ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 05月 16日

Rua Cubatãoを歩こう!

ParaisoのBassanoでポルキロ(量り売り)ランチを楽しんだ我々は、二手に分かれて歩き出しました。朝来た道を逆流することになりますが、目的地は娘の診療所。Rua Cubatãoに聳え立つ某日系有名保険会社の建物や、州の建物などを見上げながらひたすらAna Rosa方面を目指します。
f0146587_22132511.jpg
もう一度橋を渡るとまた撮りたくなる23 de Maio大通り(笑)霧も晴れて随分見通しが良くなりました。
f0146587_2215204.jpg
お友達のHさん、すずめちゃん、私の3人で歩いていましたが、Hさんが娘の患者さま。Hさんの予約が2時半だったので、30分ほどフランスカフェでお喋りを。
f0146587_22165286.jpg
その後診療所に行ったところ、「このまま帰ろうかな?」と言うと娘が「後3時間くらいで仕事が終わるからLiberdadeに魚でも買いに行けば?」と…。Ana Rosa駅からメトロLiberdadeまでは4駅。ところが、前の列車にトラブルがあり、10分以上止まってしまいましたが、座っていたので良かった。普段なら10分くらいで着くのに30分くらいかかってLiberdadeに到着。金曜日のせいか、露天商がたくさん出ていました。スカーフ、海賊DVD、アクセサリー、サングラス、地図など売るものは色々…。
f0146587_22203474.jpg
ミニョコンは未だスイスイですよん。
f0146587_22224365.jpg
提灯と赤鳥居を抜けてお魚屋のみつぎのおじさんのところへ。
f0146587_22233583.jpg
サーモンのお刺身とおじさんお勧めの生ウニを購入。サーモンの切り身は塩焼き用とホイル焼き用に4切れ。おじさんの親戚の方が仙台に住んでいらっしゃるそうで、そのお話を色々と…。おじさんの娘さんも何十年も埼玉に住んでいるそうです。「おじさん、娘さんに会いたいでしょう?」と聞くと「いやあ、こっちは店があるからそんなに長く留守できないんだよ」とのことでした。「奥さんはいいねえ、いつも日本に行けて」いつもこう言われます。ここでのお喋りが結構楽しみで、ついつい長話になってしまいます。いつも新鮮な美味しいお魚をたくさん仕入れてくださるみつぎのおじさんにはいつまでも元気で長生きして欲しいと願っています。おじさんにお礼を言ってもう一度ガルボンブエノをリベルダージ広場に戻ります。サンパウロの大阪!?サンパウロ市と大阪市は姉妹都市、雰囲気も何となく大阪に似ているような気がします。日本庭園は昔一般に開放していましたが、池の鯉が盗まれたり、庭を荒らされる被害が多発したため、今はしっかり鍵で閉められています。ここで娘から電話が。「今日は忙しくてお昼何も食べていないからお弁当を買ってきて!」とのことでした。丸海とブエノを見たところ、あまり美味しそうなお弁当がなかったので、もう一度ガルボンブエノを戻ってお弁当(惣菜屋)さんに買いに行きました。この時点でかなり足が痛くなってしまいました。今日は良く歩いたこと!
f0146587_2233568.jpg
お城を模したBradesco銀行、屋根の上にはなんちゃって金シャチホコも(笑)
f0146587_2235124.jpg
ウロウロしているうちにもう午後4時。診療所に戻ると誰もいなくて真っ暗。娘は出張診療に行っていました。近所にあるアラブ系の先生(私たち夫婦の恩人RTさんの息子さん)の診療所で、小児歯科を任されているそうです。最近では大人の患者さんも診させて頂いているので「すごく忙しいのよ…」とのこと。有り難いこと…。今までの彼女の足跡を思いながら空を見あげてボーっとしていました。
f0146587_22383359.jpg


by beijaflorspbr | 2011-05-16 22:38 | サンパウロ生活情報 | Trackback
トラックバックURL : http://beijaflors.exblog.jp/tb/15981621
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< PCが危ない!      BassanoでPor Qui... >>