ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2011年 10月 19日 ( 2 )


2011年 10月 19日

【地域情報】 ブラジル出入国カードの書き方(最新版)

以前にも書きましたが、あまりにも質問数が多い「ブラジル出入国カード(Cartão de Entrada ⁄ Saída)」の実物と書き方のご説明をさせて頂きます。実物は↓です。最近少し変わりましたので、この項目を最新とさせていただきます。
f0146587_1224762.jpg
【記入例は以下の通りです】
②NOME(名前)からが書き始め項目です。
例: YAMADA  HANAKO(名前と姓の間は1コマ空けてください)

③MOTIVO DA VIAGEM(旅行の目的)
1、TURISMO 旅行
2、NEGOCIO 仕事
3、CONGRESSO 会議及び学会
4、OUTROS その他
この場合は1のTURISMOにチェックを入れます。

④NUMERO DO DOCUMENTO DA VIAGEM
パスポートナンバーを記入

⑤NO E SIGLA DO VOO
便名 TAMの場合はJJ,ルフトハンザの場合はLHなどのコードの後に便名

⑥PAIS DE ORIGEM OU  PAIS DE DESTINO(出発地と到着地)
日本から出発された方はJapãoと書きましょう。他の地域からは出発国名を記入到着地はBRASIL

⑦PAIS DE NACIONALIDADE(国籍)
Japãoと書きましょう。

⑧PAIS DE RESIDENCIA(居住国)
今住んでいる国を記入。 

⑨SEXO(性別) MASCULINO(男性) FEMININO(女性)にチェック

⑩DATA DE NASCIMENTO(生年月日)日/月/年の順に記入

⑪NUMERO DO RNE(Registro Ncional do Estrangeiro)
ブラジル在住者のみ外国人身分証明書番号(RNE)を記入

※USO OFICIALの項目は何も記入しないでください。


最近のサーチワードに、『入国カード 記入例 目的 サッカーの交流』というのがありましたが、この場合も③の1、Turismo(旅行)に該当します。『親戚訪問』『交換留学』なども同じくTurismo に当たります。入国管理を担当するPolicia Federal(連邦警察)の係員は、近年民間委託をしていますので、入国の目的を詳しく書いても全く意味を成しません。逆に「Negocio(仕事)」などと書いて、お財布の中身まで詳しく調べられたら大変なことになります。くれぐれもご注意ください。

★因みに、私たちブラジル在住者の一時帰国の際もTurismoにチェックを入れてください。ハンコを押し、返却されたカードは帰伯の際に再提示が必要ですので、大切に保管してください。

by beijaflorspbr | 2011-10-19 11:20 | サンパウロ生活情報 | Trackback
2011年 10月 19日

腹痛の検査結果は?

実は4月の定期検診(人間ドック)以来、時折両わき腹がチクチクと痛むという症状を抱えていました。特に寒い日、そして腸の具合が良くない時がもっとも痛くて一度気になるとそのことばかりを考えるという始末。今年のサンパウロの冬は寒さが厳しくて随分その症状に苦しみました。今回の帰国で、いの一番にしなくてはならなかったのがこの痛みの原因を探ることでした。一時はもしかしたら7年前の病気(癌)の再発?と思い怯えて眠れなかったこともありました。あんなにプロポリスを飲んでいるんだから再発するわけないよね、などと自分に言い聞かせながらも不安でたまらなかった。帰国して2週間後、外科にしぶしぶ電話をかけると「11時までだったら診てもらえますよ。まず診察を受けてから検査予約を取ることになっています」と顔馴染みの親切な受付嬢。さすがにその日は行けなくて翌日勇気を出して朝一番のシャトルバスで病院に向かいました。診察してくださったのは腸専門のS先生。症状を訴え、触診をして頂き、「念のため」血液検査と胸部~骨盤CT造影検査を受けることが決まりました。そして先週その検査を受け、昨日結果が分かりました。

特に異常なし。。
うううーーーん、ほんとかなあ?医師の話によると、7年前の手術の際に、腸を繋いだ縫合部分が動く腸と擦れ合って痛むのではないか?とのことでした。「だったらこの痛みは何でしょうねえ?」「外科的には異常がないので、気になるようなら婦人科か内科に行けば?」と言われしゅーん( 一一)せっかく日本に来ているんだからと、久々の婦人科で更にちゃんと診てもらうことにしました。外科のお姉さんに言って伝票を作ってもらいそのまま婦人科へ。毎年の人間ドックではちゃんと定期健診を受けている真面目な私。問診票にもそのことをきちんとアピールします。この病院の産婦人科(特に産科)は大人気で、来年の5月まで予約でいっぱいですよ、という紙が貼ってありました。そのため、10時に受付をして順番が回ってきたのは12時過ぎでした。待合室にはお腹の大きな妊婦さんがいっぱい!1診~3診まであり、ひっきりなしに患者さんが呼ばれていきます。ちょっと笑ったのが、1診は従弟のKちゃんが担当医だったこと。予め担当医の希望を出せるので「(従弟の)K先生以外ならだれでもOKです」とお願いし、女医さんにして頂きました。女医のH先生はとっても親切でした。念のためエコーも撮って頂いたところ、「お腹の中はとても綺麗ですねえ、何も異常はありませんよ」だそうです。ああここも異常なしか。痛みの原因をお聞きすると
「古傷が痛むってことじゃないですか?」 なるほど・・・そうか。古傷ねえ。何となくしこりがあると感じたのはしこりではなく「脂肪の塊」だったのかも。医学的に異常がないのなら堂々としていよう!そう思いました。幸い腸の調子を整える漢方薬はたくさん出して頂いたので、腸を労わりながら冷やさないようにだましだまし生きて行くことにします。

もしかしたらまた病気との闘いの始まり?入院?手術?なんて暗い暗い気持ちになっていたので、何だかハイになって今夜は寝付けません。まだまだ家族のため周りの方々のために生き続けなくてはいけない我が身、これからも大切に「経過観察」をしながら生きて行きます。まずは良かった。。。すっかり事後報告になってしまってすみません。

by beijaflorspbr | 2011-10-19 02:12 | 癌と闘う | Trackback | Comments(4)