ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 11月 12日

旅行記「ガーデンミュージアム比叡」へ

昨日は朝から夕方(つまりネットができる時間)までネットの調子が悪く、復旧したと思われる夜にはもう睡魔が。。。心をこめて書かないと碌なことがないというのは掲示板時代にイヤというほど経験してきましたので、ぐっすり眠ってから…と思いやっと出てまいりました。トリオさん、ムスメを送りだして、運動場に行きたがらず、'恋人'の通る道で待ち伏せしたいワンコのみそと追いかけっこをし、叱り飛ばして上の自室に上がってきたらもう汗ダクで。。。良い運動になりましたわ。みそも今月で2歳、「男盛り」なのかな?「男盛り」と言えば、私のバカムスコムスコったら「おとこもり」って読んでいましたっけ。全くもう!(;一_一)まあ、我が家の恥は置いといてっと…比叡山延暦寺にお参りし、お弁当を食べてお腹がいっぱいになった我々は、歩いてすぐの 「ガーデンミュージアム比叡」に行きました。~印象派画家の庭園と絵画~というサブテーマからして「お花がいっぱい!」というイメージ。私たちが行ったのは秋だったので、dinoさんのブログに比べるとお花は幾分少なかったように思いますが、それでも十分に楽しめました。私の大好きなコスモスもたくさん咲き乱れていましたし…。では1000円を支払ってガーデンに入ってみましょう。可愛い鉢植えが販売されています。こんなところで買っては荷物になりますね。それにしても綺麗で、お値段もリーズナブル。
f0146587_20222427.jpg
まずは丘に登ってみましょう。色々な花が咲き乱れてていてキレイ
f0146587_21302825.jpg
満開のコスモス畑、秋桜というだけあり、今あちこちで咲き誇っていますね。
f0146587_21172063.jpg
まさに色の競演です。
f0146587_21304711.jpg
琵琶湖とすすき、秋らしい風情を醸し出しています。
f0146587_20322259.jpg
綺麗に整備された園内、ゆったりと回ることができました。
f0146587_20331296.jpg
歩いても歩いても花また花
f0146587_21175911.jpg
 散策に疲れてしまったらお洒落なベンチでひとやすみ!さあ、「睡蓮の庭」に行ってみましょう。私の大好きな印象派の画家、クロードモネの世界にひたることができるのでしょうか。
f0146587_2040107.jpg
おお!いきなり睡蓮の絵が飾られています。睡蓮の実物を初めて観たのはパリのオランジュリー美術館でした。壁全面に飾られた睡蓮の絵に感動のあまり動くことができませんでした。当時小学校5年生だった前出のムスコが、面白がって絵に近づき、センサーを思いきり鳴らしたのも良き思い出です^_^;オランジュリー美術館は、長い間の改装工事を終えて、やっと開館したそうです。もしパリに行く機会があったら、まずはオランジュリーに行きたいと思っています。二つの大きなホールの壁面いっぱいに飾られたモネの「睡蓮」は、それだけを観にパリに行く人もいるほどです。またあの絵に会いたい!
f0146587_20444584.jpg
ジヴェルニーのモネの家(夏季限定)に行った時に実物を見ましたが、実に良く模倣されているなと感心しました。「モネの世界」を良く表しています。
f0146587_2047399.jpg
モネの自宅は、自然の中に埋もれている感じがしましたが、こちらは遊歩道も綺麗に整備されています。これはこれで歩きやすくていいなと思いました。
f0146587_21184767.jpg
 可憐な花々を見ていると心が癒されます。
f0146587_2119587.jpg
 蓮の花が咲いていました。
f0146587_21311050.jpg
まさにクロード・モネの世界そのもです!
f0146587_2172635.jpg
橋を渡ってみましょう。
f0146587_2181240.jpg
ジヴェルニーのクロードモネの家で印象に残ったのは、池と美しい庭もですが、貴重な浮世絵がたくさん飾られていたことです。モネは、浮世絵に強い影響を受けたと言われていますが、彼の自宅を見て納得できました。自らの庭にも「ジャルジン・ジャポン」と名付けて愛したといいます。しばらく眠っていた「フランスに行きたい」病が発症しそうです(^-^)さあ、睡蓮の庭を後にガーデン散策を続けましょう。
f0146587_21193753.jpg
 ダリア畑がありました。色々な色があるのですねえ。
f0146587_21313124.jpg
歩いても歩いてもお花畑が続きます
f0146587_21204293.jpg
絵画のような景色
f0146587_21315161.jpg
「カフェ・ド・パリ」(休日のせいか混んでいました!)
f0146587_21253442.jpg
こんな景色を見ながらカフェを飲んでみたいものです。
f0146587_21265889.jpg
さあ、バラ園に行ってみましょう。ここで出かける時間になってしまいましたので明日続きを書かせて頂きます。
f0146587_21202580.jpg
*昨日のネット不調で「画像が多すぎてなかなか表示されない」という意味が良く分かりました。いつも写真が多くてすみません。イライラすることもあるかと思いますが、我慢してくださいませ!いつもご訪問をありがとうございます。

by beijaflorspbr | 2008-11-12 21:37 | 日本国内旅行 | Comments(7)
Commented by k_dino51 at 2008-11-12 22:47
待ってました!
やっぱりもう寒そうな感じですが、花いっぱいでお庭はまるで春!
コスモス揺れる丘もいいですねぇ。大好きな貴船菊もきれい・・・
あのモネの「睡蓮の庭」はホントよく出来てますよね!
ワタシが行った時はバラの時期じゃなかったんで、
バラ園楽しみにしてます(^^)
余談ですが、最後の写真に我が家が♪
Commented by ロビン at 2008-11-13 00:16 x
まあまあ、皆さんよく歩かれましたね。 つくづく感心しながら拝見してましたよ♪ よく手入れされた庭園は、一部、イングリッシュ・ガーデンを思い起こさせる画像もありました。何気に曇り空のせいでしょうか(笑)。↑のdinoさんって、いい所にお住まいですよね。

さて、明日からまた旅行が始まります。楽しんで来ますね。
行ってきま~す!
Commented by かしまし at 2008-11-13 02:38 x
ロビンさん、道中お気をつけて!ご旅行を心行くまで満喫なさってくださいねっ!

(どこかで日本語入力できましたら、どうぞ、お元気な足跡をこちらに残してくださると嬉しいです)

最初のところに群生していたのはメキシカンセージ(アメジストセージともいいます)だと思って拝見しました。そのあたりもイングリッシュガーデンっぽい所以でしょうか。
このハーブははっぱがまるで柳のそれのようですし、花の色はというと、ビロードのような濃い紫色ですから、我が家のジャパニーズな庭にも違和感がありません。まだ名残のが咲いてくれていますよ。
Commented by かしまし(その2) at 2008-11-13 02:42 x
この薄紅色のバックもいいですね。
おとこもり、ではなく、おんなもり、も終わりましたが、こころは少女のまま、齢を重ねたい私には嬉しい色です。ハチドリさんのゆっくり過ごされている大陸な毎日、に比べると情けないくらい時間に追われて、こんな時間でもまだあくせくしています。反省!
Commented by beijaflorspbr at 2008-11-13 14:52
★k_dinoさんのブログに出会えて本当に良かったと思います。そ
れに案内してくださるお友達との出会いにも感謝です。寒そうな
比叡山、確かにこの日は随分冷えて、友達がカイロを持って行って
くれたので、お腹に貼って寒さを凌ぎました。園内はもう飽きるほど
のお花1色の世界で、酔ってしまいそうでしたが楽しかったですね。

模倣した庭とはいえ、モネの世界にもう一度どっぷりと…。本物はも
ちろんもっともっと感動しますが、これはこれでなかなかのものです。
難しい作りなのに、良く再現されたと感心しきりでした。

バラは…画像をみたらやはりあまりないのです。何月がバラの時期
なのか…。dinoさんのウツボ公園のバラは美しかったですね。あれ
に憧れて娘は一人で行きましたもの。本当に綺麗だったと感動して
いました。

もしかしたら!?あれがご自宅ですか?と分かるようなのが写真に
写っていました。素晴らしい場所ですねえ。いいなあ~♪後編は食
い気に走りますので心構えをヨロシクお願いします(笑)
Commented by beijaflorspbr at 2008-11-13 15:02
★ロビンさん、いよいよ楽しいご旅行の始まりですね!お土産と
お土産話(笑)を楽しみにお待ちしております。

この日は本当に歩きましたよ。この後、もう1か所に寄って、ヘロ
ヘロになりながらも頂いたおばんざいの美味しかったこと!のさ
さんのお陰で良い一日になりました。

庭は確かに、イングリッシュガーデンを模しているところもありました。
私がマナーハウスで見たガーデンは、適当に放ってあってそれが
見事な調和を醸し出している。「オヌシやるな~」のお庭でござい
ました!またイングリッシュガーデン巡りもしてみたいものです。

いつもコメントをくださるロビンさんがご不在になるのは寂しいけれ
ど「良い子」にしてお待ちしております。
気をつけて行ってらっしゃいませ~~!(^^)/~~~
Commented by beijaflorspbr at 2008-11-13 15:10
★かしましさん、お久しぶりです。とってもお忙しそうなご様子に心
を痛めております。あなたはゆったりと縁側に置かれた籐のイスに
座ってニコニコ微笑んでいる姿が似合う方ですもの…。あくせくする
のは私の18番!今は比較的ゆるりと暮らさせてもらってはいますが、
何となく物足りないよ~ぅ。元々貧乏性なのかもしれませんねぇ。

私は夜は早寝をし、目が覚めた時に起きるという無理のない生活を
しています。最近はちょっと忙しくてお昼寝もできないけれど、体を
動かした日は熟睡できますよ。健康的な生活、なのかしら。

薄紅色のバックは秋だけの期間限定ですが、心も明るくなります
よね。私の中ではピンクといえばかしましさんですもの。

お体だけはお大事に、無理をすると後で響きますからね。私は病気
のお陰で今のリズムを会得したのですから。本当に気をつけてね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 旅行記「比叡山~出町柳」へ      旅行記「比叡山延暦寺」へ >>