ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 01月 22日

JardinsのDo(道)で鮨ランチ

コメント欄に「今は日本ですね、楽しんでください」と書いてくださった方がいらっしゃいましたが、私は今ブラジル・サンパウロにいます。ずっと日本の記事を混ぜ込んでいますので、ややこしいことこの上ないですねえ、すみません。もうしばらくは、ここサンパウロで老夫婦二人でのんびりゆっくり暮らします。最近、また趣味の!?航空券価格のリサーチを始めたものの、何故か私が帰ろうかな?と思っている日にちの値段が急上昇、やはりW杯の影響で需要が高まっているせいか、高い高い。。。ちょっと前には1200ドルくらいだったものが、既に2000ドルを軽く超えています。何故なのでしょう?航空券の仕組みは複雑すぎて分かりません。さて、年末に行ったサンパウロのお鮨屋さんの記事が抜けていました。この日は、3か月間続いた「ブラジルを知る会」の期を越えた『縦勉強会(通称:タテベン)』が無事終了した打ち上げ忘年会で集まりました。Jardinsのスーパー、Santa Luzia(サンタルズィア)の横の通り、Padre Joao Manoelにある寿司屋「Do(道)」
f0146587_18243558.jpg
縦に長細い土地を上手に使ってテーブルを配置してあります。とても清潔で綺麗なお店。
f0146587_18293383.jpg
メニューはとてもシンプルで分かりやすいので、選ぶのも簡単でした。ランチメニューが今時R$35,00という良心的価格、但しお茶は1杯R$3,00と有料でその上にサービス料が加わります。まずキュウリの酢の物と、お味噌汁が陶器の器で出されました。
f0146587_18320740.jpg
私は1の中から餃子を選びました。大きい!(@_@;)
f0146587_18331439.jpg
お友達は、サーモンのサラダを。
f0146587_18351269.jpg
2からお鮨をお願いすると…このボリューム、ちょうど良い量でした。酢飯が残念ながら甘くて、食事の後、日本語の分かる職人さんに伝えました。
f0146587_18371560.jpg
お友達のコンビナードの鮨刺身セットもなかなか充実していました。
f0146587_18375902.jpg
このお店から、Mさんのお宅に移動をしてティータイム~♪Xmas前でしたので、ポインセチア
f0146587_18411373.jpg
Mさん手作りの抹茶プリンは栗が乗っかっていて美味しい~♪器もステキ!
f0146587_18395578.jpg
ここからが楽しいXmasイベントの始まり。。。ケーキ台に
f0146587_18430974.jpg
一生懸命飾り付けをしてくれたのは、Cさんのお嬢さん2人、手をクリームだらけにして真剣に取り組んでいました。その仕草が可愛くて可愛くて癒されます。
f0146587_18464452.jpg
はい、見事に完成、ブッシュ・ド・ノエル
f0146587_18474956.jpg
温かい気持ちがそのまま伝わってくるような美味しいケーキを愉しませて頂きました~♪
f0146587_18484823.jpg
Mさん、勉強会の皆さん本当にありがとうございました!この後、今の家の前に住んでいたJardinsのAlameda Casa Brancaを通り、当時良く利用していたBanca(雑誌や新聞を売る店)に寄ると、顔馴染みのお二人がいてしばらく話をしました。Jardinsのアパートを離れてもう25年にもなるのに、今でもはっきり家族全員のことを良く覚えていてくれました。子どもたちが唯一「ツケ」で買えるささやかなお店で、シールなどを衝動買いする大のお気に入り店でした(笑)Jardim界隈は、良く子どもたちの手を引いて歩いた懐かしい場所、この辺を歩くだけで昔の想い出にタイムスリップできるので大変居心地の良い時間を過ごさせて頂くことができました。


by beijaflorspbr | 2014-01-22 18:55 | サンパウロのレストラン | Trackback
トラックバックURL : http://beijaflors.exblog.jp/tb/21312415
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 高騰し続けるサンパウロの不動産      2013年秋友旅…居酒屋「庄八」にて >>