ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2017年 09月 15日 ( 1 )


2017年 09月 15日

バスでコンゴニャス空港~グァルーリョス空港へ

約1か月前のことですが、この日は日本からのお客さまをお迎えするため、自宅付近から国内線専用のコンゴニャス空港まで路線バスでやってきました。
f0146587_06185501.jpg
1階がシャトルバス乗り場になっており、LATAM,GOL,AZULなどの各航空会社が、乗り継ぎチケットを所持している人のみ、コンゴニャス空港とグァルーリョス国際空港間の無料シャトルバスを提供しています。バスは時間が決まっていないようで、ほぼ満席になったらその都度出発していました。
f0146587_09161725.jpg
私は航空チケットを持っていない一般客なので、Airport Bus Serviceのカウンターで午後3時発の有償チケットを購入。コンゴニャス→グァルーリョスはノンストップでR$48.80(約1,700円)。往復で買うと割引料金が適応されます。運行時間は約70分だそうですが…。
f0146587_06171318.jpg
渋滞のせいか、エアポートバスは既に10分遅れで到着しました。たくさんのお客さんが降りてきました。それと入れ替わりで我々が乗り込むと直ぐに出発。
f0146587_06175742.jpg
ガラガラでコンゴニャス空港を出発したのは、午後3時15分過ぎ。
f0146587_06182462.jpg
あ~あ、南部と北部を結ぶ幹線道路の23 de Maio大通りはこの大渋滞…。もうサンパウロの慢性的な渋滞は日常茶飯事なので、全く予定が立ちません。もう30分早く出たら良かった、と反省しました。
f0146587_06194658.jpg
あまりのノロノロ運転にイライラするというよりは、疲れが出たのか、眠たくなってウッツラウッツラしてしまいました。目を開けると、もうHotel Pullman São Paulo Guarulhos Airportまで来てしまいました。ここまで丁度1時間、思ったより速かった!!
f0146587_06202464.jpg
そろそろS様ご夫妻が乗られた飛行機が飛来するのでは?とカメラを構えていると…いきなり右手の空からゴーーーっと轟音を響かせながら巨大な飛行機EK261便が時刻通りに降りてきました。エミレーツ261便の使用機材は私が憧れるA380です。一度は乗ってみたい総二階建てのA380.どんなエンジン音がするんだろう?どんな乗り心地なんだろう?機内食は?サービスは?夢がどんどん膨らみます。私ってどれだけ飛行機好きなんでしょ~♪飛行機が大きければ大きいほど嬉しくなってしまいます。でも一番好きなのは何と言ってもBoeing747-400機なのですが。
f0146587_06210590.jpg
私たちの乗った空港シャトルバスは、第1(Azul)、第2(旧ターミナルで国内線と国際線の一部)、第3(ほとんどの国際線)ターミナルと順番に客を降ろして行きました。私は第3ターミナルで下車をして、予めお願いしていた日系運転手のまわたりさんと合流して、お客さまが出て来られるのをひたすら待ちました。
f0146587_06214225.jpg
午後5時過ぎにエミレーツの客室乗務員さんやお客さんがどんどん出て来られました。ロータリーの旗を持ったスポーツ関係の団体さんがおられたようで、ユニフォームを着たチームメンバーが出てくる度に大きな拍手と歓声が沸き、大いに盛り上がっていました。
f0146587_07071638.jpg
遅れること約2-30分で、Sさまご夫妻が少しお疲れのお顔をされて出て来られました。ようこそ、サンパウロへ…。長旅本当にお疲れさまでした。それを祝福するように、見事な夕日が沈んで行きました。
f0146587_07075070.jpg
荷物を車に積み、グァルーリョス空港を出発し、金曜日の大渋滞の中、約1時間半でサンパウロ市内のホテルに到着しました。
f0146587_06225478.jpg
無事にご到着されて、私もホッとしました。さあ、到着早々ですが、お夕飯はどうしましょうか?とお尋ねすると…
f0146587_06231126.jpg
「脂っこいものはちょっと、あっさりした和食が良いかな?」とのことで、思いついたのはお友達がやっている和食のお店。電話で予約をして、歩いてお店に向かいました。金曜日の夜だけあって街に繰り出している人多数で賑やかこの上なし。「活気がありますねえ!」「ええ、サンパウロは若者の街ですから」とご説明しました。


by beijaflorspbr | 2017-09-15 18:00 | サンパウロ生活情報