ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2011年 10月 20日 ( 1 )


2011年 10月 20日

久々に着物を出してみる

母はお茶の先生をしていた関係で膨大な数の着物を所有していた。本当にビックリするくらい・・・。父が母に着物を買うのが大好きだったせいもあり、洋服ダンスに入りきらないくらいの着物があった。何年か前、それらを思い切って処分した。どうしても手放したくないものと、私(ハチドリ)に作ってもらった着物はキープしておいた。今見ると随分模様が派手だなあ~と思えるけれど、ブラジルで着たらちょうど良いかも。それか娘にプレゼントするか!?
f0146587_1824836.jpg
母の着物はさすがに渋くてとってもステキ。人間国宝なんちゃらかんちゃら・・・と書いてるのもあった。辻が花もあった。それがどれくらいの価値を持つのかは不明。猫に小判、豚に真珠とはこのこと?普段の生活で着物を身に付けるチャンスにはなかなか恵まれない。
f0146587_1842133.jpg
最後に母から受け継いだ私の宝物と言っても良いこの小紋と帯。母が苦労をして何年もかかって手に入れた着物だそう。この手描き京友禅の良さはちゃんと分かる。帯も息をのむ美しさ。はて。。。これをいつ着るかだな。
f0146587_186555.jpg
思いがけず楽しい時間だった。美しいものは良い。着物の似合う女性になりたい。へ~んしん(^O^)っと。早速虫干ししなくてはね。日本にいるときだけのお楽しみ時間。何だかハッピーだわ。

by beijaflorspbr | 2011-10-20 18:10 | 両親を想う | Trackback | Comments(2)