ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 05月 18日

感情の行き違い…(独り言)

今日の(日付変わって昨日)午後、仕事を終えた娘と一緒に、車で10分くらいのショッピングセンターに行ってきました。目的は、携帯電話のポイントが貯まり、今ならR$10,00(600円)でもう一台プリペイド携帯がもらえるというので、機種を選ぶために付いていきました。我が家の携帯電話は2台、そうなのです。私専用携帯電話がないのです。いつもこちらにいない私は、車も携帯も持っていないということになります。

土曜日の午後のショッピングセンターは車の行列、今どこのショッピングセンターでも見られる「VIP」サービスに車を預けると、4時間R$5,00(300円)の駐車料金に加えて、R$9,00(540円)を支払うことで、自分で車を止めることなく人の手によって操車してもらえるというサービスもあります。もちろん若者である娘も(もちろん私も)どんなに困難な場所でも自力で車を駐車するのは言うまでもありません。意外に簡単に止めるところが見つかりました。ここまではラッキーでした。

まず娘が去年買った結婚式用のロングドレスの直しを頼みに行ったら、「経営陣が代わり、もう有料でしか直せない」と言うのです。恐らく5万円以上はしたので、娘にしては高価なドレスの修理を、前の経営陣は「いつでも持って来てね、修理してあげるから…」という言葉を信じていただけに、この冷たい対応には大変驚きました。しかし、粘りに粘って、縫い子さんが見てくれて、やっとその場で修理をしてくれることになりました。当たり前のサービスがどうしてできないのだろう?ブラジルでは良く感じることです。それが普通だと思わないといけません。これがイライラの原因その1です。

次に、携帯電話会社「VIVO」に行きました。そこでも長蛇の列、Senhaという札をもらいますと、あと30人待ちということで、あちこち散歩をしました。何度戻っても一人も進んでいません。結局散歩ーVIVO-散歩ーvivoと繰り返し、1時間半後にVIVOに戻ってやっと応対してもらうことができました。結局この日はプリペイド携帯をもらうことなく、日を改めることとなりました。詳しい説明が聞けたことは良かったのですが、この異常な待ち時間がイライラの2つめ。

次に娘に似合いそうな洋服店があり、見始めました。私は洋服屋さんが本当に苦手。前にジャケット購入のところでも書きましたが、自分はたいていの仕事は我慢できると思うのですが、唯一苦手なのがアパレル系なのです。洋服を見ているだけで飽きてしまう。これはもう子供の頃からの習性です。人には誰でも興味の対象とするものがあると思うのですが、私の場合はやはりグルメ・友との交流・旅行・そして料理・読書(帰って来てからは特に読書三昧です)等ですが、若者である娘はいくら持っていてももっと欲しい、もっと見たい買いたいという欲望が強いようです。最近強いストレスを感じる出来事が立て続けに起こり、3キロも痩せてしまった
彼女の支えになりたいと早めにUターンしてきたはずなのに、この時点の私はかなりイライラ…。だって入店してから30分以上も買う服が決まらなかったのです。たまたまかかってきた携帯電話の会話が20分以上、仕事関係の電話とはいえ洋服を見ながら話さなくても…と批判的な目で見てしまったのもイライラの原因でした。気に行った洋服が見つかったものの、糸が出ているなどの縫製の欠点が見つかったので、新しいものを出してくるように店の人に頼みましたが、待つこと20分以上、この辺でもう私の我慢は限界にきていました。入店してかれこれ1時間が経っていました。途中外のベンチに座って待っていたものの、これ以上我慢ができなくなりました。欲しいと思った洋服の新品が見つからないため、その展示商品を買おうとする娘に「こんな服でR$99,90(約6000円)は高過ぎるよ、止めておいたら?」と言ってしまいました。どうみても私の眼からすればちっぽけに見えたのです。親の価値観を押し付ける最低の行為かもしれませんが、その時はもう疲れていて気分も悪くて早く家に帰りたかったのです。私の言葉で断念した娘は、次にdoceria(ケーキ屋さん)に行きました。「お茶する?」「もういい、帰ろう」「家に買っていく?」「いかない、帰ろう」と取り付く島のない会話。それで多分、彼女も怒ってしまったのか、車の中では一言も口を利かず…。車を自宅のガレージに入れた途端、鉄扉を閉めた私に、「もう一度ショッピングに行ってくる!」と言い残し、車を急発進させたのでした。きっとあの洋服を買いに行ったのでしょうねえ。。

私はもう疲れ果てて、夕飯も食べずにベッドに倒れこんでしまいました。そしてこんな真夜中に突然目覚めてぐじぐじと考え続けています。あの洋服(似合わないことはなかったけれど、値段には見合わないと思ったこと)を口に出さない方が良かったのかしら?彼女のお金で買うわけだし…。もう少し物分かりの良いふりをして理解してあげたら良かったのかしら?あの時、一緒にお茶をすれば…などと色々な感情が私の中を交錯し、現在に至っています。

この子は上の子とも下の子とも性格が全く違い、とても逞しい面を持ち合わせていますが、近年のストレスで、瘠せてしまったということはその分繊細なのだな~としみじみ思った次第でした。親子のことですので、後を引くことはないと思いますが、多分当分はショッピングセンターなどには誘ってはもらえなくなるでしょうね。まあこれはこれで良いのですが…。

何故自分がここまでして買い物が苦手なのか、良く分析できないまま今日に至っています。子どもとはいえ、もう成人なので、自我も確立している人に、あれやこれやと言わない方が良いのか、言っても良いのか、悩むところです。少なくとも不貞寝は良くなかったな、と反省しています。家族の皆様ごめんなさい。。。今日は本当にヨワムシで自分勝手なハチドリでした。

今読んでいる本に、全てのことは必然である。起こるべくして起こったことですべて意味があるこのなのだ、という言葉がありました。起こってしまったことを後悔するよりも、これからの時間を大切に慈しんでいけたらいいなあと思いました。家族ですもの、シリアスな場面もきっと簡単に乗り切れると信じています。では真夜中ですのでそろそろおやすみなさい…。

by beijaflorspbr | 2008-05-18 14:19 | 家族 | Trackback | Comments(20)
トラックバックURL : http://beijaflors.exblog.jp/tb/8121666
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by パンジー at 2008-05-18 18:06 x
ハチドリ様、はじめまして。

日本の神奈川県に住む主婦です。
先週、偶然こちらのブログに迷い込み、
とても楽しく話題豊富な内容に魅せられて、拝見しております。

わたしも成人した子供2人(息子です)がおりますので、
お子さんとのやりとりで悩むお気持ち、ほんとによく理解できます!!

親はいつまでも子供のことが心配なものですね。

それがまた子供にはうっとおしいこともあるようで、
難しさを感じます。

私は仕事(自営です)が忙しくて、また年もとってきた(?)ので
だんだん子供のことよりも、自分を心配する気持ちのほうがが大きくなりました。

これが、子離れというものかな。。。なんて思っています。(^0^)
思いやりのない親なのかもしれませんが。。。??











Commented by MEGU@踊る管理人 at 2008-05-18 18:19 x
マダム、ブログにてコメントいたします。
自分の年齢から双方の気持ちわかります。
日本と違いイライラする場面があちこちにあるブラジル。
マダムはもう慣れているのかしらと思ってましたが
実際はストレスになってますよね。
娘さんは家についてから買い物に戻ったようですが
これで気分はすっきりだと思います。
自分の意思を貫いた分、後味は悪くないはずです。
疲れてるマダムを気遣って家まで帰ってくれたんだと思います。
大丈夫ですよ。またお買い物にいけます!!
娘さんに会った事はありませんが状況がよくわかりました。
またいつか日本の娘ともお茶してください。
東京で待ってます。
Commented by cookery-world at 2008-05-18 18:40
ハチドリさん、ワタシも洋服に本当に興味がないので、洋服屋さんで待てない気持ちはよーく分かります。 ハチドリさんだって長旅のお疲れがまだ残っているんですし、お嬢さんだって、よく分かっていますよ。 分かっていても、でも気遣えないときも家族だからこそありますね。 あとハチドリさんはまだ娘さんに頼られてますね。 久しぶりに帰ってきたおかーさんにちょっと甘えもあるし。 お嬢さんもお若いし当然だと思いますけれど、ウチの母などはもう歳なので、そんなに待たせられません。 お互い思い合う気持ちがある家族なんだから、こんなことくらいは大丈夫!なのはハチドリさんも分かってますよね。 昼でも夜でもよーく寝て、身体を休めてくださいね。 ゆっくりサンパウロの日常に戻っていってください。
Commented by ロビン at 2008-05-18 19:24 x
今朝は明け方近くまで起きていたので、ゆっくりの朝寝坊でした。(例のパーティー、お蔭様で無事に終わりました。)この記事を書かれた後、今頃は、もう既にお嬢さんとも何事もなかったようにしていらっしゃるのではありませんか?ハチドリさんがお嬢さんを思う気持ちと同じ位、その後彼女もママのことを気遣う気持ちでいっぱいだったと思いますよ。↑の全ては必然という意味では、こうも何度もイライラする状況が起こってくれたおかげで、つい、当然化してしまいがちな家族の存在や、共に過ごす時間の大切さを再確認できて良かったですね。
Commented by のんちゃん at 2008-05-18 22:12 x
実は最近子供に腹を立てることが多くて、どうしてそんなに偉そうにするの、いったい何だと思っているのと ピークに達したのが9日(金)。
12日は祝日だし、3日間姿をくらまそうと、仕事の帰り旅行会社で 閲覧している最中に 小さな段につまずいて転んで 手に怪我を負ってしまいました。弱り目に祟り目。(:_:)
翌日 土曜日の夕方、娘が「〇〇〇の家に晩ご飯の後行くから」「あらそう (勝手にすれば・・・)」
日曜日 階下に降りたらテーブルの上に、28センチのザッハトルテ と らんの植木がおいてありました。植木は息子から、ケーキは娘から。友人の家に集まってケーキを焼いたらしい。
今回の母の日 はしばらく子供と気持ちが通じ合わなかったので、思いもかけないプレゼントでした。それでまあ気をよくしてはいるのです。
昨日早速娘はサンダルを買わせました。値段は私の靴の倍はします。はっきり言って母親業って哀れなもんです。簡単に気持ちを操作されてしまうのです。でも日々の小さな事に感動もさせられるのですね。
Commented by beijaflorspbr at 2008-05-18 22:59
★パンジーさんへ
初めまして、ようこそハチドリブログにお越しくださいました!ここはコメント
をくださる方同士の仲も国境を超えて良いので、是非とも一緒にお話をしましょう!

パンジーさんのように、偶然迷い込んだ方々をどんどん友達にし、マンモス化
してきております。ハチドリおばさんの独り言などが多く、お聞き苦しい点も
あるかとは思いますが、どうかお付き合い下さいませ。

自営業でお忙しくされていて、お子さんに構う暇がない、というのはとても良い
ことかもしれませんね。確かに、今は子どもと真正面から向き合う機会があり、
見過ぎ、考え過ぎつまり過干渉気味になっているのかもしれません。自分
では無自覚でしたが…。子離れしなくては…でもなかなかできないジレンマを
抱えているハチドリのことをここの皆さんはよ~く理解してくださっているようです。
またお気軽にいつでも遊びにいらっしてくださいね、楽しみにしていますから。
Commented by beijaflorspbr at 2008-05-18 23:06
★メグさんへ
おお、お久しぶりです。いつも日記は拝見させて頂いております。
相変わらず、お仕事・ダンスそしてブラジル関連の興味の幅を
広げていらっしゃるようで素晴らしい!と感心して見守っています。

貴重なご意見、ありがとう。今朝目覚めた時は本当に普通に接し
何も昨日のことは話さなかったので、メグさんのご意見が正しく
本人は買い直しに行ったことで「スッキリ」したのだと思います。

帰国は夏以降になりますが、またお会いしましょう。そうそう…
娘が来週からBAHIAに行くんですよ。お友達のアパートに滞在して
そこからPraiaに連れて行ってもらうそうです。一緒に付いていこう
かと試みましたが、今回は断念!写真を撮るように言いましたので
アップできるかもしれません!Salvadorはメグさんの故郷ですもんね。
また「お帰り」楽しみにお待ちしています~♪
Commented by beijaflorspbr at 2008-05-18 23:12
★cookeryさんへ
cookeryさんと私の共通点はやはりグルメですね!だから気が合うのですね!
今頃分かりました(笑)。

お洋服に興味がない、と言う割に、あのしわしわの素敵なお洋服をお召しに
なっていらっしゃいますねえ~ヒラヒラとたなびくコートもすごくカッコ
良かったですよ~♪地下鉄の階段でほとんど踏んずけそうになりましたが^_^;

確かに…母親の年齢的なことはあるかもしれませんね。私の母は、お洋服には
とっても興味があり、私に洋服を買いたくて買いたくて…という人でしたから
洋服を選ぶときはずっと我慢強く待ってくれていました。そんな母の子なのに
私ったら…。「全くもう、この人は!」という言い方をいつもされていました。

そうですね、家族なんですもの、遠慮なくケンカしたり行き違いが起こっても
きっと大丈夫、私も体をゆっくり休めて充電しながらボチボチいきます。
コメントありがとうございました!
Commented by beijaflorspbr at 2008-05-18 23:33
★ロビンさんへ
そうですか…例のパーティー、大成功で良かったです!
ラテンアメリカな夜は、さぞや楽しかったことでしょう。

そうですね、家族なので何も話さないけれど、普通に接して
いました。彼女はもうどこかに出かけてしまいましたが…。

多分、性格が酷似しているのかもしれませんね。彼女の生き方
そのまま私の生き方のような気もします。真っ直ぐ一途だから
傷つきやすいのかもしれません。ストレスも抱え込むし、
私ともぶつかるのでしょう。

「共に過ごす時間の大切さを再確認」は名文句です。普段は
感じないことも深く思い詰めればそうなのかもしれません。
ロビンさん、いつもありがとう!
Commented by beijaflorspbr at 2008-05-18 23:43
★のんちゃんへ
はははは…プチ家出を試みたのですね?でも怪我しちゃった…。
怪我は大丈夫?私もまだ子どもたちが小さい時に、夫婦喧嘩を
して、家出をしようと思って支度し始めたのですが、その荷物
の多さに断念!ミルク・オシメ・着替えetcを持っていくのは
無理!今でも時々出奔の衝動はありますがね!(笑)

28センチのザッハトルテ、う~ん美味しそう、お嬢さんの
手作りならお味も格別だったことでしょう!息子さんもランの花
なんてホント、お母さんの心を射抜いていますね。

長いこと接していると、子どもって母親の弱点を的確に
突いてきますよね。我が家もそう、その点はこの子が一番かな。
きっと近日中に私も高い買い物をねだられそうです。その時は
素直に甘んじようと思います。へへへ…母親って弱いね!
今度は感動をお伝えしたいな、メッセージありがとう。
ああそれと、お互い良いお年なので、健康怪我に気をつけましょうね!
Commented by のんちゃん at 2008-05-18 23:59 x
お見舞いありがとうございます。左親指の付け根にほんの小さなひびが入っています。
職場にパソコンを持ち込んでいた その帰り道でした。パソコンをかばって変な転び方をしたのです。パソコンは保険がないもんね。
普通はスキーでよくやる骨折らしいです。骨密度は高くて自信があるのですけど。とほほ・・・。
母親が小さな思いやりでころっとなるのは、時空を超えて共通ですね。私の母もよく言っています。
Commented by あられちゃん at 2008-05-19 00:17 x
なにはともあれ、親子で買い物ができることが羨ましいです。
行きたくても娘はいないし、母もいないものぉ。
母は、お洋服を買うのが好きだったので、父を留守番させてフラフラしてました。そもそも興味がないことに付き合うのはストレスになるので、私が
そういう状況に立たされたときは、とりあえず本を持参。
時間がかかりそうなときは、あらかじめ目をつけておいたカフェに入り
「ゆっくり見てらっしゃい」って言うかな。
妹の亡き後、姪っ子たちと買い物に行くときは、カフェに入った後、彼女たちは「○○に行ってくる」と言って、交替でいなくなったりします(笑)
それなりに気を遣ってますね~。まあ、妹の存命中から、そういう家族です。
落ち着く場所を決めてから、それぞれが動き「迷ってるから一緒に見て」と言います。合理的ですね。
ママと一緒のお出かけ、ずっと先になって懐かしく思い出しますよ。
娘さんも、たくさんたくさん反省していると思います。
旅行で、20,000歩も歩けるハチドリさんが洋服を見るのが苦手って
なぜか、ちょっと安心。なんでもOKだと、こわいよ~~。
Commented by パンジー at 2008-05-19 08:59 x
☆~ハチドリさん~☆、

さっそく優しいコメントをいただきありがとうございました!(^-^)
これからも拝見させていただきます、
どうぞよろしく。。。。

仕事が終わり、夜、ハチドリさんの旅行記を読むと
ほっとして疲れがとれる思いです♪


こちら(神奈川県三浦市)は昨晩はきれいなお月様がでてましたが、
今朝は、雨がしとしとと降っていました。

庭の片隅に植えたカサブランカが伸びてきて、つぼみが4,5個大きくなってきました。
大きな白い花がさくのが楽しみです。

ハチドリさんのお宅は広大なお庭がおありですね。
南米独特のお花がたくさん、咲くことでしょう。
楽しみですね!^0^
Commented by bibirymac at 2008-05-19 09:31
ハチドリさん、はじめまして!
昨日、前日のアクセスランキングを覗いてみたら、前後10件の中にあなた様のブログがあって、年も近そうだし、遡って読んでみたんです。
で、びっくり~~~でした!
だって~、鈴木共子さんのことが載っていたんですもの。
彼女は私の高校の一年先輩、彼女は1期生、私は2期生で一学年120名と小規模の学校でしたから、お話はしたことがなくても顔は存じ上げていました。
ニュースで彼女の息子さんの事を聞き、何かお役に立てないかなと思っていたところ、息子さんが姪と同じ高校出身で、しかも同じ吹奏楽でした。
姪の初めてのコンサートが息子さんの追悼コンサートだったので、その会場で会うことができたんです。
署名のお手伝いもし、映画も見ましたよ。
ご主人を早くに亡くされて、一人で育てた息子さんまで・・・気丈な姿に教えられています。
でも、サンパウロまで行っていたとは知りませんでした。
ハチドリさん、地球の裏側から彼女のことを載せてくれてありがとう♪
これからも色々な情報楽しみにしていますよ。
Commented by bibirymac at 2008-05-19 09:34
続きです。。。

我が家もパンジーさんと同じ神奈川(西のはずれ)で平々凡々の暮らしをしています。
ゴールデンに似た雑種(マック)がいますので良かったら覗いてみて下さいね。
初めてお邪魔したのに長々とすみませんでしたm(__)m
Commented by beijaflorspbr at 2008-05-19 11:46
★のんちゃん
ひびが入ってしまうほどの怪我だったのですね。そりゃ誰だってPCを庇
いますわねえ。再生の利く手より保険の利かないPC…^_^;
なるほど…って納得している場合じゃないですね。
痛いでしょう?骨密度が高いなんて羨ましいわ。私は悔しいことに
「ごく標準」だそうです。まあいいか!母のように骨そしょう症になったら
年を取ると辛いですからね。本当にお大事にね。お仕事もあるのですから…。
Commented by beijaflorspbr at 2008-05-19 11:50
★パンジーさんへ
「疲れが取れる…」なんて素敵な褒め言葉でしょう!ありがとうございます。

今こちらの季節は秋、冬枯れでお花は見られないのです。
大きな木に咲くクァレズマ(一年に4回花が咲く)などは辛うじて咲いて
いますが。日本は今バラが満開だそうで、こちらにいても、春の日本に
思いを馳せております。ああ、京都へ行きたい…。
とジダバタしているしょうもないハチドリをよろしくお願いします!
Commented by beijaflorspbr at 2008-05-19 11:58
★あられちゃん
コメントありがとうございます。
なるほど、本を持っていくのは良い考えですね。
昨日は旅行社のパンフレットを見ていましたが、何度も何度も
見て、飽きちゃったのですね。本なら読み進むうちに夢中に
なれるから良いかも。

そうなんです、散歩は決して苦にならないのに、洋服屋や、
ショッピングセンター内をたった8000歩くらい歩いただけで
寝込んでしまうなんて…我ながらすごーーーく情けない限りです。
そうそう、「なんでもOK」な人なんていないよね!同感!!
あ~~こんなワタシの姿もたまにはね。。。(;一_一)
Commented by beijaflorspbr at 2008-05-19 12:15
★bibirymacさん、初めまして
アクセスランキング、久しく見ていませんでした。アクセス数を知るだけで、私のランキングはいつもたいしたことがないので、見れば見るほど傷つきそうなので、止めているのです。痩せ我慢かもしれませんね。こうして私のブログに辿りついてくださり、コメントを残して頂き、ありがとうございます。

鈴木共子さんとお知り合いなのですね。奇遇でした。彼女のことは、今でも鮮明に憶えております。握手をしたその手のぬくもり、意志の強い目の輝き、あの柔らかい方が、法律を変えてしまうほどの運動をされたなんて誰が信じるでしょう。勉強家ですし、前向きで素敵な女性だと思いました。

その後、とても親しいお友達がやはり理不尽な交通事故で、最愛の息子さんを亡くされた時、一番に鈴木共子さんのことが頭に浮かびました。お友達にも、できたらそのDVDを観るようにと勧めました。あの映画の時はずっと涙が止まりませんでした。続きます…。 
Commented by beijaflorspbr at 2008-05-19 12:17
★bibirymacさんへ、続きです
映画の後、こちらの邦字新聞社からインタビューを受けて、
「我が子との時間がいかに貴重なものであるかを再認識した」
「日々の接し方において、彼の言うことを真剣に聞くべきだと思う」
と答えた覚えがあり、それはそのまま新聞に掲載されました。

もし鈴木共子さんにお会いする機会がありましたら、地球の裏側で
今でも影響を受けている人間がいることをお伝えください。 

ワンコちゃんのマックくん、拝見しました。とても愛されているのですね。
幸せなマックくんですね。
我が家にもゴールデンの「みそ」(1歳半)がいます。甘えん坊で可愛くて、
家族のマスコットです。ペットは癒し、そして相棒なんですよね。
これからもどうぞ宜しくお願いいたします!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 閑話休題…ショッピングセンター...      ポルトガル料理「Trindade」へ >>