ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 06月 14日

6月12日(木)

お友達のK子さんとは大学時代からのお付き合いなので、かれこれ4?年になります。共にバトントワリングに夢中になっていた仲間です。ご一家揃ってサッカー通なので、過去何度もワールドカップに行ったベテランでもあります。今回もブラジルワールドカップが決まった段階で、自宅での宿泊予約(笑)を受けていました。事前に一生懸命お買い物をしたり隅々までお掃除やスケジュール表を作成して、K子さんご夫妻のご来伯を心待ちにしていましたが、やっとその日がやってきました。6月12日朝の便で到着されたご夫妻、予めお願いしていた日系運転手さんにグァルーリョス空港から我が家まで連れてきてもらいました。尚、この運転手さんには、このワールドカップ期間中のお客さまの送迎全てお世話になることになっています。こうした日本語の話せる運転手さんの存在は本当に有難い限り。この日はブラジルの試合だったため、サンパウロ市内は休日。イミグレーションの外国人の列は、気が遠くなりそうなほど長かったそうですが、何と密かに呼ばれて最優先で通してもらったとのこと。高齢者もたまには良いことがあるものですね、呼ばれたご主人さまはちょっとショックを受けていましたが(ーー;)。朝からもうバタバタしていて、昼食の支度もままならず、気もそぞろだったものの何とか食事の支度が完成、賑やかに7人で午餐を愉しみました(というほど品数がないけど!)五目おこわはおかずが足りない時の強い味方~♪
f0146587_21474592.jpg
イカのお刺身とキンピラごぼう&キュウリとワカメの酢の物。
f0146587_21482242.jpg
これにキュウリの糠漬けとイカゲソのオリーブオイル和え等など…。シンプルでしたが、皆でビールをグビグビ呑んで楽しいお食事会でした。長く我が家で切らしていた塩蔵わかめをK子さんがたくさん持って来てくださったので、早速使ってお出ししました。喜んで頂いて本当に良かった。疲れている時は和食に限ります。日本からのお土産もたくさん頂きました。代表選手は虎屋の羊羹、こりゃ嬉しかったなあ。。。乾物の干し海老、貝柱、麦茶に新茶、緑茶も頂きました。ありがとうございます!
f0146587_21513153.jpg
お客様がお部屋に引き揚げ、若い人たちはバールで皆と一緒に応援するんだと言って出掛けた後はしーんと鎮まりかえった我が家。午後3時半からいよいよワールドカップブラジル大会の開会セレモニーが始まりました。上の客室はすごく静か。あらら。。。時差でぐっすりお休みなのね。
f0146587_21534150.jpg
おお!カカが息子を抱いて選手に挨拶に来ました。選手が皆駆け寄ってカカにご挨拶。
f0146587_21564041.jpg
ブラジルの期待の星はこの人、ネイマールジュニア、若干22歳で初ワールドカップ、ピッチでの練習の間中こんな緊張した顔をしていました。
f0146587_21580209.jpg
漸く出来た通称イタケロン、サンパウロ市の、コリンチャンスFCの誇りです。正式名はArena Corinthiansですが、FIFAではArena Sao Pauloと呼ぶそうですね。W杯用の仮設スタンドも何とか間に合ったようです。回りの芝生も綺麗じゃあないですか!悪口を言いたい人には言わせておきましょ~♪だってここはブラジルなんですもの。
f0146587_21594514.jpg
TV Globo局のレポーターはいつもの3人に加えてワールドカップに輝かしい記録を残したRonaldoが加わりました。試合中の選手の心理状態などについて詳しくコメントしてくれました。さすが、ですね。
f0146587_22010300.jpg
いよいよ選手が入場してきました。あー胸がドキドキ。。。
f0146587_22235595.jpg
ブラジル国歌斉唱、長い国歌はいつも途中でちょん切られますが、選手も観衆も最後まで歌い切りました!
f0146587_22260748.jpg
試合当日の模様はこちらをご覧ください。

試合が始まって少ししたら、お客さまが起きて来られました。3人で一緒にかぶりつきで応援。西村主審のペナルティー判定には色々な批判が集まっているようですが、何はともあれ無事に初戦を3-1で勝ち抜いたので、大満足。その後頂いた夕飯が殊の外美味しかったことは言うまでもないことです。夜遅くまで花火が鳴り響きました。




by beijaflorspbr | 2014-06-14 22:35 | おうちごはん | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://beijaflors.exblog.jp/tb/22302567
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 築地市場 at 2014-06-14 23:38 x
ワールド杯観戦ベテランの友人が来伯ですか?何とも羨ましい。マスコミは事実の一部しか切り取らないので、事件性が際立ちますね。渡伯経験のある私でも、今回はびびっています。ビジネスクラス利用で、ブラジル大会中滞在する日本人サポーターがテレビで取り上げられていましたが、総額で300万を越えるとか。どんな旅になるのでしょう?日本サッカー史のレジェンド賀川浩さんが恒例のワールド杯の旅を、またニューズウィークの森田浩之さんが滞在日記を、それぞれブログにアップしてくれるので楽しみが増えました。最後になりますが、スペインの大敗にはビックリです。
Commented by tohoiwanya at 2014-06-16 12:15
虎屋の羊羹、この写真と同じ、いろんな味の一口サイズが
アソートされたやつ、私もよく海外出張のお土産に持っていきます。
「虎屋の羊羹って、お土産の定番だけど、果たして喜ばれてるのかなぁ?」と
内心やや疑問だったけど、少なくとも日本人社員には喜ばれてる可能性が
高そうで、少しホッとしました。

しかし日本の初戦は残念でした。
日本での放送時間もバッチリ(日曜の朝10時から)だったのに。
しかしウダウダ言っても仕方ない。次のギリシャ戦に期待しましょう。
Commented by beijaflorspbr at 2014-06-17 11:37
★築地市場さん、お返事が遅くなりすみません。
仰る通り、マスコミの報道は怖がらせるリポートが多く、皆引いてしまいますよね。私の息子すら「治安はどうなの?」なんて心配して電話してきましたもの。「前と全然変わらないよ」というと「そう、良かった」と安心していました。サンパウロはワールドカップ中も落ち着いています。元々仕事人間の多い街ですので、忙しい人はたくさんいるようです。

また賀川浩さんや森田浩之さんの記事をゆっくり読ませて頂くのを楽しみにしています。いつも情報ありがとうございます。
Commented by beijaflorspbr at 2014-06-17 11:43
★イ課長さん、ご無沙汰しております。
時々記事を読ませて頂いてはいるのですが、読み逃げですみません。

そうなんです、虎屋って日本に居る時はちょっとお高いので、手が出ないのですが、こうしてお土産として包装紙に包まれた状態で頂くと、本当に有難くてまずは神棚に飾って手を合わせてから…なんて思ってしまいます(笑)間違いなく喜ばれると思います。カステラ、お饅頭、お煎餅など日本のものは何でも美味しいです~♪

はい、初戦を落としてしまったのは痛かったですね。我が家にいらっしゃるお友達も、こちらにお帰りになっても疲れが取れない様子でした。勝っていれば、または引き分けでも精神的には随分違っていたことと思い、残念でなりません。明日はブラジル戦、19日はいよいよ日本がギリシャと闘う日ですね。あードキドキ、、、。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< Guarulhos空港にて      いよいよワールドカップが始まり... >>