ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2011年 10月 05日 ( 1 )


2011年 10月 05日

サンパウロから日本への長旅その⑩フランクフルト市内観光Ⅶ

長々と引っ張ってきたこのフランクフルト市内観光も今日でおしまいです。南米のサンパウロからは約12時間で欧州に移動することができます。ブラジル人にとってヨーロッパはもっとも身近な外国であり、両国を結ぶ定期便も複数あり、行き来もかなり活発です。昔はVarigブラジル航空を使ってサンパウロ⇔パリ間を何度も行ったり来たりしていましたが、このTAMに乗っているとその頃の感覚が蘇ってくるような気がします。つまり、日本人は自分ひとりだけで周りは皆外人さんという特殊な環境に置かれるということです。その中でいかに肩の力を抜くかが旅の快適さに繋がります。今回はすずめちゃんという相棒がいたせいか、いつものような緊張感はあまりなく、またフランクフルトでののんちゃんとの再会に胸を膨らませていたためにかなりリラックスすることができました。フランクフルトを走り回って疲れているはずなのにそれを感じさせないほど濃縮された思い出が頭の中を満たしてくれていました。S-バーンはほどなくフランクフルト国際空港に到着しました。大きな電光掲示板がこの空港の規模を示しています。世界中へ飛ぶ飛行機、世界は狭いのですね。
f0146587_13284294.jpg
この空港はルフトハンザドイツ航空のハブ空港だけあり、同社のカウンターのスペースが巨大です。ちょうど午後7時ちょっと過ぎに到着、搭乗までに1時間強ありました。大きなトランクはサンパウロから成田までスルーなので、ここでのチェックインはチケットを受け取るだけなので簡単です。とはいえ、ほとんどがルフトハンザのカウンターで3人でキョロキョロしてもANAのカウンターが見つかりません(+_+)どこ?どこ?ちょっと焦った頃、日本人の方を発見!無事チェックインができました。
f0146587_1332238.jpg
搭乗手続きを無事済ませた後はちょっと構内をお散歩~♪まだもう少し時間があったので、のんちゃんへの心ばかりのお礼に、すずめちゃんがお得意のマッサージをしてさし上げました。いつも頑固な肩こりに悩まされているとのことで、喜んで頂きました。私は何していたのって?傍にいて冷やかしていただけです(笑)お客さん呼んでこようか?なんて3人でゲラゲラ笑っていました。
f0146587_13353979.jpg
ここで名残惜しいけれど、約5時間ほどご一緒させて頂いたのんちゃんとお別れです。後のメールで「フランクフルト市中引き回しの刑」^m^なんて仰っていましたが、何とも内容の濃い時間を過ごさせて頂いたことか!たった6時間弱のトランジットをここまで堪能する人がいるでしょうか。それもこれもひとえにのんちゃんのおかげです。本当にありがとうございました!いつかはお薦めのベルリンにご一緒できることを夢見ています。。のんちゃんに何度もお礼を言いつつお別れをして、パスポートコントロールを通り、荷物検査も終えると、遥か彼方から手を大きく振る日本人女性が…。のんちゃんが最後まできちんと見送ってくださいました。有難いな…。笑っちゃうのは、私たちから見るとのんちゃんの手前の係官も私たちに向けて更に大きく手を振ってさよならしてくれたこと。あんたたちは関係ないのっ!(--〆)ドイツ人ってホント、お茶目。
f0146587_13425295.jpg
搭乗まであまり時間がなかったので、免税店はさっと流しANAの搭乗口へ真っ直ぐ進みました。
f0146587_13434843.jpg
搭乗券を再確認し、いよいよ飛行機の中へ。。。この瞬間はいつも胸が躍ります!
f0146587_1345091.jpg
次はNH210便、フランクフルト→成田搭乗記です。照れくさいからもう止めてよ、と何度も釘を刺されましたが最後にもう一度言わせてください。のんちゃん 大変お世話になり ありがとうございました。またフランクフルトに来ちゃいますからね、覚悟してくださいな!(●^o^●)

by beijaflorspbr | 2011-10-05 13:48 | ドイツの街角から | Trackback | Comments(4)