ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 10月 24日

飛騨路への旅

秋晴れのある日、少しだけ遠出をしてみました。まずは新幹線で名古屋へ…。
f0146587_2151136.jpg
好天気に恵まれたせいか、あちこちで団体客が行列を作っていました。
f0146587_11115832.jpg
私はレールパスを使っての旅なので、ゆっくり「ひかり」で旅行をしました。新大阪~名古屋~高山のコースで、目的地に到着するまで3時間半でした。
f0146587_11121184.jpg
飛騨古川行きですが、私は手前の高山で下車します。
f0146587_11122341.jpg
先頭は展望車になっていますが、人気があるらしくなかなか取れません。
f0146587_21555411.jpg
木曽川(愛知県)~飛騨川(岐阜県)と変化する景観は見事としか言いようがありません。
f0146587_21571116.jpg
思ったよりも川の流れは速いのです。
f0146587_21574648.jpg
名古屋を出発して2時間半、やっと高山駅に到着しました。
f0146587_21593176.jpg
思えば高山に旅をしたのは今から35年前のことでした。学校の旅行で高山・金沢を訪れたのです。帰りに大阪の実家に寄ってお土産を届けたのも良い思い出です。高山駅に到着後すぐに濃飛バスセンターで白川郷行きのチケットを購入します。片道2400円、往復は4300円でした。
f0146587_2223172.jpg
高山駅から白川郷まではバスで50分です。
f0146587_2235598.jpg
白川郷の近くに来てからがひどい渋滞で、停車位置まで20分くらいかかるのです。駐車場には既にたくさんの団体バスが停まっていました。
f0146587_2243839.jpg
素晴らしい景色です!
f0146587_11124984.jpg
やっと特徴のある合掌造りの家が見えてきました。
f0146587_2264321.jpg
総合案内「であいの館」です。
f0146587_2274451.jpg
狭い「であい橋」(吊り橋)を渡りましょう。
f0146587_1113572.jpg
澄んだ川の水、うっすらと色づいた山並み、これぞ日本の原風景といった風情です。
f0146587_11132357.jpg
右側通行、縦一列で渡りました。
f0146587_2211149.jpg
渡りきったところに鳥居があります。
f0146587_2236516.jpg
世界遺産に認定されてからは見学者が激増したとNHKでやっていましたが、確かに人また人の波に呑まれていきます。日曜日の観光地はどこもいっぱい、というのは覚悟の上でしたが、ここまでとは思いませんでした。
f0146587_22373346.jpg
さあ、負けずにじっくりと世界遺産の街、白川郷を見て回ることにしましょう。続きます。

by beijaflorspbr | 2008-10-24 22:40 | 日本国内旅行 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://beijaflors.exblog.jp/tb/9478064
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ロビン at 2008-10-24 23:24 x
暫くご無沙汰してました!以前はしょっちゅうコメントしてたので、私がちょっとお留守にすることによって、新鮮な空気がこのブログにも流れたのではないですか?(笑)。ハチドリさん、お元気そうで何よりです♪

今朝の友人からのメールで、岐阜に里帰りしたついでに行ってきましたと、白川郷行きのことをお知らせいただいたばかりでした。何とも奇遇です。Cookeryさんの所で拝見しましたが、そろそろお帰りになるのですね。今回のお里帰りにまつわる、いろいろな思いを胸に秘めて旅立たれることと思います。とは言っても、またすぐに、戻っていらっしゃるのではありませんか?何れにせよ、残り少ない数日(??)を、十分楽しんでくださいね。
Commented by かしまし♪♪ at 2008-10-25 00:53 x
白川郷・高山へはちょうど2ヶ月前に10人あまりのアメリカの少年少女と一緒に参りました。空気と水が澄んでいる、それに尽きました。当地から1時間で行けるところですのに。

今年の秋はこの秋一度限り。ハチドリさんの日本探訪に余念ないお姿からは学ぶべきものがございますね。

ご帰伯まであとわずか、更なる多忙の中と存じます。毎度のせりふですが、決してご無理なさいませんように。(私ほどでは問題もありますが)ゆっくりとね。ご無事の旅路を祈っています。

次回は冬の日本海の味覚をと、のささんとたくらんでおりまする(*'ー'*)

Commented by beijaflorspbr at 2008-10-25 11:12
★ロビンさん、お久しぶりです。久々に目にした「ロビン」の名前に何とも
言えない懐かしさを感じました。コメントを拝見し、大変嬉しく思いました。
新鮮な空気が流れたのかどうかは疑問ですが、きちんと見守っていて
くださる方がいらっしゃることがただただ有難いと思える今日この頃です。

要するにブログと言うのはその人間の生活の記録であり、生の姿をこうして
写真付きで公表するのものなのかな?と考えています。時間的制約の
ある昨今ですから、あまりきちんと書けていないことは自覚していますが、
今はこれが精いっぱいなんでしょうね。

はい、おっしゃる通りまもなく帰伯します。どちらにいても楽しめる私は
とても幸せな人間だと思います。春先は日本でしょうね。どこかでお会い
出来ると良いのですが…。お元気で頑張ってくださいね。コメントを
ありがとうございました。
Commented by beijaflorspbr at 2008-10-25 11:15
★かしましさん、ついついあなたのことを思い出してメールを送ってしまい
ました。地理的にはとても近いのでしょうね。富山や金沢行きのバスが
たくさん走っていましたから。

この年になると秋の風情が何だか無性に懐かしくて、秋を追い求めてしま
いますねえ。京都はもう一歩というところでしたので、飛騨路にしました。

真冬の日本海への旅路を心から楽しみにしています。今回は本当に
お世話になりありがとうございました。
Commented by かしまし at 2008-10-25 14:57 x
メールをいただいたときは、上高地で同じく秋を堪能していました。忙中閑あり、は、まさしくそのとおりでした。
目に焼きついた日本アルプスの山々と梓川の美しい流れ、それらが何とか日々働く原動力に余韻として影響しています。
上高地はかつては毎夏訪れたものです。時は移り、人は変わり、夫婦だけの旅になりました。これが今後に続く第一歩かもしれませんね。
Commented by かしまし at 2008-10-26 11:26 x
私自身が銀行で扱っているから・・・と、購入した商品、しっかり今回のアメリカの保険会社関連の名前は個人年金、でもその前に変額、とあるので、自分の無知さを後悔、というよりも、恥じ入るこの頃です。
そうでした。あのときは175円のときもあって、ミュンヘンでのあの夜、ザルツブルグ音楽祭のコンサートはひとり105ユーロ。2万円近く支払ったわけですが、今は1万円ちょっとになるのですよね。
それでも私はあちらのコンサートが4つも聴けたことを今も嬉しく惜しかったとは思いません。甘い考えかもしれませんが、お金で買えなかった喜びです。のんちゃんとの邂逅と4人一緒の見聞の旅が。
Commented by かしまし at 2008-10-26 11:36 x
我が家は、主人がきっと気落ちしてはいると思いますが(口に出して言わない分、深刻かもしれません)、反って、健康に感謝、シンプルライフへの目覚め、と日頃の贅肉たっぷりの生活を見直すきっかけになったといったら居直りでしょうかねぇ。これからなるべく無駄を省いてその分、貯金・・・ではなく、むしろ旅行とか、どうしてもしたいことへのお金にあてたい、時間の捻出も工夫して、そう思うとさっぱりした思いです。
来月からピアノの先生が自宅へレッスンに来てくださることになり、さぼるわけにいかない、これも私には有難い転機になりそうで、とっても嬉しいです。のんちゃん、今、この日、このとき、大切にしましょうね!ミュンヘンの市庁舎を思い出しながら、ゴッホのひまわりを思い出しながら、のんちゃんに語りかけるかしましでした。
今から義父の墓参に出かけます~庭のつわぶきとホトトギスも手折りました。少しだけ菊も買ってちょっと節約。帰りはお寺近くに出来た讃岐うどん(本場で修業したという)の新しいお店によってお昼にしま~す!
Commented by のんちゃん at 2008-10-26 18:36 x
かしましさん、あの頃は、旅行者がユーロを購入したら175円にもなたのですか。
円買いが進み、欧州経済の綻びが明らかになって、ユーロは更にもっと価値がさがるのではないでしょうか。
株も日経8000円を割ってしまいましたね。

でも、かしましさんの処世、あっぱれ、お見事です。
今を大切に、日頃の生活を大切に、心に染み渡ります。
ピアノ、楽しんでくださいね。私もまた始めようかしら、サイレントだから照れなくていいのです。

禅宗の玄侑宗久氏が「あるがままではなく、ないがままというニュートラルにむかって進むがよい」という意味合いのことをよく書かれているのですが、まさしく今その出直しの時期に入ったのかという気がします。

そうは言っても、近日中の日本食品の値上げを確信して、金曜日は賞味期限を確認しながら大量に買い込むという、主婦感覚の流され方をしてしまったのですけど。

是非、またこちらに来てくださいね、オランダまで「ゴッホの旅」同行しますよ。
先日同級生が奥様とプラハ、ウイーンを旅行されて、帰国前は家に宿泊されました。
私も旅行者の目になってあちこち訪ね、わが街がとても新鮮でした。
Commented by beijaflorspbr at 2008-10-27 15:30
★かしましさん、上高地の写真、PCに転送して保存しましたよ。抜ける
ような青空の写真に、秋を感じることができました。ご夫婦で旅なんて
ステキですね。どうぞ末永く仲良く…。と私が言うのもおかしでしょうかねえ。。
かしましさんの優しい文章から幸せのお裾分けをして頂いているような
気がして…。
Commented by beijaflorspbr at 2008-10-27 15:37
★のんちゃん、ロビンさん、のんちゃん、かしましさんとお馴染みの皆さまが
揃ってくださり私も狂喜乱舞しております!

金融恐慌は思ったより手強いようですね。私は株はひと株も所持していません
ので、助かりましたが、通貨REALの下落はチト痛いですねえ。とはいえ、日本
では円商売なのでセーフという感じでしたが、いつも為替では痛い目にばかり
遭っています。今回も140円のところでユーロに換金したのは時期尚早だっ
たな、などと悔いています。ぐやしい~~難しいですねえ。

ブラジルもずっとREAL高で預金の金利も比較的高めだったので、世界中の
お金が入っていたようですが、今回の恐慌で事情は激変しているようです。
どうなりますやら…楽しみなような心配なような…。

ドイツの紅葉は忘れられません。バーデンバーデンで枯葉散る季節にお散歩を
した記憶は鮮明に蘇ってくるのです。また行きたいなあ~♪落ち葉掃き頑張って!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 飛騨路への旅「白川郷」      上海旅行記…上海博物館 >>