ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 02月 01日

2015年秋・友旅後半三日目@東京へ…。

記事がサンパウロと日本を行ったり来たりして、読みにくくてすみません。また昨年11月の日本日記に戻ります。この日はレールパス使用3日目、早朝の出発でした。この日は東京・成城の料理研究家である堀江泰子先生宅へ向かう日でした。以前は、直接泰子先生と連絡を取って訪問日をお約束していましたが、先生ご夫妻もご高齢になられて、電話を取って頂くのも申し訳ないからと遠慮していました。今はお嬢さんの堀江ひろ子先生と直接やり取りをして訪問するようにしています。ひろ子さんから指定された日にお伺いすることにしましたが「出来れば午前中のなるべく早い時間に来られる?」と言われ、7時には新幹線に乗っていた、と言う訳です。品川で降りて、渋谷から私鉄で成城に向かいました。
f0146587_21481086.jpg
ひろ子さんに最寄り駅まで迎えに来て頂き、向かった先はひろ子さんのご自宅でした。待っていてくださったのはこの方、今ではかなりテレビなどにも出られるようになった、ご主人さまの素直さんです。「ハチドリちゃんに僕の打ち立ての蕎麦を食べさせたくて…折角だから打つところも見て行って」と材料を全て整えてスタンバイしていてくださいました。素直さんご夫妻には、私が大学生時代、泰子先生宅に下宿している時、随分可愛がって頂きました。大銀座祭という大きなお祭りで、私がバトンのパレードに出場した時も、一家総出で観に来て応援してくださいましたし、紅白歌合戦のオープニングに出た時も、しっかり見守ってくださいました。
f0146587_21564958.jpg
40年に渡り、まるで家族の一員のように可愛がってくださった堀江家の皆さまには感謝の気持ちしかありません。手慣れた様子でどんどん蕎麦を作って行きますが、ちゃんとひとつひとつの工程に意味があるんだよ・・・とやっぱり先生だねぇ。。。なんて突っ込みを入れながら有難く見学させて頂きます。これは信州の新蕎麦粉だそうです。まず水を少しずつ入れて小まめに混ぜて少しずつまとめていきます。
f0146587_22051127.jpg
「面白いくらい綺麗にまとまっていくから見ていてご覧なさい」とひろ子さん。「あ!本当だ、プロみたい!!!」と私。いや本当にプロのような手際の良さにビックリ!!
f0146587_22075617.jpg
キレイにかっこ良くまとめました!この纏め方は「菊練り」と言うそうです。
f0146587_22084587.jpg
ビニール袋に入れて生地を休ませます。「あ!まるで鏡餅」と言うと「そうだねえ、もうすぐお正月だね」という話になり、毎年の恒例行事のお餅つきの話になりました。お餅付きの日の堀江家は、早朝からたくさんの人が集まり、まるでお祭り騒ぎ~♪懐かしいなあ。。。
f0146587_22121687.jpg
ひろ子さんが、お庭から明日葉を摘んできました。「後で天ぷらにしよう」と。素直さんが「ウチはね、何でも自給自足なんだよ」と笑っていました。素直さんは、孫の食育のために庭で色々な植物や野菜を育てておられます。
f0146587_22151445.jpg
次は蕎麦生地を広げる作業です。「おお、道具もプロ並みなのね」と言うと、「そうなの、僕ね形から入るんだ」と。何と素直さんの蕎麦打ちの先生は、メガネ屋さんのご主人だそうです。趣味が高じてどんどんエスカレートして…と。蕎麦打ちは家族が皆幸せになれるから良い趣味だと思います。
f0146587_22175894.jpg
さて、いよいよ最終段階です。打ち粉を打って・・・
f0146587_22191841.jpg
丁寧に広げて行きましょう。
f0146587_22202526.jpg
f0146587_22220469.jpg
広げては巻き、広げては巻きして四角にするそうです。
f0146587_22232769.jpg
綺麗に四角になってきました。「おお!すごい」何度も歓声を挙げてしまう私。。。
f0146587_22244309.jpg
「これぐらいで良いかな?」「ううむ・・・素晴らしいわ」
f0146587_22254737.jpg
打ち粉を打ちながら丁寧に畳みます。
f0146587_22270433.jpg
丁寧に慎重に蕎麦を切り始めました。何かここまで見せて頂いてとても感動しました。
f0146587_22280479.jpg
「あっ、ちょっと太いかな?細かった?切るの苦手なんだ・・・時間がかかってねえ。」などなど結構賑やか・・・(笑)少しグリーンがかった綺麗な色のお蕎麦です。
f0146587_22292155.jpg
蕎麦を打ち始めて約2時間後くらいにお蕎麦が完成しました。見事な仕上がりです!
f0146587_22310962.jpg
丁寧に保存して、本家(堀江泰子先生宅)へ車で移動。乗せてくださったのは、ご長男の正純さんです。「ハチドリちゃん、元気にしてた?」皆久しぶりの再会なのに、いつも会っているような不思議な感じ。皆で賑やかに蕎麦パーティーです。続きます。


by beijaflorspbr | 2016-02-01 22:34 | 日本国内旅行 | Trackback
トラックバックURL : http://beijaflors.exblog.jp/tb/24919275
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 2015年秋・友旅後半三日目...      Matsubara Hotel... >>