ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 10月 13日

ブラジルあるある(冷蔵庫の故障に思う)

5年前に冷蔵庫に関するこんな記事を書きました。僅か5年前の冷蔵庫なのに、ある日突然冷えなくなってしまいました。我が家にとっては比較的まだ新しいはずなのにモーターが作動しません。そこで、コンセントを抜いてしばらく様子をみました。
f0146587_22290200.jpg
中に入っていたものを整理し、残り2台の小型冷蔵庫へお引越し。階段の上り下りで筋肉痛にもなりました。日ごろの運動不足を猛省し、何でもかんでも詰め込んでいた自分を反省する機会になりました。「冷蔵庫ちゃん、よく壊れてくれたねえ!」すっきり片付いた冷蔵庫と冷凍庫を眺めては自己満足に浸っておりました。コンセントを抜いて、引き出しや付属品を全部外して大掃除、Brastempのサポートセンターの電話番号まで調べて、いつでも修理してもらえるように準備万端。トリオさんはその間、壊れた冷蔵庫の周りに布を敷き詰めて出てきた水分を絞って絞って…という作業を何十回も繰り返していました。私は見ていただけ…( ゚Д゚)1週間ほど「なんでこんなに水分が出るんだ?」などとブツブツ言いながらもトリオさんは黙って出続ける水分を絞り続けていました。そして、すっかり水分が抜けた頃、恐る恐るコンセントを入れてみました。すると、見事に冷蔵庫は復活し、元の冷え冷え状態に戻りました。電源を入れたまま丸2日様子を見て、特に異常がなかったので、少しずつまた食品のお引越しを始めています。「壊れた」⇒「即修理を依頼」と早まらなくて本当に良かったです。きっと内部モーターにびっしり氷が貼り付いていたのかもしれません。「ブラジルではね、自分で色々やってみてダメだったら最後に修理を頼むんだよ」と。な~るへそ。今でもブラジルでは霜取りをしなくてはいけない冷凍冷蔵庫が普通に売られています。日本に比べると、どれだけ遅れているの?と言いたくなるブラジルの電化製品。でも騙し騙し使っている我が家の電気製品たちは、洗濯機⇒20年、乾燥機⇒驚きの38年(*_*)下の冷蔵庫⇒30年、予備の冷蔵庫⇒25年と長年活躍してくれています。おまけに言えば、日本から持って来た炊飯器、トースター、鉄板、ドライヤーなどは何一つ壊れていません。PCは10年おきくらいに買い替えていますが、他のプリンターなども元気で動いてくれています。「物持ちがいい」なんて昔の人は言いましたが、やはり物は限界まで大切にしたいものです。因みに、電気代は家の規模から言っても7,000円前後と、そんなに高くはありません。先月の水道代は驚異の850円でした(笑)ブラジルにお住まいの皆さま、例え電化製品が故障をした場合でも、直ぐに修理を頼まないで自分で出来ることを試してみてください。もしかしたら、意外な解決方法が見つかるかもしれません。
f0146587_22293619.jpg
冷蔵庫が無事直ったお祝いに、調子に乗ってスーパーSanta Luziaでたくさん食品を買い込んできました。お肉売り場では散々迷った末、ハンバーグを買ってみました。鉄板に残り野菜やらウィンナーなど色々なものを雑多に乗っけて焼くと、あら不思議レストランで食べるようなお味で楽しめました。意外なことに、少食なトリオさんもこの日ばかりはガッツリ食べていました。良かった〜。
f0146587_22340564.jpg
これじゃあ「食べる量を減らせよ!」と言われちゃいますね。これは午後3時に食べたので、昼夜兼用とささやかな言い訳。我が家の冷蔵庫、バンザイ\(^o^)/

by beijaflorspbr | 2017-10-13 18:00 | サンパウロ生活情報 | Trackback
トラックバックURL : http://beijaflors.exblog.jp/tb/28215020
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 母娘国内旅行⑬夜のグラマードの街へ      「ブラジルを知る会」20周年!... >>