ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 09月 30日

Sさんと久々のランチ

あるレストランを経営しているお友達のSさんと、何年振りかに二人きりで一緒に食事をしました。昔は良く一緒に食事を共にして、色々なことを話し合ったものでしたが、彼女の方が次第に忙しくなって時間が取れなくなってきました。Sさんとのお付き合いはかれこれ20年にもなりますが、美人で華やかな反面、大変ナイーブな面も持ち合わせた魅力的な人です。お互いの家族のことも含め、本音を包み隠さず話せる数少ない友達は貴重な存在。後の用事に備えて、パウリスタのトップセンターで待ち合わせをしました。最近のサンパウロは好天気で、ちょっと埃っぽいことを除けば気持ちの良い日々が続いています。湿気もほとんどありません。
f0146587_09495261.jpg
和食の「圭」さんに入りました。
f0146587_09522839.jpg
「喉乾いたよね~!」暗黙の了解(笑)でこれをぐびっ・・・
f0146587_09565085.jpg
顔の広いSさんのお蔭で、知り合いの方からお刺身の差し入れを頂きました。美味しい~♪
f0146587_09580397.jpg
二人とも「冷やし中華定食」をお願いしました。ボリューム満点!!
f0146587_10000184.jpg
とても丁寧に作られている冷やし中華、トッピングも豪華、麺もコシがあって美味しく頂きました。
f0146587_10011420.jpg
場をマックカフェに移してお喋り継続。お互いに話したいことが溜まっていたので、話が尽きることがありません。いいな~こんな時間も。ありがとうSさん、これからも末永く宜しくね~♪(^◇^)♪


by beijaflorspbr | 2016-09-30 20:00 | サンパウロのレストラン | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://beijaflors.exblog.jp/tb/26157064
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ぴっち at 2016-10-01 17:03 x
またまたお邪魔します!
トップセンターですか~なつかしい。
30年前…正確にはもう35年になりますが…トップセンターのちょうど真裏のアパートに
住んでいたんですよ。当時から気軽に行けて、ちょっとお洒落な店もあったので、
よくぶらぶらと出かけていました。

いいお友達は、本当に有難い存在ですね。ずっといい交友をお続けくださいね。

前回のレポートの話にも、ハチドリさんの面目躍如の一面を感じました。
あの頃「ブラジルを知る会」があれば、私もきっと仲間に入れていただいたでしょう。
南研子さんのお話もじかに伺えて、大いに刺激されたことでしょうね。
あの頃、お名前は忘れましたが、本も出しておられた方からブラジルの先住民族の話や
植物の話を聞いたことがあります。
もっと、いろいろ勉強しておけばよかったと思いますが、短期の駐在生活では馴れた頃には、
帰国となり残念無念…まだ日本に帰りたくないな~と、イビラプエーラの並木道を車で走った日が、
鮮明に思い出されます。
その後、ご縁があって、二度ほど訪問できたことで満足しなくてはなりませんね。
という訳で、これからもサンパウロの暮らしを楽しみに覗かせていただきますね。
Commented by beijaflorspbr at 2016-10-01 23:15
★ぴっちさん、こんにちは!
いつも温かいコメントに感謝いたします。
トップセンターの裏の道は、Sao Carlos do Pinhalですね。
昔からあの通りには、駐在員のご家族の方がたくさん住んでおられましたね。
今はParaiso地区に纏まってお住いのようです。
トップセンターも大きく変わりましたよ。
2階に飲食店がたくさんあるので、いつも人で賑わっています。
サンパウロに来られる機会があるようでしたら、是非「圭」さんに行ってみてくださいね。

ありがとうございます。
久しぶりに頭が痛くなるほど(笑)本を読みました。
ずっと昔に効いた義両親の苦労話や、他の移民の方から聞いたお話を思い出し、
笑顔で語られた陰で、どれほどのご苦労があったのだろうということに思いを馳せていました。
「ブラジルを知る会」の皆さんは、大変勉強熱心で感心します。
拙い私のお話を一生懸命聞いてくださいました。
有難いことです。
これからも出来るだけ地域情報に力を入れてまいりますので、
どうぞ宜しくお願いいたします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< バカリャウ・カゼイロ      久しぶりに頭を使った日々… >>