2017年 01月 15日

JALサンパウロ線直行便の再開を願って・・・④最後

JALサンパウロ線の想い出 激動の世界情勢、そしてJAL破たん~サンパウロ線運休までの流れ
f0146587_22024481.jpg
1989年、出入国改正法により、日系三世とその家族は合法的に日本で仕事が出来るようになりました。日本の労働力不足を補うために、たくさんの日系ブラジル人の方々が、海を渡られました。この頃からだったでしょうか。JALの直行便の予約が満席のため、なかなか取れなくなったのは。当時週3便をジャンボ機で飛ばしていたのにも関わらず、毎便満席で飛び立っていました。9.11事件前は、ブラジル人はパスポート番号を事前登録することで、米国のビザが要らないという特別措置が取られていました。ところが、あの2001年9月の同時多発テロ事件以降、ブラジル人にも米国ビザ取得が義務付けられると同時に、ハードルが高くなり、次第に米国ビザ取得が困難なブラジル人は、JALの米国経由を敬遠するようになってきました。その頃から、欧州経由、カナダ経由、中東経由にどんどん日系人が回ってしまい、一時不思議なほど空席が目立っていた時期もありました。2002年にはSARS(重症急性呼吸器症候群)の大流行、2003年イラク戦争勃発2008年には、世界中を揺るがしたリーマンショックで、出稼ぎの方々の大挙引き揚げという最大の逆風が吹き荒れました。中には、日本政府の資金援助で帰国する人たちも大勢いて、その頃のサンパウロ行き待合室の暗い雰囲気は今でもはっきり思い出すことが出来ます。2009年メキシコで新型インフルエンザの大流行もあり、航空機を使って移動すること自体が不安になるような激動の世界規模の事件が次々に勃発する度に、搭乗客が増えたり減ったりして不安定な時期もありました。そうこうしているうちに、母体の日本航空が2010年1月には会社更生法の適応を申請し、破たんに追い込まれました。JAL再生に向けて、金融機関による債権放棄、支援機構からの公的資金注入、採算の悪い大型機の売却、大幅なリストラに加え、不採算路線の切り捨ての中に、私たちが最も必要としていたサンパウロ線が含まれていました。その時の落胆ぶりはこちらに書かせて頂いております。この発表があった時、自分たちも一緒に切り捨てられているような気がして、何とも悲しくて無性に寂しかったことを覚えています。私たち、サンパウロ在住者はいったいどうしたら良いんだろう?途方に暮れました。私たちは黙って手をこまねいていたわけではありません。日系機関が多くの署名運動をしたり、色々な方面で働きかけましたが、現在に至るまで再開には至っておりません。長年当たり前のような存在だったJALの直行便が無くなってからは、良い機会だとあちこち経由して冒険してみました。
※コースをクリックして頂くと、それぞれの搭乗記にリンクできます!

こうして放浪を続けた結果、元の鞘のJAL・ワンワールドを繋ぐルートに返り咲きました。
〇サンパウロ~ニューヨーク(AA)~成田~伊丹(JAL)
〇サンパウロ~ロスアンゼルス(AA)~関西(JAL)

でも…なんか違う。いつもいつも感じる違和感は、昔の利便性にすっかり慣れきってしまったからかもしれませんし、長年親しんだJALとは何故か微妙な違和感を感じ続けてきました。JALの直行便時代の利点を挙げたらきりがありませんが
①荷物は最終目的地までスルー(※現在は違いますよ!)
②ずっと同じ飛行機に乗ることが出来る安心感
③地上・機内全てのスタッフがとても親切
④いざという時の対応に優れている点
⑤JLGCMとしてのステータスが使える
⑥マイルが良く貯まる
等々利点を挙げたらきりがありませんが、今も世界の航空ランキングの上位に挙げられるようなJALは、私たちにとってもどこまでも信頼できる翼に違いありません。
f0146587_22025053.jpg
(グァルーリョス国際空港に到着したばかりのJALのジャンボ機、これが最後の雄姿です)

こういった点から、出来れば再びJALの「鶴丸」の雄姿を、サンパウロ・グァルーリョス空港で観られたら、いつ死んでもいいかな?と思っています。そのうちに、このブログ内で声掛けがありました署名のためのウェブサイトを立ち上げるかもしれませんが、その際には是非ご協力をお願いいたします。サンパウロにお住いの方、そして周辺の都市や他の南米各国にお住いの方、日ー伯間のご出張の多い方、どうか署名にご協力をお願いいたします。長々と独り言ばかりで申し訳ございません。今更ですが、JALサンパウロ線の復活を強く願いつつ、長い長い独り言を終わらせて頂きます。

ずっとこうしたことを書いているうちに、風邪も良くなりつつあり、来週辺りからは外出も出来そうです。暗いトンネルから漸く抜け出せたような良い気分ですが、まだ咳が続いていますので、当分用心をしながら静かに暮らしたいと思っています。お読みいただき(お読みいただいていないかも!?)ありがとうございました。


by beijaflorspbr | 2017-01-15 22:08 | 飛行機 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://beijaflors.exblog.jp/tb/27446446
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by まおぽん at 2017-01-21 02:10 x
JALはニューヨーク線が羽田に移行しますねやはり5、6でしたANAが午前便だったのでそれに合わせたのかもしれませんハチドリさんの3、4は777で3クラス制になりますしJFK発も遅くなりますよ。
Commented by beijaflorspbr at 2017-01-21 02:36
★まおぽんさん、コメントをありがとうございます。
ニュース見ました。
羽田は確かに乗り継ぎに便利ですが、ニューヨークから先の
トランジットが却って不便になってしまうかもしれませんね。
3,4便だと、成田でもこれまでより1時間遅い時間になるのでしょうか?
何だかまだ正確に把握できておりません。
また教えてくださいませ。

個人的には、787より777が好みです。
Commented by Nakka at 2017-01-28 21:56 x
初めてコメントさせていただきます。
ずっとブログを読ませていただいていて、私もJALのサンパウロ線再開を待ち望んでいます。
JL3, 4便が再開した時は将来サンパウロ線再開を見越しているのかなと思ったのですが、
今回の改定で機材が777に変更になったことで、現状サンパウロに飛ぶ可能性があるとしたら、ダラス経由での復活でしょうか。
署名運動をされる時は、私もぜひ協力させていただきます。
Commented by beijaflorspbr at 2017-01-29 21:59
★Nakkaさま、はじめまして!
コメントを頂きありがとうございます。とても励みになります。
仰る通り、3,4便は従来でしたら787でしたものね、今回の改定で777になるとすれば
残っている路線は、ダラスでしょうか。メキシコは既にANAが直行便を飛ばしているので、
あり得ませんからね。私も同じことを考えていました。
現状ではダラス経由は、トランジットが長くてちょっと大変ですが、
もしサンパウロと直行で結んでくれたら待ち時間が短縮されるのでしょうか。
待ち遠しいですが、期待しないで待つことにいたしましょうね。
署名運動がもし開始されたらご協力をお願いいたします。
今後ともハチドリブログを宜しくお願い申し上げます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 大好きなH叔父さん、さようなら      JALサンパウロ線直行便の再開... >>