ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:日本国内旅行( 284 )


2018年 01月 17日

名古屋日帰り観光③ノリタケの森で美ランチ

名古屋市内を走るメーグルでノリタケの森にやってきました。陶器メーカーとしてはあまりに有名な「ノリタケ」のテーマパークは、見て良し、食べて良し、歩いて良しのまるで広い庭園のような静寂なスペース。秋らしい穏やかなお天気に恵まれたこともあり、ここでは格別に心地良い時間を過ごすことができました。
f0146587_10224695.jpg
お昼には少し早い11時半にレストランKiln(キルン)でランチをすることにしました。キルンは、ノリタケの豪華なお皿に盛られたお料理を出してくださるということで、まさに目と舌でノリタケを堪能できるお店なのよと、お友達のまかちゃんのお奨めで入りました。
f0146587_10232065.jpg
まだ開店早々なので、お店はがらんとしていましたが、次第にお客様が入って来ました。
f0146587_10234935.jpg
窓側の柔らかな木漏れ日の差す席に座り、再会を祝ってまずは赤ワインでカンパイー☆
f0146587_10241427.jpg
可憐なお花の向こうに柔らかなまかちゃんの笑顔が…至福の時です。
f0146587_10244144.jpg
このお店で一番リーズナブルなランチコースをお願いしました。お肉かお魚料理を選べます。まずは前菜から。まるで一枚の絵画のようなお皿にさりげなく盛られたお料理たち。
f0146587_10250568.jpg
ポタージュ
f0146587_10255714.jpg
私はタンシチューを選びました。コクがありお肉も柔らかくてホロっと蕩けました。
f0146587_10253577.jpg
お肉苦手なまかちゃんは鯛のポワレ、サックリと焼かれていて、美味しかったそうです。良かった!このお皿も豪華絢爛だわ!
f0146587_10270554.jpg
デザート3種
f0146587_10275344.jpg
最後は珈琲が付いてきました。ノリタケの美しいお皿で頂くお料理の数々は、やはり特別な感じがしました。美味しかった。ご馳走さまでした。何より、優しいまかちゃんとのゆったりした時間は何物にも代えがたいものでした。
f0146587_10282034.jpg
食事が終わって外に出ましたが、心地良い風が吹き何とも良い気持ち~♪
f0146587_10290019.jpg


by beijaflorspbr | 2018-01-17 17:24 | 日本国内旅行 | Trackback | Comments(0)
2018年 01月 16日

名古屋日帰り観光②トヨタ産業技術記念館(自動車の部)

トヨタ産業技術記念館の後半です。いよいよトヨタの心臓部である自動車関係の展示スペースにやって来ました。お出迎えはロボットたち。演奏はなく、無音・・・・・・。でも可愛いからいいや。
f0146587_22064491.jpg
2017年3月からTBS系で放送されたテレビドラマ「リーダーズ」でも披露された、自動車の骨組み部分。佐藤浩市さんやたくさんの俳優さんたちの奮闘ぶりが素晴らしくて良いドラマでしたね。
f0146587_22071444.jpg
初期の自動車は立派!!でもドラマによると故障が多かったんですよね。
f0146587_22072921.jpg
上からみた景色。過去に父が乗っていた自動車も見つけ、テンションがあがりました。
f0146587_22080656.jpg
モーターやガラスなどのパーツ部分の展示も。
f0146587_22101367.jpg
ちょうど海外からのお客さまも見学に来られていました。自動車マニアの方は是非この施設へ!!
f0146587_22112107.jpg
こちらはエアバッグカー(Flesby)フワフワしていて軽そう。こちらブラジルでも売られているFordのKAにスタイルが似ています。
f0146587_22115044.jpg
電気自動車?これからきっとこれが席巻するのかな?
f0146587_22124458.jpg
高級車のシートにも座ってなんちゃって「お金持ち気分」を味わいました(笑)
f0146587_22131592.jpg
出口では可愛いロボットがお見送りしてくれました。
f0146587_22135257.jpg
バス乗り場で次のバスが来るのを待ちましょう。チケットを買った時に、時刻表も一緒にくださるので、計画が立てやすいのもメーグルの大きな利点でした。
f0146587_22141281.jpg


by beijaflorspbr | 2018-01-16 20:15 | 日本国内旅行 | Trackback | Comments(0)
2018年 01月 15日

名古屋日帰り観光①メーグルで市内観光・トヨタ産業技術記念館

ちょっと寄り道をしましたが、2017年11月下旬の旅行記の続きに入らせて頂きます。この日は日帰りで名古屋へ。マザーズまかちゃんと久しぶりの再会を楽しみにやって来ました。
f0146587_21130070.jpg
新幹線改札出口で無事に会え、向かった先は「なごや観光ルートバス」のメーグル。乗り降り自由の1日券を500円で購入し、乗車しました。
f0146587_21133746.jpg
とにかく外国人観光客が多くて、既に車内は満員でした。
f0146587_21141039.jpg
名古屋観光第一弾は、トヨタ産業技術記念館です。
f0146587_21145221.jpg
トヨタの創業者である豊田佐吉氏が明治44年に織機の研究開発のために創設したものを1994年に記念館として移設したものだそうです。「トヨタ」と言えば自動車と思いこんでいたので、スタートが織機の開発だったとは…。入場料を払って中に入りました。
f0146587_21160226.jpg
トヨタがどうやって繊維織機を開発して行ったかのプロセスが実に詳細な説明と共に展示されていました。
f0146587_21172743.jpg
f0146587_21185425.jpg
f0146587_21261731.jpg
f0146587_21262651.jpg
f0146587_21263391.jpg
f0146587_21235863.jpg
かなりの規模の機械が、所狭しと展示されています。この技術は、自動車のシートにも生かされているのですね。
f0146587_21243261.jpg
渡り廊下を順路に沿って進むと…。
f0146587_21293543.jpg
本来の「トヨタ」の本領発揮の展示スペースが広がりました。かなり見応えがありますよ。続きます。

by beijaflorspbr | 2018-01-15 21:55 | 日本国内旅行 | Trackback
2018年 01月 08日

2017年冬旅④東京~雨の倉敷へ

東京都内のOさん宅で爽やかに目覚めた朝、朝食後O夫人にわざわざバス停まで送って頂きました。30年以上、変わらぬ友情に感謝!バスでJR駅まで行き、東京駅へ。新幹線の出発時刻まで少し時間があったので、有楽町のJALプラザに来年のカレンダーを買いに行くことにしました。日本とブラジルの自宅用のカレンダーはいつもJALプラザで購入することにしています。JALGCで毎年プレゼントをしてくださるカレンダーと手帳はお断りして、マイルを付与してもらっています。ところが、開店時間が10時半でまだ閉まっていましたので、近くの喫茶店で時間つぶしをすることにしました。パッと目に入ったのが、地下1階にある「珈琲茶館 集(しゅう)有楽町アネックス店
f0146587_21341211.jpg
ただシンプルに美味しいコーヒーが飲みたいと思ったものの、コーヒー代が750円~(驚!)でもメニューのトップページを見ると、午前11時まではモーニングセット500円と書いてあるではありませんか!モーニングは、淹れ立てのコーヒー(しかもサイフォン式)、トースト、ゆで卵とジャムのセット付きです。O家でお腹いっぱい朝食を頂いてしまい、あまりお腹が空いていなかったものの、もう一度ここでモーニングを頂くことに決めました。これを昼食にすれば良いのだし…なんて言い訳をしながら。いやはや…この高級喫茶店、本当にクォリティーが高くてビックリ。出来ればもう一度行きたいと思ったくらいのお店でした。店内は大音量でクラッシックが流れており、まさに私の趣味にピッタリ合う大人向けの喫茶店でした。
f0146587_21374531.jpg
その後無事にJALプラザで複数のカレンダーを購入し、東京駅へ戻りました。購入したカレンダーをコンパクトに纏めてキャリーにしまい、新幹線で南方に向かいました。東京駅から東海道新幹線「ひかり号」で新神戸へ、新神戸で九州新幹線で「さくら号」に乗り換えて岡山駅で下車しました。何故こんな面倒くさいことをするかと言えば、レールパスは「のぞみ」に乗れないからなのです。現在ほとんどが「のぞみ号」ばかりの中、こうして乗り換えをしているパス利用者はかなり多く、新大阪駅で乗り換えるとホームが違うので面倒でも、新神戸駅で乗り換えると同じホームに入線するから楽ですよ、と説明を受けました。東海道→山陽或いは九州新幹線への乗り換えはちょっと手間がかかりますが、お得切符なので決して文句は言えません。岡山駅から在来線で倉敷駅までは約15分とあっと言う間。ここで待っていてくれたのは、高校の同級生のYです。この人とも6月の同窓会で会って以来半年ぶりの再会。夕飯までは時間があったので、道路沿いの喫茶店に入りました。Yと会う時は、いつも美観地区に行くのですが、生憎の大雨。
f0146587_21405855.jpg
お善哉で一息…。私にとって癒しのY、会えて良かった!!優しい店主の心配りのおかげで、思いの外ゆっくりと寛がせて頂きました。
f0146587_21371437.jpg
このお店を出て、倉敷駅前の天満屋6階にある「はむら茶屋」に入りました。見晴らしが良い席に座りました。
f0146587_21445313.jpg
季節の御膳をお願いすると、この通りの賑やかさ。この日のご飯は栗ごはん。全て優しい味で満足しました。
f0146587_21454877.jpg
デザートのシャーベットまでしっかり頂き、Yと再会を約束してお別れしました。大雨の降る中、駅まで来てくれてありがとうね!
f0146587_21463235.jpg
倉敷駅からは快速が来たので、約10分で岡山駅に着いてしまいました。丁度良い時間の新幹線がなかったので、たまたまホームに入線してきた「こだま号」の自由席に乗って新大阪駅に帰りました。2泊3日の旅を終え、たくさんのお土産を持って久々に自宅に戻りました。
f0146587_22510456.jpg
会ってくれたたくさんのお友達に心から感謝!!


by beijaflorspbr | 2018-01-08 18:00 | 日本国内旅行 | Trackback
2018年 01月 07日

2017年冬旅③富山県・高岡市~群馬県・高崎市へ

旅の記憶=食欲の記憶のようになってしまっています…。おっとり邸で目覚めた朝、「笹すし」と不室屋さんの美しいお吸いものを朝食にご用意くださいました。有難いことです(^人^)お盆にさりげなく添えられた一輪の南天の小枝もオシャレ。
f0146587_22144521.jpg
鮭と鯖を美味しく頂戴しました。
f0146587_22171878.jpg
食後にお茶室でお抹茶を頂き、ほっこり一息…。
f0146587_22173927.jpg
そうこうしていると、もう電車の出発時間が迫ってきました。もう一度おっとりさんに新高岡駅まで送って頂きました。
f0146587_22180927.jpg
一晩、たくさん喋って食べて寛がせて頂きました。もし出来れば、また次の季節にお会い出来たら嬉しいな~♪お忙しいところ、お邪魔してごめんなさい。お世話になり、ありがとうございました。さあ次の目的地は…
f0146587_22191199.jpg
北陸新幹線の各駅停車「はくたか号」で新潟県の糸魚川を通過し…
f0146587_22223775.jpg
雪深い長野県の軽井沢を通り…
f0146587_22203545.jpg
群馬県の高崎市にやってきました。新幹線でいくつもの県を跨いだことになりますね。高崎駅で待っていてくれたのは、幼馴染の同級生Dと教え子Yちゃん。3人で高崎駅直結のメトロポリタンホテルのレストランにやってきました。
f0146587_22205484.jpg
このレストランのランチビュッフェが評判が良いそうです。サラダや前菜は食べ放題なので、例の如くてんこ盛り(-"-)私のブログに時たま遊びにきてコメントを残してくださる栄養士や薬剤師さんが、私の栄養状態を心配してくださるのも良く分かります(納得!!)言い訳になりますが、周りのおばちゃんたちは何度も何度もお替りしていましたよ。私は面倒くさいので、一度で済ませます(って余計言い訳っぽいか…)
f0146587_22232584.jpg
メイン料理はお魚にしました。白身魚のホワイトソース掛け、お上品な味でした。
f0146587_22234841.jpg
デザート3種盛りも付いているという充実ぶり。
f0146587_22240478.jpg
Dとは6月の同窓会でも会えたものの、教え子Y子さんと会うのは2-3年ぶりだったので、懐かしかったぁ。たくさんのお土産を持って来てくれました。私の古びたキャリーは、人に会うたびにお土産でどんどん重たくなって行きました。最初の東京で大きなりんごを4個も頂いてしまったので、本当に重たくて…。約3時間ほどを高崎で過ごし、再会を約束して次に向かったのは、東京でした。東京では、長年のお友達のOさんのご自宅に図々しくお邪魔しました。Oさん宅では、ご主人さまお手製のお鍋や、高級なお刺身の盛り合わせ、そして珍しい日本酒をご用意頂いたので、殊の外お腹いっぱい頂きました。この東京での写真は、おうちごはんのため、一枚もございません。もし写真を撮っていたら「あんた、大丈夫?」と本気で心配されそうなレベルで暴飲暴食をしていましたから(笑)美味しい夕飯、家族団らんの温かみを感じつつ、その夜もグッスリ熟睡させて頂きました。朝は朝で美味しい朝食をお腹いっぱいご馳走になった後はまた別の目的地へと急ぐのでありました。初日の東京で頂いたりんごは、Oさんご一家と一緒に美味しく頂きました。蜜入りの高級な林檎でした!!Sちゃん、重たいのにありがとうね。次はどの都市へ向かうんだろう、私??

by beijaflorspbr | 2018-01-07 18:00 | 日本国内旅行 | Trackback
2018年 01月 06日

2017年冬旅②富山県・高岡市へ

私にとっての「第二の故郷」と言っても過言ではない富山県・高岡市にやってきました。この地には、お友達のおっとりさんがいつも両手を広げてあったかい気持ちで待っていてくださいます。お言葉に甘えて今年の春に続き2度目の高岡市訪問です。もうワクワク…。静謐なおっとり家別邸にて旅装を解き、美味しい緑茶を頂いた後は、「居酒屋・庄八」さんへ。午後7時に予約を入れておいてくださいました。久しぶりの店主賢ちゃん、でもあまりにも忙しくて顔を上げる暇もない…。店内はもちろん満席のうえ、2階も宴会のお客さんがたくさん入っていました。同店は、元々人気店でしたが、ミシュランに掲載されてから更に予約が取りにくくなったようです。この日は11月の月曜日で、忘年会の時期でもないのに、既に店内は予約客で満席でした。もしこれから行かれる方がおられましたら、予約は必須です。
f0146587_20161188.jpg
この時期の風物詩、甲ワク蟹を丁寧に処理をしてお皿に盛る賢ちゃん。我々も後で食べよう~!
f0146587_20182758.jpg
カウンター席に座り、おっとりさんと再会を祝してまずは生ビールでカンパイ
f0146587_20401877.jpg
お店が混み合っていて温かいお料理は時間がかかるということで、直ぐに出せるバイ貝をお願いしました。
f0146587_20163750.jpg
鰤も含めた富山湾のお刺身の盛り合わせはお約束の美味しさ。他の地にお住まいの皆さまには異論があるかもしれませんが、ことお刺身に関してはこの富山県が日本一美味しいような気がします…というくらい富山贔屓なワタシ。
f0146587_20172889.jpg
ゆっくりお酒を飲みながらおつまみを食べていると、お願いしておいた牡蠣フライが熱々で運ばれて来ました。
f0146587_20170339.jpg
賢ちゃんが炭火で丹念に焼いてくれた鰈の塩焼き
f0146587_20191542.jpg
ここで富山県若鶴酒造の「苗加屋ひやおろし」にチェンジ、辛口ですっきりした味は、お魚にとても合います。
f0146587_20175958.jpg
大好物イカの姿焼き。全部を二人でシェアーして頂きます。
f0146587_20201846.jpg
やっと私たちのお願いした甲ワク蟹がやってきました。甘くて濃厚で美味しいのなんのって!
f0146587_20204993.jpg
蟹尽くし第二弾は本命紅ずわい蟹、むふふ・・・と笑っちゃうくらい旨い!!!庄八に来てこれを食べないなんて考えられません。
f0146587_20214991.jpg
レンコンのつくね揚げ、梅ソース。女性人気ナンバーワン、と書いてある通り期待を裏切らないさっぱりした美味しさ。
f0146587_20221868.jpg
この日は、右隣にご出張中のお二人、左隣は賢ちゃんが子どもの時から知っているという「先生」ご夫妻でした。このお店の良いところは、カウンターに座った者同士がすぐにお友達になってしまうこと。この日も、お隣のお漬物をお裾分けして頂きました。賢ちゃんの忙しさもひと段落した頃、3人で久しぶりにお喋りをしました。いつも元気な賢ちゃんは、活きの良いお魚みたい(笑)に元気。天性の明るさと真面目さがこの人気店を支えています。
f0146587_20230615.jpg
お喋りもひと段落した後、甘海老を出して頂きました。昔々、お世話になったYさんご夫妻に、親子で金沢にご招待頂いた時、初めて食べた北陸の甘海老の美味しさにノックアウトされてから大好物になってしまいました。
f0146587_20240249.jpg
いくらなんでもこの辺でお腹いっぱいになってしまいましたが、〆に炭火でしっかり焼いた梅の焼きおにぎりを食べないと収まりません。
f0146587_20280579.jpg
ご馳走さまでした。この日も200%くらい満足をして、賢ちゃんの威勢の良い声に見送られつつお店を後にしました。もし機会がありましたら、凍てつくような寒い寒い時期に、高岡の「庄八」さんをお訪ねくださいませ。店主の賢ちゃんに、「ハチドリブログ」を見てきた、と一言仰ってくださいね(^◇^)手前味噌ながら…拙ブログを見て庄八さんに行った方は少なくないようです。私が自信を持って勧められる居酒屋、それが庄八さんです。
f0146587_20250542.jpg
賢ちゃん、美味しいお料理をありがとう、またお会いできる日を楽しみにしています。連れて来てくださったおっとりさん、ありがとうございました。その夜は熱いお風呂にゆっくり入り、おっとりさんと枕を並べてグッスリ熟睡しました。

by beijaflorspbr | 2018-01-06 21:06 | 日本国内旅行 | Trackback
2018年 01月 05日

2017年冬旅①東京経由北陸へ…

既に2018年に突入してしまいましたが、ブログ上では2017年11月の後半の旅日記を残させて頂きます。それは、あの時私に会ってくれた一人一人の真心と揺るぎない友情を画像と共に残しておきたいからです。11月20日に例のパスを使って旅に出ることにしました。第一弾は新大阪→東京です。早朝の新幹線指定席を予約していたため、始発で家を出て新大阪までやってきました。
f0146587_21324872.jpg
私の大好きなお蕎麦屋さんの「げん」さん。新大阪駅の在来線改札を出たところに位置し、とても便利です。この日は玉子焼き定食をお願いしました。ほろほろと蕩けるような食感の出汁巻き卵が熱々で出されます。本当にコストパフォーマンスの良いお店で、時間が合えばほぼ100%の確率で入るお気に入りのお店です。
f0146587_21331188.jpg
新大阪発の新幹線で一路東京へ…。パッとしないお天気で、富士山もこの通り顔を見せてくれませんでした。ガッカリ…。
f0146587_21530165.jpg
マザーズSちゃんが東京駅で待っていてくれました。次の電車まであまり時間が取れないので、東京・大丸の食堂街の「つな八」さんに入って天ぷら定食をお願いしました。意外にこのお店は私のお気に入りなんです。過去に何度も入ったことがあります。揚げたての天ぷらが時差で運ばれてきます。急いでいる、と言った割にゆっくりお食事を楽しむことができました。
f0146587_21375019.jpg
f0146587_21344481.jpg
百貨店内の喫茶店に場所を移し、コーヒーを飲みながらまたお喋り。Sちゃんとのお付き合いも随分長くなったものです。忙しい中、わざわざ出て来てくれたうえ、たくさんのお土産を抱えて来てくれました。ありがとう、Sちゃん。
f0146587_21344081.jpg
あっと言う間に時間は過ぎ、午後2時24分発「はくたか567号」金沢行きの北陸新幹線で新高岡に向かいました。
f0146587_21354527.jpg
「はくたか号」は各駅停車ながら、ウッツラウッツラしているうちに新高岡駅に到着してしまいました。実際の乗車時間は2時間42分です。お友達のおっとりさんのお蔭で、もはや第二の故郷のような高岡市に再び帰って来られました。新高岡駅に降り立った途端、あまりの寒さに震えあがりました。ここは北陸、油断したら風邪を引きそう…。
f0146587_21394563.jpg
ほどなくお友達のおっとりさんが車でお迎えに来てくださいました。お仕事がお忙しいのにごめんなさい。お言葉に甘えて、一晩だけお世話になります!

by beijaflorspbr | 2018-01-05 22:01 | 日本国内旅行 | Trackback | Comments(2)
2017年 12月 31日

京都・嵐山へ④天龍寺~こい茶屋

今日は大晦日です。今年一年間皆さまにとってはどんな年でしたか?今年最後のブログ記事は色々考えた結果、いつものようにマイペースで記事を続けさせて頂こうと思っております。年内に嵐山の記事を終わらせます。
f0146587_22390948.jpg
翠嵐で絶品ランチをゆっくりと楽しませて頂いた後は、3人でそぞろ歩き、天龍寺までやってきました。この日の目的は天龍寺ではないものの、ある別の目的がありました。
f0146587_22453233.jpg
このお寺の横には航空機の旅の無事を祈る『飛雲観音』が祀られています。飛行機に乗る機会が多い私も不慮の事故に遭わないように、しっかり手を合わせ「航空安全御守」を購入しました。
f0146587_22460286.jpg
この後、車で隠れ家的カフェの『デセールこい茶屋』に連れて来て頂きました。
f0146587_22395555.jpg
何故エッフェル塔?と店主にお聞きすると「ただパリが好きだからです」とのシンプルなお返事でした。スタイリッシュな素敵なお店でした。
f0146587_22402786.jpg
それぞれに好きなケーキセットをお願いしました。私はマロンケーキ。
f0146587_22413247.jpg
秋らしくてステキな一皿!
f0146587_22420271.jpg
既に辺りは真っ暗です。最後の訪問先は、地元Mちゃんのママ友の農家に行って、心を込めて作られた京野菜をたっぷり分けて頂きました。Mちゃん、Kちゃんと再会を約束して大阪行きの電車に乗りました。秋の素敵な一日に感謝。

今年一年間たくさんの方に当ブログにお寄り頂き、ありがとうございました。来年はどんな年になるかは未定ですが、自分らしく誠実に楽しく生きていきたいと決意しています。来るべき一年が、皆さまにとってより良い年になりますよう心よりお祈りしております。良いお年をお迎えくださいませ。


by beijaflorspbr | 2017-12-31 18:00 | 日本国内旅行 | Trackback | Comments(2)
2017年 12月 29日

京都・嵐山へ②竹林と野宮神社

Mちゃんのお知り合いのお寺に車を停めさせて頂き、散策を開始。まずはあまりにも有名な嵐山の竹林へ…。最近整備されたのか、公園のようになって歩きやすくなっていました。
f0146587_22531825.jpg
マイナスイオンたっぷりの竹林に身を置くと、なんか良い気持ち。木漏れ日も心地良くて、しばらくその場に立ちすくんでいました。
f0146587_22560614.jpg
え?「嵐?」思わず反応する私に、教え子二人がクスクス・・・・(´▽`*)
f0146587_22581115.jpg
竹林をずっと歩き、良縁・子宝・学業で有名な野宮神社へ。長蛇の列に並んでお参りしました。「ある目的」のために。
f0146587_23001771.jpg
もちろんお守りも買いましたとも!顔の広いMちゃん、ここでもお友達?に呼ばれていました。
f0146587_23021755.jpg
野宮神社から歩いて公園のような広いところへ。
f0146587_23060548.jpg
f0146587_23071853.jpg
渡月橋から見える、桂川まで戻ってきました。いいな、遊覧船も。
f0146587_23090175.jpg
でも、この日のメインイベントのランチの予約時間が迫っていました。うー楽しみ!
f0146587_23095718.jpg
「食い気」が物見遊山に勝る私の行動パターン(恥)、でもこうして元気に歩き楽しめるうちは幸せなのかな?と思っています。

by beijaflorspbr | 2017-12-29 19:28 | 日本国内旅行 | Trackback | Comments(2)
2017年 12月 28日

京都・嵐山へ①「平野屋」でお茶を頂く

年末も押し迫ってはいますが、この期に及んで紅葉記事もミスマッチのような気もします。しかしながら、年明けに紅葉の記事じゃいかにも時季外れですので、2017年のうちにご報告をさせて頂きます。ちょっと長くなるかもしれませんが、年内には終わらせますね。この1週間前にパトちゃんと一緒に行ったのは、京都の東山方面でしたが、この日は最初から嵐山を目指して行きました。JR嵯峨嵐山駅に着いたのは午前11時過ぎ。嵐山の教え子Mちゃんと、最近京都に移住したKちゃんと私の3人。JR嵯峨嵐山駅からは、Mちゃん号でスイスイドライブ。案の定凄い数の観光客が嵐山に訪れていましたが、地元Mちゃんが連れて行ってくれるところには人一人歩いていません。流石ジモティー!Mちゃんは神戸からこの嵐山にお嫁に来たそうですが、最初は流石に苦労したそうです。今は逞しいこと!(^◇^)
f0146587_22263277.jpg
嵐山に来ると、ほぼ100%の確率で連れて来て頂く「化野念仏寺」私の大好きなお寺です。エントランスからワクワクするような紅葉のトンネルが始まります。
f0146587_22290259.jpg
f0146587_22300001.jpg
お天気にも恵まれ、花梨の実が青空に映えて…。
f0146587_22303600.jpg
化野念仏寺の境内ではゆっくりと紅葉を楽しみました。
f0146587_22312168.jpg
そこから「平野屋」さんへと移動。季節に合わせた有名なお料理茶屋さんです。
f0146587_22313643.jpg
Mちゃんがお店の店主の方にお世話になったとかでご挨拶に行きました。
f0146587_22335852.jpg
初めて建物の中に入らせて頂きました。紅葉のこの時期は、完全予約制だそうで、この日も予約でいっぱいとのことでした。高級車で来られた方もお断りしていました。
f0146587_22330731.jpg
軒先に座ってゆっくり紅葉を楽しんでいると、若奥さまが桜茶と甘いものを出してくださいました。「一服」と名付けられたお茶とお菓子のセットを有難く頂戴しました。
f0146587_22320709.jpg
後で抹茶も出してくださいました。少し肌寒い日でしたが、お茶を一服頂いて心からリラックスさせて頂きました。
f0146587_22323716.jpg
紅葉見物、もう少し続きます。
f0146587_22274913.jpg


by beijaflorspbr | 2017-12-28 18:00 | 日本国内旅行 | Trackback