カテゴリ:サンパウロ生活情報( 436 )


2017年 04月 22日

サンパウロの地下鉄駅でWi-Fi!

恒例の週一の買い物に出かけると…メトロパライゾ駅に今までなかったWi-Fi表示を発見。テレビのニュースで宣伝していたのがこれなんだ、と。
f0146587_21505367.jpg
パライゾ駅の場合はエスカレーターを降りた右側に・・・
f0146587_21420374.jpg
Wi-Fiスポットが設置されていました。簡易椅子もあり、時間が許せばゆっくりメールチェックでもしたいところ。
f0146587_21454939.jpg
私もそうですが、毎月の電話代を抑えるためにプリペイドにしている人は多く、容量が終わりそうなことが良くある中、Wi-Fiは大きな助っ人ですね。でもセキュリティーには気を付けてください。メトロ各駅によってWi-Fiが設置されていないところもありますので、詳しいインフォメーションはコチラから検索できますのでご利用くださいませ。この日サンパウロは気温が上昇し、35℃。暑い暑い…(-_-;)
f0146587_21574897.jpg
と油断していると、夜には急激に冷え込むので、要注意です。若い頃はこの変化になかなか体が付いていけず、良く風邪を引いたものでした。皆さまも風邪など召されませんように!!!


by beijaflorspbr | 2017-04-22 21:58 | サンパウロ生活情報 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 20日

傘をささないブラジルの人たち

最近のサンパウロは、良く雨が降ります。この日も生憎の雨、そんな日はしっかりと傘を持って出かけるのですが・・・
f0146587_09030022.jpg
確かに霧雨とは言え雨が降っているのにも関わらず、傘をさしている人があまりいません。私も最近〇二クロのフード付きの雨合羽を着て行くようにしています。その服装で出ると、傘の出番がほとんどないから大きな荷物を持っている時はとても楽です。ふと街角の様子を何気なく見ていると、突然目の前の一台のタクシーがエンストを起こしてしまいました。すぐ後ろから迫って来たバスとほとんどぶつかりそうに!その瞬間にあっという間に何人かがさーっと寄って来て手助けをしました。ブラジルの方は、こんな時は迅速で親切。
f0146587_09034950.jpg
すぐ横から侵入しようとしたバスは、静かに大通りに入り、過ぎ去っていきました。
f0146587_09041566.jpg
雨のパウリスタ大通りは、少しだけ空気が澄んでいるような気がします。さあ、次は何処へ・・・!?さりげない日常の様子も、もうすぐ離れると思うと愛しい街の姿に見えてきます。


by beijaflorspbr | 2017-04-20 20:00 | サンパウロ生活情報 | Trackback
2017年 04月 15日

鮮魚 三木(みつぎ)さんにイートインコーナー

私が毎週お買い物に行っているサンパウロの東洋人街・ガルボンブエノ。この一角に魚屋の三木(みつぎ)さんがあります。日本人は、魚がないと生きていけません。そんな私たち家族の支えだったのがこの魚屋さんでした。2012年6月に店主の三木宗三郎さんが病を得て亡くなられた後、その前からずっと地道に修行をしていたブラジル人のAntonioくんが跡継ぎとして頑張ってきました。
f0146587_21492338.jpg
つい最近、意を決して店内を大改装したアントニオくん、魚屋には大切な水回りも使い勝手良くなり、全体的に小綺麗になりました。以前から「折角お刺身を作るのなら、ここでちょこっと簡単に食べられるようにしたらどう?もったいないよ」なんてアドバイスを何度も
していました。
f0146587_21510512.jpg
三木のおじさんの厳しい修行に長年耐えたアントニオくん、今は経営者としてしっかり真面目に働いています。
f0146587_21550981.jpg
つい最近、店内を改装したと同時に、お刺身とご飯を用意して、お店の前で簡単に食事が出来るイートインコーナーを設けました。
f0146587_21520068.jpg
ささやかなイートインコーナー。希望すれば魚を選んでその場で切ってもらうことも出来ます。冷たいビールやソフトドリンクなどの飲み物も用意されています。
f0146587_21512058.jpg
親切で真面目なアントニオくんの新しい挑戦がうまくいきますように、応援しています。

Peixaria Mitsugi
Rua Garvao Bueno,364 Box 7 Liberdade
Tel: 11-3207-3953


by beijaflorspbr | 2017-04-15 22:30 | サンパウロ生活情報 | Trackback
2017年 04月 13日

日本からのお土産など・・・

日本を離れてまだ4か月にしかならないのに、日本が妙に懐かしく思える今日この頃。やはりこの桜満開の時期は、気持ちがわさわさします。そんな私の心中を察してか、マメに桜の写真を送ってくれる教え子がいます。その画像を見て、すっかり行った気になって満足しています。さて、私のブログ専用メールにも良くお問い合わせがある「日本からブラジルへのお土産は何が良いの?」なのですが、正しい(と思われる)答えは『何を頂いてもとても嬉しい』です。最近、日本から来られたお友達から頂いた貴重品の数々。ヨックモックのクッキーは、大切に大切に頂いているので、まだ数本は残っています。
f0146587_11102641.jpg
こちらのメリーのチョコレートは日本にいる時に頂き、サンパウロまで持って帰ってきたものです。恐らく日本で食べるよりも数倍美味しく感じました。日本のチョコは美味しいですね!!
f0146587_11103403.jpg
随分前に頂いた高級和菓子とお煎餅も嬉しかったですね。
f0146587_11253442.jpg
そして番外編ですが、我が家で昨年フェイジョアーダ講習をした時に、皆さまから頂いたマカロン。ブラジルにもオシャレなスィーツがあるのですねえ!
f0146587_11104069.jpg
その他お土産候補(日本→ブラジル)
◎洋菓子(綺麗な包装紙に包まれたもの)
◎和菓子(カステラ等は喜ばれます)
◎お煎餅類
◎折り畳み傘
◎タオル・ハンカチ類
◎和ポーチ
◎エコバッグ
◎キッチン便利グッズ
◎ラップやティッシュも候補に…。
 
【以前当ブログに書いた記事もご参考までに載せておきます。】

(こちらブラジルに住む日本人向けに喜ばれるお土産)
※最新の週刊誌
※年齢に合った月刊誌
※美味しい和菓子(あ、自分好みに偏ってきています)
※パリパリのお煎餅(例えスーパーの袋に入ったものでも日本のものは美味しい!)
※高級な日本茶よりもティーバッグや粉末で気軽に入れられるお茶
※半生のチリメン雑魚など
※冷凍明太子
※パリパリの海苔
※蒲鉾や竹輪などの練り物
※自分では買わないちょっと贅沢なふりかけやお茶漬けの素
※インスタント味噌汁
※真空パックの鰻
※お漬物

意外に喜ばれないもの・・・。
※昆布や佃煮
※極端に甘いお菓子や食品
※洋服(好みが合えば良いが合わないと着られない)
※乾物類

(ブラジル人向け)
※美しい包装紙に包まれたお菓子(ヨックモックなどの洋菓子の方が喜ばれる)
※ガーゼのタオルやハンカチ(色の派手目なものが好まれる)
※日本的なキーホルダー等
※縫製の良い色鮮やかなTシャツ
※招き猫?(笑)などの可愛い置物、神社などのお守りが好きな人もいます。
※レターセットや一筆箋(日本人向けも可)
※爪切り(日本製爪切りは切れ味抜群です!)
f0146587_11401286.jpg
(私はこの爪切りを5本ほど買ってきて、必要に応じて差し上げています)
最後にもう一度書きますが、私たちは何を頂いても嬉しい、というのが本音です。ご参考になれば幸いです。


by beijaflorspbr | 2017-04-13 19:00 | サンパウロ生活情報 | Trackback
2017年 04月 08日

サンパウロの豪雨

昨晩サンパウロを襲った豪雨は、たった2時間の降雨量が4月1か月分の雨量を軽く超えてしまうほどでした。市内はあちこち大洪水で、大きな被害を齎しました。Globo局のお昼のニュース動画はコチラです。特に、サンパウロ市北部の被害が大きかったようで、何か所か通行が洪水によって遮断されてしまいました。こんな大雨の時期にグァルーリョス空港からのフライトを予定されている方は、くれぐれも時間に余裕を持ってお出かけください。
f0146587_06432179.jpg
(G1サイトより画像をお借りしました)
今日も朝からシトシト雨が降り続いている中、いつものリベルダージまで食料品の買い出しに行って来ました。いつもなら40-50分ほど乗っていたら目的地に着くのに、1時間30分もかかってしまいました。とにかく酷い渋滞で、流石のバス専用レーンも歯が立たず、何度か止まっては動き出しまた止まる…の繰り返しでなかなかスムースに動きません。3地点を買い物に歩き回っている途中、心配したトリオさんから電話が入るなど、いつもと違うサンパウロ市内の大混乱にすっかりくたびれ果ててしまいました。毎週金曜日は、自宅近辺でフェイラ(朝市)があるので、ご褒美はPastel(揚げパイ)です。一番大きなEspecialを買って、二人で分けて食べると程よい量なので、我が家の金曜日の手抜きメニューは今やすっかり定番化してしまいました。
f0146587_06301466.jpg
我が家の拘りは、これに自家製のヴィナグレッチとゆで卵を添えること。サンパウロにお住いの方、たまにはパステウなど如何ですか?お野菜をたっぷり加えると、主食に変わりますよ~♪


by beijaflorspbr | 2017-04-08 06:40 | サンパウロ生活情報 | Trackback
2017年 04月 03日

電子レンジの電源プラグ問題

20年以上我が家の生活を支えてくれた電子レンジ。これは日本に帰るSちゃんが置いて行ってくださったものです。いつも綺麗にして、大切に使ってきました。でも電気製品の20年選手ともなると、知らず知らずのうちに電気を食っているはず。
f0146587_21150093.jpg
そろそろ新しいレンジを買わないとねぇ・・・といつも二人で話していたところに、サンパウロ在住者がfacebook内に立ち上げてくださったガレージセールのグループで、「使用期間僅か1年、お譲りします!」というのを見つけ、迷わずクリック。無事購入出来ました。その方のお宅まで頂きに行ったのは土曜日の午前中。今まで行ったことがない難しい場所にあるお宅でしたが、Waze (GPSアプリ)のお蔭で、全く迷わずに辿り着くことが出来ました。帰りもちゃんと自宅まで連れて来てもらいました。便利な世の中になったものです。受け取った新しい電子レンジがこちら。
f0146587_21171767.jpg
元々使用感もなくピカピカでしたが、トリオさんが更に磨き上げてくれました。良いお買い物をしたねえ、、、と二人で話していると「あの・・・コンセントが繋がらないんだけど」と。ああそうか、我が家のコンセントは旧式、現在は新しいコンセントに移行したのでした。
f0146587_21171254.jpg
右側を左側に繋ぐプラグを新たに買わないと使えないことがわかり、ガクッ!直ぐに買いに行かなくちゃ・・・と思った途端に、頼みの綱のトリオさんが酷い風邪を引き、寝込んでしまいました(-_-;)サンパウロは急激に肌寒くなり、体調を崩している人が多いようです。しばらくは手も足も出ません。今後ご旅行される方は、こんなプラグが必要かもしれません。ご注意くださいね!ホテルによっては、専用プラグを貸出してくれるところもあるということです。
f0146587_21193572.jpg


by beijaflorspbr | 2017-04-03 21:37 | サンパウロ生活情報 | Trackback
2017年 04月 01日

海外永住日本人向けジャパンレールパス購入条件譲歩か?

今日から4月、月日の経つのは早いものです。昨日未明(ブラジル時刻の午後)、3月31日をもって海外在住日本人に購入資格が無くなったジャパンレールパスの問題に関して、譲歩案が提示されたのは朗報といえます。その詳細に関してはこちらの記事を参考になさってください。新しい利用資格は「(外国での)在留期間が10年以上であること確認できる書類で、在外公館で取得したもの等」。この特別措置期間は、今年の6月から東京五輪の2020年年末まで。正式には、5月下旬にジャパンレールパスのHPで発表されるそうです。たくさんの方が署名運動に参加したことが、JRを少しだけ動かしたのでしょうか。オリンピックまでの期間限定とはいえ、少しだけ安心しました。唯一心配なのが、『在外公館で取得した書類』の1点で、毎回レールパスを買うだけのために、総領事館にわざわざ足を運び。書類をもらいに行くのは気が重いことです。総領事館に書類を出してもらうためには、必ず手数料が発生するからです。ブラジルは広大なので、いちいちこの書類を取りに領事館に通うことが出来る人ばかりではありません。苦労した末に手数料を払って、レールパスでもお金を遣って、航空運賃も・・・ということになると、手痛い出費となり、帰国の足も鈍りそうな気がします。これが改善なのか改悪なのか良く分からなくなってきました。私たち日本人は、海外に在住し、住居を構えたその時から、在外公館に『在留届』という書類を提出します。在留中に、引っ越しをして住まいなどが変わった時は、その都度届け出を出さないといけません。パスポートを発行してもらう時も、必ずこの在留届の確認作業をした後発行されます。もし可能なら、全ての在留者に「在留届の写し」または「在留証明書」のようなものをカード方式で発行して下さったら良いのではないかと思います。在留者の変動が大きいので不可能かもしれませんが、何度も領事館に足を運ばなくても良いような配慮を望みます。5月のJR側からの正式発表が待たれますが、これからもこのニュースにはしっかり注目していきたいと思っています。
f0146587_06175290.jpg
どんな困難を乗り越えてでも、鉄道の旅はやはり大いに魅力あるもの。懐かしい日本の原風景は、いつ見ても癒され長く心に残ります。いつまでも自分の祖国を誇りに思えるように、日本の良いところをこれからもどんどん新発見したいと思っています。海外在住者は、外国人へ日本の良さをアピールする民間親善大使だと思っていますので、これからも情報発信を行っていきます。


by beijaflorspbr | 2017-04-01 09:02 | サンパウロ生活情報 | Trackback
2017年 03月 29日

最後のジャパンレールパスを購入(涙)

昨日は旧セントロ地区へ…。「Bandeira」行きの路線バスでAnhangabauまでやってきました。
f0146587_21322406.jpg
ここからTeatro Municipal(サンパウロ市立劇場)前を通って、レールパス購入でお世話になっている旅行代理店へ。
f0146587_21290121.jpg
今回で最後のJapan Rail Passを2週間分購入してきました。この記事を書いた後、海外永住日本人が引き続きJapan Rail Passを買うことが出来るよう署名運動などをしてきましたが、JRからは誠意ある回答は得られていません。在ブラジル日系社会も、大々的に宣伝し、引き続き署名活動を行っています。
f0146587_21280982.jpg
ともかく、「最後の」レールパスは1週間ずつ普通車用と少しだけ奮発してグリーン車用を購入しました。今後は、航空機などを上手に使い、効率良く日本国内を回ろうと思っています。海外にお住いの永住権をお持ちの方、あと3日でジャパンレールパスの購入が出来なくなりますよ(購入期限は3月31日まで)。日本へのご旅行の予定がある方、お急ぎください!!Japan Rail Passは、各日系旅行代理店で取り扱っています。購入に必要な書類は、日本のパスポートとIdentidade(永住証明)RNE(Registro Nacional de Estrangeiro)の二種類です。購入日からの有効期限は90日間。購入から有効期限の90日以内に、指定のJR駅各窓口で交換をしないと、折角買ったパスが無効になってしまいます。ご注意ください。


by beijaflorspbr | 2017-03-29 21:48 | サンパウロ生活情報 | Trackback
2017年 03月 26日

サンパウロで手に入る冷凍食品

海外に住んでいても、どうしても食べたくなる和食材。私は特に無類のうどん好きと来ているから手に負えません。今のように冷凍食品が豊富になかった時代には、日本から乾麺をせっせと運んだり船便に入れたりしていました。日本からブラジルに出発する間際にスーパーに車を走らせ、ほぼ命がけで冷蔵品をスーツケースに詰め込んでいました。その当時良く荷物に入れたのは納豆でした。ブラジルにも納豆は売られていましたが、粘りがなかったり、今一つ味が・・・というレベルでしたので、必死で運んでいました。それが今や冷凍技術の発展のお蔭で、日本食材を扱うお店では当たり前のようにして売られています。納豆を始めとして冷凍うどん、ラーメン、蕎麦に餃子・シュウマイ・枝豆等々。運が良ければ、明太子やチリメンジャコやイクラなども売っています。もちろん、日本に比べるととても高いのがネック。我が家はそんなに金持ちでもないので、残念ながらたくさんは買えません。絶対に切らさない冷凍食品は、うどんと納豆だけ。不動の両横綱です(笑)これと新鮮な卵さえあれば無敵。卵は、Yamaguishiのものを毎週末Made in Japanに買いに行っています。
f0146587_21122220.jpg
冷凍うどんは韓国製ですが、日本のものと変わらないくらい腰があって美味しいです。但し個別包装ではないので、1度開封したらなるべく早く消費しなくてはいけません。我が娘は、実家に戻ると必ず『鍋焼きうどん』を所望しますので、色々な食材をいっぱい入れて丁寧に作ります。おうどんが普通に食べられること、納豆が当たり前のように日々食卓に上ることは、とても有難いことなのだと思う今日この頃。文明の利器の恩恵に預かっています。因みに我が家のお米はカリフォルニア米「田牧米」を使用しています。和食材の豊富なサンパウロ生活はなかなか快適です。


by beijaflorspbr | 2017-03-26 21:27 | サンパウロ生活情報 | Trackback
2017年 03月 21日

揺らぐブラジル産食肉の安全

それは突然の報道でした。ブラジルの輸出用冷凍食肉業者大手が、公衆衛生検査官(数十人)に賄賂を支払って出荷停止措置を回避したり、サルモネラ菌に汚染され腐った肉の悪臭を消すために「発がん性物質」が使われている可能性もあり、連邦警察が本格的な捜査に入ったとのことです。同時に、日本で安価で売られているブラジル産鶏肉にも焦点が当てられ、今後世界中で『ブラジル産』というだけで購入を止める人が増えるものと思われます。この重大な事件に伴い、最大の消費国である中国やEUなど、日本も含む全ての国がブラジル産食肉の全面輸入禁止措置を取りました。この事件に関しては、安全性が確認されたとしても、数年は信用回復に時間を要するでしょう。当たり前ですね、失った信用は取り返しがつきません。
f0146587_22120933.jpg
(写真はDinho'sのWAGYUステーキ)

シュハスコ料理に代表されるブラジル料理の中心になるものは、何と言っても『肉』です。元々野菜を食べず、米・豆・肉を主食としていたブラジル人から大好物の肉を取ってしまうと、何を食べたら良いの?ということになりますね。今回こうして国際的にも大事件に発展しましたし、この報道は当分続くとは思いますが、我々在住者はこうした食品に関する報道以前に、食に関しては細心の注意を払っています。信用あるお店(大手スーパーや高級スーパー)だけで買い、調理は自宅でします。例えば、同じことが魚や野菜や果物にも当てはまると思うのです。元々お肉は一年に何回しか食べない我が家ですし、鶏肉も苦手ときています。夫は鶏が好きで時々食べますが、いつも同じ店で買い、必ず酢(ビネガー)でしっかり洗って臭みを消した後、電子レンジで火を通した後しっかり焼く、という丁寧さは、長年の暮らしの中で得た生活の知恵なのかもしれません。今後ブラジル産の肉は日本や他の国で見ることはなくなるかもしれませんが、日本こそお肉に頼らずとも美味しいものが山のようにありますものね。海の幸・山の幸に恵まれた日本の食品への憧れが強いのも、長年外国で暮らしているからなのかもしれません。ブラジルのお肉は美味しいのに、本当に残念なニュースでした。


by beijaflorspbr | 2017-03-21 22:27 | サンパウロ生活情報 | Trackback