ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 03月 24日

いつもと違う東京駅

震災後、久しぶりに東京に行ってきました。前にも書いたかもしれませんが、私自身はどちらかというと大阪よりも東京の方が好き。おそらく多感な学生時代に過ごした東京の空気が忘れられないからかもしれません。東京に行くと思っただけでワクワクします。今日も早起きをして張り切って東京への道のりを楽しみました。東京八重洲口に出てみると・・・あれ・・・?いつも眩しいほどの灯りと大勢の人が行き交う賑やかなコンコースの電気がところどころしか点いていません。暗い空間が目の前に広がり違和感を感じました。
f0146587_052415.jpg

地下に降りるエスカレーターやホームへのエスカレータは全てストップ。手すりに縋りながら階段を一生懸命上っているお年寄りが気の毒でした。計画停電、節電に努めている方々のご努力が偲ばれました。
f0146587_07389.jpg

売店も真っ暗な中で営業しています。心なしか売り込みの声も小さかったような気がしました。大阪と東京でこんなにも雰囲気が違うとはと、愕然とするばかりでした。お友達とランチをした銀座のお店も、客も入らず閑散としていました。申し訳なくなるくらいゆっくりさせてもらいました。少し込み入った話だったため、個室にして頂き本当に有難かったです。しかしどう考えても銀座らしくありません。このままいったら・・・なんて心配になりました。もちろん私も地震後の仕事は全てキャンセルでちょっと大変なことになっています。悩んでいても仕方がないので、前向きに考えるだけです。
f0146587_0244135.jpg

職人さんのところに行ったらちょっとビックリしたことがありました。日系二世の奥さんが何と今週末に急遽ブラジルに帰国するというではないですか!なんても、「地震ノイローゼ」でもう日本には怖くていられないのだそうです。ブラジルの家族も「早く帰ってこい!」と煩く言ったので決意したらしいのです。余震がある度に全身が震え怖がっていたのだとか。他の業者さんが来られて、御徒町からインド人(主にダイヤモンドや裸石を扱っている)が一斉に消えて仕事に支障をきたしているそうです。経済が少しだけ持ち直したと思ったらまた落ち込むのかなあ~と暗い顔の職人さん。いや~色々な意味でビックリした一日でした。。。 

by beijaflorspbr | 2011-03-24 00:22 | 日本 | Trackback
トラックバックURL : http://beijaflors.exblog.jp/tb/15704104
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 津波で助かった友からのメール      おうちごはんのおかずは? >>