ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 04月 13日

山形・東根温泉ぬくぬく旅行記

既報の通り、9・10・11と2泊3日の山形県・東根温泉に骨休めの旅に出かけてきました。従妹の若女将は、会うたびに貫禄が付いてきて、仕草や物言いにも接客慣れしてきていることを感じさせます。一つ年下なのに、とってもしっかりしていて、まるでひとりで旅館を切り盛りしているような印象を受けました。またこの従妹のM子ちゃんは、母親(私の叔母)を旅館から歩いて2分くらいのところに住まわせ、面倒をみています。もう一人の息子(従弟)は、カナダに住んでいるからです。叔母は年1回はカナダに長期滞在する以外は、ずっとこの東根に住み、M子ちゃんの嫁ぎ先である温泉旅館に毎日お風呂に入りに行きながら、ゆったりと余生を送っています。時々は従妹も叔母の家で食事をしたり飲んだり泊まったりもするそうで、今が叔母の最高に幸せな時なのかもしれません。もちろん従妹もですが…。傍で遠慮のない母子の対話を目にして、母を懐かしく思う私なのでした。近年旅館経営はとても厳しくなっており、この従妹の旅館も経営難から色々なアイデアを実行してるものの、なかなか大変なようです。仲居さんも必要な時だけ呼ぶようにして、大体は従妹がひとりで接客を担当しています。走り回る彼女を見て、このお商売の厳しさを目の当たりに見たような気がしました。さあ、いつもの通り前置きが長くなってまいしたが山形路のご報告を始めます。この日は午前中が病院診察の日でしたので、出遅れました。午後遅い出発です。そうそう、検査の1項目は異状なしでした。私の乗った「ひかり」と博多行き「のぞみ」号。私は少年のように電車を見ているのが好き!東京で、山形新幹線の「つばさ」号に乗り換えます。このつばさ号は、仙台・盛岡方面行の東北新幹線とドッキングしたまま、福島まで一緒に行き、切り離されるのです。
f0146587_22421075.jpg
夕飯は少しだけ贅沢をして「すし鉄」のにぎり鮨。トロが美味しかったです!
f0146587_6572770.jpg
 山形新幹線で東京から約3時間。やっと到着しました。従妹の旦那様のお迎えを頂き、叔母の家へ…。ここでの時間は既にご報告した通りです。久しぶりに朝7時過ぎまでぐっすり寝て、起きぬけに温泉に行きました。徒歩1~2分で従妹の温泉旅館に着きます。正確に言えば道路を渡っただけなのです。ホテル「来山荘」
f0146587_752276.jpg
この新館が建ってすでに20年以上、そろそろ改築時のようですが、なかなか綺麗です。「温泉入浴の心得」を熟読し、入浴!(笑)広いお風呂を独占状態です、ああ、贅沢!
f0146587_22434421.jpg
喫茶店(朝食どころ)で従妹が笑顔でコーヒーを立ててくれました。いかにも旅館!という感じ。何度も来ているので懐かしくて…。
f0146587_22441524.jpg
ポカポカして叔母の家に戻ると、こ~んなに豪華な朝の宴の準備がしてありました。
f0146587_781933.jpg
炊き立てのご飯とおみそ汁も加わり、いただきます!う~む、美味しい~~~♪
f0146587_785585.jpg
朝の仕事を終えた従妹に連れられ、お蕎麦屋さんへ。山形といえば蕎麦、これだけは外れたことがないそうです。実に美味しいのです。
f0146587_22452211.jpg
蕎麦屋には珍しいサラダ&漬け物バー,山盛り頂いてきました!ゲゾ天そば、並盛でございます。う~ん、こりゃうまい~~♪結構量もたっぷりです。
f0146587_7155112.jpg
心落ち着く空間です。良い店に連れてきてもらいました。さあ、今宵は旅館泊まりなので、部屋に入ります。「りんどう」は、この旅館の唯一のスイートルーム!?です。
f0146587_22465745.jpg
10畳と4畳の和室プラスこんなスペースも
f0146587_646819.jpg
源泉かけ流し、純粋な素晴らしい温泉です。芯まで温まり、疲れが取れました。
f0146587_7233285.jpg
さあ、楽しみは夕食です。
f0146587_72406.jpg
こごみなどの山菜も美味しいです。白身魚のマヨネーズ味噌。ご飯に合いますのでアイデア頂き!石狩鍋にお刺身。山形の絶品なめこ蕎麦と茶わん蒸しなどなど。もう一度全体図です。すべて完食し、お腹いっぱい。これにビールとワインですから!
f0146587_7282852.jpg
特別出演の叔母(左)とこの「来山荘」を60年守ってこられた大女将。それぞれ79歳と82歳です。お二人とも何と美しいのでしょう。見とれてしまいます。
f0146587_7304836.jpg
朝食を頂き、旅館を後にしました。
f0146587_7311619.jpg
この旅館には、両親とも来たことがあり、思い出の地でもありました。従妹との東京の大学時代の話や、もう少し大きくなってからの話。お互いの子育て(従妹は男の子4人のママ)の悩みなどをじっくりと夜更けまで語り合いました。ひょんなことから、ここの次男坊と仲良しになり、買ったばかりのPCの指南をするなど、ナマイキでお節介なハチドリおばさんの本性丸出しというところですが、彼と楽しい時間を共有することができました。彼の姿に我がムスコの姿とを重ね合わせ、「いまどきの若いもんは…」という言葉が出てくると同時に、ほほえましく感じることができました。私のアドバイスに従って早速デジカメを買いに行った彼、SDカードを買い忘れたので、私の2GBのカードをプレゼントしてあげました。楽しい時間をありがとうね。旅館のロビーで色々話し込んでいたため、足が冷えたからという理由で、3回目のお風呂に入りました。朝もう一度入ったので、合計4回、ぬくぬくと温泉を楽しみました。めったにないこのような機会を気持ちよく与えてくれた叔母と従妹、そしてそのご家族に心から感謝いたします。また会えるといいな~♪山形・東根ぬくぬく温泉記終わります。

by beijaflorspbr | 2008-04-13 08:15 | 日本国内旅行 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://beijaflors.exblog.jp/tb/7839398
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ロビン at 2008-04-13 17:20 x
ご親戚の方々との心温まる交流の後、さぞかし後ろ髪引かれる思いで
出発なさったのでしょうねー。東北地方を旅する際には、ワタシも是非、
行ってみようかと思いつつ読ませていただきました。ちなみにお蕎麦屋
さんですが、旅館からクルマではないと行けない距離ですか?

Commented by beijaflorspbr at 2008-04-13 21:42
★ロビンさん、こんばんは
東北には隠れた名湯が犇めいていることを証明するような温泉です。
知る人ぞ知るですが、最近は経営難に喘いでいます。
来山荘のお湯は、この近辺でも特に素晴らしいそうです。地元の人が
太鼓判を押すこの温泉を盛りたてて行って欲しいものです。
蕎麦屋は車でしか行けませんね。ついでに言えば、さくらんぼ東根駅~
旅館も車でしか行けません。少し離れた場所にあるのです。
Commented by cookery-world at 2008-04-13 22:31
やっぱり温泉は源泉かけ流しですね! 温泉も良くて、ごはんも美味しそう! 経営大変だそうですが、ぜひ頑張って続けていっていただきたいですね。 山形は一度しか行ったことがありませんが、機会があったら、ぜひ訪れてみたいなと思います。 マヨネーズ味噌良いですねえ。 研究して今度作り方を教えてくださいね~♪
Commented by beijaflorspbr at 2008-04-13 23:42
★cookeryさん、こんばんは、今日も某所に出かけておりました!(汗)
温泉とご飯はとっても大切ですね。癒しの必要アイテムです。
その点ではこの温泉は地味ですが、内容が充実しています。
機会があったら是非どうぞ!味噌マヨネーズ、今度やってみますね。
これご飯に合うのです。お料理上手なcookeryさんのこと、
すぐにマスターできますよね。ご馳走してください!って逆か!?(笑)
Commented by かしまし at 2008-04-14 00:17 x
ひなびたみちのくの温泉郷、最高です!
佐藤錦のなる頃にでも行ってみたいです。今度、東根温泉ツアーのコンダクターをしてくださいませんか?
東京駅集合で、あとは、先頭のハチドリさんの旗に従って着いていきます。きっと実現させましょうね!
「りんどう」のお部屋にお願いしますね(笑)
Commented by beijaflorspbr at 2008-04-16 08:16
★かしましさんへ
お返事が遅くなりすみません。相変わらずバタバタ飛び回る日々で、
物理的な時間不足でお返事を書けなくてごめんなさい。
はい、今度ぜひ行きましょうよ。スィートルーム(笑)のりんどうOKです。
の~んびりひたすらのんびりしようね~~♪ああ、今からワクワク!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 今日は手術記念日      東京での久々の邂逅 >>