ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 04月 01日

こんな歯科医院なら毎日でも…

最近歯のお掃除をしてもらっているハチドリ。外はこんな風景が広がる…
f0146587_0141425.jpg
口を大きく開けながらも目に飛び込んでくるのはこんな光景
f0146587_015976.jpg
これだったら歯が悪くなくても理由をつけて来たいよな~治療時間45分間、やっと解放されました!ああもう満開のようです。
f0146587_11252153.jpg
さ、駐車場に行きましょう。途中もこんなに桜で埋まっているのです。ここは桜の名所。
f0146587_0182282.jpg
桜の咲いているうちは歯が治りませんように!(笑)


by beijaflorspbr | 2008-04-01 00:19 | 日本 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://beijaflors.exblog.jp/tb/7766888
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by かしまし at 2008-04-01 02:39 x
私は地理感覚が疎いんです。芝桜の見事な家の角を左に曲がって…とか、こぶしの大きな木のある家のお隣…というふうに目印を花でしてしまい、案の定、花の咲かない時期に訪れては大失敗を繰り返す。
桜は例外ですね。満開の光景がしっかりと目の奥に記憶されて残ります。葉桜になっても夢のあとのようにさくら、ひらひら・・・と歌が出てきます。はちどりさんの歯医者さんのところの桜は比較的若木でしょうか。桜の寿命は長くても100年くらいだそうですね。老木はその曲がり具合が風情があり貫禄もありますが、若木も懸命に花を咲かせているのがけなげです。桜のおかげで歯医者さんへの足取りも軽くなるのがよくわかります。しばらくかしましくなかったかしましですが、やっと、復活できそう。気づけば5日間ほどひきこもりになっていました。当地では三分咲きだそうですが、車でも外出しなかったので、まだおめもじ叶わず。明日からの通勤の途上での出会いが楽しみです。こちらで堪能させてもらったのが、慰めになりました。
Commented by beijaflorspbr at 2008-04-01 07:26
★かしましさん、確かにこれらの桜は若木かもしれません。まだ40年や
そこらだと思いますが、万本桜で有名なのです。この時期はこの桜を
見るために、国道を歩く人がぐっと増えますもの…。
この同じ界隈にある総合病院(私の罹りつけ)にも、「観桜や飲食目的で
病院内に立ち入ることはご遠慮ください」の立て看板が掲げられました。
それほど有名な桜のスポットなんですね。

おとなしくなってしまったら「かしまし」さんじゃなくなっちゃうよ~。
どうしたのかとメールしてみようかと思っていた矢先でした。
出てきてくれてありがとうね。また新しい気持ちでお仕事頑張ってね!
いつも応援していますから。それにしても短いお休みだったわねえ~。
Commented by cookery-world at 2008-04-01 08:08
こんなにキレイな桜がみられる治療なら、ガマンできそうですね。 でも桜が終わる頃にはハチドリさんの治療も終わると良いですね~。 
Commented by beijaflorspbr at 2008-04-01 08:18
★cookery-worldさん、ほんとほんと。桜と治療が一緒に終わるといいな、
自分勝手ですが、歯医者は苦手。行くのも気が重いので、早く終わるに
越したことはないのですがね。とにかく餌を見せられるとその気になる
自分が少し情けないです(笑)
Commented by すずめ at 2008-04-01 20:02 x
万本桜だぁ~\(^0^)/
やっぱり綺麗ですねぇ~!!懐かしいなぁ~!!
桜は何度見ても、飽きない美しさがありますね♪♪ 私もこういう歯医者さんなら、頑張って通えます!!

今回、桜を堪能出来て、本当に良かったですね!今まで見れなかった分、楽しんで来てください。
色んな桜の風景を、楽しみにしてます☆
Commented by beijaflorspbr at 2008-04-02 13:01
★すずめちゃん、お返事遅くなってごめんね。
でしょう?懐かしいでしょ?今日は曇っているので、明日あたり
両親のお参りがてらお花見をしてこようかな、と思っています。
楽しみにしていてね~♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< サントリービール京都工場へ      春を求めて京の都へ(続き) >>