ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 07月 27日

赤ちゃんに癒されて・・・

日本日記の続きです。山形から東京へと移動し、お友達と待ち合わせて産まれて4日目のRちゃんの赤ちゃんに会いに行ってきました。無垢な赤ちゃんを抱っこさせて頂き、心から感動しました。Rちゃんは娘エルの幼馴染で哺乳瓶を離さなかった頃から知っているので感無量でした。「エルちゃん、日本まで赤ちゃん見に来ないかなーー」と言っていましたが、今はなかなか仕事場から抜け出せないようで…(-_-;)代わりに私がたくさん抱っこさせて頂きました。本当に可愛かったな~♪
f0146587_21100451.jpg
Rちゃんが入院している産院から、車で新宿方面へ連れて行って頂きました。凄い雨の一日で大変助かりました。
f0146587_21134902.jpg
お友達と二人で、小田急百貨店の「さがみ」という日本料理屋さんでランチを頂くことにしました。
f0146587_21160640.jpg
季節の松花堂「水無月」先ずは先付け2膳から・・・
f0146587_21154360.jpg
新鮮なお刺身
f0146587_21184714.jpg
お腹に優しく美味しいお料理を堪能させて頂きました。因みに左奥は枝豆入りさつま揚げだったのですが、湯葉に替えてもらいました。
f0146587_21193076.jpg
お食事も美味しく頂いたうえ・・・
f0146587_21202089.jpg
デザートはさっぱりシャーベットで〆、色々なお話も出来て、とても良い時間を過ごさせて頂きました。
f0146587_21210085.jpg
お友達にお礼を言って、ビニール傘をお借りして、新宿駅から真っ直ぐ東京駅に向かいました。東京駅の八重洲口新幹線乗り場付近に行くと、大雨の影響で新幹線が運航をストップしていた影響で、指定券の変更を求める長蛇の列があちこちに…。並んでも埒が明かないとさっさとホームに昇り、「ひかり521号」の自由席の行列に並びました。この時点でかなりの遅れが出ており、この列から脱落して向かいホームの「のぞみ」に飛び乗った人も多くいました。雨はやむどころかどんどん酷くなるばかり。この時点で嫌な予感はしたのですが…。
f0146587_21220291.jpg
漸く20分ほど遅れて東京駅を出発しました。2号車通路側に座席を確保。しばらくウッツラウッツラしていると・・・・途中乗り継ぎが間に合わない方のために、何度も放送が流れました。京都駅で長い停車の後、漸く(というかしぶしぶ?)発車したものの、
f0146587_21252420.jpg
新大阪近くの高槻付近までやってきた途端、いきなり新幹線がストップそして停電・・・この停電は断続的に4回もありました。
f0146587_21261408.jpg
後のお話はコチラに書いた通りです。皆イライラしているせいか、こんな非常識なことをする人もいて、もっとイライラしちゃった(笑)
f0146587_21281851.jpg
新大阪から出発した上り救援新幹線とを渡すための梯子の準備が始まった時、一生懸命写真を撮っていたら、ドアを閉められてしまいました(*_*;若い車掌さん、マニュアルと首っ引きでした。こんなことはこの先もずっとないことを祈るばかりです。
f0146587_21294375.jpg
結局あの日に勢いで書いたように、午後8時少し前に新大阪駅に到着する予定だった新幹線「ひかり521号」は、午前1時半に新大阪駅に到着しました。新大阪駅から大阪駅そして待機していた大阪環状線に乗り換えて終点の天王寺まで行きました。なかなか捕まらないタクシーを漸く捕まえ、自宅に戻ったのは午前3時20分。思いがけず今まで経験したことのない困難な長旅となってしまいました。人生には色々なことがあるんだなあ~死ぬまで油断は出来ません(笑)今思えば、良い経験になりました。確かに天候不順のせいとはいえ、その時に出来る最善の方法で乗客を誘導しようとしたJR職員さんたちの働きは立派だったと思いますし、大きな混乱もなく指示に従った乗客も立派でした。文句は言っても「しょうがないじゃん」と自然に任せる柔軟性も私たちが生きていくうえで大切なことなのだなあ~と思いました。良い経験をさせてもらった一日、自分にお疲れさま。。。


by beijaflorspbr | 2017-07-27 21:05 | 友達 | Trackback
トラックバックURL : http://beijaflors.exblog.jp/tb/28005535
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 久々の三重県・鈴鹿市へ・・・①...      サンパウロで上手に暮らすために... >>