ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2017年 08月 30日 ( 1 )


2017年 08月 30日

小伝馬町の隠れ家的料理屋さん「しんば」

cookeryさんと歩いているうちに、「何にする?」「うーん、やっぱり和食かな?cookeryさんと一緒だから、本当はイタリアンも良いんだけどね。」などと話しているうちに、細い路地に入りました。駅からは比較的近いものの、ちょっと分かりにくいロケーションに「しんば~季節料理と静岡おでん」のキャッチフレーズのお店を発見。お互いに顔を見合わせて「ここにする?」「うん!!そうしよ」と勢いで中に入ってみました。
f0146587_10245926.jpg
「予約をしていないのですが…」というと、「どうぞどうぞ」とカウンターに案内されました。まずはビールとおつまみの貝からスタート。
f0146587_10254518.jpg
お勧めメニューの中から、二人で相談して色々お願いしてみました。静岡と言えば、まずはしらすでしょう。
f0146587_10260818.jpg
じっくり煮込んだ名物の静岡おでんは、盛り合わせでお願いしました。どれもこれもしっかり味が浸みて、何とも美味しいこと…。
f0146587_10264132.jpg
静岡おでんにはこのダシ粉をかけて頂くそうで、これをかけただけで不思議なことに旨みが増しました。
f0146587_10265855.jpg
黒はんぺんのフライはサックサク。
f0146587_10273613.jpg
しらすの掻き揚げは言わずもがな…。
f0146587_10280048.jpg
こりっこりの食感の炙りするめいか・・・・むむ?全部お酒のおつまみ系?
f0146587_10281698.jpg
ここで大将のしんばさんのアドバイスで、超辛口の冷酒を1合お願いしました。
f0146587_10283828.jpg
3点揃ったよ、の図。二人ともブロガーなので、写真を色々な方向から撮る撮る(笑)漸く開放されて口に入れたお料理の美味しさ!
f0146587_10285753.jpg
静岡おでんや地のものを次々にお願いして平らげているうちに、お腹がいっぱいに。いよいよ最後の〆になってしまいました。私はタラコのおにぎりを。
f0146587_10292766.jpg
cookeryさんは、名物のしらすご飯をお願いしました。左手でご飯を持ち、右手で写真を撮るという技、私には無理(-_-;)ジョッキに入っているのは温かい緑茶なんです(笑)
f0146587_10295450.jpg
久しぶりの再会なのに、そんな感じは全くせず、終始ゲラゲラ笑っていましたっけ。まだ喋り足りなくて、サ●マ●クカフェに入りましたが、お願いした「白玉クリームぜんざい」の盛り付けが、あまりに雑で不揃いだったため、二人で思わず笑ってしまいました。盛り付けに時間がかかりすぎてソフトクリームがほぼ溶けちゃっています。仕方がないので、ドロドロになったパフェを笑いながら頂きました。バイトさん、一生懸命さは分かるけど、もうちょっと頑張ろうね、と言ってやりたいです。
f0146587_10304924.jpg
小伝馬町の駅で、cookeryさんと再会を約束してを別れした後は、宿泊先のアパホテルに帰り入浴をしてテレビを少しだけ観てぐっすり休みました。折角のゆったりしたダブルベッドなのに、やっぱり普段の癖で隅っこで小さくなって寝ていました。私って根っからの貧乏性なのかもしれません。翌朝の朝食会場で、朝から美味しいカレーを頂きました。
f0146587_10311352.jpg
次の待ち合わせ時間は正午だったので、午前10時半くらいに身支度を済ませてホテルをチェックアウトしました。初めてのアパホテルは、寝るだけとはいえなかなか居心地が良く、これからも適正価格で予約出来た時に限り、泊まってみようと思った次第です。


by beijaflorspbr | 2017-08-30 18:00 | 日本の美味しいもの | Trackback