ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 06月 11日

友だちの晴れ姿は?

今日であの未曽有の震災から1年3か月の歳月が流れました。あっという間の15か月間でした。大震災や津波で犠牲になられた方のご冥福を改めてお祈りいたします。

心配していた陸前高田の我が同級生Hの弟さんも今月の初めに漸く見つかったそうで、やっと弟さんご夫婦のご供養ができて安心したことでしょう。H曰く、「弟は地元の生まれだから、ずっと海で泳いでいても良いのよ」と先に見つかった東京出身の奥さんのことを気遣っていました。その言葉が何とも哀しくて、新たな涙を流したものでした。

ところで、Hは震災前からずっと社交ダンスを習っており、震災の後にダンスの発表会を控えていたそうです。綺麗なドレスを発注し、その日を楽しみにしていました。ところが、あの震災で家も何もかも流され、H自身も娘さんとともに奇跡的に助かったのは前に書きました。

そのHから素敵なお話を訊きました。
「津波で全部流されたはずの家の中から何故か(社交ダンス用に誂えた)ドレスが1枚だけ出てきたんだよね」
Hは川の水で必死になって洗ったそうです。ダメ元で発注先の東京のチャコット社にクリーニングをお願いしたところ…
f0146587_22502520.jpg

こんなに綺麗になって帰ってきた時は本当に感動したそうです。Hの晴れ舞台はいつになるのでしょう?同級生皆で見に行きたいね、と楽しみにしているところです。Hは自らの事業の再建に一生懸命に取り組んでいるところです。課題は多そうですが、Hガンバレ、皆ずっとあなたのことを思っているよ。

by beijaflorspbr | 2012-06-11 22:53 | 友達 | Trackback
トラックバックURL : http://beijaflors.exblog.jp/tb/17645155
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< Rちゃん、サンパウロにいらっし...      鶏のからポンと一大決心 >>