ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 05月 18日

吉野へ③最後

4月終わりの吉野の日記が尻切れトンボでしたので、続けます。
f0146587_7282296.jpg

険しい吉野山の奥千本は、便利な乗り物などありません。歩くしかないので皆こうして列をなしてひたすら足元に注意しながら歩く歩く…。
f0146587_3585388.jpg

恐怖の下り坂で難関突破したパトちゃん、今度は自信がついたせいか足が急に丈夫になったのかいきなりスタスタ先を行くではありませんか!
f0146587_3571143.jpg

辺りは鬱蒼とした茂み、山の中は森閑としていました。
f0146587_401947.jpg

その後、もう一度恐怖のドロドロ下り坂(雨のせいでぬかるんでいる)を突破するとやっと手すりが…(怖)
f0146587_422518.jpg

最初の地点に戻ってきました。最初は怖がって上がって来なかったパトも、今度はふと後ろを見るとちゃんとこられたではありませんか!きっと山道に慣れたのでしょうね。
f0146587_44782.jpg

奥千本からはもう一度バスで中千本に帰り、そこからは徒歩で下山しました。
f0146587_45234.jpg

しだれ桜も満開で綺麗!
f0146587_454657.jpg

流石にお腹が空いたので、坂本屋さんで葛うどんを頂きました。とろみの付いた餡がおうどんに絡んで何とも美味しいこと!ホッとしました。
f0146587_483423.jpg

途中のお店をゆっくり見て歩きながら少しずつ山を下りました。
f0146587_493565.jpg

やっと近鉄吉野駅に帰ってきました。ここでちょっとしたハプニング。吉野から自宅までは電車でも2時間弱。お手洗いを済ませようと思ったら何とトイレの個室の中に肩掛けバッグを忘れたではありませんか!ちょうど停まっていた急行電車には空席がなかったため、次の電車にしようと思ったのが幸いしました。すぐに気が付き、真っ青になって駅員さんに言うと、「ああ、黒いバッグですね。今届きましたよ」と。駅員室に入ると、既に中身を開けて身元確認をしているところでした。住所、名前、電話番号を書かされた後、すぐに渡してくださいました。もちろん、中身は全部無事!!歩き疲れて頭が朦朧としていたのか、ボケかかっているのかどちらかだと思いますが、本当に良かった。そんな最後まで気の休まらない吉野でしたが、春の余韻が残る吉野山を娘と散策で来て本当に良い時間を過ごすことが出来ました。

by beijaflorspbr | 2012-05-18 04:16 | 家族 | Trackback
トラックバックURL : http://beijaflors.exblog.jp/tb/17552444
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 昔の生徒との再会@神田マルシャン      久々のおうちごはん >>