ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 07月 16日

楽しい女子会~♪

ただ今日本とアメリカからお客様が来られていて、ずっと忙しく、ブログに向き合う時間が取れず読みにくくてすみません。スケジュールの合間をぬって、ブログを更新していきたいと思っております。いつもいつもたくさんの方に見に来ていただきましてありがとうございます。さて、話を5日前に戻します。

今回のフェスティバル・ド・ジャポンの出展のためご来伯をされた、三重県鈴鹿市のNPO法人、愛伝舎の理事長坂本さんと、同じく三重県にある製薬会社の万協製薬の社長夫人のkeiさんをサンパウロ市内の一部をご案内しました。ホテルにお迎えに行った後、向かったのは日本人駐在員が多く住むParaiso地区のRua Dr.Rafael de Barrosの分かりにくいガレリアの一番奥にある自然素材の化粧品「Natura」。「すき家」パライゾ店の真ん前と言った方が分かりやすいですね。同社の品物を見て、出来れば購入をするのが目的でした。万協製薬は、薬の他に自社で肌に優しいクリームなども予算をかけて開発をしている会社なのです。色々な研究に使うことができるので、出来るだけ多様な商品が欲しいということでした。初めて行ったので、道を歩いているおじさんに訊いて教えて頂きました。店というより、オープンスペースの倉庫のような場所でしたが、ズラッと並ぶNaturaや他社のお化粧品にちょっと驚きました。
f0146587_18555848.jpg

元々卸のようなこのお店、定価から現金20%、カード15%引きで買えました。最初はお店のお姉ちゃんが相手してくれていましたが、そのうちに経営者の娘さんが乗り出してきました。丁寧な説明が分かりやすくて、たくさんのものを購入することが出来ました。良かった良かった・・・。

このお店で1時間ほど見て終わったのが12時半、せっかくの女子ランチなのでいつものA bela Sintra にご案内しました。このお店は、確かに高いけれど、安心できるサービスと味と雰囲気が保障されています。お馴染みのメトレやガルソンには何でも頼みやすいですしね。
f0146587_1901670.jpg

店内は奥の方にセレブそうなお客さんがたくさん入っていました。
f0146587_1905445.jpg

席に案内され、まずはCouvert(前菜)そしてスープ。今日のスープは、ポルトガルの名物Caldo Verde。干し鱈の茹で汁につぶしたじゃが芋、コウヴェ(ケール)、ソーセージを入れたものです。
f0146587_1943489.jpg

メインは、2種類の中から私の好きなもの(笑)を組み立ててもらいました。Bacalhau(干した鱈)エスポロンは見た目がとてもキレイ。それにイカをカタプラーナ鍋でぐるぐる回して炒めたもの、ごはんはレーズンライスでした。美味しかったー(^_^)/
f0146587_196301.jpg

バカリャウは、やはり細かく裂いたものよりも、この塊の方が断然美味しいです。繊細なポルトガル料理にお客さまも大変喜んで召し上がって頂き、ホッとしました。三重県と言えばお魚どころ、魚より肉のこの国ではこのお店は貴重な存在です。ゆっくりとお話しながら、時間をかけて頂く女子ランチは最高に楽しい。量を少なくしたため、3人ともほぼ完食し、デザートに移ります。3人3様で選びました。左上から、セリカイヤ(練乳入りのポルトガル風プリン)、カニーリャス(パリパリした皮にカスタードクリームが入ったもの)、私は先日家族が美味しそうに食べていた旬のマンゴをお願いしました。お皿がまるで宝石みたい!ワタシ、本当はキンキラキンが大好きなのです(●^o^●)あまり重たくなくて薄手のお皿でした!(って普通はそこまで見ませんね)
f0146587_1995287.jpg

食事時間約2時間半。こんなステキなお店はゆっくりじっくり楽しみたいものです。居心地の良い空間を出て、ベラシントラ通りの急坂を上がって向かったのは、Shopping Paulista。本当はMorumbiに行きたかったのですが、この日私の車がRodizio(涙)罰金R$100,00は絶対に払いたくないので、急いでお買い物を済ませました。4時過ぎにホテルにお送りして急いで家に帰ろうとしたら悲しくなるほどの渋滞。。。結局境界線のBandeirantesを越えたのがRodizio開始の5分前と言う際どさ・・・(@_@;)ひぃ~。最近はこの取り締まりも厳格になってきて、5時5分前には罰金を取るのを楽しみにしている(ように見えた)CETのおっさんたちがちゃんと準備しておりましたわ。皆さまお気を付け下さいね。まだご滞在が長いので、一旦お別れしましたが、とにかくkeiさんの包み込むような温かさに強く惹かれました。長年のご苦労を微塵も感じさせないほど素敵な女性でした。こうして人と人とのご縁を繋いでくださった愛伝舎の坂本さんにこの場をお借りし感謝申し上げます。いよいよ翌日からは、日系人最大のお祭り、フェスティバルジャポン、今度は旧友Mちゃんとの再会が待ってました。楽しみ~♪続きます。。。

by beijaflorspbr | 2012-07-16 19:36 | サンパウロのレストラン | Trackback
トラックバックURL : http://beijaflors.exblog.jp/tb/17767557
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 同級生の訃報に思う      フェスティバルドジャポン好評開催中 >>