ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2018年 01月 03日 ( 1 )


2018年 01月 03日

犬のお話…

今年は戌年、そう犬と言えばこのことを書いておかないと…。

何年か前にエルの誕生祝を我が家で行ったことがあった。朝からたくさんの友達と、子どもたちと、ワンコたちが一斉に集合した。シュハスコ用のお肉や野菜もたっぷり用意したのに、足りなくて近所のスーパーに2度も買い足しに行った。何故こんなことになるかというと、午前11時くらいから深夜まで入れ替わり立ち替わりだったため、家族親戚も合わせると、50人以上(いや、もっと?)に膨れ上がり、追加に次ぐ追加でおにぎり隊の我々も何度か出動した。日本人のやるBBQにおにぎりは欠かせないものだから…。この日は、犬同士が喧嘩をしたり、仲裁に入った飼い主が相手の犬に咬まれて怪我をしたりと散々な一日だった。
f0146587_10595068.jpg
そんな中で、一筋の安らぎを感じたことがあった。それは我が家の飼い犬のみそ(右側)と妹(左側)シャキチーが久しぶりに対面できたことだった。他の犬には敵対心を燃やしイライラして吠えまくっていたみそも、流石に妹に対してはくーんくーんと自然に近付いて行き、静かに伏せをして寄り添うのだった。きっと直ぐにお互いのことを兄妹だと分かったのかな。皆がそれを見て、さすが!なんて囃していたっけ。お行儀の良い女の子のシャキチーが「チン」をするとみそも見習って「チン」をした。あら。。。結構お利口さんじゃない、みそを見直した瞬間だった。元々シャキチーの家で飼っていたゴールデンレトリバーのママさんから産まれた仔犬を譲ってもらったのがみそだった。シャキチーはエルのお友達の犬だから、頻繁に彼女に会う機会があったらしい。
f0146587_11001825.jpg
つい先日エルから悲しい知らせが届いた。「あのね、シャキチーが病気で死んじゃったんだ…脳の癌だったらしいの。力を尽くしたけどダメだったみたい」もう彼らも11歳と老犬なので、何があってもおかしくない年齢だというのをその時に悟った。
f0146587_11000766.jpg
(元気な頃のシャキチーちゃん)
ペットは飼い主より早く死んでしまうんだなーー闘病の末、先に旅立ってしまったシャキチーのことを思うと、みそがたまらなく愛しくなった。最期までうんと幸せに生きていって欲しいと願う戌年の幕開け・・・・・・。
f0146587_11354887.jpg


by beijaflorspbr | 2018-01-03 18:00 | 病気 | Trackback