カテゴリ:上海の街角から( 8 )


2008年 10月 23日

上海旅行記…上海博物館

上海博物館1952年12月国内外著名な中国古代博物館として建設され、1996年10月12日改装され高さ19.5メートル現在の形にいたる。開館以来12.3万余りの貴重な資料や骨董が収集され、青銅器、陶器、書画、玉器など21種に及ぶ。11の専門陳列館、3つの展示場、陳列面積は、12000平方メートル。
f0146587_23191178.jpg
生憎の曇天です。
f0146587_1124578.jpg
上海旅行の2日目は上海博物館に行きました。ここには名だたる陶器や書画などが展示されています。以前は20元と有料でしたが、私が行った日は何故か無料開放日で、長蛇の列に並ぶこと1時間以上、足が痛くなった頃にやっと中に入ることができました。中国はどこへ行っても行列です。黙って並んでくれると良いのですが、途中で唾を吐いたりするので、気になって気になって仕方がありませんでした。
f0146587_23225725.jpg
中は吹き抜けになっています。
f0146587_11253136.jpg
それでは私と一緒に展示物を観て回りましょうか。陶器好きにはたまらないほど魅力的なコレクションの数々です。
f0146587_11255190.jpg
一番気に入った書です。こんな字が書けたら良いなあ~PCに頼るようになってすっかり字を書かなくなった昨今、よけいに新鮮に見えます。
f0146587_1126835.jpg
上海もコスモスが咲き乱れていました。
f0146587_2337169.jpg
こうして展示物の写真を自由に残せるのは大変有難いことですね。時間に限りがあり、全部は見られなかったので、今度はゆっくり来てみたいと思います。

by beijaflorspbr | 2008-10-23 23:42 | 上海の街角から | Trackback
2008年 10月 18日

上海旅行記…豫園、庭園

前にも書きましたが、この庭園の中はとても広大で、自然石でできている庭は大変見応えがありました。
f0146587_23203477.jpg
順路のままに歩きます。食後なので足が重たいこと!
f0146587_2321140.jpg
京都などの庭園とはもちろん違います。季節の花をあしらって。
f0146587_23215995.jpg
点春堂と万花楼の間の壁上部は龍で装飾されています。
f0146587_2323777.jpg
1843年に建設された万花楼です。
f0146587_23263616.jpg
池には鯉がいっぱい!!
f0146587_3264888.jpg
特徴のある屋根が全体の建物の共通のシンボルのようです。お土産屋さんも冷やかしてみます。道をそぞろ歩きしていると、まあ偽ブランドものを売るしつこい人々が寄ってきます。
f0146587_3271565.jpg
どこへ行ってもすごい人出です。お茶屋さんもたくさんあります。もみくちゃになって歩いていると何だかだんだん楽しくなってきました。麻地のコースターを半額に値切って買いました!
f0146587_3295056.jpg
さあ、次はどこへ行こうか?と同行の友人と相談の結果、上海博物館へ行くことにしました。前は有料だったらしいのですが、今は無料ということでまた中国人に混じり長蛇の列に並ぶこと1時間。やっと中に入れた時は完全に「切れて」いました。続きます。
*現在仕事が農繁期を迎えましたので、上海旅行記も飛び飛びになってしまい 読みにくくて申し訳ありません。火曜日頃からは少しまとまった時間が取れるかと思います。今が正念場、頑張ります!

by beijaflorspbr | 2008-10-18 23:38 | 上海の街角から | Trackback
2008年 10月 15日

上海旅行記…豫園「南翔饅頭店」

最近ブログが飛び飛びになってしまって申し訳ありません。私の友人の中には、ここを覗いて出勤、帰宅してまた訪問し、私の無事を確認してくださる方がいらっしゃることを先日お聞きしました。本当に有難いことと感謝した次第です。本気で私の健康や精神状態を心配してくださるお友達の存在は何にも代えがたいものです。これからも友情を大切に育んでいけたらいいなと思わされました。

さて、土曜日も日帰りの東京(正式には埼玉)でしたが、2日飛んで昨日から今日、明日の3日間連続で上京します。木曜日は東京泊まりなので、実質4日間は東京滞在、土曜日は久々の静岡上陸(って大げさですが)の予定です。しばらくは忙しい日々が続き、ご無沙汰してしまうかもしれませんがお許しください。「ブログが更新されていないと寂しい」と仰ってくださる方のお言葉を支えにこれからも拙い文章と写真ではありますが、書かせて頂きたいと思います。何よりブログは、誰のものでもない、ハチドリのものなのですから。長い長い人生には色々なことがあります。これを全て勉強の場と捉えて一生懸命前向きに進んで行こうと思っています。今日も2時間後の出発までの時間にこの原稿を書いています。どこまで書けるかは分かりませんが、頑張ります!今日は上海の「豫園」です。そしてあの「南翔饅頭店」での食事風景です。

豫園とは
豫園の「豫」とは「愉」に通じる語であり「豫園」とは「楽しい園」という意味があるそうです。豫園は400年以上の歴史を持つ、中国江南を代表する庭園です。面積は約2万平米、外灘南端から徒歩10分のところにあります。豫園は四川省の役人潘允端が1559年両親のために贈った庭園で、18年の歳月を費し建てられました。園内には大小の楼閣があり、龍壁によって分けられています。龍壁とは、一匹の龍が波打つような姿そのままに彫刻されて屋根となっている屏のことです。この日は、森ビル(上海ヒルズ)、外灘(ワイタン)と回ってきてうっかりデジカメの充電を忘れ、豫園に着いた時に赤いバッテリー切れサインが点滅、ちょっと焦りました。さて、豫園の中に入ってみましょう。
f0146587_6382626.jpg

瓦が上を向いているのが特徴です。
f0146587_6385624.jpg

それにしてもすごい人でした。
f0146587_316527.jpg

豫園と言えばまず小籠包で有名な「南翔饅頭店」です。私はここでのお食事を楽しみにしていました。下では長蛇の列に並んで買わないといけませんが、2階の奥に行けばいくほど値段は高くなりますが、ゆっくり座ってコースを楽しむことができます。観光客は、短い時間で欲張ってあちこちを回るので、こちらがお薦めですね。過去に心斎橋店で頂いたことがありますが、量の少なさにちょっと不満でした。さあ、本店の味は如何でしょうか?ワクワクします!
f0146587_6453369.jpg

まずは前菜から。
f0146587_6461061.jpg

初めて青島ビールを飲んでみました。ガスが抜けていて…なんともはや…。
f0146587_6472593.jpg

手前の三角の揚げた春巻きのようなものの中には細かく切ったお豆腐が挟まれておりとっても美味しかったです。お饅頭ももちろんですが。
f0146587_6475495.jpg

これは饅頭を食べるのではなく、中のスープを飲むのです。激熱なので要注意!
f0146587_6495444.jpg

待望の小籠包がやってきました。アツアツを食べたいので、焦って画像が乱れました。
f0146587_65315100.jpg

他にはこんなものも出されますが、お腹がいっぱいになってしまいます。
f0146587_6533138.jpg

なのに、さらにスープとキャベツの野菜炒めが出てきました。
f0146587_6541150.jpg

お腹がはち切れそうになりつつも完食!いったい後の始末はどうするのやら…。上海にきてから食べてばかりのハチドリかーちゃんでした。ご馳走様!大勢の店員さんが一心不乱に饅頭を包んでいました。
f0146587_6561977.jpg

外にも凄いお客さんが並んでいます。
f0146587_657135.jpg

大きくなったお腹をさすりつつ外に出て散歩をすることにしました。
f0146587_3143166.jpg

細い橋に人が犇めいていて何だか池にポチャっと落ちそうです。押し合いへしあい…。
f0146587_704354.jpg

そりゃあ国慶節ですものね、すごい人だかりは覚悟の上。
f0146587_711086.jpg

皆さんが見ているのは池の鯉なのですが…まあ何万人いるのか!
f0146587_72354.jpg

特徴のある屋根が絵になっていますねえ。
f0146587_73739.jpg

上海ヒルズもちゃんと見えます。
f0146587_735890.jpg

こんなに人がいなければもっとゆっくり見ることができるでしょうに…。
f0146587_75045.jpg

綺麗なおねーさん、偶然とはいえ絵葉書のような一枚です。
f0146587_76341.jpg

しばらくくねくね曲がった橋を進みます。
f0146587_763968.jpg

渡りきったところで後ろを振り返ってみた図です。
f0146587_775422.jpg

さあ、入園料を払って庭園の中に入ってみましょう。

by beijaflorspbr | 2008-10-15 07:10 | 上海の街角から | Trackback | Comments(4)
2008年 10月 13日

上海旅行記…浦東地区の高層ビルへ

高いところと新しいところが大好きな私は、今年の8月30日に本格開業したばかりの上海環球金融中心ビル(Shanghai World Financial Center,上海ヒルズ)に上ってみることにしました。高さ492m、今のところ世界一高いビルです。森ビルが建てたことでも話題になりました。お隣のジンマオタワー(Jin Mao Tower=金茂大厦)は、(高さ420.5m、88階)
f0146587_331039.jpg

行きたい階数によって値段が変わります。94Fは100元、97Fは110元、100Fは150元せっかくなので、全て回ろうと張り切って150元を支払って上りました。
f0146587_333356.jpg

プレショーを見せられてからエスカレーターで下に降ります。チケットブースもまるでテーマパーク風です。ここは英語が通じました。クレジットカードも使用可です。
f0146587_33554.jpg

購入したチケットです。94F以上に行く場合は、機械でバーコードを読み取るシステムです。あちこちにこのようなチャーミングな案内役の女性が立っています。
f0146587_342397.jpg

まずは94Fまで一気にあがります。
f0146587_22222913.jpg

さらにエスカレーターを上ると、展望スペースに案内されます。
f0146587_343983.jpg

生憎どんよりと曇ったお天気で見晴らしの悪いこと!ガッカリしましたが、気を取り直して
さらに上階を目指します。
f0146587_2226893.jpg

中国に行って感じたのは、「行列に並ぶことが多い」ということです。
そしてマナーを守らない中国人はどんどん横入りをし、当然という顔でいる人が多く、
これにはさすがの私も何度も頭にきてしまいました。ボヤっとするなかれ!これを頭に
インプットするのに時間がかかりましたが、最後は負けずに足を踏ん張っていました…。
f0146587_22275283.jpg

いよいよ100Fに到着しました。床は強化ガラスでできているそうですが、何だか怖い!腰が引けますが、勇気を出して窓に近づいてみました。
f0146587_22362983.jpg

床がスケルトンになっているのです。高所恐怖症の方は下を見ない方が良いですね。
f0146587_351768.jpg

う~ん、ぼや~っとしていますねえ。これは運・不運があるかもしれません。上海はなかなかスッキリ晴れるということがないそうです。
f0146587_22413216.jpg

反対側の窓から住宅群を見てみます。小さい家がびっしりと建っています。
f0146587_354055.jpg

みんなしゃがんで写真を撮ったりして何だか楽しそうですねえ。
f0146587_3609.jpg

ガイドブックと実際の風景を照らし合わせてみました。浦東地区から外灘(ワイタン)方面。
f0146587_2247498.jpg

100Fから94Fに下りてみましょう。広いホールにはお土産屋さんが。
f0146587_361955.jpg

ここから見る景色が一番クリアでした。お隣の金茂ビルは手を伸ばせば届くような距離。
f0146587_22523817.jpg

明るく開放感のある1Fホール。入り口では荷物検査が行われています。
f0146587_22545884.jpg

周りの豪華なビル群。上海の街は新しく高いビルが林立しています。
f0146587_2256383.jpg

今降りてきたばかりのビルを見上げるとこんな感じです。
f0146587_2258325.jpg

この新しいビルは、今でこそ世界一ですが、そのうちもっともっと高いビルができるので、「今のうち」という但し書きが付くのが面白くて、「今のうち」でも「世界一」の時に上ったんだな~ということを記憶に留めることができて良かったなあと思いました。はい、自己満足の世界ですね!この行列に並んでいる時に、何人にも追い越された
記憶もこれからの人生の教訓になりそうです(笑)。恐るべし中国人パワー!負けないぞ、と心に誓ったハチドリなのでした。続く…。

by beijaflorspbr | 2008-10-13 23:04 | 上海の街角から | Trackback | Comments(8)
2008年 10月 10日

上海旅行記…食事編

上海は世界でも名だたるグルメの街です。この街で私が頂いたものを順番に掲載してみましょう。ある意味嗜好が偏ってしまっているかもしれませんが、お許しください。この日の食事はしゃぶしゃぶ(中国では火鍋)でした。庶民的な店でお腹いっぱい頂きました。基本的には一人鍋です。
f0146587_17372495.jpg

鍋の中には予め出汁がはってあり、良い香りのするクコの実(のようなもの)が入っていました。ビールのお供は冷奴です。中国のお豆腐はどこで食べても美味しいのです。
f0146587_12214376.jpg

まずはしゃぶしゃぶ用のお肉と野菜と薬味が運ばれてきました。大根ボールがおもしろい。店員さんも日本語を少しだけ話していました。
f0146587_12231924.jpg
 
豚肉、餃子、コンニャクに豆腐です。隣の中国人は何度もお豆腐のお替りをしていました。
f0146587_12234296.jpg
 
夢中になって食べすぎました。大変美味しく頂きました。火鍋バンザーーイ!
f0146587_16305149.jpg

最後はおじやにしてくれます。塩がアジシオじゃなければもっと良かったのですが…。
f0146587_1224813.jpg
 
友人との1年ぶりの再会を祝してジョッキを傾けたこの夜の食事は最高にハッピーでした。翌朝、好奇心旺盛の私は、朝から街に繰り出して中国人が食べる一般的な朝食を頂きに行ってみました。朝の南京東路界隈はまだひっそり寝静まっているようでした。
f0146587_12244999.jpg
 
ホテルからは早朝から人がたくさん出てきて次々に食堂に吸い込まれていきます。国慶節なので、同じ中国人観光客も多いようでした。
f0146587_1225789.jpg
 
お粥は5元(100円しません)、点心も格安でリーズナブル。ごくごくシンプルな店内、店員さんが怒ったように走り回ってます。
f0146587_12253352.jpg
 
まずは上海に来たらこの小籠包を食べなくちゃ!ハフハフ言いながら…。完食!
f0146587_1657171.jpg

小さい丼に盛られた麺やおかゆも注文
f0146587_12255427.jpg
 
お腹がいっぱいになってしまいました。念のため、2人分です(笑)。ある日は本格的な中華料理、とはいえお腹があまり空いていなかったため、軽く頂きましたが、さすが本場のお料理と舌を巻きました。日本にも支店のある「過門香」にて
f0146587_12261412.jpg
 
落ち着いたステキな店内です。
f0146587_12263215.jpg
 
ではお料理を。まずは海老。プリプリで美味しいこと!黒酢をつけて頂きます。
f0146587_17104362.jpg

蟹玉、蟹の身がたっぷり入っていました。
f0146587_17111695.jpg

青菜の炒めたもの、これは野菜も味も選ぶことができます。こんなに美味しい野菜炒めは初めて、というくらいシャキシャキして美味しかったです。この店は日本語メニューがあります。
f0146587_17144988.jpg

フカヒレです。沸々と沸いたものをアツアツで頂きます。美味しい!
f0146587_1715172.jpg

一日3回中華料理を頂いても、ヴァリエーションが楽しめるのは素晴らしいなあと思いました。改めて中国人の食材に対する工夫や知恵、そして調理技術といったものを心から尊敬した次第です。日本の中華料理もそれなりに美味しいのですが、上海の料理と比べてしまうと、まだまだだなあと思いました。当たり外れのないグルメの街、それが上海なのだなと思わされました。グルメ記事はまだまだ続きますが、今日はこの辺で…。

by beijaflorspbr | 2008-10-10 17:34 | 上海の街角から | Trackback | Comments(6)
2008年 10月 09日

上海旅行記…スーパーそして市内観光

まずは大変興味のある中国の台所でもあるスーパーへ。Carrefourは、もちろんサンパウロにも日本にもある、フランス資本の巨大スーパーチェーンです。海外に行くと必ずスーパーを覗きたくなるのは主婦の習性とでも言いましょうか楽しくて仕方がないですね。ではそのCarrefourに入店してみましょう。漢字の表示がなかなか面白いですね。当て字という感じもしますが…。
f0146587_21242972.jpg

Carrefourはこのショッピングセンターの地下にありました。
f0146587_2126727.jpg

何階建てかは分かりませんが、随分豪華で大きなSCのようです。
f0146587_11595368.jpg

ステキなお洋服やアクセサリーも見てみたい気はしますが、まずは食料品に興味が湧きます。
f0146587_21293539.jpg

あああーー上海蟹が!!
f0146587_21305438.jpg

水槽にウヨウヨ泳いでいます。
f0146587_21324864.jpg

ところで、念のためここで拡大図を…。立派なものですねえ!
f0146587_21333520.jpg

茹でると実に鮮やかな色に変身します。みそもたっぷりと!じゅる~っときちゃいます。この写真は友人に送ってもらいました。本当に美味しそう!
f0146587_1202131.jpg

果たして滞在中にこの蟹ちゃんが頂けるのでしょうか?期待は膨らみます。ささ、気を取り直して、今話題の中国製の牛乳やあばらに群がる人々に驚きました。牛乳売り場には、きちんと説明する店員を置いていたこと、あばら売り場は、何故か主婦の方々が素手で触って商品を吟味していました。
f0146587_1205832.jpg

蟹やあばらに驚いている場合ではありません。さあ、色々な食材を見てみましょう。以下・海老などの魚介類、ビックソーセージ!餃子などの点心も売られています。キノコ類も充実。綺麗にパックされた野菜、色も鮮やかで美味しそうです。いや~豊富な食材、中国も本当に豊かになったものです(って昔を知らないのですが)。乾物や豆類も袋に入っていてとっても清潔です。小豆などもありました。
f0146587_1215679.jpg

中国にいるのを忘れそうですが、周りの言葉は確かに理解不能の中国語です。
f0146587_1223284.jpg

お米の種類も豊富、丸米なのですね。大きなペットボトルに入っているのは油でした。中国料理に油は欠かせません。それにしても業務用のようなボトルです。コーン油が多いようです。
f0146587_1231059.jpg

Carrefourや他のスーパーも、中国でもレジ袋が有料になりました。日本も早く全面有料にしたら良いのに…などとエコバック常時持参派の私は思います。
f0146587_1232690.jpg

KFCなどのチェーン店やお鮨ブームも相変わらずですねぇ。
f0146587_1234979.jpg

和菓子も売っていますよ。
f0146587_2229331.jpg

いつまでみていても飽きませんが、地下鉄で観光地に移動してみましょう。ところで、上海の地下鉄は生存競争が激しいです。扉が開くか開かないかのうちに乗客が殺到して激しい座席争奪が行われます。これには本当にたまげました。しかし4日間の滞在でほとんど座れたこのワタシ、結構図太いのか!?
f0146587_22304725.jpg

2010年に上海万博が開催されるので、手すりも万博バージョンになっています。地下鉄のチケットはICカード式もありますが、旅行者なので1回きりのチケットです。可愛いので手放したくないのですが、吸い込まれてしまいます、残念!
f0146587_1244013.jpg

まずは南京東路の一つ先、黄浦の向こう側の最初の駅である陸家嘴駅に降り立ち
地上に出てみると…わわわ…巨大なビルが!中国銀行ビルです。立派!
f0146587_2250015.jpg

周りを見回してみると…立派なビル群がこれでもか、というほど立ち並んでいます。
f0146587_1252567.jpg

夕陽にキラキラ映える浦東地区のビル群、美しい光景をしばらく眺めます。
f0146587_126660.jpg

国慶節のせいかどうも人が多くて…ここは絶好の撮影ポイントのようです。
f0146587_22562551.jpg

高さ492m世界で一番高い上海環球金融中心ビルと金茂ビル
f0146587_231698.jpg

上海のシンボルともいえる468mのテレビ塔、東方明珠塔
f0146587_2375678.jpg

高い塔やビルばかり見上げていて肩が凝りましたので(笑)南京東路の歩行者天国を
散歩してみることにしました。南京東路~人民広場までの道は上海でもっとも人が多く、
商店の建ち並ぶ華やかな繁華街です。街の活気がそのまま伝わってくるような賑わいようです。
f0146587_1262924.jpg

外国人もたくさん歩いていて、所々で記念撮影をしていました。吉野家もあるのです。その他、ローソンやファミリーマートなどのコンビニもありました。
f0146587_127788.jpg

商店街を過ぎると今度は高いビルが建ち並んでいました。
f0146587_1272799.jpg

日が傾いてくると華やかなネオンの出番です。
f0146587_1274588.jpg

わあ、美しい!キラキラと輝いています。
f0146587_23244767.jpg

お城のような建物の間を歩いてみましょう。
f0146587_23254947.jpg

人波に揉まれていると、ここがどうしても異国だとは思えず、心地よささえ感じました。
f0146587_12817.jpg

さあ、地下鉄でもう一度移動します。チケットは機械、有人窓口があります。
f0146587_2334173.jpg

タッチパネルになっています。横でパチパチ写真を撮っていたのでおじさんに睨まれてしまいました(笑)。
f0146587_1282619.jpg

そろそろ夕食の時間となりました。何を食べたのでしょうか。長くなりましたので明日に続きます。

by beijaflorspbr | 2008-10-09 23:53 | 上海の街角から | Trackback | Comments(4)
2008年 10月 08日

上海旅行記…到着そして市内へ

関西空港を離陸してから約2時間とちょっとでもう上海・浦東空港に到着しました。沖縄に行くよりも近いのでビックリ、これなら「国際線」という感じは全くしません。入国管理までの長い通路をヘロヘロになって進みます。諦めた頃(笑)やっと入国管理ブースがありました。監理官は2人ずついてペラペラと話し何やら書き込みながらハンコをペタ!っと押してくれます。そのまま税関に進みましたが、トランクをX線に通した結果友人へのお土産物、魚の干物、半生のチリメンジャコを没収されてから通過。真空パックに入っていないものは全て没収されますので、要注意です。サンパウロではこのような規制がないので、ついついうっかりしていました。漬物は匂いますが無事でした。やれやれ…なことがありましたが、ここから何とか市内まで行かねばなりません。
f0146587_11323373.jpg

上海には2か所空港があります。市内に近い虹橋空港は羽田と直結していますが、関西からは使い勝手が悪いので、自然に郊外の浦東空港になってしまいます。しかしそのお陰で世界最速のリニアモーターカーに乗れるのです。乗り物マニアの私にはこれがとっても楽しみでした。また長い長い通路を死ぬほど進むのです…。中国に上陸していきなり国土の広さを実感しました。
f0146587_11325662.jpg

やっと乗り場に着きました!
f0146587_2222455.jpg

上海リニアモーターカーは、「上海磁浮列车」と呼びますが、郊外にある浦東空港と市内にある地下鉄2号線龍陽路駅まで約30Kmをたった7分で走ってしまうという超速交通機関です。15分に1本なので、こちらの待合室で少し待ちました。チケットは片道50元、往復80元、飛行機のチケットを提示すると40元(約700円)と少し安くなるのです。
f0146587_11333494.jpg

リニアが入線してきました。思ったよりもシンプルな車体です。
f0146587_22251495.jpg

特に速そうには見えませんが…これがどうして!
f0146587_1133572.jpg

早速乗り込みます。好奇心旺盛な私、折角ですから一番前に座ってみましょう。
f0146587_11341295.jpg

走り出してすぐに加速し、あっという間に240Km/hに達しました。
f0146587_22281212.jpg

景色が流れていくようでうまく撮れません(>_<)
f0146587_11344634.jpg

おいおい、運転手のおにーさん、よそ見しないの!
f0146587_22292726.jpg

スピードが上がるにつれ皆そわそわと車内をウロウロし始めます。加速するにつれて、まるで浮いているような感覚に陥ります。だから磁浮列車というのでしょうね。実に楽しい経験でした。皆楽しそうにニコニコ笑っています。
f0146587_11351044.jpg

最高速度の430Km/h(実際は431Km/hまでいきます)で、皆嬉しそうに記念撮影!
f0146587_22331669.jpg

ほどなく減速し始めます。そろそろ上海市内に到着するようです。農村地帯からいきなり都会へ。随分前に乗ったユーロスターを思い出しました。
f0146587_11353650.jpg

さあ、降りましょう。初リニア体験、なかなか楽しめました。
f0146587_2236335.jpg

エスカレーターを降りて地下鉄2号線「龍陽路駅」の乗り場に行きます。
f0146587_22372224.jpg

リニアの乗り場にはX線に荷物を通さなければいけません。
f0146587_2237445.jpg

地下鉄駅の表示は漢字なので簡単なようでも難しいです。切符の買い方もまた難しそう、買えるかな?
f0146587_1136079.jpg

好奇心丸出しで片っ端から写真を撮りまくりました。同じ東洋人なのであまり浮かないですぐに同化出来るところがいいですね。商店街を歩くのがもう楽しくてやめられません。中国にきて目に入るのが「赤」国旗色だからでしょうか。看板も洋服も赤が多いようです。
f0146587_11364266.jpg

地上に出たら公園がありました。公園の光景は長閑で良いものですね。
f0146587_22445860.jpg

そこここに屋台が出て、食べ物の匂いが充満しています。
f0146587_11365810.jpg

庶民的な住宅、洗濯棒が突き出ているのが面白いですね。どうやって干すの?
f0146587_2247133.jpg

と思ったら高級マンションが立ち並んでいるところもありました。こちらには洗濯物は干してありませんでした。
f0146587_224874.jpg

う~ん、どこかの国と同じ匂いを感じます。そうです、私の第二の故郷であるブラジルとこの街は色々な面で酷似していたのです。何とか荷物を置いて、身軽になりましたので、次はマーケット&市内観光をしてみたいと思います。

by beijaflorspbr | 2008-10-08 22:51 | 上海の街角から | Trackback | Comments(11)
2008年 10月 05日

ご無沙汰しておりました

久しぶりに大好きな飛行機に乗って(今回は767-400)海外に行ってきました。海外と言ってもお隣の国ですが、未踏の地だったので全てが珍しく楽しめました。
f0146587_2120185.jpg

ネット環境が悪く、このエキサイトブログにログインできず、投稿もままなりませんでした。多くの方々に見に来て頂き、本当にありがとうございます。明日から気合いを入れて一生懸命続編を書きます!
f0146587_11471137.jpg


by beijaflorspbr | 2008-10-05 21:23 | 上海の街角から | Trackback