ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:三重県( 36 )


2017年 08月 09日

久々の三重県・鈴鹿市へ・・・⑦伊勢神宮参拝 最後

長々と伊勢神宮を歩いています。ご正宮、荒祭宮とゆっくり回った後は、おはらい町方面へ戻ります。
f0146587_21213373.jpg
この鳥居の下が実は絶好の撮影スポットというのは、地元三重のSさんに教えて頂きました。下には五十鈴川の清流、直ぐ上は宇治橋という好ロケーション。その辺にいらした方たちとお互いに写真を撮り合って、ほんわかした良い時間を過ごしました。
f0146587_21222519.jpg
清流五十鈴川、今日も穏やかな流れです。
f0146587_21224792.jpg
おはらい町の街並みも古風でステキでした。
f0146587_21253363.jpg
赤福本店までやってきました。
f0146587_21260542.jpg
目の前で赤福を仕上げる女性たち。外国人はよほど珍しいのか張り付いて動画を撮っています。後ろの女性は監督さんかな!?
f0146587_21263073.jpg
五十鈴川からの風が心地良く涼しい空間にホッとしました。
f0146587_22122364.jpg
良く冷えた淹れ立てのほうじ茶と赤福のコラボがなんとも合うこと…。幸せな時間でした。真ん前に夏季限定で赤福氷もあったのですが、術後でお腹を壊しそうだったので、遠慮しました。お腹が普通に戻ったら是非再挑戦したいものです。
f0146587_21312587.jpg
赤福を美味しく頂いた後は、近鉄・宇治山田駅に送って頂きました。この駅は初めてでしたが、なかなかレトロな雰囲気でステキでした。
f0146587_21274902.jpg
あまり待たずに大阪・難波行きの特急に乗ることが出来ました。奈良県の大和八木駅で急行に乗り換えて、地元に戻りました。
f0146587_21280795.jpg
あっと言う間の2日間の三重の旅、お友達のSさんの優しさに満ちたアレンジのお蔭で、懐かしい皆さんともお目にかかることが出来、温泉も楽しめ、最後には伊勢神宮で心洗われる体験をさせて頂きました。いいな、三重県!改めて頂いたご縁に心から感謝した次第です。また帰国したら必ず三重県を訪れたいと思いました。もし三重県に行かれたことがない方がおられたら、是非是非三重県へ…海の幸山の幸が豊富で温泉もあり人も温かいですよ。今回は湯の山温泉と鈴鹿・伊勢と三重県の3地点を訪問することが出来、大変幸せでした。三重県バンザイ\(^o^)/Sさん、今回もありがとうございました。

by beijaflorspbr | 2017-08-09 18:00 | 三重県 | Trackback
2017年 08月 08日

久々の三重県・鈴鹿市へ・・・⑥伊勢神宮参拝

伊勢神宮参拝へと記事を戻します。正宮にお参りをした後は…
f0146587_21174836.jpg
巨大な木の幹を撫でて自然の力をたくさんもらいました。「神宮杉」と呼ばれ、大変人気がある木で、皆が触り過ぎて幹が光っています。樹齢何百年何千年の木を見ていると、それこそ木から氣をたくさん頂けるような気がします(「き」ばかりで冗談みたいですが…)
f0146587_21182504.jpg
御稲御倉(みしねのみくら)が見えてきました。ここには神宮神田で収穫された稲が収められる倉だそうです。
f0146587_21185369.jpg
こちらの外幣殿(げへいでん)には古神宝類が収められているそうです。でも・・・古神宝類って一体何でしょうねえ?
f0146587_21191827.jpg
別宮の「荒祭宮(あらまつりのみや)」にお参りしましょう。ここは絶対に外せません、というのもいくつかのパワースポットがあるからです。
f0146587_21194549.jpg
荒祭宮へ行く途中の階段に、『踏んではいけない石』があるのはご存知ですか?
f0146587_21201941.jpg
全部で55段ある中の下から数えて14段目のところにこんな3つの石があります。石の割れ目が天という字に見えるところから、天から降って来た石ではないか?などと言われています。うっかり踏んでしまった人が災難に遭うという言い伝えがあるそうですので、踏まない方が賢明かもしれません。
f0146587_21203588.jpg
その辺にいらっしゃる方にもお節介なことに注意を促して喜ばれました。お友達のSさんがちゃんと証拠写真を残してくださいました。
f0146587_21543298.jpg
お礼参りの「ご正宮」そしてお願い事をしても良い「荒祭宮」片参りにならないよう、長い行列に並んでちゃんとお参りをさせて頂きました。
f0146587_21210986.jpg
三重県にご縁が出来たおかげで、伊勢神宮にはこれまで何度も来させて頂いていますが、境内に入った途端に妙に心が落ち着き、歩いているうちに気持ちが綺麗に洗われるような気がします。今までの煩悩?を捨て、人生をもう一度新たな気持ちで仕切り直しが出来るような気がするから不思議です。参拝が終わった後は、絶対に外せないあのお店で一服、もう少し続きます。

by beijaflorspbr | 2017-08-08 22:03 | 三重県 | Trackback | Comments(2)
2017年 08月 05日

久々の三重県・鈴鹿市へ・・・④鈴鹿から伊勢方面へ

あまり楽しくない話題が続いてしまい、申し訳ないことでした。私自身は元気にしております。今日はもう一人の娘が実家に帰って来る日なので、朝からお好み焼き、ほうれん草のお浸しに酢の物、豆ごはんなどの準備をコツコツしていました。親にとっても家族が揃うのは大変嬉しいことです。さて、三重県の続きを続けさせて頂きます。鈴鹿市から車で一気に伊勢市に連れて来て頂きました。ここで一つ用事を済ませた後は伊勢神宮へ。伊勢神宮内宮の駐車場横にある「野あそび棚」でランチをすることになりました。
f0146587_22281799.jpg
内宮のおはらい横丁や、おかげ横丁のような喧噪もなく、静かに食事を楽しむことができる穴場です。
f0146587_22285130.jpg
Sさんは、新メニューの鶏とチーズの味噌土鍋焼き?を注文されましたが、味は今一つだったそうで残念。
f0146587_22301675.jpg
私は折角だからと、体に優しそうな鯛ごはんのセットをお願いしました。
f0146587_22343727.jpg
焼いた鯛がたくさん入っていて何とも美味しいこと…。
f0146587_22353736.jpg
食事を終えた後、地下道を通って…
f0146587_22363330.jpg
縁起が良さそうなハートに触れて…
f0146587_22370889.jpg
おはらい町へと向かいました。
f0146587_22384017.jpg
いよいよ神宮へお参りをさせて頂きます。一礼をして宇治橋を渡ります。
f0146587_22400246.jpg
宇治橋は右側通行です。って誰でもご存知でしたよね。
f0146587_22455675.jpg
眼下には五十鈴川の静かな流れが広がります。
f0146587_22471190.jpg
もう少し続きます。


by beijaflorspbr | 2017-08-05 22:47 | 三重県 | Trackback
2017年 08月 01日

久々の三重県・鈴鹿市へ・・・③あなご料理の魚長へ

スーパーホテル鈴鹿の温泉で充分癒された私、新幹線遅延事件も忘れるほど生き返りました。Sさんに連れて行って頂いたのは、鈴鹿でも有名な穴子専門料理の「魚長」。サンパウロのイベントでお知り合いになった鈴鹿市在住のKさんとOさんもご一緒してくださいました。
f0146587_10065329.jpg
メニューの呼び方がなかなかユニーク。
f0146587_10081023.jpg
皆さんで久々の再会を祝ってカンパイー☆運転のSさんはお茶で、、、。
f0146587_10085831.jpg
私は地元伊賀上野の「半蔵」という辛口の日本酒を頂きました。美味しい日本酒は日本でしか飲めないもんね~というのは立派な言い訳かな。おつまみの枝豆とっても美味しくて、ほぼ独占して頂いてしまいました。
f0146587_10102458.jpg
男性のOさんは、ボリュームたっぷりの穴子天ぷら膳
f0146587_10130067.jpg
私たちはとろろ付きのあなご丼セットをお願いしました。
f0146587_10142043.jpg
穴子がパリッパリで本当に美味しい!!鰻のひつまぶしは何度か食べたことがありましたが、穴子のひつまぶしは初めてでした。サイドメニューも充実、最後まで美味しかったーー!
f0146587_10144593.jpg
皆最初のお酒を飲み終わってしまったので、久しぶりに清水社長の会社のお酒「作(ざく)」を頂きました。フルーティーで変わらず美味しい。
f0146587_10155872.jpg
お酒のおつまみにと、お刺身とお漬物をお願いしました。
f0146587_10163113.jpg
久々の再会に、結構テンション高めで、思いがけず楽しい一夜になりました。その夜は解散後、ホテルのお部屋で温泉の素を入れてお風呂にもう一度入り、しっかり温まってグッスリ休みました。スーパーホテルが大好きなもうひとつの理由は、朝食が大変充実していて美味しいからです。
f0146587_10170003.jpg
朝食後、もう一度温泉が女性の時間に切り替わったので再度温泉へGO!!またまた貸切!椅子や桶は檜で好い香り。。。
f0146587_10172898.jpg
これで何も思い残すことはありません。ごく普通のビジネスホテルを超えたサービスにはいつも感動すら覚えます。これで宿泊費5,500円はリーズナブルだと思いましたが、時期によっては全く予約が取れないこともありますので、今回はラッキーでした。


by beijaflorspbr | 2017-08-01 18:00 | 三重県 | Trackback
2017年 07月 31日

久々の三重県・鈴鹿市へ・・・②スーパーホテル鈴鹿

早いもので今日で7月の最終日、あっという間に年末に向けて突っ走っているような気がします(汗)こちらの舞台を、サンパウロからもう一度三重県の鈴鹿市に戻します。鈴鹿市で宿泊を伴う滞在が決まると、何だかんだ理由をつけては大好きなこのホテルに泊まりたい私。その理由はいくつもあるのですが・・・
f0146587_06164470.jpg
寝不足の私をSさんが気遣ってくださり、「夕食までの時間ホテルでゆっくり休みください」と仰ったので、早めにチェックインすると、高層階の3人部屋にアップグレード!?してくださったようです。
f0146587_06171496.jpg
でも一人なので、もちろん下のダブルベッドに体を伸ばしてゆっくり休ませてもらいました。
f0146587_06175094.jpg
この日のお天気は今一つでしたが、遠くには鈴鹿山脈の山並みが見える好きな景色
f0146587_06184268.jpg
チェックインすると、ちょうどホテルに併設された温泉は女性の時間というではありませんか。早い時間だったせいか、貸し切り状態なので、写真を一枚撮らせて頂きました。この「伊勢詣の湯」は体が温まり肌もすべすべ、約1時間くらいかけてゆっくりとお風呂に入りリラックスすることができました。気持ち良かったぁ!!!
f0146587_06191642.jpg
お風呂からあがるともう待ち合わせ時間が迫って来ましたので、急ぎ身支度をしました。「ゆっくりお昼寝でも…」というよりもやはりこの温泉でしっかりと寛ぐことが出来たのは大きなご褒美だと思いました。次は久々の再会そして地元の名物を頂く食事会です。

by beijaflorspbr | 2017-07-31 18:00 | 三重県 | Trackback
2017年 07月 28日

久々の三重県・鈴鹿市へ・・・①鈴鹿市・ミルクさん

三重県とご縁を頂いて何年になるのでしょうか?当ブログにも「三重県」というカテゴリー枠を設けてしまうほどご縁が深くなるとは…。それまでほぼ何も知らなかった三重県のあちこちに行かせて頂くようになり、その魅力を新発見する度に益々大好きになります。それは海の幸山の幸に恵まれ、ご縁を頂いた全ての方々が魅力溢れる方ばかりかもしれません。こうして、日本国内でも未踏の地はたくさんあるので、残りの人生の課題としたいものです。新幹線大幅遅延の翌日(午前サマ帰宅だったので当日?)は、ずっと前から楽しみにしていた久々の三重県・鈴鹿市訪問の予定でした。それなのに、当初到着するはずだった時刻から大幅に遅れてしまいましたが、無事に早めの近鉄特急に乗ることが出来ました。
f0146587_10310611.jpg
伊勢中川駅で名古屋行き特急に乗り換え、鈴鹿市の最寄り駅白子(しろこ)駅で下車しました。
f0146587_10311357.jpg
白子駅にはお友達のSさんが笑顔でお迎えにきてくださいました。鈴鹿市の第一歩は私のリクエストで「ミルクさん」にご案内頂きました。サンパウロでご縁を頂いた中野社長さんが暖か~く迎え入れてくださいました。
f0146587_10302347.jpg
変わらず色とりどりの美しいケーキが並んだディスプレイ
f0146587_10331327.jpg
シュークリームも美味しそうですが、迷った末抹茶ティラミスを選びました。
f0146587_10364361.jpg
このお店はいつも見事な生花で彩られています。
f0146587_10341601.jpg
お昼をかなり過ぎていたため、ランチのお客様もひと段落、静かにお喋りを楽しむ至福のひと時…。
f0146587_10381943.jpg
ここでは美味しい紅茶の種類がたくさんあるので、それぞれが好みのお茶をお願いしました。
f0146587_10355194.jpg
お茶と共に、それぞれが選んだケーキを頂きました。久しぶりに鈴鹿に帰って来られて、大変嬉しい!
f0146587_10351218.jpg
でも現実は酷い寝不足だったので、Sさんの優しい思いやりで早めにホテルにチェックインすることにしました。だって、ホテルだって私の大好きなあのホテルだったのですもの……。有難い!!続きます。


by beijaflorspbr | 2017-07-28 18:00 | 三重県 | Trackback
2015年 12月 28日

2015年秋・友旅前半「三重県」⑤三重県・熊野「鬼ヶ城」

次は三重県が誇る世界遺産熊野古道・「鬼ヶ城」です。
f0146587_21460418.jpg
1600年前に溶岩が固まって1200万年前に隆起してできたものだそうです。○○万年前…という次元でもう(*_*)
f0146587_21505324.jpg
ご一緒して頂いたSさんとM夫人にモデルになって頂きましょう。
f0146587_21513936.jpg
画像をご覧になって分かるように、この辺から私のミラーレスカメラが狂い出しました。いくらやってもシャッターが落ちず、写真が撮れなくなってきました。撮れたとしてもこんなピンボケ画像で見にくくて申し訳ありません。
f0146587_21451463.jpg
遊歩道が整備されていますが、台風で道路が崩れて一部通行止めのところもありました。復旧の目途は立っていないそうです。
f0146587_21463819.jpg
押し寄せる波がもうド迫力でした。この辺りは釣り人も多く、釣りには絶好の場所のようです。
f0146587_21475376.jpg
絶景を心行くまで堪能させて頂くことが出来ました。
f0146587_21485715.jpg
ここが紀伊半島で最初にできた場所だそうです。
f0146587_21495799.jpg
熊野古道の世界遺産をご案内頂き、知らなかった三重県の魅力、奥深さをたくさん知ることが出来ました。ずっと長時間運転をしてあちこちご案内くださったSさんに心から感謝申し上げます。ありがとうございました。自分一人では到底来られない秘境でした。
f0146587_21523768.jpg
熊野を堪能した後は、北上して鈴鹿市まで連れてきて頂きました。それにしても運転がお上手!!前にK社長や皆さんと一緒に訪れたことのある「鈴鹿一心」での夕ごはん、天ぷら定食を選びました。
f0146587_21551527.jpg
M夫人は焼きなす定食、Sさんは焼肉定食をそれぞれにお願いし、美味しく頂きました。
f0146587_22011102.jpg
この翌日は鈴鹿市で何か大きなイベントがあったのか、いくら探してもホテルが取れなかったのですが、地元Sさんのお力で何とか一室抑えて頂くことが出来ました。宿泊したのは「鈴鹿スートリアホテル」鈴鹿と言えば、私の大好きな温泉付きの「スーパーホテル鈴鹿」なのですが、この日は満室でしたのでまた次の機会に…('_')このホテルは高層階の角部屋ゆえ、大変静かで居心地が良かったのでリラックスでき大満足な宿泊でした。 
f0146587_22000431.jpg
お二人に頂戴した貴重なお土産を並べてみました。ひじきやあおさは途中の直売所で購入しました。
f0146587_22001483.jpg
翌朝起きてすぐに朝食会場に行きましたが、心のこもった美味しい朝食でした。カメラを持って行かなかったので画像を収めることができませんでしたが、とても親切に応対してくださったスタッフの方、ありがとうございました!
f0146587_22030224.jpg
外は生憎の雨。。。今日はSさんも会議があるということなので、一日どうしようかな?しばし考え込みました。あ!そうだ。ちょっと無謀かな?とも思いましたが、実行に移すことにしました。さて、私はどちらへ向かったのでしょうか!?「好奇心」「新し物好き」「美味しいもの好き」がキーワードです。


by beijaflorspbr | 2015-12-28 22:43 | 三重県 | Trackback
2015年 12月 27日

2015年秋・友旅前半「三重県」④三重県・熊野の世界遺産巡り

道の駅「パーク七里御浜」を後にしました。美味しいごはんをたくさんありがとうございます。
f0146587_20402967.jpg
途中で地元Sさんが「みかんが欲しいな~♪」と仰り、車を停めてみたところ、まあ何と安いこと!!1パック100円。ということで、私もホテルや、この後の列車で食べるために1袋購入しました。お友達のKちゃんには、道の駅で購入した「ちゃんとした!?」おみかんを宅配で送ってもらいました。こんなシステムが通用するのは日本だけかもしれません。
f0146587_20410668.jpg
次は日本最古の「花窟神社」に案内していただきました。
f0146587_20420164.jpg
花窟神社についてはこちらをご参考になさってください。
f0146587_20424482.jpg
どんな神社なのかしら?興味津々で進むと…。
f0146587_20432538.jpg
なにやら巨岩がドカーンと目の前に迫ってきました。この岩こそがご神体だそうです。
f0146587_20442042.jpg
どこにお参りしたら良いのかしら?と迷っていると、ちゃんとお参りするところがありました。ホッー
f0146587_20445756.jpg
綱が渡しかけてありました。これも意味のあるものだそうです。
f0146587_20454209.jpg
次は「獅子厳(ししいわ)」です。波の浸食によって自然に形成されたものだそうです。
f0146587_20470786.jpg
f0146587_21000124.jpg
見事なものばかり、自然が織り成す光景に目を見張るものがありました。熊野の自然はこれだけではありません。続きます。



by beijaflorspbr | 2015-12-27 21:01 | 三重県 | Trackback
2015年 12月 24日

2015年秋・友旅前半「三重県」②三重県・御浜町「道の駅」パーク七里御浜

新鹿海岸で1時間の船旅を楽しんだ後は、もう少し南下して道の駅「パーク七里御浜」に連れてきて頂きました。
f0146587_20213786.gif
海沿いの好立地に建つ道の駅、近くにこんなお店があったらいいなあ~♪
f0146587_20251224.jpg
この時期はみかんの最盛期、この道の駅にもたくさんみかんや関連商品が並んでいました。
f0146587_20264596.jpg
f0146587_20272809.jpg
f0146587_20281006.jpg
この道の駅パーク七里御浜には、こうした地元の産物の他…
f0146587_20292076.jpg
三重県産の新鮮な野菜や魚なども売られています。
f0146587_20420392.jpg
色々見物をしていると、Sさんが「お腹が空いたでしょう?そろそろお昼にしましょうか」と。嬉しい。。。2階にはこの道の駅が誇る充実のレストランがあります。
f0146587_20312206.jpg
何を隠そう(笑)このお店こそ、辻 保彦社長が経営するお店だったのです。その名も「辻さん家」辻社長に関しては、以前「辻社長が描く壮大な夢・国内最大のトマト工場」の記事に掲載させて頂きましたが、私が尊敬する大先輩です。
f0146587_20335018.jpg
明日はこの素晴らしい「ごちそうダイニング七里御浜」のご紹介をさせて頂きます。どなたさまも
Merry Christmas !!
f0146587_20392799.jpg
f0146587_20393664.jpg
皆さまもクリスマスには富の象徴である「クリスマスオレンジ=温州みかん」をお召し上がりくださいませ~♪


by beijaflorspbr | 2015-12-24 20:42 | 三重県 | Trackback | Comments(2)
2015年 12月 23日

2015年秋・友旅前半「三重県」①三重県・熊野市新鹿海岸

11月の旅日記の続きです。今日から三重県での思い出を語ります。この日はJR名古屋駅から三重県津市に移動をしました。朝一番の特急「南紀1号」で津駅まで1時間弱です。いつもなら私鉄で大阪側から三重県入りをするので名古屋からのコースは新鮮でした。津駅でお友達のSさんと、ブラジルにご縁のある大先輩のM夫人と合流しました。三重県と言えばSさん、三重県と私との深いご縁を繋いでくださった大恩人です。今回も何から何まで大変お世話になりました!
f0146587_21080793.jpg
毎回三重県の魅力を多方向から惜しげもなくご紹介してくださるので、感謝しております。今回は、津から何度もトンネルを潜って車で1時間半の新鹿(あたしか)海岸に連れてきて頂きました。地図で説明した方が分かりやすいかもしれません。海沿いに縦に長細い三重県なので、県の隅から隅まではかなり距離があるのが分かります。
f0146587_20071900.gif
まさに途中の風景は秘境へ。。。と進むような感じでした。漸く到着したのは穏やかな海が広がる漁港、そして夏場は海水浴場もあります。
f0146587_21113737.jpg
ここから何とこの漁船に乗って太平洋へと漕ぎ出すというではありませんか!!海から熊野市の世界遺産を見物するそうで、大丈夫かな!?とふと思ってしまいましたが、躊躇うより好奇心が先だって(笑)ほとんど漁船に飛び乗ってしまいました(^^♪ワクワク…。
f0146587_21130991.jpg
乗客は全部で6名プラス船長さん。私は先頭部分に陣取り、波をザブーンザブーンと掻き分けて進む船旅をキャーキャー言いながら楽しみました。
f0146587_21103394.jpg
あっという間に岸を離れて行きます。1時間の船旅…。何が見られるのかな?お天気が今一つなのがちょっと残念でしたが、雨が降っていないので良かった!
f0146587_21135856.jpg
あっという間もなく太平洋へと漕ぎ出しました。

f0146587_21144749.jpg
船長さんが「ガマの口」までやってきて船を止めてくださいました。この洞窟は熊野の「青の洞窟」とも言われているそうです。
f0146587_21152485.jpg
船長さんが洞窟の中に船を入れ、ゆっくり見せて頂くことが出来ました。自然が創り出したものとはいえ、神秘的な空間でした。
f0146587_21160974.jpg
迫ってくるような巨大岩も自然の織り成す風景で圧倒されっぱなし…。
f0146587_21164904.jpg
さあ、船が動き出しました。もう一度広大な太平洋を眺めつつ…。
f0146587_21173067.jpg
この境目が「熊野の神」「伊勢の神」と分かれるそうです。

f0146587_21181379.jpg
ここが終点で元の漁港へと引き返します。
f0146587_21192027.jpg
自然が織り成す光景には適当な言葉も見つかりません。
f0146587_21195995.jpg
こちらは名勝天然記念物の楯ヶ崎です。
f0146587_21210291.jpg
折り返しは水の掛からない船の後部に座らせてもらいました。同乗の方はちょっと気分が悪そうで気の毒でした…(-_-;)
f0146587_21281318.jpg
私はと言えば、船酔いもなく、ひたすら楽しくてニコニコ。。。下手に長年飛行機に乗ってきたわけではないなあ、とこの時思いました。
f0146587_21241479.jpg
最後まで船旅を満喫させて頂きました。
f0146587_21290289.jpg
1時間後に無事新鹿に戻ってまいりました!
f0146587_21294741.jpg
船から降りた時、少しだけ足がフラ付きましたが大丈夫そう!!船の上から熊野の世界遺産を見物出来るこのコース、お勧めです!但し、船酔いしない方のみお勧め・・・かな?

by beijaflorspbr | 2015-12-23 22:34 | 三重県 | Trackback