ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 02月 08日

2013年秋友旅 東京のお友達宅での癒し時間

この日は早朝に大阪を発って名古屋に寄り、そこから東京へという計画を立てていました。東京に着いたのは午後6時過ぎになってしまいました。お友達宅へ向かう時、近年良く遭遇する人身事故の影響で電車が長時間停まっていたようでした。それを心配したお友達が、わざわざ急行の停まる駅まで車で迎えに来てくださいました。お宅に着くと良い匂いが漂っていました。幸せ~♪じっくり煮込んだおでんです。
f0146587_22470187.jpg
キンキンに冷えたビールも~♪うまいーーー!(^^)!
f0146587_22560300.jpg
ビールにおでん、最高でした!
f0146587_22581135.jpg
サイドも充実、カボチャの煮付けはお嬢さんの力作です。
f0146587_22590287.jpg
Oさんとの幸せ時間に心から感謝!その夜はぐっすり暖かいお布団にくるまってぐっすり休ませて頂きました。翌朝、気持ちよく目覚め、美味しくてバリエーションに富んだ朝食をお腹いっぱい頂き、お礼を言ってOさん宅を出発しました。或る案件が突然キャンセルとなり、とても落ち込んでいた私の気持ちを和らげ、励まし続けてくださったお友達の存在がこれほど有難く思ったことはありませんでした。仕事が順調な時は分からないこともたくさんありますが、躓いて初めて分かることが人生には多いのだな、と思いました。こんなことに負けずに頑張って前を向き続けなければいけないと思ったのもお友達のお言葉のお蔭。本当に有難い時間でした。お友達宅を元気に出発して、御徒町の職人さんのところへ行きました。今回初めてお願いした職人さん、仕事は完璧で経験もあり腕も良く、色々助けて頂きました。新たに勉強になったこともたくさんあり、これからもお世話になるこの方とのご縁を大切にして行きたいと思いました。今回の仕事はこれで終わり。次回はまた半年後!?御徒町を出発し、東京駅に向かった時は、ちょうどお昼ごはん時。折角なので何か食べて行こうと入ったのは、東京駅大丸の食堂街にある「新宿つな八」仕事納めだったので、ちょっと豪華にいくかな?と思ったものの、口から出たのは一番安い「お昼の天ぷら定食」(笑)
f0146587_23094116.jpg
カウンター席しか空いていなくて、座ったものの職人さんの真ん前。すると、お隣に座った仕事のできそうな一人の女性がイライラしながらスマフォをいじっていました。時折顔を上げるものの、誰かを睨みつけています。あらら・・・どうしちゃったんだろうと様子を見ていると、どうも自分より後に注文した人の方が先に出てしまったようで、突然「もう結構ですっ!!」と席を蹴って出て行ってしまいました。仲居さんの手にはその女性に出すはずだった天ぷら定食が…。ああ、こんなこともあるんだなあ、もうちょっと我慢できなかったのだろうか?そして自分がそうした醜態を晒してはいけないのだ、と反面教師としてのその女性をただただ見つめていました。
f0146587_23141036.jpg
ベテラン職人さんの揚げた天ぷらは本当に美味しく、感動しました。あ~あ、もうちょっと我慢したら良かったのに。。。なんて思いました。その女性は二度とこの店には来ないんだろうなあ、とちょっと気の毒に思いました。揚げたての天ぷらを直ぐに出していただけるカウンターもなかなか良いな~と思いました。食べ終わった後、揚げてくださった職人さんに、「ありがとうございました、とても美味しく頂きました!」とお礼を言うと、満面の笑みを浮かべて「ありがとうございます、またお越しくださいね!」まあ何とも気持ちの良いこと…。日本のサービスってすごいなあ、と感心したつな八さんでの時間でした。自分にもお疲れさま!ちょうど来た新幹線の自由席で大阪に帰りました。これで友旅も終わりです。長い記事を読んで頂けてありがとうございました。


by beijaflorspbr | 2014-02-08 23:18 | 日本国内旅行 | Trackback
トラックバックURL : http://beijaflors.exblog.jp/tb/21395935
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 2013年冬、娘と誕生日ランチ...      2013年秋友旅@熱田神宮を散策 >>