カテゴリ:三重県( 30 )


2015年 12月 28日

2015年秋・友旅前半「三重県」⑤三重県・熊野「鬼ヶ城」

次は三重県が誇る世界遺産熊野古道・「鬼ヶ城」です。
f0146587_21460418.jpg
1600年前に溶岩が固まって1200万年前に隆起してできたものだそうです。○○万年前…という次元でもう(*_*)
f0146587_21505324.jpg
ご一緒して頂いたSさんとM夫人にモデルになって頂きましょう。
f0146587_21513936.jpg
画像をご覧になって分かるように、この辺から私のミラーレスカメラが狂い出しました。いくらやってもシャッターが落ちず、写真が撮れなくなってきました。撮れたとしてもこんなピンボケ画像で見にくくて申し訳ありません。
f0146587_21451463.jpg
遊歩道が整備されていますが、台風で道路が崩れて一部通行止めのところもありました。復旧の目途は立っていないそうです。
f0146587_21463819.jpg
押し寄せる波がもうド迫力でした。この辺りは釣り人も多く、釣りには絶好の場所のようです。
f0146587_21475376.jpg
絶景を心行くまで堪能させて頂くことが出来ました。
f0146587_21485715.jpg
ここが紀伊半島で最初にできた場所だそうです。
f0146587_21495799.jpg
熊野古道の世界遺産をご案内頂き、知らなかった三重県の魅力、奥深さをたくさん知ることが出来ました。ずっと長時間運転をしてあちこちご案内くださったSさんに心から感謝申し上げます。ありがとうございました。自分一人では到底来られない秘境でした。
f0146587_21523768.jpg
熊野を堪能した後は、北上して鈴鹿市まで連れてきて頂きました。それにしても運転がお上手!!前にK社長や皆さんと一緒に訪れたことのある「鈴鹿一心」での夕ごはん、天ぷら定食を選びました。
f0146587_21551527.jpg
M夫人は焼きなす定食、Sさんは焼肉定食をそれぞれにお願いし、美味しく頂きました。
f0146587_22011102.jpg
この翌日は鈴鹿市で何か大きなイベントがあったのか、いくら探してもホテルが取れなかったのですが、地元Sさんのお力で何とか一室抑えて頂くことが出来ました。宿泊したのは「鈴鹿スートリアホテル」鈴鹿と言えば、私の大好きな温泉付きの「スーパーホテル鈴鹿」なのですが、この日は満室でしたのでまた次の機会に…('_')このホテルは高層階の角部屋ゆえ、大変静かで居心地が良かったのでリラックスでき大満足な宿泊でした。 
f0146587_22000431.jpg
お二人に頂戴した貴重なお土産を並べてみました。ひじきやあおさは途中の直売所で購入しました。
f0146587_22001483.jpg
翌朝起きてすぐに朝食会場に行きましたが、心のこもった美味しい朝食でした。カメラを持って行かなかったので画像を収めることができませんでしたが、とても親切に応対してくださったスタッフの方、ありがとうございました!
f0146587_22030224.jpg
外は生憎の雨。。。今日はSさんも会議があるということなので、一日どうしようかな?しばし考え込みました。あ!そうだ。ちょっと無謀かな?とも思いましたが、実行に移すことにしました。さて、私はどちらへ向かったのでしょうか!?「好奇心」「新し物好き」「美味しいもの好き」がキーワードです。


by beijaflorspbr | 2015-12-28 22:43 | 三重県 | Trackback
2015年 12月 27日

2015年秋・友旅前半「三重県」④三重県・熊野の世界遺産巡り

道の駅「パーク七里御浜」を後にしました。美味しいごはんをたくさんありがとうございます。
f0146587_20402967.jpg
途中で地元Sさんが「みかんが欲しいな~♪」と仰り、車を停めてみたところ、まあ何と安いこと!!1パック100円。ということで、私もホテルや、この後の列車で食べるために1袋購入しました。お友達のKちゃんには、道の駅で購入した「ちゃんとした!?」おみかんを宅配で送ってもらいました。こんなシステムが通用するのは日本だけかもしれません。
f0146587_20410668.jpg
次は日本最古の「花窟神社」に案内していただきました。
f0146587_20420164.jpg
花窟神社についてはこちらをご参考になさってください。
f0146587_20424482.jpg
どんな神社なのかしら?興味津々で進むと…。
f0146587_20432538.jpg
なにやら巨岩がドカーンと目の前に迫ってきました。この岩こそがご神体だそうです。
f0146587_20442042.jpg
どこにお参りしたら良いのかしら?と迷っていると、ちゃんとお参りするところがありました。ホッー
f0146587_20445756.jpg
綱が渡しかけてありました。これも意味のあるものだそうです。
f0146587_20454209.jpg
次は「獅子厳(ししいわ)」です。波の浸食によって自然に形成されたものだそうです。
f0146587_20470786.jpg
f0146587_21000124.jpg
見事なものばかり、自然が織り成す光景に目を見張るものがありました。熊野の自然はこれだけではありません。続きます。



by beijaflorspbr | 2015-12-27 21:01 | 三重県 | Trackback
2015年 12月 24日

2015年秋・友旅前半「三重県」②三重県・御浜町「道の駅」パーク七里御浜

新鹿海岸で1時間の船旅を楽しんだ後は、もう少し南下して道の駅「パーク七里御浜」に連れてきて頂きました。
f0146587_20213786.gif
海沿いの好立地に建つ道の駅、近くにこんなお店があったらいいなあ~♪
f0146587_20251224.jpg
この時期はみかんの最盛期、この道の駅にもたくさんみかんや関連商品が並んでいました。
f0146587_20264596.jpg
f0146587_20272809.jpg
f0146587_20281006.jpg
この道の駅パーク七里御浜には、こうした地元の産物の他…
f0146587_20292076.jpg
三重県産の新鮮な野菜や魚なども売られています。
f0146587_20420392.jpg
色々見物をしていると、Sさんが「お腹が空いたでしょう?そろそろお昼にしましょうか」と。嬉しい。。。2階にはこの道の駅が誇る充実のレストランがあります。
f0146587_20312206.jpg
何を隠そう(笑)このお店こそ、辻 保彦社長が経営するお店だったのです。その名も「辻さん家」辻社長に関しては、以前「辻社長が描く壮大な夢・国内最大のトマト工場」の記事に掲載させて頂きましたが、私が尊敬する大先輩です。
f0146587_20335018.jpg
明日はこの素晴らしい「ごちそうダイニング七里御浜」のご紹介をさせて頂きます。どなたさまも
Merry Christmas !!
f0146587_20392799.jpg
f0146587_20393664.jpg
皆さまもクリスマスには富の象徴である「クリスマスオレンジ=温州みかん」をお召し上がりくださいませ~♪


by beijaflorspbr | 2015-12-24 20:42 | 三重県 | Trackback | Comments(2)
2015年 12月 23日

2015年秋・友旅前半「三重県」①三重県・熊野市新鹿海岸

11月の旅日記の続きです。今日から三重県での思い出を語ります。この日はJR名古屋駅から三重県津市に移動をしました。朝一番の特急「南紀1号」で津駅まで1時間弱です。いつもなら私鉄で大阪側から三重県入りをするので名古屋からのコースは新鮮でした。津駅でお友達のSさんと、ブラジルにご縁のある大先輩のM夫人と合流しました。三重県と言えばSさん、三重県と私との深いご縁を繋いでくださった大恩人です。今回も何から何まで大変お世話になりました!
f0146587_21080793.jpg
毎回三重県の魅力を多方向から惜しげもなくご紹介してくださるので、感謝しております。今回は、津から何度もトンネルを潜って車で1時間半の新鹿(あたしか)海岸に連れてきて頂きました。地図で説明した方が分かりやすいかもしれません。海沿いに縦に長細い三重県なので、県の隅から隅まではかなり距離があるのが分かります。
f0146587_20071900.gif
まさに途中の風景は秘境へ。。。と進むような感じでした。漸く到着したのは穏やかな海が広がる漁港、そして夏場は海水浴場もあります。
f0146587_21113737.jpg
ここから何とこの漁船に乗って太平洋へと漕ぎ出すというではありませんか!!海から熊野市の世界遺産を見物するそうで、大丈夫かな!?とふと思ってしまいましたが、躊躇うより好奇心が先だって(笑)ほとんど漁船に飛び乗ってしまいました(^^♪ワクワク…。
f0146587_21130991.jpg
乗客は全部で6名プラス船長さん。私は先頭部分に陣取り、波をザブーンザブーンと掻き分けて進む船旅をキャーキャー言いながら楽しみました。
f0146587_21103394.jpg
あっという間に岸を離れて行きます。1時間の船旅…。何が見られるのかな?お天気が今一つなのがちょっと残念でしたが、雨が降っていないので良かった!
f0146587_21135856.jpg
あっという間もなく太平洋へと漕ぎ出しました。

f0146587_21144749.jpg
船長さんが「ガマの口」までやってきて船を止めてくださいました。この洞窟は熊野の「青の洞窟」とも言われているそうです。
f0146587_21152485.jpg
船長さんが洞窟の中に船を入れ、ゆっくり見せて頂くことが出来ました。自然が創り出したものとはいえ、神秘的な空間でした。
f0146587_21160974.jpg
迫ってくるような巨大岩も自然の織り成す風景で圧倒されっぱなし…。
f0146587_21164904.jpg
さあ、船が動き出しました。もう一度広大な太平洋を眺めつつ…。
f0146587_21173067.jpg
この境目が「熊野の神」「伊勢の神」と分かれるそうです。

f0146587_21181379.jpg
ここが終点で元の漁港へと引き返します。
f0146587_21192027.jpg
自然が織り成す光景には適当な言葉も見つかりません。
f0146587_21195995.jpg
こちらは名勝天然記念物の楯ヶ崎です。
f0146587_21210291.jpg
折り返しは水の掛からない船の後部に座らせてもらいました。同乗の方はちょっと気分が悪そうで気の毒でした…(-_-;)
f0146587_21281318.jpg
私はと言えば、船酔いもなく、ひたすら楽しくてニコニコ。。。下手に長年飛行機に乗ってきたわけではないなあ、とこの時思いました。
f0146587_21241479.jpg
最後まで船旅を満喫させて頂きました。
f0146587_21290289.jpg
1時間後に無事新鹿に戻ってまいりました!
f0146587_21294741.jpg
船から降りた時、少しだけ足がフラ付きましたが大丈夫そう!!船の上から熊野の世界遺産を見物出来るこのコース、お勧めです!但し、船酔いしない方のみお勧め・・・かな?

by beijaflorspbr | 2015-12-23 22:34 | 三重県 | Trackback
2015年 07月 25日

Festival do Japão2015@三重県ブース

今日から始まった恒例のFestival do Japão(日本まつり」に早速行ってきました。自宅からは徒歩で20分強歩かないとバスに乗れないのですが、今日はとりわけ良いお天気でお散歩も快適でした。幸い、日本祭りのシャトルバスが運行されている最寄駅のJabaquaraまでは、我が家から直行バスが何台も出ているので便利。11時半過ぎに自宅を出て、午後1時少し前に会場であるイミグランテス展示場に到着しました。サンパウロ州政府が何やら立派な新展示場を建てていてビックリ!
f0146587_06503804.jpg
バスが駐車場に着いた時とても驚いたのが、たくさんのボランティアの若い方がとっても親切なこと。シャトルバスから降りる時、段差があったので恐る恐る降りようとすると、さっと手を差し伸べ安全に降ろしてくれました。これは、帰りのバスでも同じ光景が見られたので、この親切なサービスは徹底されているなあと感心しました。1年ぶりに赤鳥居を潜ります~♪今年は例年よりお金をかけていないような印象を受けました。
f0146587_06520093.jpg
今日は初日でまだ空いています。クレジットカードと現金支払い専用窓口に分かれて案内されます。私はニコニコ現金でございます。残念ながら65歳以上は入場無料ですが、あと3年もある(ー_ー)!!カードを機械に通して中に入ります。今年は外の県人会の物産展がない模様。
f0146587_06551076.jpg
広い会場の中に入って、一生懸命三重県のブースを探しましたが、30分以上歩き回っても見つかりません。途中でこんなおじさんに掴まって話し掛けられるし…
f0146587_06583088.jpg
案外手間取りましたが、漸く第一目的地である「三重県ブース」を発見しました。アミューズメントパークの近くにありました。昨年の秋に、鈴木知事から「みえ友パウリスタ」を仰せつかってからの初仕事がこのブースのご紹介です。
f0146587_10230546.jpg
三重県は、来年の5月に伊勢志摩サミットを控えており、ブラジル人の観光誘致と三重県の知名度を上げるための出展でした。既にブースには三重県の特産品が所狭しと並べられていました。その中の一つが万古焼の陶器です。
f0146587_10235784.jpg
美味しいお茶を入れられそうな理想的な急須、三重県には伊勢茶という特産品もあります。
f0146587_10311670.jpg
こちらは何ともいえない色合いのお皿やお湯呑
f0146587_10324392.jpg
お料理を盛ったらさぞや映えるでしょうねえ。
f0146587_10342081.jpg
2016年伊勢志摩サミットが決まった三重県の若き知事鈴木英敬さんが一生懸命お話されているビデオが流れています。ポルトガル語の字幕付き。
f0146587_10373366.jpg
三重県庁の国際企画班からサンパウロまでご出張で来られた山内さんと大平さん。もう何度もお目にかかっているので、顔馴染みの域に!?水曜日の夕方にサンパウロにご到着されたばかりだと言うのにあまりにお元気で驚きました。
f0146587_10415351.jpg
座ってお話を始めると、すぐに美味しい伊勢茶を出して頂きました。美味しかった~!今回は三重県産の海産物をたくさん持って来られました。
f0146587_10473870.jpg
中でもこの鰹節は羨ましかったですねえ~(笑)
f0146587_10491433.jpg
色々お話をしていると、三重県・四日市で作られている手延べ冷麦を出してくださいました。
f0146587_10503693.jpg
綿もおつゆも鰹節も全部三重県産のもの、美味しいはずですよね!
f0146587_10543216.jpg
定期的にこのようにどんどん試食品を提供してくださるのです。太っ腹~♪
f0146587_10533271.jpg
試食品が出されると黒山の人だかりの大人気!冷麦を食べている皆さんの笑顔がステキでした。
f0146587_10593048.jpg
この冷麦の試食の後、酢の試飲も行われる予定だとのことでした。
f0146587_11014052.jpg
そして、純米大吟醸神の穂「半蔵」というお酒の味見もあるそうです。
f0146587_11030307.jpg
長居して酢やお酒の味見をして行きたいのは山々なのですが、金曜日の鬼のような渋滞が手ごわいので、今日は早めに会場を後にしました。たくさんの三重県関係のポスターを見ていると、また必ず三重に戻ろう、との思いが強くなりました。
f0146587_11122283.jpg
f0146587_11135058.jpg
何といっても、最大の目標は2016年伊勢志摩サミットでしょう。
f0146587_11145648.jpg
パンフレット類も大変充実しているので、たくさんの方がお持ち帰りされました。
f0146587_11183033.jpg
こんな楽しい三重県ブースに是非お立ち寄りください。三重県ブースについては、こちらニッケイ新聞の記事に出ていますので、ご覧になってください。サンパウロ近郊にお住いの方、週末はフェスティバルドジャポンへ!


by beijaflorspbr | 2015-07-25 11:33 | 三重県 | Trackback
2015年 01月 14日

実はそれ、ぜんぶ三重なんです!=観光キャンペーン

既報の通り 、この度三重県知事の鈴木英敬さんより「みえ友パウリスタ」に任命されましたので、その委嘱状を頂くため、最後の訪問は津市の三重県庁にお邪魔させて頂きました。三重県人ではないのに、三重県と深いご縁が出来てこれで2回目の訪問でした。何故か普段は全然平気なのに、お役所ってどうして緊張するのでしょう?案内されたのは、「観光・国際局長室」見ただけで腰が引けてしまいました。しかもたーくさんの県庁職員さんが出迎えてくださって。。。(●^o^●)←赤面!
f0146587_22315267.jpg
何と!観光局の加藤局長さまより、委嘱状を頂戴しました。こうやって授与式をするのは学校の卒業式以来!?(笑)それにしても周りにはたくさんの職員さんが見守ってくださっています…。ちょっとビビッて「皆さん、お仕事に戻ってくださーい」とついついお願いをしてしまった次第ですが「でもこれが我々の仕事ですから。。。」と。(一応証拠写真を載せておきましょう)←ピンボケバンザイヽ(^o^)丿
f0146587_22544700.jpg
この部署こそ「実はそれ、ぜんぶ三重なんです!」のキャンペーン基地で、色々な魅力的なグッズが揃っていて、実に楽しい空間でした。
f0146587_22314353.jpg
私もたくさんの「みえ旅」グッズを頂戴し、大変嬉しい時間を過ごさせて頂きました。
f0146587_22343005.jpg
「みえ友パウリスタ」に任命された私はこれから何をするかというと、
◎サンパウロの皆さんに三重県の紹介やPRを(メールやブログを通して)する。
◎三重県の皆さんへサンパウロの紹介をする。
◎三重県とサンパウロの交流事業のサポートをボランティアスタッフとして参賀する。
などなど・・・つまり、姉妹都市でもある三重県とサンパウロ州の絆を結ぶお役目と理解しました。まだまだ三重県内には未踏の地もたくさんありますので、その魅力を探り、これからもサンパウロに住む三重県ファンとして、末永く三重県の魅力を多くの皆さまに広めたいと思っております。三重県には山あり海ありでその多様性こそが魅力の宝庫かと思います。これからの三重県訪問が楽しみでなりません。至りませんが、宜しくお願いいたします。
f0146587_21061323.jpg
三重県から頂いた記念品です。資料は熟読し、グッズは大切にします。
皆さま、魅力ある三重県へ是非お出かけくださいませ!


by beijaflorspbr | 2015-01-14 22:42 | 三重県 | Trackback
2015年 01月 13日

2014年秋三重旅@伊勢神宮内宮参拝

この時期のサンパウロは真夏、気温は日中で35℃くらいまで上がるものの、午後からは急に曇ってきて俄かに雨が降り出します。ずっと水不足で市民を苦しめてきた水不足もこの雨で何とか問題解決か!?と思いきや、とーんでもない悪さをするこの激雨にいい加減参っている今日この頃、夕方ゴロゴロという雷さんの第一声が来ると、バタバタと慌ただしい動きをする我々。家中の窓を閉め、電源という電源を抜きまくり、窓側には雑巾を敷き、「その時」に備えます。程なくバリバリ・・・ゴロゴロ…耳をつんざく雷音に、体中が震えることも。昨日の雷はまた格別酷くて、あまりの恐ろしさに震えていました。停電はしなかったものの、家の近所2-3キロ地点で大洪水があり、プカプカ浮いている車の映像を見た時はさすがにゾッとしました。それよりも酷いのが風、風が市内の木という木をなぎ倒し、この夏に倒れた木は900本以上になったそうです。サンパウロには変な決まりがあり、黙って木を切ると市から罰金が言い渡されます。我が家も自宅建築中に前面の木を全て切ったら、目が飛び出そうな罰金が来て驚いた苦い経験があります。倒れてしまった木の映像をみると、中がクッピン(シロアリ)に食われて空洞になったものが多数。その木の下には、必ずと言って良いほど駐車していた車の潰れた姿がありました。ある人は、「自動車税を払いに銀行に行っている間に自分の車が雨で流されていた…」と語っていました。その倒れた木々が更に電線を断ち切り、何日も停電している地区も多数。もうサンパウロはこの時期になると大混乱を来たします。サンパウロにお住いの方、外出や大切な用事はなるべく午前中に済ませ、大木の横には車を停めない、歩かない、ゴロゴロが鳴り出したらすぐに大きな建物に避難するなど、どうかたちの悪い雷にはお気を付けくださいませ。

前置きが思い切り長くなりました、すみません~♪いよいよ楽しみにしていた伊勢神宮参拝です。鳥居をくぐるとそこはもう聖域…。砂利を踏む音に身が引き締まります。
f0146587_20454648.jpg
しばらく真っ直ぐ進むと、第一鳥居があります。
f0146587_20464082.jpg
鳥居を潜って少し右の方に逸れると五十鈴川です。この御手洗場はパワースポットだそうです。明らかにいつもより雨で増水していました。
f0146587_20472802.jpg
紅葉がキレイです。
f0146587_20482882.jpg
いよいよ正宮への入り口の第二鳥居です。
f0146587_20490261.jpg
皇大神宮にまいりました。写真は階段に登る前に…。今回初めて教えて頂いたのは、この正宮はお礼参りをするところだそうです。この時、いっぱい願い事をしてしまった私はいったいどうなる!?
f0146587_20504094.jpg
願い事は、こちらの荒祭宮でするそうです。内宮正宮の次に大きなお宮さまですので、ご利益もありそうです。という訳で一生懸命手を合わせてまいりました。
f0146587_20511824.jpg
パワースポット「踏まぬ石」
*いわれ…御正宮から荒祭宮へ向かう際、55段の石段を降りる時、下から数えて14段目の真ん中にあるものが「踏まぬ石」といわれる石です。石の割れ方が『天』という文字に見えることから「天から降ってきた石である」とか「御神宝をこの地に埋めた目印」などという伝説があるようです。この石を踏んでしまった方の中には、後日怪我をされた方もいるという伝説もあるそうです。元々神社の階段の中央は、神さまの通る道という謂れがあり、中央を避けて、左右を進むことをお勧めします。
f0146587_20520267.jpg
宇治橋に戻ってきました。
f0146587_20534798.jpg
生憎の雨でしたが、神聖な雰囲気を思う存分満喫することができ大満足な伊勢神宮参拝でした。
f0146587_20543409.jpg
五十鈴川の静かな流れ…
f0146587_20552315.jpg
一礼をして、神宮を後にしました。
f0146587_20555459.jpg
五十鈴茶屋では、お座敷に座り静かにお庭を眺めながら…
f0146587_20574632.jpg
大好物の『赤福』をお抹茶と共に頂きました!
f0146587_20565349.jpg
とても有意義な時間、大きなご褒美を神さまから頂けたような良い時間でした。Sさん、ありがとうございました。


by beijaflorspbr | 2015-01-13 21:56 | 三重県 | Trackback
2015年 01月 12日

2014年秋三重旅@伊勢神宮参拝の前に昼食

1泊2日の三重旅もいよいよ最終日、万協製薬のフィギュア博物館でしばし子どもに還って遊んだ後は伊勢神宮にご案内頂きました。ちょうど昼食時間でしたので、食事をすることにしました。B4駐車場のすぐ隣にある赤福さん経営の「野遊びどころ」は、食事をするお店や、気の利いたお土産を買うことができます。
f0146587_20543599.jpg
「野あそび棚」は和空間のお店
f0146587_21154627.jpg
Sさんは、一皿に色々なお料理が詰めこまれた「野あそび弁当」を
f0146587_21165321.jpg
私は「とろろ御膳」をお願いしました。ちょうど雑誌の撮影があり、店内は騒然としていましたが、それでも美味しく頂きました。
f0146587_21182484.jpg
食事を終えた後、地下道を通って内宮へ、名物!?ハート形の石もナデナデ(笑)
f0146587_21210740.jpg
お土産屋さんを兼ねた飲食店、海の恵み溢れるメニューが満載
f0146587_21224685.jpg
おはらい横丁は歩いているだけでも楽しい~♪
f0146587_21240094.jpg
『赤福』本店前も相変わらずの人また人…。
f0146587_21250235.jpg
うぅー美味しそうな和菓子、特に季節の栗饅頭が美味しそう~♪でもこの五十鈴茶屋は後で寄るから我慢我慢。。。
f0146587_21261089.jpg
天候不順でもかなりの方が参拝され賑わっていました。
f0146587_21295381.jpg
熊野の「鈴木水産」さんは決して素通りできません。焼き立ての干物を味見できるからです。美味し~~♪
f0146587_21320899.jpg
あちこちふらふらしていたのですが、漸く入口の鳥居までやってきました。
f0146587_21352575.jpg
美しい紅葉に迎えられて…。
f0146587_21390179.jpg
さあ、宇治橋を渡り気合を入れてお参りしましょう!
f0146587_21405011.jpg
続きます。


by beijaflorspbr | 2015-01-12 21:42 | 三重県 | Trackback
2015年 01月 11日

2014年秋三重旅@万協製薬松浦社長と面会&BANKYOフィギュア博物館へ

かなり激しい雨の降る中、我々が次に向かったのは、三重県多気郡にある万協製薬株式会社でした。名物社長である、松浦信男社長と奥さまに久しぶりでお目にかかることができました。松浦社長ご夫妻とは、2年前にサンパウロで親しく交流させて頂いたご縁でその後もFecebookなどを通して今もささやかな交流が続いています。この日は、会議前の大切な時間を割いて会ってくださいました。奥さまは、昨年から多気町の町会議員もされており、ご多忙のようでした。しかしながら、きっちりとメモを取るなど、真面目で誠実な姿勢は変わらず、社長のダジャレも健在で何とも心温まる時間を過ごさせて頂きました。面会時間はほんの30分ほどでしたが、奥さまには見えなくなるまでずっとお見送りをして頂きました。万協製薬が誇る肌に優しいクリームなどのお土産も山ほど頂きました。ありがとうございました。
f0146587_22080962.jpg
その後、昨年松浦社長が立ち上げた夢の「BANKYOフィギュア博物館」へ連れて行って頂きました。フィギュア館は、万協製薬の第三工場に隣接するところにあります。この施設は松阪紀勢界隈まちかど博物館にも認定されています。
f0146587_22224896.jpg
恒例の万協製薬の商品をオーナメントにしたツリー(笑)
f0146587_22254109.jpg
中に入ると、いきなり鉄人28号が迎えてくれます。その前には何故かお賽銭箱!?
f0146587_22270793.jpg
小さなものから・・・
f0146587_22290561.jpg
等身大以上の大きなものまで…
f0146587_22300695.jpg
ま、好き嫌いは別として・・・
f0146587_22304521.jpg
子どもを連れてきたら間違いなく喜ぶことでしょう。
f0146587_22314613.jpg
でもやっぱり私が一番興味を持ったのは飛行機の模型たち
f0146587_22333236.jpg
懐かしのパンナムまで飾ってありました。パンナムと言えば、赤ちゃんだったパトちゃんをブラジルまで死ぬ思いで連れて帰った懐かしの飛行機~♪Koreanも独身時代の出張でロスから羽田まで乗った時、丸一日ディレイしたよな~思い出が溢れるように湧き出てきます。
f0146587_22361234.jpg
シュワッチ!!
f0146587_22383422.jpg
もうアンビリーバブルな世界
f0146587_22394224.jpg
あまりの数の多さに度肝を抜かれっぱなし。人それぞれに思い出や繋がりや愛着はあるので、嵌ったら怖い空間だと思いました。だって、こんな自由な空間なら時間を忘れて遊べそうなのですもの。
f0146587_22410107.jpg
まるで大きな大人のおもちゃ箱!
f0146587_22431519.jpg
すごく楽しめました。ここまで綺麗に整理をされた社長始めスタッフの皆さまのご苦労がしのばれました。
f0146587_22441362.jpg
いやはや・・・もちろん全部は到底載せることは難しいものの、かなり満喫させて頂きました。松浦社長宅横にあった昔のフィギュア館にもお邪魔したことがありますが、数倍立派になり、見易く展示されているので、これから多くのお客さまに来て頂けると良いなあと思いました。松浦社長の夢はずっとずっと続いているようで、今でも珍しいものを見ると買わずにはおれないそうです。大きな子ども、ちょっとお茶目で可愛い松浦社長のこれからのご検討とご活躍をお祈りします。ありがとうございました!BANKYOフィギュア博物館の行き方はコチラです。


by beijaflorspbr | 2015-01-11 22:50 | 三重県 | Trackback
2015年 01月 10日

2014年秋三重旅@奥伊勢フォレストピア宮川山荘の朝食

昨日まで娘の仕事場の電話番をしており、3日間自宅を留守にしていましたので、日本の記録を更新できませんでしたが、今日から日記を日本に戻します。忙しいことですみません。奥伊勢フォレストピアでのディナーを楽しんだ後、寝る前にもう一度温泉で体を温め爆睡しました。静かで良く眠れました。朝起きると、外はあいにくの雨模様。。。その後のスケジュールが控えていたので、ちょっとガッカリしました。
f0146587_22292805.jpg
昨晩ディナーを楽しんだ「アンジュ」へもう一度朝食を頂きに行きました。
f0146587_22312495.jpg
既にテーブルセッティングがされていました。
f0146587_22315626.jpg
興味を惹かれたのが、この5種の小鉢、海外在住者には喉から手が出るほど欲しい食材の宝庫
f0146587_22324764.jpg
優しいお味の小鉢。
f0146587_22333836.jpg
お魚と卵焼き~♪
f0146587_22342147.jpg
そして、朝食のメインは胃に優しいお粥なんです!
f0146587_22352586.jpg
結局あれよあれよという間にたくさんの品数が並び、大満足の朝食でした。美味しかったぁ~♪
f0146587_22365299.jpg
こんな風に具をいっぱい載せて頂くお粥も格別!!
f0146587_22380703.jpg
最後はコーヒー&ヨーグルトにミニケーキまで!内容が素晴らし過ぎて、今写真を見てもヨダレが出そうです(^^)
f0146587_22393558.jpg
お土産屋さんを覗き、伊勢の和紅茶を購入しました。お土産屋さんに置いてあるものは、木工製品や地域で採れた物産品など、見ているだけで楽しめました。
f0146587_22434565.jpg
お買い物後、身支度をし、下に降りました。お会計を済ませ、支配人さんのお見送りを受けて出発しました。大変居心地の良いホテルで、身も心も癒されたことは言うまでもありません。機会があったらお立ち寄りくださいませ。お勧めです!
f0146587_22444164.jpg
〒519-2513
三重県多気郡大台町薗993番地
TEL:0598-76-1200
*昼食付日帰り温泉プランもあります。


by beijaflorspbr | 2015-01-10 22:54 | 三重県 | Trackback