カテゴリ:美しいもの( 40 )


2016年 11月 27日

京都の紅葉2016年@嵐山・化野念仏寺

多分昨年も連れて行って頂いたと思うのですが、私はこの「化野念仏寺」が大好きです。こじんまりしているのと、季節のお花が楽しめるからです。
f0146587_01561217.jpg
本堂もゆっくりお参りが出来ます。
f0146587_01554063.jpg
山門部分がまた素晴らしいのです。お寺の中から見る風景と・・・
f0146587_01570406.jpg
入口から見た風景、後は画像をお楽しみくださいませ(笑)
f0146587_02005686.jpg
f0146587_02045570.jpg
f0146587_02021983.jpg
f0146587_02022451.jpg
f0146587_02034356.jpg
美しい風景に圧倒されてもっとゆっくりしていたいと思いましたが、予約してくれたランチの予約時間が迫ってまいりました。さあ、次の場所へと移動しましょう。


by beijaflorspbr | 2016-11-27 18:00 | 美しいもの | Trackback
2016年 11月 23日

初めてのハルカス300

かなり身近な百貨店のあべのハルカスですが、初めて地上300メートルの展望台に上がってみました。この背の高いビルの中には、百貨店(近鉄本店)、展望台、マリオット都ホテル、美術館、企業などが入っています。今のところ日本一のノッポビルなのですが、そのうち抜かされるのではないか、と言われています。今現在のランキングは次の通りです。

1、あべのハルカス 300m
2、横浜ランドマークタワー 296m
3、りんくうゲートタワービル(展望台なし) 256m
4、大阪府咲州庁舎(旧大阪ワールドトレードセンタービル)256m
5、虎の門ヒルズ 255m
6、ミッドタウン・タワー(展望台なし) 248m
7、ミッドランドスクェア 247m
8、JRセントラルタワー(展望台なし)245m
9、東京都都庁第一本庁舎 243m
10、NTTドコモ代々木ビル(展望台なし) 240m

高層ビルのほとんどが、大阪と東京なのですね。58階、59階、60階の3層からなり、エレベーターでまず60階まで一気に上がります。初登頂!?で期待感も膨らみます。
f0146587_22200617.jpg
58階が天空庭園、吹き抜け空間があるため、明るくて解放感に満ちています。このように、方角ごとに何が見えるかが表示されています。北の方角には大阪のシンボルの大阪城を見ることが出来ます。少しだけもやがかかっているのが残念でしたが、良いお天気に恵まれて暑いくらいでした。では、ご覧頂きましょうか。
f0146587_22215551.jpg
f0146587_22223446.jpg
f0146587_22231964.jpg
f0146587_22243630.jpg
f0146587_22252108.jpg
f0146587_22255352.jpg
f0146587_22282255.jpg
一回りしたので、58階へ降りてみました。
f0146587_22311503.jpg
f0146587_22322905.jpg
大阪新発見と言う貴重な時間でした。我が家方面もうっすらと見えて、満足しました。ここのトイレが素晴らしいのですよ。一緒に行ったYちゃんは、鏡に向かって自撮りしていましたが、自分の後ろが絶景という素晴らしい写真を撮っていました。何と、私がトイレに行った時、あろうことかカメラを預けた荷物に入れてしまって撮れなかったという失態を、あああ!!!また登れということでしょうか。きっとまた誰かと一緒に展望台に昇る日も近いかもしれません。ゆっくりと一回りした後は、私が時々ゆっくりと休むティールームの「あるにあらむ」に入り、お茶しながら色々お話をしました。
f0146587_22340561.jpg
終始お二人の笑顔が満ち溢れて、素敵な雰囲気で癒されました。若いころから知っているYちゃんの幸せをしっかりと見届けることが出来て、安心しました。また是非是非お会いしましょうね。Iさん、Yちゃんをよろしくお願いしますね。Iさん、Yちゃんは時間が来て次の目的地へ向かわれましたので、私は近鉄百貨店で、子どもたちのために、夕飯の材料を買いました。このデパートは、黒門市場も近くていつも新鮮なお魚を豊富に揃えています。この日は大きめの天然はまちのお刺身と野菜を買って帰りました。脚はずっと痛かったけれど、何とも充実した楽しい一日を過ごさせて頂きました。ありがとう、Iさん・Yちゃん。帰宅すると、パトちゃんに新しく買った6段チェストが届いており、悪戦苦闘中でしたので、息子の力を借りながら最後まで作業を終えました。ベッド回りも全部綺麗に掃除機をかけて、スッキリしました。これを機に、自分の洋服ダンスも全部整理し、たくさんの粗大ごみを捨ててかなりスッキリしました。問題の脚は、翌日一日中足を高くしてしてゴロゴロしていたら治ってしまいました!歩けるって素晴らしい。スマホを買ってからは、毎日1万歩以上歩くように心がけています。頑張るよ~~~♪(*^_^*)

by beijaflorspbr | 2016-11-23 23:15 | 美しいもの | Trackback
2016年 08月 02日

Ipe Roxo(紫イッペーの花)

f0146587_11451972.jpg
(Casa das Rosasに咲く紫イッペーの大木)
あちこちがピンクに彩られるここの季節は真冬、日本で真冬と言えば冬枯れした寂しい風景を思い浮かべますが、ここ南半球では1年に4回も花が咲くクァレズマや、国花でもある様々な色のイッペーは、この時期も街を華やかに彩ってくれます。リオではオリンピックに沸いていますが、働き者のパウリスターノたちはこのピンクのお花の元、とても忙しそうに行き交っています。
f0146587_22005726.jpg
(娘の診療所から見た光景です)
ところでイッペーは、薬草としても有名なのはご存知でしょうか。日本ではタヒボ茶などとという名前で商品化され、高額で取引されているようですが、ブラジルの健康食品店で売られているノーブランドのものはそんなに高くありません。昔血糖値が高い母へのお土産に、良く持って帰ったものでした。紫イッペーの樹皮には、ビタミンB6、葉酸、ビタミンB12、ポリフェノール他、人間の体のバランスを保つのに必要な成分がたくさん含まれているので、樹皮を粉状にしたものを煎じ、お茶にして飲むと体に良さそうです。と思うと、鮮やかなピンクのお花がとても有難いもののように思えてきました。但し、ここパウリスタ大通り沿いに咲いている樹は排気ガスによって汚染されているので、あくまで観賞用です。真冬でもこうして優しいお花たちに日々癒されています。
さて、オリンピック間際のリオですが、これから毎日のように現地リオデジャネイロから発信されるニュースを目にすることが多くなってくるかと思います。日本からもマスコミが大挙してブラジルに押し寄せているので、さぞや報道で賑わうかと思いますが、気を付けて頂きたいのは、むやみやたらにブラジル=危険という先入観と一方的な考えを植え付けることです。多民族国家であるブラジル人のほとんどの人たちは、大変人が好く、親切な方が多いのも事実。多くの方々は、日々誠実かつ真面目に働いておられます。現地在住者としては、マイナーな情報ばかりを流されるとちょっと悔しい。犯罪があったニュースは、「荷物から目を離した隙に」とか「死角になった海岸線で襲われた」など警戒心を解いたちょっとした隙に被害に遭っているようですが、これはブラジルだけの事件ではないと思います。見せ金を持ちなさい、とこちらに来た頃良く言われ、実際にポケットにいつ盗られても惜しくない程度のお金を隠し持っていた時期もありました。今はそんなことは全く必要ないくらい、怖い目に遭ったことがありません。もちろんブラジル(の中でも特にリオは)一部のならず者がいるのも歴然とした事実なので、貴重品管理にいつも気を配り、歩きスマホは絶対にしてはいけません。日本人の人たちが良く手にしている最新式のiPhoneは当地では高値で取引されているからです。スマホを手に街角でポケモンを探しても安全なのは日本国内だけです。と言うよりいくら探しても、ブラジルではポケモンGOに対応していません。スラム街などの危ない地区に近付こうとしたり、夜間の外出には特に気を付けてください。身の回りのものは、絶対に体から離さないでください。折角地球の裏側まで長い時間をかけて来られたのですから、ブラジルの良いところをたくさんお土産話にしてお持ち帰りください!地元最大手のRede Globo局では、オリンピック村のCarioca2の真ん前辺りに大変立派な自社の報道センターを建設し、各方面からの中継を結んで楽しい報道をしていて、それを観るのが日々の楽しみです。スポーツやニュースなど、多方面に配信出来るよう、番組によってスタジオの配置が変わるのにはビックリ!Globo局は、3000人のスタッフが総出でオリンピック報道を続けるそうです。
f0146587_21534314.jpg
(地元Rede Globo局専用の開放的な豪華スタジオは、夜照明が入ると特にキレイです)
不快な事件の報道ばかりではなく、オリンピック選手の人間性にも深くメスを入れてドキュメンタリー仕立てにしてしまうグローボ局の手腕は、さすが!と言うしかありません。事件をタイムリーに報道するのは一番大切なことですが、ブラジルやリオの良いところ、綺麗な場所、楽しいこと、ブラジル人の陽気さなどもいっぱい伝えてくださいね!現地在住者からのお願いです。

※8月4日から漸くブラジルでもポケモンGOで遊べるようになったようです。くれぐれも熱中し過ぎて、周りのならず者に気付かないなんてことのないように気を付けてくださいね。


by beijaflorspbr | 2016-08-02 19:22 | 美しいもの | Trackback
2016年 05月 06日

久々にバトントワーリングの世界を堪能

日本橋から神田経由で日暮里に行きました。本来の上京の目的が、この孫弟子と、もうお一方の二人がプロデュースするバトントワーリングの舞台を観ることでした。日暮里の駅から歩くこと10分強で漸く会場に着きました。ここは倉庫を舞台にした小規模劇場。三日連続一日三公演の最終日、たくさんのバトン関係者が詰めかけていました。中には何度も世界チャンピオンになった選手も観に来ていました。私も久しぶりに孫弟子や旧知のバトンスタジオの先生にもお会いでき、旧交を温めることが出来ました。
f0146587_05502845.jpg
肝心の舞台ですが、決して広くないシンプルな会場で、バトンを駆使しながら縦横無尽に駆け回って踊る4人の生き生きした動きに魅了されっぱなしでした。時には舞台だけではなく、客席間の階段に昇り演技をしてくれました。狭い舞台なのに、それを感じさせないほど舞台演出と卓越したバトン演技が秀逸でした。女性の持つ線の美しさと、確かな技術、バトンとダンスの融合を見事に魅せてくれた見応えあるステージでした。Mさん、良く頑張ったね!!
f0146587_05512703.jpg
この舞台、バトントワーリングを習ったことのある人がみれば、どれほど習熟度が高い演技かが分かります。長い間の厳しい練習期間を経て、完成度の高い舞台に昇華させた演者4人と指導陣、スタッフに心からの拍手を送ります。招待してくれた孫弟子Mに感謝!バトンの世界で生きると決めた時から、時には泣きながらここまでよく頑張ってこられたね。偉い偉い!今や多くの生徒を抱えるまでに成長した孫弟子を、これからもずっと応援し続けようと誓った一夜でした。
f0146587_05544282.jpg
約2時間の舞台でしたが、大変爽やかな気持ちで会場を後にしました。気持ちが少しだけ高ぶっていたので、日暮里駅まで歩く道のりがとても近くに感じました。
f0146587_05551591.jpg
途中で「あかう」といううどん屋さんの看板を偶然見つけたので、そこで食事をすることにしました。思わず注文したのが大好物の鍋焼きうどん。後でレビューを見ると、このお店はカレーうどんが有名だそうで、しまった…。お勧めを聞けばよかった(^_^;)肝心のおうどんは、大変美味しくて大満足でしたが、お座敷で宴会中だったせいか、中高年の声が大きくてちょっと参っちゃいました。私も気を付けよう。年を取ると、聞こえにくくなるせいか、地声がだんだん大きくなってしまうのですよね。
f0146587_06005740.jpg
帰りは西日暮里から地下鉄で人形町経由でホテルに帰りました。ちょうど始まったばかりの嵐の松本潤くんが主役をしている刑事弁護士ドラマをやっていたので、じっくり観ました。こうして当たり前にリアルタイムで好きなテレビ番組が観られる日本はいいなあ。今回も堪能しました。とはいえ、いつも外で飛び回ってばかりいたので、ほとんどがHDD録画でしたが。熱めのお風呂に入り、酒屋さんで買ってきたビールを飲んでホッと一息。こりゃもう立派なオヤジですな…(ー_ー)!!疲れが出たのか、この日は早めに休み、翌朝は6時に気持ち良く目覚めました。このスーパーホテルの良いところは、美味しい朝食が無料で付いていること。チェーン店とはいえ、各地区によっても少し差があります。都会のホテルの朝食はシンプル系で、地方が手厚いのですが、このスーパーホテル三越前の朝食は凝っていて大変美味しく頂きました!!嬉しかったのが、エレベーターで自室に帰ろうとした時、「もし良ければコーヒーをお部屋にお持ちになられませんか?」と声を掛けて頂いたことです。おまけに、コーヒーが熱くて持ちにくいだろうと、カップを二重にしてくださったことに偉く感心してしまいました。機会があったらこのホテルはリピートしたいと思いました。
f0146587_07032693.jpg
美味しい朝食をお腹いっぱい頂き、身支度をして元気に三越前から東京駅へと向かいました。さあ、次の旅の始まりです!うーーーー乗り鉄の血が騒いで仕方がありません。ワクワク、、、っておば(あ)さんなので気持ち悪いかな!


by beijaflorspbr | 2016-05-06 20:00 | 美しいもの | Trackback
2016年 04月 19日

チューリップ畑@横浜公園

今回泊まった関内のホテルの真ん前が、横浜市民のオアシスである横浜公園でした。駅からホテルまで、ホテルから駅までと、何度も何度も通りかかり楽しませて頂きました。今回熊本・大分などで大きな震災が発生し、たくさんの貴重な命が失われました。それなのに、ハチドリさんは何を呑気な記事ばかり書いているの?とお怒りの方も多いかもしれません。しかしながら、今は何もできません。前回の東日本大震災の際に、慌てて日本赤十字社に義捐金を送った時のようなことは二度としません。義捐金が正しく使われるところをきちんと調べて送らせて頂こうと思います。息の長い支援をさせて頂くために、今度はじっくりと考えたいのです。「温かいご飯が食べたいです」とある方が仰っていました。毎日当たり前のように温かいご飯を食べている時、被災地の皆さまのことを思っています。あまり時間を置かず、温かいものが手に入りますようにと祈るばかりです。父が長年赴任していた九州の方は、優しくて素朴で良い方ばかりでした。両親亡き後も、未だに私たちに色々なものを送ってくださる奇特な方もおられます。今後、順調に街の復興が進みますように。そんな時ですが、美しいチューリップの写真を載せさせて頂きます。美しいものを見て美しいと言える人、美味しいものを食べて美味しいと言える人、親切にしてもらって感謝できる人、困っている人に自然に手を差し伸べることが出来る人、そんな人になりたいと思っています。
f0146587_23291194.jpg
f0146587_23294875.jpg
f0146587_23384408.jpg
f0146587_23310878.jpg
f0146587_23320340.jpg
f0146587_23330093.jpg
f0146587_23333548.jpg
f0146587_23343691.jpg
f0146587_23353011.jpg
f0146587_23360989.jpg
色々な種類のチューリップがあるのですねえ。たくさんの方が撮影に来られていました。春の風物詩、横浜公園のチューリップ畑を是非ご覧くださいませ。何も考えず、一番リーズナブルな料金を提示していたスーパーホテルを選んだことに感謝した一日でした。


by beijaflorspbr | 2016-04-19 23:37 | 美しいもの | Trackback | Comments(10)
2016年 04月 06日

桜便り@嵐山・桜守りのお庭

この日は、ずっと楽しみにしていた京都へのお花見の日でした。朝5時過ぎに起床をし、朝食後6時半に自宅を出ました。わざわざ降水確率0%のこの日を選んで、東京から来られたお友達のKさんと午前9時過ぎに京都駅で待ち合わせをし、JRで嵯峨嵐山までやってきました。駅からは嵐山の教え子Mさんの愛車で、昨年に続き京都在住の16代佐野藤右衛門さんが一般公開しているお庭に連れて行って頂きました。この庭園をメインに、嵐山散策を始めようと思います。見事な桜の乱舞、私が一番好きな紅枝垂れ桜もほぼ満開でした。濃いピンクが遠目に見ても鮮やかで華やかで、最初からテンションあがりっぱなし…。桜の乱舞にひたすら酔いしれました。まずは写真をご覧くださいませ!
f0146587_23125950.jpg
f0146587_23132512.jpg
f0146587_23140063.jpg
f0146587_23144273.jpg
f0146587_23155737.jpg
f0146587_23164470.jpg
f0146587_23172523.jpg
f0146587_23183770.jpg
f0146587_23211852.jpg
f0146587_23220498.jpg
f0146587_23224817.jpg
f0146587_23240120.jpg
道路に沿って、延々桜の乱舞を見ることが出来ます。教え子Mさんは、ここが毎日通る生活道だと仰っていました。いいな、いいな。。。ここで40分くらいゆっくりしました。桜の樹の下には椅子も置いてあり、ゆっくり桜を愛でることが出来ます。今年は生憎の曇り空でしたが、見事な桜を心行くまで楽しませて頂きました。

by beijaflorspbr | 2016-04-06 23:36 | 美しいもの | Trackback
2014年 01月 07日

2013年秋友旅@嵐山 常寂光寺

f0146587_20421553.jpg
紅葉真っ盛りにはちょっとだけ早いようでしたが、風情は楽しめました。本当は常寂光寺には昨年一人で参りましたが、ブログにはアップしそこねてしまいました。今年は年が明けてしまいましたが、意に介さず季節外れの写真を載せてしまいましょう。同寺は、「もみじのお寺」としても有名です。ご覧の通り押すな押すなの大賑わい!
f0146587_20475629.jpg
入口から奥までほとんどが紅葉のトンネルで彩られており、見応えがあります。
f0146587_20490192.jpg
赤、黄、緑のコントラストが実に美しいですねえ。
f0146587_21204512.jpg
どこを切り取っても目が眩しくなるほどの見事な紅葉に圧倒されました。
f0146587_20554658.jpg
そろそろ嵐山にお別れをし、大阪に戻りましょうか。今度は阪急嵐山駅から帰ろうとすると…、ものすごい人また人!
f0146587_20590667.jpg
渡月橋には人が溢れ、少し待たないと通れませんでした。ふと目を桂川に移すと、穏やかで平和な光景が目に入りました。
f0146587_21240261.jpg
いやはや…いつ来ても大人気の嵐山、でも何故か惹かれて足を運んでしまいます。京都が近くて本当に良かった。次は枝垂れ桜の季節に再訪できたらいいなあと思いました。途中で見かけた看板ワンコのカーチ、あまりにも可愛くて夢中で写真を撮ってしまいました。自宅の庭で成った柿と柚子を小さい女の子とカーチの二人で売っていました(笑)
f0146587_21041855.jpg
帰りは地元のSCのイルミネーションを愉しんで
f0146587_21054357.jpg
どうしてもお鮨が食べたくなり、回転ずし屋さんに入りました(と言っても待ち時間1時間!!)(ー_ー)!!
f0146587_21064817.jpg
ご馳走さまでしたぁ!!
f0146587_21104160.jpg
季節の移ろいがはっきりしている日本の四季に感謝した一日でした。


by beijaflorspbr | 2014-01-07 21:13 | 美しいもの | Trackback
2013年 11月 23日

京都嵐山の紅葉2013

東京旅の途中ではありますが、秋晴れの良いお天気に誘われて、今日ふらっと出かけてきた京都・嵐山(奥嵯峨野)の風景をご覧いただけたら嬉しいです。まずは化野(あだしの)念仏堂の紅葉
f0146587_23011514.jpg
地元嵐山に住む教え子Mさんのご案内で散策、ここはテレビの撮影にも良く使われる場所ですが、あまり観光客には知られていない場所のようです。その証拠に人が全然居ません!
f0146587_23031584.jpg
もみじのお寺、常寂光寺の見事な紅葉、もう少し先まで見頃が続きそうです。
f0146587_23053801.jpg
圧倒されました!
f0146587_23081307.jpg
こんな家に住みたいな!
f0146587_09474469.jpg
来週もう一度京都・東山にお友達と一緒に行きます!大阪に住んでいて良かった、と思える季節の到来~♪


by beijaflorspbr | 2013-11-23 23:08 | 美しいもの | Trackback | Comments(2)
2012年 09月 24日

Teatro Alfa でモダンバレエ

週末の土曜日に、義姉妹のご招待でモダンバレエ(HPは音あり)を観てきました。
f0146587_1126123.jpg

フランスのバレエ団 'cie dca philippe decouflé'の公演.こういう場に来てみていつも思うのは、ブラジル人は如何に上手に文化的生活を楽しんでいるかということ。年間チケットもあり、かなりの数の方がその対象者のようでした。1枚単位で購入すると、R$150,00(60歳以上は半額)と、決して安くはない値段でも、座席はほぼ満席の大盛況。
f0146587_1130973.jpg

約1時間半、お休みなしのぶっ通しバレエはなかなかエネルギッシュでステキで、引き込まれました。モダンバレエという領域よりも、どちらと言えば、現代ダンスの領域のような気がしました。音楽も生演奏で、チェロとドラムとのコラボがお腹に響くほど迫力があり、なかなか良かった。ステキな舞台を見せて頂きました。公演が終わると、車をピックアップする長蛇の列、こちらもR$25,00と決して安くはありません。
f0146587_11344636.jpg

我々は公演が始まる前に、表にあるHotel Transamericaで車を止め、ホテル内のレストランで食事をしたので、そちらまで歩いて行きます。Teatro AlfaとHotelは庭で繋がっています。ついでに言えば、このホテルの裏には、コンベンションセンターもあり、展示会などが頻繁に開かれています。私も昔は毎年このホテル裏の展示スペースで行われていたFeira de Joias(ジュエリーフェア―)に来たものでした。
f0146587_1138264.jpg

ホテルの食堂では、既に朝食の準備がすっかり整っています。たまにはこんなところでプールを眺めながら朝食を頂いてみたい~♪
f0146587_11391433.jpg

ここで食事をしたので、駐車券は大幅割引のR$7,00でした。この時点でまだ午後11時前だったので、お二人を自宅までお送りし、帰って来たのは12時少し前でした。明日は食事の模様をご報告します。たまには芸術に触れることも大事、お二人に感謝!

by beijaflorspbr | 2012-09-24 11:46 | 美しいもの | Trackback
2012年 05月 01日

5月1日はJOUR des MUGUETS スズランの日

f0146587_21514062.jpg

ーこの日に鈴蘭の花を贈られた人には幸運が訪れるー

フランスでは、そんな素敵な言い伝えがあり、この日までの約一週間、街中がスズランでいっぱいになります。


スズランの香りを愉しみにお友達のあこちゃんのお誘いを受けこの方のところへ行ってきました。初対面にも関わらず、「友だちの友だちは皆友だちだ~♪」状態で最初から優しい雰囲気に包まれ幸福感を味わいました。

毒をもつというスズラン、私もほんの少しだけ自宅へ持ち帰りました。優しいスズランの香りに癒されています・・・。
f0146587_22132021.jpg


by beijaflorspbr | 2012-05-01 21:59 | 美しいもの | Trackback | Comments(4)