ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2011年 09月 25日 ( 1 )


2011年 09月 25日

サンパウロから日本への長旅その②サンパウロにて

まだまだ時差ぼけをしていて苦しい毎日ですが、今日は朝からお洗濯日&衣替え。5回洗濯機を回してやっと終了。めっきり涼しくなった日本ですが、「一番苦しかった時期を知らなくて良かったね」と会う人ごとに言われてしまいます。一通りの家事はこなしてしまったので、かなり元気になったことも事実。さあ、後は時差ぼけという敵をやっつけるだけですね。さて、今回の旅程はサンパウロー(TAM)-フランクフルトー(ANA)-成田ー大阪・伊丹のいつもの欧州回りのコースでした。最近、サンパウロ市内の渋滞がひどいため、予めなるべく早く家を出ようと約束した通り、午後10時のフライトに対して午後4時には自宅を出て飛行場へと向かいました。今日のお見送りは仕事を早引けしてわざわざ迎えに来てくれたEくん。いつもと違うワシントンルイス大通りを通ります。この通り沿いには、国内線用のCongonhas空港があります。折しも空軍機が駐機していました。霧の多い冬の時期、この空港はしばしば閉鎖されてしまいます。その場合、カンピーナスのVilacopos空港などにダイバードすることもあります。
f0146587_1842098.jpg
時間が早かったせいか、少しだけ渋滞があったもののかなり順調にCentroまでやってきました。このAnhangabauのトンネルを超えると飛行場が近くなったような気がするから不思議。
f0146587_18432934.jpg
Tiradentes通りからTiete川脇のMarginal Pinheirosをまっすぐ進み、Ayrton Senna街道に入ります。
f0146587_18451817.jpg
午後5時ちょうどくらいに飛行場に着いてしまいました。この大きなモニュメントは2008年、日本人ブラジル移民100周年を記念して建てられたものです。この制作者の大竹 富江さんは90歳を過ぎてもなお制作意欲が衰えず、現在もご活躍中です。ブラジルでは有名な建築家のルイ・オオタケのお母さまです。
f0146587_18562994.jpg
Eくんにお礼を言ってトランクをカートに乗せて構内に入ります。しばらくぼーっと座って人間ウォッチングをしていたのですが、両替をしなくてはならなかったので、ブラジル銀行の列に並びました。このカンビオ(両替所)はブラジル銀行顧客専用のものです。皆口々にこの直前に大幅に下落したREALの弱さを嘆くこと嘆くこと・・・。私の前のおじさんも、あっちのポケットこっちのポケットから現金が出てくるわ出てくるわ・・・(笑)結局見ることもなく見ていると(/_;)3,500Reaisもあり、ユーロにチェンジしていました。「これだけ?(So isso??)」と。この空港の銀行は、少しだけですが円も置いてあります。私がチェンジしたのはヘソクリの2万円のみ。。。可愛いもんだ!エックスチェンジを終えるとすずめちゃん夫妻が来ていました。空港や長距離バスのターミナルに必ずいるブラジル名物の「まくらおじさん」。なんで飛行機にまで慣れたまくらを持ち込む人がいるのか不思議。搭乗2時間前の8時少し前、フランクフルト行きの搭乗手続きが開始しました。同じような時刻に欧州へと飛び立つ便が多いせいか、チェックインカウンターが異常に混み合っていて結局1時間強かかってしまいました。
f0146587_1934023.jpg
やっとチェックインを済ませ、軽く食事をしようということになり、いつものポルキロ(量り売り)のVienaへ。客室乗務員もたくさん来ていていかにも空港、という感じがします。
f0146587_1951189.jpg
飛行機が見える絶好のロケーションに席を陣取ったらすずめちゃんご夫妻から「さすが!」と褒められました。ここはTAMのハブ空港、どちらを見てもTAMだらけ・・・。昔はVARIGだらけだったのに。
f0146587_1955948.jpg
名残惜しいけれど、すずめちゃんもご主人とお別れの時間が来てしまいました。どうやってお別れを?とじーっと見ていると、「じゃね、行ってきます!」って…(--〆)それじゃあウチと一緒じゃん。ほんのその辺に行くみたいなあっさりしたすずめちゃんたち(*_*)さあ、中に入りましょう。以前長い行列を作っていた荷物検査上も位置が変わって広くなりました。イミグレーションも待つことなくすぐに終了。免税店で二人で色々物色。
f0146587_19103353.jpg
ブラジルっぽいものもたくさん売られていてすずめちゃんも色々買っていました。1ドル札を何故かたくさん持っていて、大量消費(と言っても32ドル)すると、会計のおねーさんから「こんなの奇跡だわ~♪」と感謝されていました。ブラジル国旗のTシャツやCapin Douradoという金の草でできたものも売っていました。ポンジケイジョの素までありましたよ。21時55分出発予定のJJ8070便は21時過ぎにいつものように「ラストコール(Ultima Chamada)」(笑)
f0146587_19245360.jpg
ここでもう一度パスポートのチェック。パスポートを見て「ハチドリサーン」と私の苗字を呼びます。「ワタシ、サウロサンデース」腕にタトゥーで「サウロ」と書いてありました(@_@;)面白いサウロさんに送られて機内へ…。
f0146587_19233784.jpg
ではでは行ってまいりま~~す!
f0146587_19241226.jpg
次はTAM搭乗記に続きます。

by beijaflorspbr | 2011-09-25 19:27 | 飛行機 | Trackback | Comments(2)