

やっと私たちの番がやってきました!みそラーメン
f0146587_42087.jpg

しょうゆラーメン
f0146587_4204437.jpg

材料は日本からの輸入品で、当然日本と変わらぬ美味しさです。私は幼い頃栄養失調で、唯一食べられるのがラーメンでした。2歳か3歳のころ毎日家を抜け出して近所のラーメン屋さんに通い詰めていたそうです。私の血や肉の一部にはきっとラーメンが含まれているやもしれず、ラーメンを食べるとぽわ~~んと体が暖かくなり幸せになるのです。って誰でもそうでしたっけ?ふふふ…。ともかく、1杯と半ちゃんを軽く頂き、主宰者にお礼を申し上げてここを後にしました。いつも一緒にビールを飲むお友達S女史が司会を担当、いつもバタバタしている彼女が和服のせいか、妙に色っぽく見えました。馬子にも衣装かしらん?(笑)
f0146587_13382826.jpg

ご馳走さまでした! 

by beijaflorspbr | 2008-06-27 04:28 | サンパウロのレストラン | Trackback | Comments(8)
2008年 06月 26日

サンパウロ移民100年祭(サンボードロモ)…最後

随分長く引っ張ってしまって申し訳ありません。今日で最後ですので、もう少しだけお付き合いをお願いいたします。皇太子殿下もご帰国の途につかれたというのに、私は未だ終わっておりません。さて、今回の大会、2つのトレード(シンボル)マークがありました。お馴染みのこのマークと、「チカラ」と「ケイカ」です。ブラジルの人気漫画家が作成。「チカラ」が移民の物語を語ります。
f0146587_15421157.jpg

もう一度盆踊り隊が出てきました。
f0146587_5344994.jpg

先ほどの白い体操服のコーラス隊が真中を開けて両サイドにずらっと並びました。
f0146587_5362744.jpg

「チカラ」による移民の開拓時代のお話が始まります。みんなしんみりしてモニターに見入っていました。開拓当時、奥地を切り開き、コーヒーコロノから自作農に代わっていく移民もたくさんいました。そんな頃に戦争が起こり、移民の「たくさん稼いで日本に錦を飾る」という夢が打ち砕かれ、次第にブラジルに同化し、発展していくというお話でした。今や日系人の働きなしでは考えられない分野は多いのです。
f0146587_15464390.jpg

背の高い人形が出てきました。
f0146587_552267.jpg

芸者風の人たち、日本人=芸者というイメージは変わらないようです。
f0146587_5532511.jpg

エスコーラ・デ・サンバ「ヴィラ・マリア」のデスフィーレ(行進)が始まりました。
f0146587_5541267.jpg

船は「笠戸丸」を表しているのでしょうか。
f0146587_5555167.jpg

大仏さま!?
f0146587_5564556.jpg

これは教育を表しています。山車の上にはお医者さんや博士が乗っています。日系人は優秀だとの評判だからでしょう。
f0146587_5575242.jpg

移民たちの開拓小屋のようです。
f0146587_621986.jpg

デカイ人形たち…お相撲さんのイメージなのかな?
f0146587_60690.jpg

メストレサーラ&ポルタバンデイラ(このチームの象徴です)
f0146587_61362.jpg

パレードが続く中、花火が盛大に上がり始めました。どちらを見れば良いのやら…上を見たり下を見たりで忙しい…でも気分は高揚します!いよいよフィナーレです。
f0146587_1551531.jpg

私はカーニバルの行進の中でこのバテリア(ドラム隊)が一番好き!お腹に響くリズミカルな音が素晴らしいのです。何故か阿波踊りの方たちとコラボしています。
f0146587_1552102.jpg

やっと終わったのが夜の8時過ぎ、何と楽しいショーだったことでしょう。ついつい乗せられて!?最後まで粘ってしまいました。アニェンビーから娘のお友達の高級車に乗せて頂き、ちょっとお洒落なMoemaのピッツァバー「La Gloria」で食事をしました。まずはこれで乾杯!2杯飲んでやっと落ち着くハチドリ。。。
f0146587_6171338.jpg

なかなか素敵なお店ですが、混んでいて30分待たされました。お腹空いた~(;一_一)
f0146587_1555396.jpg

・・・と言っていたらおつまみが出ました(もちろんお金は取られます)。シャリシャリしていて美味しい~♪
f0146587_620108.jpg

Pizzaが来ました!お腹が空いていて画像がボケました。。。
f0146587_15555820.jpg

楽しかった一日に感謝!長い間、お付き合い頂きありがとうございました。やっと移民関連行事が終わりました。次は101年102年…200年と歳月を重ねていくごとに、益々日系人の信用度を強固なものにしていけると良いですね。私がこのサンパウロに住んで31年目になりますが、今まで一度もバカにされたり嫌な思いをしたことがないのは、先達の移民の方々が真面目に地道に働いてこられたご努力の賜物だと思います。この歴史を受け継ぎ伝えていくのが私たちの役目だと改めて思わされました。それと、皇太子殿下がわざわざ日本から来られて、色々な慣習を破られ、気さくに人々と触れ合い、とても良い印象をブラジルの人々に植え付けてくださったことに感謝します。普通の人だったらとても耐えられないと思えるハードスケジュールにも文句ひとつ言わず、機嫌の悪い顔や疲れた顔一つせず、いつもニコニコ笑っていた皇太子殿下はやはり素晴らしいなあと皇室びいきではない私も感心してしまいました。これからも健康にご留意され、皇室外交を広く世界に広められますように、できれば伴侶の雅子さまもご一緒に!もちろんこんなメッセージを発しても、皇室の方には届かないかもしれませんが、この南米で静かに見守っている「日本国民」がいることをお忘れなく!心からの応援をいたします。ということで、100周年のレポートを終わらせて頂きます。

by beijaflorspbr | 2008-06-26 05:49 | 移民&日系人 | Trackback | Comments(11)
2008年 06月 25日

サンパウロ移民100年祭(サンボードロモ)…その4及びブログ開設1周年

宴もたけなわ、既に午後6時になった頃、どこからこんな人たちが出てきたんだろう?と言うくらいすごい人があちこちから手を繋ぎながら入場してきました。
f0146587_616453.jpg

サンパウロ州立交響楽団、OSESPによる生演奏で「サクラ」と「アクアレラ・ド・ブラジル」の大合唱でした。3400人の大合唱です。日系人に交じってブラジル人の方も多く、皆が楽しそうに歌う様に感動しました。
f0146587_1612626.jpg

出場者も観客も一体となって楽しんでいます。まさに老若男女…会場の人も一緒になって歌いノリノリでした…。
f0146587_1614446.jpg
 
う~ん、まいりました、寒いし疲れたからそろそろ帰りたいと思うのですが、なかなか席を立てない雰囲気です。こうなったら最後の花火まで粘ることにしましょう!やんやの喝采に送られて整然と退場するコーラス隊。この2曲を歌うために1時間以上前から待機していました。頭が下がります。
f0146587_6303992.jpg

お次は、百周年の歌「海を渡って百周年」の踊りです。何故かユニフォームが空手着!?
f0146587_1672330.jpg

沖縄の踊りや…鳥取のしゃんしゃん傘踊りがありました。
f0146587_1675631.jpg

次は和太鼓です。これも凄い人数で大変迫力がありました。
f0146587_1682628.jpg

ここで皇太子殿下が退場されます。まあ何と二時間もいらっしゃったのですね。ここからサンパウロ州知事主宰の夕食会に向かわれます。何と精力的。何度も言いますが、こんな無茶苦茶なスケジュールでは雅子さまは耐えられません。後ろの着物姿の女性は、在サンパウロ総領事夫人です。紅一点花を添えています。
f0146587_6403122.jpg

もう辺りはすっかり暗くなりました。ここからはカーニバル、サンバチーム「ヴィラ・マリア」の登場です。
f0146587_6422443.jpg

次に続きます…。

ところで今日でブログを始めて一年になりました。この一年間、ここにお見えになった方の数は80000人を超えました。ビッグブロガーならぬ、スモールブロガーとしてこれからも精進します。皆さまの温かいご声援に支えられてとても充実した一年を送ることができたような気がします。これからも日々感じたことをそのままお伝えして行けたらいいな、と願っています。肩ひじ張らず、気楽に楽しくを目標にボチボチ頑張ります。今後とも応援をよろしくお願いいたします!皆さま本当にありがとうございます! 

by beijaflorspbr | 2008-06-25 06:49 | 移民&日系人 | Trackback | Comments(19)
2008年 06月 24日

サンパウロ移民100年祭(サンボードロモ)…その3

前の項は皇太子殿下が登場されたところで切れてしまってすみませんでした。
f0146587_22473782.jpg

かなりの至近距離ですが、残念ながら皇太子殿下は右側にお座りでした(T_T)
f0146587_22514517.jpg

連邦警察の護衛車に護られながらゆっくりと会場を一巡されました。この日は午前中にサントスご訪問があったのに、お元気そうです。
f0146587_1623455.jpg

ここからはモニターの画像です。おお、やっとアップに…。笑顔で手を振られています。儀仗隊が直立不動する中、車を降りて軍隊や市長と挨拶を交わされました。
f0146587_16243095.jpg

カサビサンパウロ市長とともに
f0146587_2321718.jpg

とてもカッコイイ軍警アカデミーの生徒たち。今年の4月に移民が出発した神戸から受け継がれた「友情の灯」の点火行事です。最後は1世のご夫婦がお孫さんを伴って点火されました、この優太くんは日系6世です。
f0146587_1625791.jpg

空軍機が2回も会場の空を突きぬけて行きました。
f0146587_16254283.jpg

速いっ!!
f0146587_675512.jpg

全員起立して国歌斉唱。ブラジル国歌と君が代です。胸が熱くなりました。
f0146587_23224754.jpg

皇太子殿下の「日伯の架け橋になってください」というご挨拶です。最後にMuito Obrigado!となかなか流暢なポルトガル語で締めくくられやんやの喝采。
f0146587_16262510.jpg

だんだん空が暗くなってきました。
f0146587_2328456.jpg

海上自衛隊練習艦隊「かしま」の隊員たちの行進です。美しい!
f0146587_16265785.jpg

雨が上がり、夕日が美しいです。
f0146587_2331053.jpg

お次はブラジルの軍警アカデミーの生徒達の行進です。足が長くてカッコイイ!!将来の幹部を育てる学校だそうです。
f0146587_16271397.jpg

騎馬隊、Nove de Julhoです。正式な式典の時は必ず登場します。
f0146587_16272995.jpg

むむむ…何やら白い体操服を着た集団がわんさかわんさか出てきました。両手には日伯の旗、何が始まるのでしょうか!?
f0146587_23372837.jpg

ここでまた中断、後の項に続きます。午後1時ー8時の長丁場です。気長にお付き合いをお願いいたします。

by beijaflorspbr | 2008-06-24 23:57 | 移民&日系人 | Trackback | Comments(2)
2008年 06月 23日

サンパウロ移民100年祭(サンボードロモ)…その2

雨は時おりパラつくものの、傘をさすような激しい雨はおさまったようです。イベントはまだまだ続きます。外にも売店があり、美味しそうなシュラスコを焼く匂いにそそられますが、1本R$4,00(約250円)という高値に我慢!だってこの値段ってお肉500グラムのお値段に匹敵、主婦は買えません(--〆)とっても楽しいのが物売りのおにーさんたち。ニコニコと笑顔で売りに来るので買いたくなってしまいますが、おまんじゅうもR$10,00と店の倍はやっぱり買えません。洋風弁当まで売りにきました。中身をそっと覗いてみると、パラパラ油ご飯にフェイジョン豆そしてスパゲティーに煮野菜というメニューでした。食べられそうもないのでこれもパス!と言うわけで選んだのは無難なホットドック、これはソーセージ2本入りの上にBatata Palhaと言われるフライドポテトが山ほど乗っかっているものです。このフライドポテト、一口口に含むたびにバラッバラッっと落ちます。雨で地面が濡れていて拾えないのでお掃除のおばちゃん、ごめんなさい…という感じです。
f0146587_2325219.jpg

ユニークな売り子さんたち。お客さんとのやり取りがとっても楽しいのです。
f0146587_1650231.jpg
 
まだまだ出しものは序ノ口のようで、剣道・長刀・居合、そして盆踊りと続きます。
f0146587_16502053.jpg
 
地味な盆踊り(炭坑節&ソーラン節)の次は何やら賑やかな民謡団、振袖を着た綺麗どころ!?と楽しみにしていたら・・・
f0146587_23314724.jpg

なにやら「元」綺麗どころ…といった風情でした。着物はとっても綺麗でした!^_^;お次は「和太鼓」グループが通過、これは迫力があり素晴らしかったです。
f0146587_16505350.jpg
 
沖縄太鼓、かなりの数です。パワーあふれる音に感動しました。
f0146587_2342473.jpg

やっと晴れ間が出て雨もあがった頃…軍警の儀仗隊が静々と入ってきました。いよいよ皇太子殿下が来られるのでしょうか…整列完了です!
f0146587_23501346.jpg

あああーーーーーーーーっ、私たちの「出口」付近から車列が静かに入ってきました。
f0146587_23515640.jpg

前後をPolicia Federal(連邦警察)の護衛車に守られています。ドキドキしてきました!
f0146587_2352312.jpg

もうちょっとアップ。皇太子殿下はまん中のグレーのベンツ(右側)に乗っています。
f0146587_23535518.jpg

大変良いところまできましたが、残念ながら出かける時間となりましたので、続編は後ほど書かせて頂きます。すみません~

by beijaflorspbr | 2008-06-23 23:58 | 移民&日系人 | Trackback | Comments(11)
2008年 06月 23日

祈り・・・

ここ何年かずっと応援しているみづきさん。もちろんお会いしたことはありません。「みづきの末期直腸ガンからの復活の記録」を書いているブログ主です。

ブログを見て頂くと分りますが、彼女は私が患った同じ癌に罹って3年間ほど過酷な闘病生活を続けていらっしゃいます。まだ38歳です。ほとんど毎日、自分の家族のようにして大切に読み進んできたブログです。その聡明で明快な無駄のない素晴らしい文章に魅了されていました。末期癌と闘いながらも、世の中のこと、人とのふれあいを通して感じたこと、そしてお見舞い品の感想を丁寧に書く方でした。日々のブログを通して、生きることの厳しさ、辛さ、そして本当の意味を教えてくださる方でもありました。かなり最近まで自らの手でキーボードを打つことができ、安心していた矢先に脳転移してしまい、ここ数日でまるで坂道を転がるように病状が悪化していきました。今更ながら「がん」という病気の恐ろしさに愕然とします。今までも何度か入退院を繰り返すうちに、何度も復活されていましたので、きっと今回も元気になってお散歩を楽しめるくらいになられると良いなと願っていました。しかし、今朝未明から意識不明になってしまいました。今はみづきさん目が覚めることをひたすらお祈りしたいと思います。癌は発見が遅れると手が付けられないほど暴れまくります。このブログを読んでいる皆さま、ちょっとした体調不良を決して見逃さないでください。そして定期健診を必ず受けてください。私は自覚症状の全くないまま定期健診で、直腸がんが見つかりました。しかも早期発見だったので、抗がん剤治療を受けることもなく元気でピンピンしています。どうかどうかこれ以上悲しむ人が出ることがありませんように。そして癌に負ける人が出ませんように!癌という病気は誰でもが罹りうる恐ろしい病気だということを決して忘れないでください。みづきさんのブログからは色々なメッセージが読み取ることができます。みづきさん、心よりご快癒を祈ります!ご家族のためにもう一度目を開けてください!お願いします。
f0146587_12572921.jpg


by beijaflorspbr | 2008-06-23 12:52 | 人生 | Trackback