ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 03月 01日

ブラジルの食材を生かす

何でも大きいブラジルの野菜。きっと土壌が良いのか、大きくして売った方が儲かるからか、最初にブラジルに来た時は随分戸惑いました。このカボチャの他、白菜・キャベツ・キュウリ・インゲン・ナス・パプリカ・えんどう豆に至るまで、ビックリするほど大きいので、買い方や使い方を間違えると、使い切れないうちに捨ててしまうことになってしまいます。最近我が家は、切り売りしたものを買うようにしているので、余らすことはほぼ無くなりました。オレンジ色の大きなカボチャは、水分を含んでいるために、製菓用に使われることが多く、右側の日本式のカボチャは、煮つけにしても美味しいです。
f0146587_21565456.jpg
(いつもより甘めに煮付けてみました)
f0146587_22021282.jpg
キュウリは酢の物やサラダ、漬物など幅広く活躍してくれる野菜です。キュウリの上にある見慣れない野菜はシュシュというウリ科の野菜です。皮を剥いて軽く茹でてサラダにしたり、粕漬などのお漬物にする方もいます。
f0146587_21571410.jpg
(キュウリに日本から大切に持ち帰った鳴門わかめ&チリメンジャコの酢の物)
f0146587_22022992.jpg
またこちらの方がとても好む魚に、干した鱈があります。これは塩を2晩くらいかかってゆっくり抜き、茹でて調理します。そのまま野菜とオーブンで焼いたり、コロッケなども美味しいのですよ。
f0146587_21575132.jpg
(たまーに食べたくなると、トリオさんが腕を奮ってくれるバカリャウ・アオ・フォルノ)
f0146587_22032831.jpg
メルカドン(サンパウロ市立市場)で必ず買うのが、オリーブの実の塩漬け。これらは、梅干しのようにこちらの人にとっては大切なソウルフードのようです。私にはひたすらしょっぱいんですが…。
f0146587_21582000.jpg
日々日に涼しくなってきているので、そろそろメルカドンに食材の仕入れに行ってこようかしら?我が家付近からは、直接バス1本で行けるので、あとは行動力だけかな。


by beijaflorspbr | 2017-03-01 22:23 | サンパウロ生活情報 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://beijaflors.exblog.jp/tb/27602591
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by みかづき at 2017-03-04 15:10 x
カーニバルで盛り上がるブラジルですが、依然として強盗事件は解決しないようで恐ろしいことです。「影の組織」というのが本当なら、早くその元を絶ってほしいものです。該当の旅行代理店は、遠い昔私がお世話になったところです。
当時は警備員の姿は見ませんでしたし、お客さんも少なかったと記憶しています。今より平和だったのでしょうか。

先ほど「料理研究家の堀江泰子さん死去」のニュースが・・・ハチドリさんきっとショックを受けているだろうとお察しいたします。「今日の料理」は自分の母親も懐かしく思い出します。
Commented by beijaflorspbr at 2017-03-05 07:06
★みかづきさん、こんにちは
コメントをありがとうございます。
サンパウロも社会情勢や経済の悪化と共に、凶悪犯罪が増えてきているようです。
旅行代理店での両替後の強盗事件は、ある意味特殊犯罪のように思われます。
みかづきさんも出入りされておられたように、両替と言えば●旅行社と代名詞のように
思われていましたものね。何件も同様の事件が起こっているのに、まだ両替に行く方がいるのは残念でなりません。

堀江泰子先生ご逝去の件は、昨日の午前中にお知らせ頂きました。
先ほど、泣きながら追悼記事を書き終えました。今は先生に対する感謝しかありません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< リオのカーニバル、優勝はPor...      リオデジャネイロのスペシャルチ... >>