カテゴリ:ブラジル国内旅行( 21 )


2014年 09月 14日

Atibaia陶芸の里「泉窯」陶芸体験

いよいよ師匠のデモンストレーションが始まりました。手をしっかり濡らして土を上へ上へと塔のように細くしていきます。
f0146587_22502423.jpg
上からむぎゅーっと圧力をかけるようにして小さくなったと思いきや
f0146587_22520133.jpg
またひょろっと上に伸ばしたと思ったら今度はあっという間にお皿の形に!
f0146587_22545250.jpg
「すごーい、うまーい(当たり前か…)」などの歓声を挙げつつ見ていると、お皿ではなくこんなのに変身しています。
f0146587_22573922.jpg
あーもう目が釘付け!(@_@;)わわわ・・・あっという間に器が完成しちゃっている!
f0146587_22594552.jpg
目分量なのに、ぴったりの大きさの蓋まで作っちゃって…泉先生ただもんじゃあありません。
f0146587_23015354.jpg
チョコンと先ほど作った器に乗っけたらまあ何とピッタリではないですか!一同感激~♪
f0146587_23024796.jpg
次は3人でいよいよトライしてみました。ともちゃんご夫妻も真剣そのもの。
f0146587_23055167.jpg
で、結論から言えば、ともちゃん父さんと私は整形ならず失敗(ー_ー)!!辛うじてともちゃんだけが成功しました(グスン)
f0146587_23063165.jpg
うまくいかなかった我々に同情した泉先生ご夫妻が、「板状になったのに絵を描いてみたら?」と勧めてくれて書いたのがこれ。絵心がないので、字だけを書いてみた!の図
f0146587_23084800.jpg
いやはや・・・陶芸は難しい。どんどん無くなって行く土と大奮闘した結果、成形すらできずという残念な結果に終わってしまいました。才能なーーい。これからも私「買う人」でいきますっ!(^_^)/
f0146587_23134206.jpg
大好きな陶器に一日触れ、幸せな時間を堪能させて頂けました。陶芸体験は随時受け付けておられるそうですので、如何ですか?もちろん展示品を購入することも出来ます。「泉窯」はサンパウロ市内から約1時間半くらいで行くことができます。
f0146587_23182585.jpg
「泉窯」泉 修悟(いずみしゅうご)さんの工房
Rua Jose Pires de Oliveira,426 Bairro do Tanque Atibaia
TEL: (11)4416-1113

サンパウロに送って頂いた車の中から見た夕陽に感動しました!
f0146587_23210528.jpg
是非またアチバイアの泉窯を訪れてみたいと思いました。泉先生、奥さまのHちゃん、心温まるおもてなしをありがとうございました!泉窯さんで頂いた素焼きの匂い消しは重宝しそうです!ありがとうございました。
f0146587_23235970.jpg
可愛い花瓶も使わせて頂きますね。生活を彩る陶器は温かい手のぬくもりを感じます。
f0146587_23244823.jpg
それと、ともちゃんがプレゼントしてくださった大きな器はこれからお料理を盛った状態でご紹介させて頂こうと思います。楽しみ~♪


by beijaflorspbr | 2014-09-14 23:25 | ブラジル国内旅行 | Trackback
2014年 09月 13日

Atibaia陶芸の里「泉窯」滋養溢れるお昼ごはん

一通り作品を見せて頂いた後は、Hちゃんお手製の心尽くしのお昼ごはんを頂きました。滋養溢れるごはんに元気が出ました。
f0146587_23264924.jpg
器って本当に大事。我が家のように簡便なコレールを使っているのがちょっと恥ずかしくなりました(#^.^#)お漬物もぬか漬けや塩漬けや酢漬けで美味しかったぁ~♪
f0146587_23292487.jpg
大変美味しく頂きました、Hちゃんありがとう!Hちゃんはこの地で5人の子育てをした肝っ玉母さんです。逞しいな~(^_^)/
f0146587_23312076.jpg
美味しいご飯の後は外に出て畑を見せて頂きました。創意工夫をされて野菜を育てておられました。
f0146587_23350476.jpg
それにしてもお天気に恵まれました!蒼い空が眩しいほど…。
f0146587_23361036.jpg
何と、桜も咲いていたんですよ。桜大好きな私はハッピー~♪
f0146587_23365139.jpg
さて、そろそろ工房で陶芸体験をさせて頂こうという話になりました。立派な登り窯は、泉さんの手作りだそうです。
f0146587_23380075.jpg
轆轤の上に土が置かれました!
f0146587_23395884.jpg
さあ、まずは先生のデモンストレーションから。続きは明日また。


by beijaflorspbr | 2014-09-13 23:41 | ブラジル国内旅行 | Trackback
2014年 09月 12日

Atibaia陶芸の里・・・泉窯へ

ともちゃんが今回の旅の目的として「どうしても行きたいところがあるから一日空けておいて!」と頼まれた日は、到着日の翌日でした。何しろ実質の滞在日が4日しかなくてまあ忙しいの何のって…。どうしても皆高齢者なので、朝起きるのは早い!朝食後、早速みそをお散歩に連れ出してくれました。午前10時過ぎに、アチバイアからのお迎えの車が到着。私は行かないつもりで普段着(ほぼ寝間着)でウロウロしていると、陶芸家・泉修悟さんの奥さまのHちゃんが「ハチドリさんも一緒に行かれませんか?一日陶芸体験が出来ますよ!」と誘ってくださいました。トリオさんは使用人が働く貴重な一日なので行けませんが、私はフリー~♪喜び勇んで付いて行くことにしました。寝間着を着替えるのに手間取ってお待たせしてしまいました、すみません!アチバイアはサンパウロから距離数にして70キロ弱ですが、高速を飛ばしても1時間半は掛かります。久々の遠方へのドライブは心が躍ります。土曜日の午前中というのに酷い渋滞に引っかかりました。
f0146587_23391976.jpg
昔、アチバイア市の手前のマイリポランという街にステキな別荘を持っている友人がいて、ほぼ毎週遊びに行っていたことがあり、この山の景色はとても懐かしく感じました。最後に行った時に、トリオさんと娘のエルが乗っていた車が事故を起こし、車を廃車にしなければならないほどの事故だったのにも関わらず、かすり傷程度で済んだこともありましたっけ。私は他の子どもの具合が悪く、家で留守番をしていました。当時は携帯電話もないので、遅くまで帰って来ない二人を心配して胸がドキドキしていたのを昨日のように思い出していました。車はそのまま保険会社が廃車手続きをして、翌週には新車が届きました。そんなこともあり、自然に足が遠のいてしまいました。もうあれからかなりの年月が経ってしまいました。そんなことを思い出しているうちに「泉窯」に到着。
f0146587_23350459.jpg
立派な登り窯がありました。
f0146587_23372527.jpg
たくさんの力作が並んでいます。こちらは壺
f0146587_23400177.jpg
シーサーもあります。こちらは息子さんの作品だそうです。
f0146587_23405114.jpg
このお皿とても気に入りました!一枚一枚が手作り感いっぱいで温かみを感じる作品でした。
f0146587_23420155.jpg
こちらにも、未だ焼きを待っている状態
f0146587_23431743.jpg
同じ形に作ることが如何に難しいか身に染みたのはもっと後ですが・・・(笑)
f0146587_23441731.jpg
おお、こっちは小鉢ですね。
f0146587_23452590.jpg
こちらは、安いお酒を入れても、円やかな味に変わってしまうという不思議な器。
f0146587_23463512.jpg
ニッケイ新聞で、泉さんのことが書かかれた過去記事を発見しました。 「ー酒が旨くなるトックリも」陶芸好きにはたまらない空間
f0146587_23505781.jpg
この記事もう少し続きます…。


by beijaflorspbr | 2014-09-12 23:51 | ブラジル国内旅行 | Trackback
2014年 09月 10日

リオ・デ・ジャネイロ---イパネマ海岸の夜明け

f0146587_23275859.jpg
イパネマ海岸で迎える久々の日の出、感動しました。
静かな波の音を聴きながらぼーっとするひとり時間~♪
(少々疲れておりますので、後日ゆっくり旅行記を始めさせて頂こうと思います)


by beijaflorspbr | 2014-09-10 23:36 | ブラジル国内旅行 | Trackback
2014年 09月 09日

リオに来ています!

ずっと楽しみにしていたリオデジャネイロに、ともちゃんご夫妻と共に観光に来ました。イパネマに宿泊しています。先ほどご来光を拝みに海岸線でお散歩。長年の運動不足が祟って、ハワイアナスを履いた足がなかなか前に進みませぬ>_<でも負けないで「なんちゃってカリオカ」を目指します!リオは朝6時の段階で20℃、晴天!心地良い風が当たり気持ち良いのなんのって、、、。まさに命の洗濯。
f0146587_13121052.jpg
それにしても、同じブラジルとはいえサンパウロとリオは明らかに大きく違いました。私がほぼ毎月リオに住むお友達のところに遊びに来ていた20数年前よりも観光施設が充実し、タクシーも増えていました。昔はボッタクリタクシーがウヨウヨしていて恐々乗っていましたが、今は比較的安心して乗ることが出来ます。観光施設も隅々まで整備され、お手洗いなども綺麗であちこちに設置されていました。コルコバードとポンデアスーカルは前もってインターネットで予約購入を済ませておきましたので、入場も待ち時間ゼロでした。ポルトガル語があまり分からなかった時期と良く理解出来るようになった時期でも街の印象はグッと変わってきます。自分自身のブラジル在住歴と照らし合わせても興味深いものがありました。たまには国内旅行も良いものですね!続報はまた後日させて頂くことにして、まずは朝食を頂きに行ってきます。

by beijaflorspbr | 2014-09-09 19:03 | ブラジル国内旅行 | Trackback
2014年 07月 22日

Campos do Jordão 日帰り旅⑤急いでサンパウロへ帰る

昨日抜けていましたが、午前中にこんなところにも寄ってみました。名前は失念…すみません。
f0146587_23083149.jpg
自然の岩山を生かした「ブラジルカラー」の不思議な滝
f0146587_23093706.jpg
高低差も奥行きもたっぷりあり、一日中遊べそうなところでしたよ!
f0146587_23103394.jpg
お友達はこのお店でブラジル独特の甘いお菓子を購入されました。自宅に戻り、常温で置いておいたら、蟻さんがわんさか・・・(ー_ー)!!甘いものは冷蔵庫保存をお勧めします!
f0146587_23120509.jpg
さあ、楽しかったCampos do Jordãoの旅もおしまい、ひたすらサンパウロに向かいましょう。
f0146587_23144874.jpg
この日は午後4時からワールドカップ一次リーグ、ブラジルーメキシコ戦の日でした。
f0146587_23160450.jpg
最後のCampos do Jordão街並みを楽しみつつ高速方面へ…。
f0146587_23175488.jpg
さようなら、またね!今年に入って2度目のCampos do Jordão旅、一度目は娘たちと、二度目はお友達ご夫妻とだったのですが十分堪能できました!
f0146587_23190743.jpg
うっすらと咲く桜並木を通り、山を下ります。
f0146587_23200729.jpg
道路がとても良いのと、空いているので気持ちが良いドライブを楽しめました。
f0146587_23222358.jpg
どこまでも続くブラジルの高速道路・・・
f0146587_23234235.jpg
Dutraの辺りに来て変なことに気付きました。こちらは非常に空いているのに向こう側はすごい車列で渋滞しています。この渋滞は延々と続きました。
f0146587_23242680.jpg
Tiradentes通りまではとても空いていたのに…
f0146587_23261812.jpg
メインの23 de Maio通りはこーーんなに渋滞しています(^_^;)
f0146587_23280056.jpg
大手テレビ局Globoのお姉さんが渋滞情報を生放送で流していたようでした、トホホ…。この日は4時の試合開始に合わせて、全ての会社は午後1時まで仕事をし、一斉に移動をし始めた結果大渋滞になったとのことでした。この日以降、ブラジルの試合が行われる日と、イタケロン(サンパウロスタジアム)で試合がある日は、Rodizio(輪番制の自動車通行規制制度)に該当する車は、朝7時から午後8時まで市内目抜き通りを走ることが出来なくなってしまいました。また、この日はサッカーの神様ペレも「生まれて初めて車中で試合を観たよ!」とコメントしていたほどの記録的な渋滞でした。
f0146587_23291926.jpg
この時点で15時59分、1分じゃ家に帰れませぬ!(-_-;)諦めてカーラジオで中継を聴きました。結局は1-1の同点でした。
f0146587_23344963.jpg
ま、今となってはとても懐かしいワールドカップ狂想曲~♪サッカーにかけるブラジル国民の情熱は半端なもんではありません。ただ、準決勝と3位決定戦の大敗で今後のセレソンがどんな方向に向いていくのか、誰もが不安を抱える中、今日の午前11時に元監督を務めたドゥンガ(1994年優勝チームのキャプテン)が新監督に選ばれました。評判は!?我が家では↓ですが、どうなりますことやら。。。国民総監督のブラジルも当分の間かまびすしい日々が続くでしょう。あーしばらくはサッカーを忘れてゆっくりしたーーい(●^o^●)とはいえ、ブラジル国内の選手権は既に始まっています~ああ、サッカー大国!プライドを取り戻せる日は来るのかしら?
f0146587_23362558.jpg
長くなってしまいましたが、あっという間のCampos do Jordão日帰り旅のご報告を終わります。お読み頂き、ありがとうございました。


by beijaflorspbr | 2014-07-22 23:42 | ブラジル国内旅行 | Trackback
2014年 07月 21日

Campos do Jordão 日帰り旅④Baden-Badenでランチ

3つの丘を回った後は、セントロのあるCapivari地区に車を停めて頂きました。いよいよランチタイムです~♪
f0146587_22042030.jpg
地ビールの会社Baden Badenが経営するレストランにご案内しました。
f0146587_22233515.jpg
生ビールのタンクが並びますが、お兄さんたちが見ているものは…。
f0146587_22071730.jpg
テレビでした!(笑)当時は、ワールドカップの予選リーグ中でした。この時間はHグループのベルギーアルジェリア戦が始まったところでした。この日の午後4時からはブラジルーメキシコ戦があるというので、観光客は少な目。
f0146587_22082774.jpg
メニューを見ながら選びましょう~♪
f0146587_22132261.jpg
喉が渇いたのでまずはこのお店自慢の生ビールでカンパイー☆私は黒いビールにしてみました~♪
f0146587_22154854.jpg
ビールのおつまみに、Bolinho de Bacalhau,干し鱈のコロッケ。
f0146587_22175718.jpg
アツアツホクホク。。。(●^o^●)
f0146587_22190550.jpg
メインはソーセージの盛り合わせをお願いしました。3人でシェアーしてちょうどお腹が一杯になりました!
f0146587_22201523.jpg
ちゃんとシェアーしてくれました。K子さんのご主人さまが「ソーセージはドイツで食べて以来だねえ~」なんてさりげなく仰いました。私もですけれどネ!
f0146587_22204453.jpg
外のテラス席にもテレビが設置されていて観られるようになっていました。
f0146587_22222764.jpg
このお店はテラス席が人気があります。この日は道路を向かないで全員が背中を見せているのは、テレビを観ていたからでしょう。
f0146587_22245886.jpg
軽く食後のお散歩をしました。
f0146587_22263638.jpg
チョコレート屋さんに入ってみました。
f0146587_22275187.jpg
こちらが7月いっぱい行われるイベント広場
f0146587_22285953.jpg
家具屋さんの前で、タクシーを待ちましたが…。あらら、売り物の椅子の上にはワンコがお昼寝中~♪
f0146587_22295993.jpg
パラナ松の巨木にさようなら~、お天気に恵まれたCampos do Jordãoの旅、最高でした!
f0146587_22321585.jpg
さあ、一路サンパウロに帰りましょう。午後4時からのブラジルの試合に間に合うかしら!?


by beijaflorspbr | 2014-07-21 22:33 | ブラジル国内旅行 | Trackback | Comments(6)
2014年 07月 20日

Campos do Jordão 日帰り旅③

Campos do Jordãoの旅、続けます。Morro do Elefante(象の丘)からカンポス・ド・ジョルドンの眺めを堪能した後はひたすら坂を下ります。
f0146587_22512458.jpg
もう一度ダウンタウンを通り、次の丘を目指しました。
f0146587_22532947.jpg
サンパウロ有数の別荘地帯ということもあり、道路整備も行き届き、閑静な雰囲気がそのまま伝わってきます。
f0146587_22544893.jpg
再び車はどんどん山の頂上を目指します。
f0146587_23011541.jpg
山に登る途中にも、もちろんステキな別荘群が建ち並んでいました。
f0146587_23032092.jpg
象の丘から車で約20分ほどで、Pico do Itapevaにやってきました。ここは地上2,035m地点で、運が良ければ15の街が一望に見渡せるそうですが…。
f0146587_22571994.jpg
残念ながら霧がかかっていて全貌は見られませんでした。ガッカリ…(T_T)
f0146587_22592805.jpg
お土産屋さんがたくさん並んでいて、結構楽しめました。この日はちょうどブラジル代表がメキシコと闘う日だったため、国旗色の商品がたくさん並んでいました。
f0146587_23052751.jpg
そう言えば、途中で車を止めて頂き、こんな豪華ホテルも遠くから眺めたんでしたっけ。まるで城塞のような立派なホテル。
f0146587_23193817.jpg
同じホテルでも、クラッシックと近代建築、どちらが好みかな?なんてお友達とふざけてました。
f0146587_23213922.jpg
さあ、そろそろお腹が。。。(^_^;)


by beijaflorspbr | 2014-07-20 23:23 | ブラジル国内旅行 | Trackback
2014年 07月 17日

Campos do Jordão 日帰り旅②目的地に到着

昨日書いた地点から、ひたすら山を登ること20キロ地点が目的地のCampos do Jordãoです。道路は隅々まで整備されている冬の一大観光地、毎年7月には「冬のお祭り」と称してクラッシックコンサートや様々なイベントが行われています。この日は平日、そして午前中ということもあり、車も少なくて快適なドライブを楽しむことが出来ました。
f0146587_21152308.jpg
Campos do Jordãoは高台の寒冷地にあるため、桜の名所でもあります。この時は6分咲きと言ったところ。
f0146587_21184693.jpg
門を潜りました。この時点でまだ午前10時。
f0146587_21200097.jpg
この時(今年の3月末)には紅葉していた葉っぱも枯れ果ててしまいました。来る季節によって、街の印象がガラリと変わるから不思議。
f0146587_21211234.jpg
線路脇を走ってどんどんセントロ(中心部)に近づきます。
f0146587_21260984.jpg
特徴のあるスイスの山小屋風の建物が並びます。
f0146587_21280139.jpg
セントロ付近から眺めの良いMorro Elefante(象の丘)へと急坂を昇り始めました。
f0146587_21303547.jpg
この地域は、ホテルやポウザーダ(民宿より少し格が上のB&Bのような宿泊施設)が多く建ち並んでいます。
f0146587_21325736.jpg
もちろんお金持ちの別荘もたくさんあります。これらは「冬」の別荘として使われています。
f0146587_21345052.jpg
漸く頂上付近に到達したようです。前回はTeleferico(リフト)で登ったので、何となく新鮮。
f0146587_21365572.jpg
展望台から見たこの風景・・・良いお天気で本当に良かった!
f0146587_21382230.jpg
最高の眺め、そして何より空気がピュアで美味しいこと。
f0146587_21391700.jpg
高山植物まで何だかカワイイ~♪
f0146587_21400506.jpg
雲が面白い形をしているね、なんて勝手に想像力をふくらましたりして…。
f0146587_21405001.jpg
ここからの絶景にお別れを告げて坂を下りました。
f0146587_21470543.jpg
Morro do Elefanteの頂上から次はどこへ・・・?
f0146587_21453958.jpg
この地にも詳しいまわたりさんはどんどん車を走らせます。。。続きます。


by beijaflorspbr | 2014-07-17 21:48 | ブラジル国内旅行 | Trackback
2014年 07月 16日

Campos do Jordão 日帰り旅①2時間半のドライブ

日本からW杯観戦のために来られた旧友ご夫妻のお伴で、Campos do Jordãoへ日帰りドライブをしてきました。この日は6月中旬、朝からどんよりしたお天気の中、午前7時ちょうどに自宅を出発しました。
f0146587_23053696.jpg
平日ながら、まあまあの混み具合
f0146587_23094530.jpg
渋滞する道路の反対方向は実に気持ちが良いくらい空いていました。こちらの2車線をセントロ(中心部)行きに活用するのは苦肉の策なのかな。
f0146587_23113210.jpg
難なく高速道路に入ったものの、向こう側は相変わらずの大渋滞でした。
f0146587_23131030.jpg
丘陵に差し掛かると、濃い霧が。。。助手席に乗っている私は恐怖に怯えていましたが、ベテラン運転手のまわたりさんは平気~♪
f0146587_23141131.jpg
「早く晴れてよ!」の願いも空しくなかなかクリアにならない冬の空(ー_ー)!!
f0146587_23154231.jpg
ドキドキ鼓動が止まりません、意外に小心者なんだなとこの時思いました。
f0146587_23170152.jpg
ところが、突然霧が晴れてきました!やったーー(^_^)/
f0146587_23182519.jpg
Campos do Jordãoにかなり近づいてきた時点で一度トイレ休憩。
f0146587_23193959.jpg
売店があって、手作りの民芸品などが売られていますが、意外にも高くてびっくり。
f0146587_23215808.jpg
昔どこかで見たような懐かしい光景…。
f0146587_23225470.jpg
小休止をし、ホッとした後は最後の山を昇っていよいよCampos do Jordãoへ向かいましょう。
f0146587_23240934.jpg
続きます。


by beijaflorspbr | 2014-07-16 23:25 | ブラジル国内旅行 | Trackback