ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:ニュース( 69 )


2017年 03月 10日

飼い犬について思うこと

9日午後4時35分ごろ、東京都八王子市の民家で、同市大塚に住む生後10カ月の女児が、飼い犬のゴールデンレトリバーにかまれた。女児は病院に搬送されたが、約2時間半後に死亡が確認された。(産経WEBより抜粋)
f0146587_20244152.jpg
犬を飼っている人全てに大きな衝撃を与えた悲しいニュースだった。日々家族のように接して懸命に世話をし、可愛がっていると、あたかも犬が本当の家族のように思えてくるほど情が移るのも事実。しかし当たり前のようだが、犬は所詮犬で動物だ。「〇〇ちゃん(犬の名前)は家族~♪」と家の中で溺愛しながらあたかも子どもを可愛がるように飼っている人も多いと思う。でも、犬は犬、時には恩義ある家族に牙を剥くこともある。そう思ったのは、我が家の飼い犬みそに手酷く咬まれた時だった。1回目2回目、そしてブログには書いていないが、息子も1回酷い咬まれ方をした。 いずれも、カレ(みそ)が極度に興奮したり苛立っている時にやられたものだった。この家庭内事故の後、私たちはみそに対して常に警戒心を持って接するようになった。それまで甘やかして入れていた家の中にも一切入れず、外でだけ飼うようにした。一見冷たいようだが、手痛い仕打ちを受けた結果決めたことなので、皆その決まり事に従っている。今年でみそも10歳、はっきり言って老犬だ。でもまだまだ元気で飛び回っている。いつまで生きられるか分からないが、上手に犬と共存し、最後まで幸せな環境を与えたいと思っている。二度とこんな悲しい事故が起こりませんように!!
f0146587_20483677.jpg
※この時受けた傷は今でもしっかり左手に残っています。この傷跡を見るたびに、みそとの正しい接し方を教えてもらっているような気がします。


by beijaflorspbr | 2017-03-10 20:45 | ニュース | Trackback
2017年 03月 02日

リオのカーニバル、優勝はPortela

いつになく一生懸命テレビで観た今年のカーニバル、昨年から少しずつ興味が沸いてきました。何と言ってもその豪華さや、パレード参加者の一生懸命さが伝わってきて、観戦にも熱が入りました。昨日の午後から審査が行われ、今年の優勝はPortelaに決まりました。2位はMocidade、昨年の優勝チームMangueiraは4位に下落と言っても、上位4位までは0,1の僅差ですので、どこが優勝してもおかしくなかった結果、今年はPortelaに勝利の女神が微笑みました。毎年優勝チームには賞金が贈られるそうです。今回重大な事故を起こし多くの怪我人を出してしまった、11位のUnidos da Tijuca、12位のTuiutiは、来年も出場出来るそうです。未だ2名は入院していますが、一日も早い回復を祈りましょう。
f0146587_21583704.png
Portelaと言えば『水』滝のように水が流れていた光景が印象的でした。ワニや魚などにもリアリティーがあり、かなり楽しめました。
f0146587_22014240.png
f0146587_22015343.png
また来年を楽しみにしています。来年は、現地へ飛ぶかもしれません、但し踊りませんけれど…(笑)


by beijaflorspbr | 2017-03-02 22:14 | ニュース | Trackback
2017年 02月 28日

リオデジャネイロのスペシャルチームパレード2日目

今年は珍しくカーニバル中継を観る気満々でお昼寝をして本番に臨みました。2日目の今日、午後10時半過ぎからリオデジャイロのスペシャルチーム後半6組が出場しました。昨日と同じくらい、いやそれ以上の熱気を帯びた観客が、今か今かと開催を待ち構えています。昨年Setor5という中級クラスの観客席で観た時に聞いた話では、午後10時半開始なのに、午前中の早い時間から並んで良い席を取ると言っていましたっけ。リオのカーニバルは、総動員数も100万人と誰もが知る世界的大イベントです。スペシャルチームに選ばれたどのチームも、お金と時間をかけて満を持してこの日の本番に臨みます。しかしながら…
f0146587_15580676.png
4チーム目のUnidos da Tijucaが出場してまもなく、一つ目の大きな山車でまたもや事故が起こってしまいました。左側が完成形、右側が崩落後の画像です。この事故により山車に乗って踊っていた16名が怪我をし、2名は重症で現在病院で手当てを受けています。真に血塗られた今年のカーニバルとなってしまったことは残念でなりません。
f0146587_15591414.png
速やかに駆け付けた消防隊員により懸命の救出作業が行われました。それにしても、事故が起こってからの対応が非常に早く、救出スタッフもたくさんいました。カーニバルに関しての事故対策は万全のように思えました。
f0146587_15595539.png
この時点で既にUnidos da Tijucaのパレードは始まっていましたが、救出作業の間は山車を動かすことができません。何千人ものチームメンバーが立ち往生していました。既にパレードコースに出たメンバーが、同じ場所で同じ演技をずっと切り返すと言う前代未聞の状況。事故現場辺りは怪我人や観客、救助隊員が入り乱れて騒然となってしまいました。こんな時、トップの咄嗟の判断はとても大切です。消防隊員の懸命の救助作業は約20分間くらい続いたでしょうか。ボロボロに壊れてしまった山車は、後ろに引き返すわけにも行かず(既に同チームの別の大型山車が待機していたため)仕方なくコースに沿ってそのまま前に進みました。身軽な人たちは、衣装のまま壊れた山車の真横を抜けて、前方に整列をして歌い踊り続けました。これも実に機敏で驚いてしまいました。何しろ、パレードスタートから終了まで75分という時間制限もあるため、ここでモタモタしていられません。
f0146587_16022496.png
会場の観客は既にこの事故を皆知っていたのか、皆が皆エンヘード(チームのテーマ曲)を大きな声で歌い、精一杯の温かい声援をメンバーに送りました。この光景を見ていて、何だか胸が熱くなってしまいました。
f0146587_16012368.jpg
全てが終わった時、スタッフの誰もが抱き合って泣いていました。万全を期してもなかなか完璧に行かないことを、今回の2つの事故が教えてくれました。不幸にも怪我をされてしまった16名の方々のより速い回復を祈ります。カーニバル2017年も後2チームを残すところとなりました。こうなったら最後のMangueiraまで観ようかな?Mangueiraは昨年の優勝チームなので、無理をしてでも観る価値はありそうです、同じような記事が毎日続き読みにくくてすみません。今年の私のカーニバルもようやく終わります。


by beijaflorspbr | 2017-02-28 16:17 | ニュース | Trackback
2017年 02月 27日

リオデジャネイロのスペシャルチームパレード始まる

カーニバル2017年は、今日・明日の2日間に渡るスペシャルチームのパレードが始まり、佳境を迎えています。コチラでライブ中継をしていますので、お時間のある方はご覧ください。パレード以外の時間でも、ビデオを見ることが出来ます。昨年はこのMarquês de Sapucaíで5時間に渡って見学をしたのでした。しんどかったなあ。。。
f0146587_13025128.png
パレードの幕開けは、今年スペシャルチームに昇格したニューフェイス『PARAÍSO DO TUIUTI』から。原色系の豪華な山車が続きましたが…。
f0146587_13033377.png
この最後の山車をパレードコースに誘導中に、右側前方の角が観客と接触し、フェンスを突き破り、周辺に居た20名が山車と柵に挟まれて大怪我を負ってしまいました。
f0146587_13050310.png
直ぐに緊急車両が入り、会場は一時騒然としました。怪我人の中には、レポーターやカメラマンも含まれていたそうです。現在病院で治療を受けていますが、怪我を負った中の3人は重体だと報じていました。
f0146587_13060109.png
このチームの責任者が「我々は皆を楽しませるためだけに頑張ってきたのに残念だ」とコメントしていました。現在2チーム目の『GRANDE RIO』のパレードが行われています。既に時刻は午前1時過ぎ、年寄りの私はそろそろ休ませていただきます。日本の皆さまお時間がありましたら、世界一と言われるリオのカーニバルの気分だけでも味わってくださいませ。

★いきなりたくさんの怪我人を出してしまった今年のカーニバル、この事件により警備スタッフなどが急にピリピリし、最大手のテレビ局のレポーターも摘まみ出されて取材が難しい状況のようです。


by beijaflorspbr | 2017-02-27 13:15 | ニュース | Trackback
2016年 11月 14日

海外在住永住日本人はジャパンレールパスを使えなくなる!?

f0146587_09492615.jpg
たまにしか祖国に帰国できない我々海外在留邦人が大きな楽しみとしている、JRを使った期間限定の旅に制限をかける今回の残念な発表。海外に住んでいる者は、私のように外国籍の配偶者を持ち、家族一緒に旅行する人も多かったかと思います。日本・外国の二重国籍を持つ人たちは既にこのパスを買うことができないのに、突然の発表でこのレールパスを、私たち日本人海外永住者も来年4月以降に購入することが出来なくなりました。どんどん海外在住者の特典が狭まり、制限をかけられていくのは寂しい限りです。私自身も、これまでのようにお友達や恩師と気軽に「旧交を温める旅」が思うようにできなくなってしまいました。本当にこの発表には落胆しています。これからは、例えば東京などにいる期間を少し増やしたり、国内移動には少し工夫が必要になるかもしれません。海外を訪れる外国人が激増した裏には、こうしたことも許容しなくてはならないのでしょうか。来年もし帰国するとしたら、3月31日までにパスを購入しておこうかな、と固く決意しています。パス交換の有効期限は3ヶ月なので、例え4月以降の帰国予定でも、6月くらいまでは交換可能です。久々の悲しいニュースに朝からガッカリでした。。。

*・・・その後、「ジャパン・レールパスを考える在外邦人の会」が署名運動を始めています。是非こちらから署名にご協力頂けますよう、お願いいたします。


by beijaflorspbr | 2016-11-14 11:25 | ニュース | Trackback | Comments(4)
2016年 09月 08日

リオデジャネイロパラリンピック始まる

リオオリンピックの感動も記憶に新しいところですが、本日よりパラリンピックが始まりました。世界中の目がブラジルのリオデジャネイロ市に集まる12日間がまた始まりました。確かにオリンピックに比べると、アスリートの数も少なく地味な感じはしますが、数々の感動のドラマが繰り広げられることでしょう。ハンディを力に変えて、精一杯闘ってください。
f0146587_11111682.jpg
開会式を観ながら思ったことは、障がいがあるからと甘えないで果敢に挑戦する姿でした。広い会場で車椅子を自力で懸命に押す姿にも涙、お父さんと一緒に入場する子どもたちの笑顔にも涙。。。やはり年を重ねるごとに涙腺が緩みっぱなしです。
f0146587_11100826.jpg
またしばらくはメダルを賭けた迫力ある闘いが観られそうで楽しみです。ニッポンガンバレ、ブラジルガンバレ!!!

by beijaflorspbr | 2016-09-08 11:27 | ニュース | Trackback
2016年 09月 01日

ジウマ・ルセフ大統領の罷免決定

今日8月31日はブラジル政治の歴史に恥ずべき一ページが加わりました。世界中で大きなニュースにもなっている、ジウマ・ルセフブラジル大統領の上院における弾劾裁判で、61票対20票の大差で全議員の3分の2と定められた罷免条件を満たし、議会が正式に大統領の罷免を承認しました。1992年のフェルナンド・コーロル大統領に次ぎ、2人目の罷免となりました。但し、コーロル氏は、弾劾裁判が開始される前に辞任したため、一連の裁判はジウマ大統領が初めてです。ジウマ氏は、財政赤字を実際より少なく見せるために政府会計を粉飾し、議会の承認を得ないまま会計操作をした罪で大統領の立場を追われることになりました。ジウマを強く推した前大統領のルラ自身も捜査当局が名付けたオペラソンラヴァジャット(洗車作戦)と呼ばれる一斉捜査で、国営石油会社のペトロブラス社からの巨大マネーローダリングや収賄の疑いを掛けられており、厳しい立場に置かれています。そのルラ前大統領を慕うジウマが、司法の追求から逃れることが出来るように、あろうことかルラを官房長官に任命しようとしましたが、連邦最高裁によって差し止められ実現しませんでした。元々同じ政党のPT(労働党)所属議員であり、二人の異常なまでの癒着の噂は絶えることはありませんでした。それらの一連の汚い行為に怒ったブラジル国民が、あちこちでジウマの罷免とルラが起こした犯罪の起訴逮捕を求めて、大規模なデモ行進を敢行。そのニュースは何度もマスコミで報道されたので、ご存知かと思います。ずっと長く続いたPT労働党によるブラジル政治の大混乱は、ジウマの罷免と、ミッシェル・テメル氏が新大統領に就任したことで一応収束したかに見えましたが…。未曾有の不況と、失業率の上昇に伴う治安の悪化など、大きな不安材料を抱えるブラジルの実情は何ら好転することは当分は難しいでしょう。
f0146587_11040322.jpg
ジウマの罷免が決まった直後から、サンパウロの場合はパウリスタ大通りに集結したPT労働党が「FORA TEMER!(テメルは出て行け!)」のデモ隊が多数出没して、警官とのつばぜり合いを繰り広げています。その結果、パトカーや商店の破壊や銀行強盗など、便乗犯罪も増え、非常に治安が悪くなっています。PTに属する人たちは、理論ではなく、いつもこうして暴力に訴える方法によって反対運動を行うので、評判は地に落ちています。政治的活動の中に銀行強盗やケブラケブラと言われる破壊行動には大きな矛盾点があります。ただ便乗して犯罪を犯しているとしか思えません。この負の連鎖を断ち切らない限り、ブラジルは未来に向かって進めません。
f0146587_12160978.jpg
当分当局とPTのテメル新大統領反対派の争いは続きそうです。ずっと経済や雇用状況も悪化しているストレスがこの大統領罷免により、国民のフラストレーションはピークに達しているのかもしれません。これを機に、ブラジルが少しでも前進できますように。素晴らしい国を作って行くのはブラジル国民しかいないということを肝に銘じて欲しいです。


by beijaflorspbr | 2016-09-01 19:25 | ニュース | Trackback | Comments(4)
2016年 08月 24日

さあ、次は東京オリンピックへ行こう!!ブラジル⇔日本予算

当地のお昼のテレビニュースを何気なく観ていると、面白いテーマが取り上げられていました。リオオリンピックが終わった今、「さあ、2020年まで後4年。東京オリンピックに行くにはどれくらいかかる!?」という興味深いテーマでした。日本滞在期間を約10日間とした計算をしていました。内訳としては・・・

◎ブラジル⇔日本往復航空券
◎ホテルなどの宿泊費
◎オリンピック見物チケット代
◎食費
◎移動のための交通費(外国人はJapan Rail Passやどこでも10,800円で移動できる特別航空運賃が利用可能)
◎観光費
◎お土産代
◎雑費
◎海外旅行保険代
などを大雑把に見積もった結果、総額R$18,800.00(約582,000円)と計算。東京オリンピックまで4年、つまり48か月。月々どれくらいの貯金をすれば東京オリンピックに行けるのか。。。

R$18,800÷48か月=R$391.67(約12,000円)を4年間貯めよう!!などという話に笑ってしまいました。まあ日々の節約が大きなお金になって東京への夢を実現できるんだよ、という話には大いに賛同できました。ブラジルでは、まだ銀行利息が諸外国に比べて高いので、実際に貯めるのはこの金額としても、もう少し大きな金額に膨らむ可能性大です。
f0146587_22545326.jpg
但し…約10日間日本滞在で58万円という見積もりは少し読みが甘いんじゃないかなあ~と思います。オリンピック開催中の東京のホテル代は、当然高騰するでしょうし、何より宿泊先が確保できるかどうか…。格安のゲストハウスに潜り込むか、民泊を利用しても日々の経費は嵩むかもしれません。食事代は、コンビニなどもあるので少し安心でも、見ると欲しくなる日本の先端技術の電化製品やIT機器を買うためにはもう少し貯金に励まないといけないかもしれません。それにしても夢が膨らみます。目標は高い方が良いので、ブラジルの人にとっても日本人の我々にとってもこれから大きな楽しみが待っていますね!


by beijaflorspbr | 2016-08-24 22:59 | ニュース | Trackback | Comments(8)
2016年 08月 22日

リオデジャネイロオリンピック終了

「目指せリオ2016!」と多くのアスリートの皆さまが目標にしてきた17日間に渡るリオオリンピックも昨晩の閉会式で無事終了しました。いくつかのバスへの投石事件や観光客を狙った窃盗事件も発生しましたので『無事だった』と言えるのかどうかはわかりませんが、深刻なテロ事件などが起こらなかったのは何よりでした。85,000人の軍隊の兵士が甲装車に機関銃で武装をし、総力を挙げて警備に当たりました。そんな厳重警戒の中、行われたオリンピックはかなりの違和感があったかもしれません。17日間という期間は慣れない方にとってはかなり長く感じたリオ滞在だったかと思います。多くの日本企業やマスコミの方も大挙してブラジル入りされたようですが、無事にご帰国されますように。特にブラジル⇔日本は究極の飛距離ですので、慣れていない方には苦痛以外の何物でもないかもしれません。私はロングフライトが大好きですけれど…(笑)
f0146587_21581020.jpg
今回は日本人のメダル獲得数が過去最高の41個を記録し、こちらのTV局も日本人選手の活躍を大いに称賛していました。次は「あの」東京ですよ!と何度もアナウンサーが言っていた通り、外国人なら誰もが憧れる日本、そして首都東京開催のオリンピックでとても楽しみです。閉会式には、政府専用機でわざわざ駆け付けた安倍さんを始め、新都知事の小池さんも登場し、東京2020を大いにアピールできたかと思います。ただ気になったのが、大雨が降る中での小池知事のお着物。「洗い張りに出さないとねえ…」なんて独り言。東京五輪はこのような雨対策はされるのか、気になるところでした。マリオの土管から安倍さんが出てきた演出は個人的にはあそこは「どこでもドアでしょ!」と突っ込みたくなりましたが(笑)これを見て、アスリートやまだ若いスポーツ選手の誰もが「よし!頑張って4年後は絶対に東京に行こう!!」と思ったことでしょう。今回で引退してしまうボルト選手などの有名アスリートもいますが、きっとまた別の形で五輪功労者として顔を見せてくれることでしょう。ブラジルに限って言えば、最終日に男子バレーボールチームがイタリアと戦って悲願の金メダルを獲ってくれました。選手全員が泣き崩れそうになりながら声高々に国歌を歌う姿にまた感涙してしまいました。いつもは厳しい指導のベルナルジニョ監督も目が真っ赤でした。今回が最後の舞台になるリベロのセルジニョ選手の真摯な姿にも心打たれるものがありました。バレーの観客席には、主砲ネイマールの姿もありました。
f0146587_22315238.jpg
ブラジル人アスリート同士の連帯感は流石でした。前回果たせなかった男子サッカーとバレーボールも自国開催の大会で晴れの勝利を手にし、有終の美を飾ることが出来たのは、多くのブラジルの人の心に忘れがたい想い出となって長く残ることでしょう。ブラジルでは、今後選手の育成方法や、費用の工面や練習場所の確保など、問題は山積ですが、女子柔道金メダリストのラファエラ・シウヴァ選手のように、ファヴェーラの恵まれない家庭からもどんどん金メダリストが出て社会を変えてくれる選手が出るよう祈っています。閉会式には、晴れ晴れとした顔をした笑顔の選手が国を超えて入り乱れて行進しましたが、どの顔もこぼれるような笑顔と達成感に満ち溢れていました。ブラジルは元々移民で成り立っている国なので、日常的に色々な人種の方と触れ合う機会が多く、様々な国の外国人選手をみても全く違和感は感じませんでした。日本選手団の中に、レスリングの吉田選手の笑顔を見つけた時、ちょっと泣きそうになりました。ガンバレ、吉田沙保里!!と声を掛けてみました。ブラジルのセレモニーについてですが、彼らの持つ独特のクリエイティブな感覚は、テレビCMなどにも発揮されており、常に国際的な賞を獲っているくらい実力がありますので、開閉会式などのセレモニーは特に楽しみでした。最後は思った通りカルナヴァルのデスフィーレ(行進)で華やか賑やかに終わりましたが、選手とダンサーやボランティアまでもが一緒になって楽しそうに踊っていた姿などがいかにもブラジルのオリンピックらしいなあ、と微笑ましく観させてもらいました。
f0146587_21582019.jpg
徹底したコストカットで臨んだ今回のリオ五輪、蓋を開けてみればどのブラジル人にも満足できるものだったようで、「ブラジル人で良かった!」と誇りに思う人が多く見られました。ずっと世界中で悪口ばかり言われ続けてきた前評判の悪いブラジル開催のオリンピックでしたが、ちゃんと出来ましたね。今回南米初の五輪、しかも政治経済の深刻な問題を抱えながらの開催でしたが、まず成功と言えるのではないでしょうか。4年後の東京が本当に楽しみです。それまで元気で長生きしなくちゃ…(^◇^)
f0146587_22552942.jpg
どんな時にもコルコバードの丘のキリスト像(Cristo Redentor)が見守ってくれたリオ五輪の成功を、ブラジル在住者としてお祝い申し上げます。関係者の皆さま、お疲れさまでした。日本から来られた方、長旅頑張ってください!!


by beijaflorspbr | 2016-08-22 22:20 | ニュース | Trackback | Comments(4)
2016年 08月 21日

【祝】オリンピック男子サッカーブラジル代表初金メダル獲得

昨日の午後5時半からリオデジャネイロ・マラカナンスタジアムで行われた男子サッカー決勝戦ブラジル対ドイツの試合は、終始息を呑むような接戦でした。ドイツもブラジルも若いチームで、現在育成中とはいえ、ブラジル人にとっては2年前の悪夢のような事故から立ち上がり、この日を迎えた主砲ネイマールに注目が集まっていたのは当然のことです。前半戦でネイマールのフリーキックで1点、後半戦でドイツが1点返し試合は振り出しに戻ってしまいました。延長戦を15分ずつ戦っても決着が付かず、ブラジル人GKがドイツ側5人目のキッカーを阻止した後に登場したネイマール。ここで失敗したら取り返しが付かないという極限状態の中で見事にゴールを決めた時は言葉にならないくらい感動しました。
f0146587_22482340.jpg
相手がドイツ、しかも「マラカナッソ」の舞台であるマラカナン、そこでの勝利は感慨深いものがあったと思い、観ているだけのこちらも人目を憚らずオイオイ泣いてしまいました。ブラジル人も、2年前の「ミネイラッソ」の劇的敗戦からどんなに辛かったことか…。色々なことが一気に沸き上がってきた瞬間でした。
f0146587_22482851.jpg
誇らしげに国歌を歌う代表選手と観客(ほぼブラジル人)を観て、また涙がこぼれました。いつも夫婦は別々のテレビで観るのが我が家の決まりなので、試合後表彰式も終わった頃、笑顔のトリオさんが部屋から降りてきました。試合の合間に準備したおうどんにちょっと高級なCerpaを付けて、いつにも増して美味しく頂きました。食べ終わってから言われましたね。「ママも今や立派なブラジル人だねえ。。。」と。そうかな?でも感情移入はするし、独身時代より遥かに長く住んでいるブラジルに愛着が湧かない訳がありません。これからもしっかり応援します!!セレソンの皆さん、歴史的勝利おめでとう!!!
f0146587_23372118.jpg
素敵な一日をありがとう~♪オリンピックはいよいよ今日で終わりますね、こうなると少し寂しい。後に続くパラリンピックもしっかり応援します。


by beijaflorspbr | 2016-08-21 23:39 | ニュース | Trackback | Comments(2)