ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 12月 25日

フランクフルトのクリスマスマーケット

今回のサンパウロに帰る旅は、関西空港→フランクフルト→サンパウロ・グァルーリョス空港と移動をしました。旅行記は既にご報告済みでしたが、この間にフランクフルトでの素敵な再会があったご報告がすっかり遅くなりすみません。私のトランジットの過ごし方については、既に多くのお友達より「参考になるわ~」とか「同じコースで飛んでみたい」など等意外に注目をして下さっているので驚きました。拙い旅行記ですが、南米と日本はご存知の通り最長路線ですので、どのような楽しみ方もあるのではないかと思います。アメリカに寄るのもよし、パリやロンドンもまたよし、(私の場合は頻繁に寄ると兄に疎ましがられるけど・・・(ーー;)、時期的に私が連れて行って頂いたフランクフルトのクリスマスマーケットを見るのもよしの盛りだくさんな楽しみ方が出来ます。

さあ、12月8日(土)に時計を戻しましょう!出発遅れだったにも関わらず、却って定刻より早く到着してしまったルフトハンザ741便から降機し、小走りにパスポートコントロールに進みました。幸い空いていたものの、並んだ場所が違っていたみたいで、「あなたはCに行かなければダメだよ」と。(?_?)頭の中が?だらけだったもののお隣の列に並びなおしたら、私の顔を一瞥してボン!とハンコを押してくださりめでたくドイツ入国成功!恐らく誰よりも早く外に出たと喜んだのも束の間、待ち合わせをしていたドイツ在住ののんちゃんの姿が見当たりません。あれえ?どうしよう・・・と思い、コネクションというカフェの近くにあった地球儀のインフォメーションで立ち止まることしばし、それから地下にあるSバーンの切符売り場とインフォメーションを行ったり来たり2往復したけれど、なかなか会えません(ーー;)そこで公衆電話の場所を聞くと、ここを曲がってずっと向こうに行ったらあるよ、と言われ行こうかな?どうしようかな?と迷ったところで念の為もう一度Sバーンの乗り場に行ってみて上がったところで懐かしののんちゃんとめでたく合流できました!良かった・・・(^_^)/要するに、私が焦って早く出過ぎたのと、連絡用の電話を持たなかったこと、アイパッドミニを使って、スカイプアウトで電話しようと試みたものの、Wifiをキャッチできず不調に終わったこと等数々の原因ですれ違いになってしまいました。ご心配をお掛けしてしまい申し訳なかったです。自力で市内へ行くのが言葉の問題でちょっと難しいフランクフルトでは、やはりのんちゃんにお願いして連れて行って頂くしかありませんもの。
f0146587_23262583.jpg

Sバーンで市内へ出ましたが外に出るとその寒さに愕然としました!しばらく体感していない凍えそうな寒さ・・・そういえば寒波が来ているせいで、氷点下〇〇℃と飛行機の中でも言っていたような。ここからおばさんが着たらちょっと違和感のあるユニクロのウルトラライトダウン(笑)が活躍します。元々薄着なワタシなので、ヒートテックの上にダウンを羽織っただけで結構温かい。雪を被った旧オペラハウス界隈
f0146587_23295672.jpg

さあ、ここからフランクフルト市内へのお散歩スタートです。これまでのんちゃんにご案内頂いた時は全て夏の暑い時期でしたので、風景は同じなのに感じ方が違いました。
f0146587_23311835.jpg

ほどなく最初のクリスマスマーケットをやっているところに着きました。凄い人ごみ、のんちゃんとしっかり腕を組んでバッグもしっかり握っていないと危ないそうです。こちらのカタリーナ教会前の広場にやってきました。
f0146587_23364486.jpg

とにかく市が建っているところはどこもかしこも人また人で歩くのも難しいほどです。土曜日ですものね、無理もありません。押し合いへし合いしてぐいぐい前に進みます。
f0146587_233237100.jpg

こちらはチョコレートでできた工具のお店、本物みたいなのに全部がチョコで出来ているんだそうです。
f0146587_23333944.jpg

Wagnersという蜂蜜のお店に入りました。可愛い入れ物に入った蜂蜜がたくさん、しかし旅行中なので、100ml以内の制限に引っかかりそうで買えませんでした。
f0146587_23352983.jpg

歩いているうちに、レーマー広場にやってきました。一人だと絶対迷子になりますね。少し段差のあるところで広場を見渡してみました。とっても賑やか~皆本当に楽しそうです。
f0146587_23434788.jpg

こちらのお店に連れて行って頂きました。温かみの伝わる木の置物がたくさんのSchenken Sie etwas Einzigartiges ECHT ERZGEBIRGE HOLZKUNST MIT HERZ
f0146587_23525375.jpg

ひとつひとつが温かくて手作り感たっぷりの置物。大きいのが欲しかったものの、後の旅行を考えるとどうしても小ぶりのものになってしまいます。小さめの飾りをエルの診療所用に一つ買い求めました。
f0146587_23553760.jpg

f0146587_23561223.jpg
f0146587_23555532.jpg

大満足のマーケット散策~♪ドームの前を通り・・・
f0146587_23585041.jpg

美味しそうな匂いのする食べ物屋さんの屋台を素通りしました。
f0146587_002763.jpg

辿り着いたのはどの広場だったか・・・ここで名物の暖かいワイン、グリューワインを頂きました!甘くて熱くて美味しい~♪カップはいったん払って後で返金してくださるので一杯€2,50でした!カンパイー☆
f0146587_023811.jpg

皆楽しそうにワインを飲みながら語らっていました。
f0146587_04477.jpg

この後、少し体が冷えてしまったので、Galeriaというデパートの建物の中に入ってみました。建物の中は暖房が利いていてとても暖かいのは、有難い限りでした。
f0146587_06865.jpg

デパート散策の後は、レストランに入りました。お料理の写真はマクロが多いのでコンデジで撮ったものの、私の不注意ですべてボツにしてしまったのですみません。のんちゃんはシュニッツェル、私は名物のソーセージを頂きました。お腹が空いていてとっても美味しく頂きました!ちょうどフランクフルトとどこかのチームのサッカーの試合があり、お店のほとんどの人たちがテレビに夢中になっていました。これはサンパウロでも同じ光景ですよねえ。
f0146587_085281.jpg

フランクフルトを知らないくせにこの大変賑やかな駅「Hauptwache」を知っている生意気なワタシ(笑)地下鉄で一駅乗りました。
f0146587_011547.jpg

もう一度地上にでてブルブル震えた後にオペラハウスを見ながら
f0146587_0125339.jpg

Sバーンに乗って飛行場へと急ぐのでした。今回ものんちゃんのお蔭で(・・・とこんな書き方をしないで、と頼まれましたが、他に表現のしようがありません)短時間で美味しいとこ取りばかりのフランクフルトを思い切り楽しませて頂きました。究極のトランジットの時間を満喫させて頂き、感謝また感謝です。私自身も、もしどなたかお知り合いの方がサンパウロに来られたらこうして出来うる限りの親切を尽くさせて頂こうと強く思いました。のんちゃん、本当にありがとうございました。凍てつくような寒い中、組んだ腕の暖かさと頼もしさを決して忘れません。これで束の間のフランクフルト滞在記を終わります。取りあえずこの画像が生き残ってくれていて本当い良かったです!雰囲気はうまく伝わったでしょうか?

by beijaflorspbr | 2012-12-25 23:55 | ドイツの街角から | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://beijaflors.exblog.jp/tb/18290502
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by えんどうさん at 2012-12-27 12:53 x
トランジットの楽しみってありますよね。私も日本から直行便がない地域にばかり住んでいたので乗り換え地でのひと時は何事にもない楽しみがありますね。モスクワなどは外に出るのにビザが必要でがっかりした覚えがありますがフランクフルトやミュンヘンなどドイツの都市は国際空港と街中が比較的近いため、街に出てショッピングやサウナなどでくつろぐことがあります。もっともルフトハンザのラウンジも充実してるので6時間以上時間があるときになりますが。。。どうか良いお年をお迎えください。
Commented by beijaflorspbr at 2012-12-28 01:15
★えんどうさん、いつも温かいコメントをありがとうございます。
仰る通りです。JAL直行が無くなり、どうしよう!?と途方に暮れたものの、こんなに楽しんで良いのかな?と思えるほどあちこち寄ってみて、例え空港で缶詰になったとしてもその国の空気が吸えることまでが楽しみになってきています。私はラウンジに入る権利は有していませんが、ターミナルを歩いているだけで、どうやら私も国際人!?なんて錯覚したりしますもの(笑)次の帰国はどれにしようかな?状態で、多分今が一番楽しいのかもしれません。

えんどうさんも良いお年をお迎えくださいね!今年一年ありがとうございました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 娘へのエール      サンパウロからFeliz Na... >>