ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2017年 07月 17日 ( 1 )


2017年 07月 17日

2017年夏大阪→サンパウロ搭乗記⑤AA951便で漸くサンパウロへ…。

今日で搭乗記も最後です。良く友達に言われます。「あなた、良く細かく覚えているねえ~」と。でも今回だけは「全然覚えていない」が正解かもしれません。とにかくよほど疲れが貯まっていたせいか、全ての行程を通して良く眠りました。ラウンジを出て、該当ゲートに40分前に着きましたが、早くも優先搭乗が始まっていました。AmericanやLatamの搭乗案内開始時刻は「異常に」早いので、お気を付けください。30分前にゲートに着くのだと少し遅いくらいです。尤も、「自分は一番最後に乗るもんね~」という方には当て嵌まりませんが…。
f0146587_21563679.jpg
ともかく比較的早めに機内に入ることが出来ました。機内に入って一番にすることは荷物置き場の確保です。自分の頭の上に置きたい私。
f0146587_21531717.jpg
時間を経るごとにこうしてびっしりと埋まっていきます。これがLatamだともっとひどい状況で、荷物2段重ねなど当たり前の修羅場。到底二度と荷物を取り出すなどということは不可能です。この日は比較的綺麗にすっきり納まった気がします。良かったぁ!
f0146587_21534656.jpg
窓側A席のブラジル人女性が「通路側と窓側を変わってくれない?」と言うので、「腸の手術を受けたので、ちょっと無理です…」とお断りしました。腸の手術を受けたのは13年前ですが、今回は胆嚢を取ってしまったので、いつお腹が暴れるか分かりません。いつでも立てる体勢じゃないと怖い怖い。その女性は、断られ続けていましたが、運よく通路側の空席を見つけて座っておられました。おかげさまで、B席の方がA席に移って、お隣が空いたので少しだけ余裕が持てました。夕食はパスタかチキンでチキンにしてみました。火傷しそうなほど熱い一皿。結構美味しくて鶏とパンとサラダは完食しました。後は寝るだけ…。ってここで眠れない人がたくさんいらっしゃるのですよね。
f0146587_21541064.jpg
ニューヨークからサンパウロまでは、約10時間のフライトですが、またまた良く寝ました。ずっと真っ暗な機内にうっすらと明かりがともると、着陸1時間前のサイン。
f0146587_21544540.jpg
ここから怒涛のように『簡単朝食』が運ばれて来ます。これ以上の簡単な食事!?は見たことがないという3品。パンをコーヒーで流し込んで朝食はおしまい。きっと直ぐにお腹が空くんだろうな~でも次の食事は自宅だからまあいいか。
f0146587_21551583.jpg
AA951便は、ほぼ定刻にサンパウロ・グァルーリョス空港に着陸しました。JALとアメリカンは同じBoeing777-300機でもエンジン音が全然違います。そんな比較も楽しみながらのフライトは最後まで快適でした。機内サービスは二の次で、やはりこのコースは私にとってはベストチョイスと言えます。機外に出ると、ヒヤ~っとしました。そうか、ブラジルは冬、海抜800メートルのサンパウロは南米とは言え肌寒いんだなあ~なんて思いながらターミナルへ移動しました。何かと話題のユナイテッド航空も羽根を休めています。
f0146587_21554252.jpg
先着のアメリカン航空機は、どこから来たのかな?サンパウロから米国へ移動をするには複数の選択肢があり、後はトランジットの良し悪しだけ。遠方にはエールフランス機やルフトハンザのジャンボなども停まっていました。
f0146587_21561335.jpg
サンパウロの入国管理は連邦警察の管轄ですが、外国人でも高齢者専用のプライオリティーレーンがあるため、最優先で通ることが出来ます。高齢者バンザイ\(^o^)/荷物も無事に取ることが出来(今度は何度も特殊荷物についてのアナウンスあり←ポルトガル語だから尚聞きやすい)右往左往することもなく順調でした。
f0146587_21563418.jpg
通関→免税店を通って外へ出ました。携帯で連絡を取ると、既に家族は空港へ向かっているとのこと。黄色いスーツケースの底に隙間が開いており、明らかにきちんと詰めた状態ではないことに違和感を覚えましたので、自宅で開けてみて直ぐ分かりました。ニューヨークの空港内で荷物を開けられ、中身が上下入れ替わるほど酷い掻き回され方をしていました。誰でも荷造りの決まり事のようなものがあると思うのですが、荷物を受け取って直ぐに明らかな異変を感じました。最初入れていた貴重品の腕時計の中味だけを手荷物に入れて本当に良かった。係官を疑っている訳じゃないけれど、時計の空箱を見て係官は何を思ったか…(笑)前回は、米国(ロサンゼルス)→成田のトランジットでコーヒーのパックをナイフで切られ、スーツケースがコーヒー粉まみれになったことがありました。米国を通る方は、荷物の中に絶対に貴重品は入れられませんように!!今回スーツケースをこじ開けられた形跡はあったものの、特に無くなったものは見当たらなかったのと、スーツケースを壊されなかったのでホッとしました。
f0146587_22365199.jpg
無事に30分ほどで家族が駆け付けて来てくれました。お昼は荷物から色々な珍しいものを出して美味しいお昼を頂きました。2か月もの間、病気治療とは言え、留守をして申し訳なかったなと思いました。家は整然と片付き、お布団も温かい冬仕様になっていました。しばらくは住み慣れた自宅Chacara Floraで私自身の羽根を休めたいと思いました。長々とすみませんでした(´▽`*)

★追記・・・サンパウロ・コンゴニャス空港で起こったあの悲惨な事故から今日で丸10年が経ちました。コンゴニャス空港近くの慰霊のモニュメントはたくさんのお花で飾られています。航空機と言えば、忘れられない数々の事故。航空機が安全に運行され、これ以上の犠牲者や遺族を増やさないことを祈るばかりです。


by beijaflorspbr | 2017-07-17 12:00 | 飛行機 | Trackback