ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 08月 19日

ホームドクターS先生とランチ

ランチの場はいつものあのお店
f0146587_7351618.jpg
私たちの古いお友達のS先生は内科医です。彼は日本の公立大学の医学部に通っていましたが、当時の過激な学生運動で落ち着いて授業が受けられる体制になかったことに落胆し、未来の国ブラジルへの移住を決意しました。若干20歳やそこらで単身海を渡るのにはとても勇気が必要だったことでしょう。と同時に、怖いもの知らずで何でもやってみよう、何でも経験してみようという精神でありとあらゆる困難に立ち向かってきたそうです。当時は船で約2ヶ月の旅、10月に横浜を発って12月にブラジルのサントス港に到着。初めてポルトガル語を一から学び始め、半年後に高校の卒業資格試験に合格し、それから更に半年後に地方にある公立大学の医学部にストレート合格を果たしました。元々が医学生の下地があったものの、その努力は相当なものだったと思います。
f0146587_7395244.jpg
地方の医学部では、全員が寮生活をしていました。もちろん24時間ポルトガル語です。寝言もポルトガル語じゃなくきゃ、というどっぷりとポル語漬けの中で、皆に親切にしてもらいながらどんどんこのブラジルという国に同化していったそうです。授業料も、当時の制度で医学生は全額奨学金を受けたため免除され、6年後には卒業し晴れて医師となりました。
f0146587_743555.jpg
このS先生のすごいところは、日本に帰国して猛勉強の末、某大学医学部で博士号を取得したことです。日本・ブラジル両国で医師の資格をお持ちの方は珍しいかもしれません。一見豪放磊落なS先生、実はとっても繊細な優しい方です。今は某クリニックで院長としてお仕事をされています。我が家のトリオさんはそこで定期健診を受け、今年も「全く異常なし」とお墨付きを頂きました。めでたしめでたしの乾杯を皆でし、「美味しいものを食べられるうちにしっかり食べておこうね!」なんて笑いながらパクパクと最後まで美味しく頂きました。今の社会情勢のことや、政治のことそして家族の話題など、お互いに長年気心知れているお友達なので、話が尽きるということがありません。実に楽しい午餐でした。最後のデザートはメローナにアイスクリーム。メローナ!?最近出始めた小メロンですが、甘くてなかなか美味しい。
f0146587_7481560.jpg
こんな安らぎに満ちた時間は大変貴重です。S先生、これからもお酒を飲み過ぎないで頑張ってね!!

by beijaflorspbr | 2011-08-19 07:51 | 友達 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://beijaflors.exblog.jp/tb/16435863
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by flyrobin at 2011-08-19 09:08
いい時間を過ごされましたね♪
S先生という素晴らしいドクターがいらして
ハチドリ家も安心!
それにしてもこのお店、やっぱりいつかは行きたいです 笑。
メロンの中にアイスだなんて!さぞかし美味しかったでしょうね。
いつか必ず。。ハチドリさん、お付き合いくださ~い(^o^)。
Commented by beijaflorspbr at 2011-08-19 19:07
★ロビンさん、おはようございます!
ありがとうございます、おかげさまで久しぶりのS先生との時間でした。
私の両親がこちらに来た時も、S先生のお陰で安心していられました。
地道に努力をしてきたSさんのような方は私たちの誇りです。

ふふ・・・そうでしょう?ロビンさん。是非とも次回サンパウロを訪れる時は
ロビンさんご夫妻をご案内させて頂きたいです。
恐らく、サービス、料理内容、雰囲気どれをとってもサンパウロの
トップレベルかと思います。今度Brasiliaにも支店を出しました。
大きなアイスを見てロビンさんを思い出したのは私だけかも・・・(笑)
楽しみにしています!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< エルの診療所で歯のお掃除      日本移民史料館へ >>