ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:日本国内旅行( 258 )


2017年 08月 29日

アパホテル小伝馬町で一泊

少し寄り道をしてしまいました。娘は無事に日本に到着したようです。サンパウロからロスアンゼルスまでは一番前の広い席、ロスから羽田までは4席独占で、ゆっくり横になり良く休めて楽だったそうです。良いなぁ〜。さて、もう一度日本日記に戻ります。最近ホテル検索で良く使うようになった、ホテル予約サイトのbooking.comで、私が泊まりたい日に、たまたまヒットしたのがこの「アパホテル・小伝馬町」でした。東京のホテルとしてはロケーションが良く、しかも比較的安めの税込み5,000円、朝食代1,000円、しかもチェックアウトは午前11時という宿泊者にひたすら優しいホテル。私にとっては初めてのアパでの宿泊でした。部屋の鏡の横にはこのホテル経営者の本などが何冊か置かれていましたが、全く手を触れなければ気になりません。フロントで著書まで販売しているのを見て、やり過ぎかなぁとちょっと驚きましたが…。
f0146587_00555653.jpg
部屋は狭くて眺めは全く良くないものの、ベッドはこの通り大きめでゆったりと休めそうで好印象。一晩寝て過ごすだけなので、これで十分。ついでに言えば、テレビも部屋の大きさから言えば大き目?
f0146587_00562165.jpg
広めでフカフカのベッドも良かったのですが、もっと気に入ったのは、この卵型のお風呂でした。何度かお湯を貯め、ゆっくり肩まで浸かることが出来ました。持参した温泉の素で、まさになんちゃって温泉気分を満喫♨アパには大風呂があるホテルもあるということでしたが、この小伝馬町に大風呂はなかったので、部屋風呂で我慢。
f0146587_01001648.jpg
あちこちお部屋の隅々まで冒険が終わった後は、昔からのブログ友達でもあるcookeryさんとの待ち合わせ場所の小伝馬町駅へと急ぎました。いつも世界中を飛び回ってお仕事をされているcookeryさんとは久々の再会です。たまたま東京におられるところを掴まえちゃいました。ラッキー(^^)v彼女はお仕事、東京の柄飲食店には詳しいので、アレンジを全てお任せしていたのですが「仕事が長引いて、何も調べて来なかったの…」と。(;´д`)トホホ・・・じゃあ二人で勘を頼りに良いお店を探しましょうかということに。フラフラ駅周辺を歩いているうちに、ふと目についた「しんば」というお店。暖かそうな雰囲気と「静岡おでん」というキーワードに惹かれて入ってみることにしました。
f0146587_00574455.jpg
これがもう大当たりで…。続きます。

by beijaflorspbr | 2017-08-29 18:00 | 日本国内旅行 | Trackback | Comments(2)
2017年 08月 27日

マザーズとの再会@東京・銀座

広島日帰りの翌日は、東へと移動をする日でした。何故こんなに元気でいられるのか分かりませんが、この日も無駄に早起きをし、早い時間の電車に飛び乗って地元から新大阪駅へと急ぎました。新幹線乗車まで少し時間があったので、新大阪駅構内にあるお気に入りのドトールのコーヒー&ホットドックを。
f0146587_23180982.jpg
ひかり508号は午前7時17分新大阪発。とても静かな車内でゆっくりと寛がせてもらいました。新幹線も飛行機も大好き!!!
f0146587_23183150.jpg
午前10時10分に東京駅に到着しました。そのまま用事を済ませるために御徒町へ寄って、待ち合わせの銀座と急ぎました。
f0146587_23173020.jpg
いつも申し訳ないと思うのですが、この日も遅刻をしたうえ、お店の場所が良く分からなくて、Kちゃんに迎えに来てもらいました。大阪から駆け付けるにせよ、もう少し余裕を持って行動したいものです。マザーズの皆さん、お待たせしてごめんなさい🙇お店は「北大路銀座茶寮」という完全個室の素敵なお店でした。懐かしい6名のマザーズ(ムスコのサンパウロ日本人学校時代のママ友)が揃っていました。嬉しい再会です。
f0146587_23194670.jpg
予めお料理はお願いしてくれたのですが、術後の私だけ天ぷらを焼き魚に替えて頂きました。どれもこれも手間をかけた美味しさで、北大路茶寮でのお食事を堪能しました。和食って良いですよね~♪
f0146587_23200727.jpg
その後あんぱんで有名な木村家さんの2階ティールームでお茶を楽しみました。
f0146587_23202649.jpg
4丁目付近で再会を約束してそれぞれに解散をしました。
f0146587_23211912.jpg
この日は都内にホテルを抑えていたので、そちらへと移動しました。

by beijaflorspbr | 2017-08-27 18:00 | 日本国内旅行 | Trackback
2017年 08月 26日

広島へ③広島風お好み焼き&教え子との束の間の再会

広島平和公園でひーさんと合流した後は、ゆっくり歩いて目的地へ…。
f0146587_23324365.jpg
ひーさんご家族行きつけのお好み焼き屋さんへご案内して頂きました。良く仲間と気軽に集うお店だそうで、人の良いママさんが一人で切り盛りしています。私たちが店に入ってからも、テイクアウトも含め、手際よく焼いて行くママさんの姿はなかなか素敵でした。
f0146587_23321392.jpg
まずは生ビールと缶チューハイでカンパイー☆
f0146587_23331367.jpg
チーズ焼きをおつまみに作って頂きました。ビールに合うんだわぁ、これが。
f0146587_23344362.jpg
ゆっくりお喋りとお酒を楽しみつつ、久々の再会なのでマシンガントーク炸裂して…。その間にもママさんはニコニコ私たちの相手を上手にしながら何枚ものお好み焼きを仕上げて行きます。
f0146587_23355470.jpg
そして漸く私たちの注文したお好み焼きが完成に近づいて…ワクワク!ジュージューと良い音と香りが広がります。
f0146587_23363963.jpg
出来ました!お葱満載の広島お好み焼き。関西に居ても、焼きそば入りのモダン焼きをお願いするほどのお好みも焼きそばも好きなので、しっかり味わいつつ最後まで美味しく頂きました。ご馳走さまでしたぁ!
f0146587_23043912.jpg
このお店でゆっくり寛がせてもらい、次の教え子との再会までの時間をリラックスして過ごしました。ママさん、ひーさん素敵な癒し時間をありがとうございました。次は私の教え子Kちゃんが、わざわざ車でお店の近くまで迎えに来てくれました。商店街の中にある、広島の老舗デパートで働いている教え子Yと合流するためです。
f0146587_22263623.jpg
Kちゃんはこの日仕事がお休みだったのですが、Yは仕事の合間の1時間休憩だけ私とお話が出来るとのことで、デパートのティールームに落ち着きました。
f0146587_22283504.jpg
私はさつま芋パフェを。甘くて美味しい。
f0146587_22290236.jpg
ちょうどきっちり1時間3人でお喋りをし、折角の機会だからと、Yの働く婦人服店で気に入ったチュニックを2枚買い、再会を約束してお別れしました。Yが「わあ、こんなに簡単に先生と会えるなんて…今度もっと大人数で会えるようにセッティングしますから元気でね、先生!」と優しくハグしてくれました。今回は福岡の教え子や唐津の孫弟子、そしてこの日の広島の教え子との再会が叶い、何とも充実した日本での滞在を満喫することが出来ました。きっと私にジャパンレールパスを使わせてくれている理由はその辺にあるのかもしれません。懐かしい日本あちこちでの再会は、どうしても予算の都合で足が遠のいてしまうものの、この便利なパスがあればどこへでも足を延ばすことが出来ます。「遠くてもいいよ、私が動けばよいんだからね」と言っておきました。「先生が元気で本当に良かった」二人とも眩しいほどの笑顔であったか~く迎えてくれました。愛しい私の教え子たち全員に逢うまではくたばっちゃいけないな、なんて思いました。日帰りの広島旅行は、こうしていくつもの目的を果たすことが出来て、大変充実したものでした。


by beijaflorspbr | 2017-08-26 18:00 | 日本国内旅行 | Trackback | Comments(2)
2017年 08月 25日

広島へ②広島平和記念資料館とオバマ氏の折り鶴

1階奥には、実際に被爆した方々の写真や現物が展示されていて、見るのも辛いものがありました。あるカメラマンの方のパネルを読んでいるうちに涙が止まらなくなりました。想像を絶する現場で勇気を持ってシャッターを押し続けたカメラマンの悲しみ・・・憤りを直に感じました。
f0146587_22543285.jpg
f0146587_22570272.jpg
1943年に生まれた佐々木禎子(さだこ)さんは、2歳の時に被爆しました。被爆から10年後に、突然白血病と診断され入院しました。千羽鶴がお見舞いに贈られたことをきっかけに「生きたい」という願いを込めて折り鶴を折り始めましたが、8か月の入院生活の末、家族が見守る中亡くなりました。展示物は禎子さんが亡くなるまで折り続けていた鶴・と愛用の巾着と草履など…。
f0146587_22583148.jpg
焼け焦げた三輪車やお弁当箱は、昔子どもたちが見て恐ろしさに震えていました。
f0146587_23143422.jpg
地下1階の新着史料館も見てみました。
f0146587_23160858.jpg
ここに行く廊下の途中に、2016年5月27日にバラク・オバマ大統領(当時)が広島を訪れた時に自らが折って持参した折り鶴が展示されています。
f0146587_22591477.jpg
f0146587_23054662.jpg
久しぶりに訪問した広島平和記念資料館でしたが、色々な面で勉強になりました。戦争と核の恐ろしさを地球上全ての人がもっと知らなくてはならないという思いを強くしました。昔に比べて、格段に外国人が多かったのも印象に残りました。原爆死没者慰霊碑で、順番を待って静かに手を合わせました。
f0146587_23051460.jpg
何とも言えない静かな時間がゆっくり流れます・・・。少し寂しく、感傷的になってしまった時、向こうから満面の笑みを浮かべた懐かしいお友達のひーさんが大きく手を挙げて近付いてきました。ブラジル式にハグをして再会を祝いました。
f0146587_23184041.jpg
ここからは一緒に散策を続けます。原爆の子の像は、佐々木禎子さんの同級生らの募金によって作られたそうです。この像の後ろには、たくさんの千羽鶴が展示されています。
f0146587_23193634.jpg
負の世界遺産、原爆ドームです。
f0146587_23202404.jpg
そういえば最初にひーさんとお会いしたのもここ広島でしたっけ。広島は私にとって再会の地、さあ今日はどこへ連れて行ってくれるのかな?

by beijaflorspbr | 2017-08-25 18:00 | 日本国内旅行 | Trackback
2017年 08月 24日

広島へ①広島平和記念資料館へ

引き続き、今年6月末の日本日記を続けさせて頂きます。東北同窓会が終わった翌々日は西に移動をする日でした。
f0146587_22273015.jpg
広島での約束が正午だったため、少し早めに大阪を出て「さくら号」で広島に向かいました。
f0146587_22281403.jpg
珍しい新幹線だ!と思って後で調べたら、エヴァンゲリオン500TYPE EVA PROJECT新幹線だそうです。
f0146587_22343996.jpg
あっと言う間に広島駅に着き、「広島観光めいぷる~ぷバス」に乗車しました。
f0146587_22364858.jpg
乗車時間約10分ほどで、広島平和記念資料館に到着しました。この資料館に来たのは随分前のこと、全面リニューアルして変わったという話を聞いたので、一度訪ねてみたいと思いこの日実行に移しました。
f0146587_22370983.jpg
1945年8月6日に広島を襲った悲劇は誰もが知るところ…。
f0146587_22383919.jpg
原爆投下前の無邪気な子どもたちの写真、この後起こる悲しみなど誰が想像したでしょうか。
f0146587_22385981.jpg
そして・・・
f0146587_22395580.jpg
誰もが真剣な顔をして原爆投下後の写真に見入っていました。
f0146587_22561568.jpg
原爆ドーム(広島県産業奨励館)の原爆前と原爆投下後の模型
f0146587_23113136.jpg
たくさんの外国人が陳列を熱心に見ておられました。
f0146587_22501019.jpg
f0146587_22493684.jpg
f0146587_10005038.jpg
テーマごとにきちんと纏められた展示内容に見入っているうちに、どんどん時間が経ってしまいました。
f0146587_22513222.jpg
海外在住の被爆者のために、バイリンガル対応の被爆者健康手帳交付申請書」も展示されていました。
f0146587_10024547.jpg
さて、そろそろ2階から1階の展示スペースへと移動をしましょう。


by beijaflorspbr | 2017-08-24 18:00 | 日本国内旅行 | Trackback
2017年 08月 06日

久々の三重県・鈴鹿市へ・・・⑤伊勢神宮にお詣り

伊勢神宮・内宮の広々とした参道をひたすら歩きます。
f0146587_21590428.jpg
f0146587_22004021.jpg
もう一度お辞儀をして・・・
f0146587_22010347.jpg
清流・五十鈴川で手を清めるのが(私の)習わし
f0146587_22031748.jpg
少し汗ばむほどの新緑の時期のお参りは初めてでしたが、吹き抜ける風が爽やかで実に気持ちがいい。
f0146587_22040139.jpg
いつ来てもたくさんの方の参拝客
f0146587_22044268.jpg
見事な新緑に癒されました。
f0146587_22054114.jpg
f0146587_22063218.jpg
いよいよご正宮です。ここの階段からは撮影禁止、しっかりお礼参りをさせて頂きました。
f0146587_22094102.jpg
今年初めての伊勢神宮に参拝させて頂けて、有難く思いました。連れて来てくださったSさんに心から感謝の気持ちが沸いてきました。

by beijaflorspbr | 2017-08-06 22:20 | 日本国内旅行 | Trackback
2017年 07月 25日

山形・東根温泉へ湯治に行く

娘のお誕生日を大阪で過ごした翌日は、富山・高岡在住のおっとりさんのお宅で癒し時間を過ごさせて頂きました。ところが、こちらに戻ってきてみると、ちょうどその日に過ごした写真が丸々見当たりませんので、ちょっと遅れてしまうかもしれませんが、後ほどご報告します。優しくおもてなしをしてくださったおっとりさん、ごめんなさい<(_ _)>新高岡駅から北陸新幹線で大宮まで移動をし、大宮から山形新幹線でさくらんぼ東根駅へと向かいました。
f0146587_10362005.jpg
お昼を過ぎていたので、新高岡駅で買った「ますとたい」の押し寿司を食べ始めました。
f0146587_10382920.jpg
丁寧に包装されたお鮨、量も丁度良く最後まで美味しく頂きました。
f0146587_10400438.jpg
午後3時ちょうどにさくらんぼ東根駅に着き、久しぶりに従妹のMちゃんと再会が叶いました。駅にはこの季節のさくらんぼの木が。
f0146587_10444559.jpg
翌日お友達へのお土産にさくらんぼを購入しました。
f0146587_10410250.jpg
東根の温泉は本当に素晴らしいのです。
f0146587_10441989.jpg
従妹の嫁ぎ先「来山荘」いつもと変わらず温かい家族がほっこり迎えてくれました。
f0146587_10435125.jpg
一番奥のスィートルーム(自称)に案内されました。
f0146587_10422824.jpg
迷わずお風呂へGO!!夕食まで3回くらい出たり入ったり・・・(笑)だって、目的は湯治だったのですから。
f0146587_10493223.jpg
全てのお客さんにお膳を出した後、家族が食事する食堂で、私も夕食を頂きました。私が持ち込んだ山形の純米吟醸酒「六歌仙」
f0146587_10542624.jpg
わわ^^美味しそう。胆嚢術後なので、心配しながら食べた天ぷらも大丈夫でした。
f0146587_10503031.jpg
ご家族へのお土産の富山の鱒寿司は大変喜ばれました。
f0146587_11072943.jpg
朝起きてお風呂に行くと、従妹のMちゃんとバッタリ!「おはようございます~」なんてよそ行きの声で挨拶し、良く見たら私( ゚Д゚)「なーんだハチドリちゃんか…」ですって(笑)あと2回ほど温泉に入り、湯治の目標は達成しました。朝食後、従妹にさくらんぼ東根駅まで送ってもらい、山形新幹線で東京へと向かいました。今回は従妹とたくさん話せて嬉しかったな。楽しい時間をありがとうね、Mちゃん。
f0146587_10553350.jpg
この後は東京で途中下車をし、お友達と会って帰阪するはずでした。しかしながらあんなことに巻き込まれるとは!!!続きます。

by beijaflorspbr | 2017-07-25 18:00 | 日本国内旅行 | Trackback | Comments(2)
2017年 07月 20日

2017年教え子と会う旅③佐賀県・唐津 少しだけ観光

唐津第一ホテルで、気持ち良く目覚めました。無料朝食サービスがあるのは大変嬉しい。おまけに、焼きたてパンは熱々と来たら他は何も要りません(なーんて…)Hちゃんと美味しく頂きました。ここで優しい彼女が、「ゆっくりはできないけれど、車でさーっと唐津市内を回りましょうか?」と提案してくれました。
f0146587_10515955.jpg
午前9時過ぎにホテルをチェックアウトし、車で出発しました。直ぐに海が見えました。
f0146587_10523282.jpg
そして唐津の観光スポットである唐津城が見えてきました。唐津城は、慶長13年(1608年)唐津範藩主寺沢志摩守広高によって築城されましたが、廃藩置県によって廃城。現在のお城は昭和41年(1966年)に文化観光施設として完成したものだそうです。時間がなく、仰ぎ見ただけでしたが、なかなか立派なお城でした。
f0146587_10535688.jpg
次は日本3大松原の一つと言われている「虹の松原」を通ってくださいました。虹の松原は、唐津湾の海辺に続く長さ4,5km,幅0,5kmに渡り、約100万本の黒松の群生が生息している美しい松林です。
f0146587_10543011.jpg
良く手入れされているのは、市民のボランティアによって保たれているのですね。
f0146587_10584278.jpg
Hちゃんが、「時々癒されに来るんですよー、ただぼーっと海を見ているだけでホッとするんです」と。
f0146587_10560058.jpg
確かに穏やかで綺麗な海でした。言葉もなくしばらく佇んでいました。穏やかな時間はゆっくり過ぎていきました。
f0146587_10552638.jpg
Hちゃんの生徒さんが既に集まっていてレッスンが始まると言うので、私は浜崎駅まで送ってもらいました。Hちゃん、短い時間でしたが楽しかった!ありがとうね。これからも体を大切にね!!
f0146587_10595193.jpg
聞き慣れない駅ばかりなので慎重に。。。次の目的地は「今宿」ここではもうひとつ楽しみにしていた再会が待っていました。
f0146587_10580737.jpg
今宿駅に着いたものの、少し早く着きすぎたのでしばらく待っていると、笑顔であの子がやってきました。
f0146587_11005872.jpg
教え子が連れて行ってくれたのは海を見ながらゆっくりと食事が楽しめるお店。楽しみです!!
f0146587_11013641.jpg


by beijaflorspbr | 2017-07-20 16:00 | 日本国内旅行 | Trackback
2017年 07月 18日

2017年教え子と会う旅①佐賀県・唐津

搭乗記も終わりましたので、元の夏旅日記に戻します。三重県の湯の山温泉を後にし、名古屋まで行き味噌煮込みうどんを食べたことまではご報告しました。この後、まかちゃん母子とお別れし、14時9分名古屋発のひかり471便で新大阪に向かいました。新大阪からは九州新幹線に乗り換えて博多まで行きました。Japan Rail Passは、「のぞみ」や「みずほ」に乗れないので、名古屋からそのまま九州に行く方法はありません。必ず途中で乗り換えないといけないので、慣れている新大阪乗り換えにしました。
f0146587_20240483.jpg
午後6時前には博多駅で地下鉄に乗り換えることが出来ました。何故なら、今夜会う予定のHちゃんが午後7時半まで用事があるため、逆算をして割り出した時間がこの経路でした。博多駅から西唐津行きの電車に乗ってひたすら唐津を目指します。最初激混みだった地下鉄は、天神でガラガラになって、漸く座れました。ほっー☆夕方のラッシュ時なので、当然と言えば当然。
f0146587_20245567.jpg
佐賀県内にご自宅のあるHちゃんですが、この日と翌日は唐津でバトンレッスンがあると言うことで、私が押し掛けることにしたのです。押しかけ女房ならぬ押しかけ先生って聞いたことがありませんよね。なかなか乗り心地の良いゆったりとした電車でした。地下鉄がそのままJR筑肥線になるので、地下鉄部分だけの乗車券を買って乗りこみました。
f0146587_20260247.jpg
時間的に、途中で見事な海に沈む夕陽を眺めることが出来ました。座席に座っていられず、思わず立ちあがって写真を撮りまくっていると、周りの冷たい視線が…。明らかに観光客とバレましたけど平気。私にとっては珍しい光景でも、この近辺にお住まいの方にとっては日常なのですよね。
f0146587_20261750.jpg
午後7時過ぎに唐津駅で下車しました。博多駅から1時間はちょっと長いかな?と思ったものの、あっという間に着いてしまいました佐賀県!
f0146587_20265003.jpg
午後7時の唐津駅はがら~んとして人もあまりいません。観光案内所も閉まっていたので、パンフレットだけをもらいました。おまけに言えば、座って待つところもない!
f0146587_20282703.jpg
駅ですることもなく心細く待っていると、元気な孫弟子Hちゃんが車で迎えに来てくれました。予約してくれた唐津第一ホテルにチェックイン。本当はHちゃんは、ここから自宅に戻ってもう一度翌日のレッスンに来るはずだったものを、私が唐津まで押しかけると言い出したものだから、一緒にこのホテルに泊まってくれることになったという訳です。ごめんね~Hちゃん。
f0146587_20290593.jpg
ごくごく普通の清潔なビジネスホテル。でもこれで十分!!Hちゃんはお隣のお部屋。お互いにLINEで連絡を取り合い行動しました。
f0146587_20300674.jpg
部屋から外を眺めてみましたが、あまり高い建物は見当たりません。 
f0146587_20305195.jpg
Hちゃんは、かれこれ40年近く見守ってきた可愛い孫弟子のひとりです。昨年手術を受けたので、心配して元気な姿を確認しに来たという訳です。でもすごく元気で、自分の仕事に対して真摯に向き合い、生き生きしている姿を確認できてほっとしました。さて次は・・・あの名物料理を食べに…。楽しみですが、また明日!


by beijaflorspbr | 2017-07-18 20:51 | 日本国内旅行 | Trackback
2017年 07月 11日

友旅2017夏⑥ホテル湯の本 蛍ツァーと朝食

私は既にサンパウロに戻ってきましたが、ママ友まかちゃんとの旅日記を続けさせて頂きます。三重県・湯の山温泉「ホテル湯の本」で美味しい夕食を終えると、従業員の方がお部屋にお布団を敷きに来てくださいました。本来ならこのまま温泉に入って、早く寝たいところなのですが…。
f0146587_20413279.jpg
この時期にしか見られないというほたる鑑賞ツァーを申し込んでいました。午後8時過ぎにロビーに集合して、蛍の生息する菰野町赤川付近まで連れて行って頂きました。蛍はたくさん見られたものの、写真には全く写っておらず撃沈(-_-;)久しぶりに蛍の群生を見られ、大満足しました。
f0146587_20415002.jpg
ホテルに帰って、露天風呂にゆっくり浸かってぐっすり眠りました。とにかく優しいまかちゃんと一緒だと、心からリラックスできました。朝も気持ちよく目覚め、朝食会場へ…。
f0146587_20442264.jpg
朝食はバイキング、和洋色々揃っていますので有難い。食後のコーヒーを楽しんだ後・・・
f0146587_20453737.jpg
もう一度ゆっくり露天風呂に入ることにしました。二人とも、大風呂よりこの露店が大いに気に入りました。
f0146587_20485612.jpg
確かにこの日は宿泊客もいたはずなのに、妙に静か。
f0146587_20463958.jpg
いつ行っても貸し切り状態で最高でした。
f0146587_20505951.jpg
絶景の中、露天風呂を心行くまで楽しみました。温度もちょうど良くて、ついつい長風呂になってしまいます。いい湯だな~ハハン♪
f0146587_20515379.jpg
こんな空を見上げながら。。。旅の想い出を反芻していると、早いもので電車の時間となってしまいました。
f0146587_20525361.jpg
ホテルをチェックアウトして、ホテルの車で湯の山温泉駅まで送って頂きました。このホテルは、スタッフがとても親切で終始居心地が良かったです。
f0146587_20533263.jpg
今回の旅は、手術を頑張った自分へのご褒美の旅でしたが、体調を崩すこともなく、終始落ち着いて過ごせ、最高の想い出旅になりました。ホテル予約から電車の時間帯、観光内容まで入念に下調べをしてくれたまかちゃんに感謝!!さあ、次は名古屋市内で懐かしい再会が待っていました。楽しみはもう少しだけ続きます。


by beijaflorspbr | 2017-07-11 21:10 | 日本国内旅行 | Trackback