ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 02月 18日

KIHACHIでイタリアン

あっという間に雪景色になってしまった14日月曜日。我が家に岡山からお友達が泊まりに来てくれることになりました。我が家はあまりにもローカルなので、最寄りの大きな駅までお迎えに行くことに。午後来られたお客さまが帰られてから出かけようと思ったら…わぉ~(@_@;)
f0146587_20531727.jpg

駅までは歩いて7~8分しかかからないのに、転ばないように20分以上かけてヨチヨチへっぴり腰で慎重に歩きました。
f0146587_2125552.jpg

駅前の様相も一変してしまいました。どこの雪国!?
f0146587_2126257.jpg

電車に乗るまでの辛抱、でもサブイ。。。(-_-メ)まあこんなことはめったにないのでしょうから我慢我慢。。
f0146587_2127757.jpg

お友達にも無事会えて、少しだけデパートで買い物を済ませてからレストランに向かいました。お友達のCちゃんは岡山で鰻屋さんを営んでいるので、和食以外にしてということでKIHACHIイタリアンに決めました。
f0146587_21335288.jpg

久々の再会を祝って乾杯!
f0146587_2134302.jpg

清潔なクロスが気持ちが良いな。
f0146587_21345849.jpg

まだお客さんは少ないものの、バレンタインデーということもありほどなく混み合ってきました。
f0146587_21365925.jpg

パンはフォカッチャかな?ふわふわして美味しい~♪
f0146587_21373016.jpg

まずは前菜から。Cちゃんの選んだのはトスカーナ風アンティパストの盛り合わせ
f0146587_21394347.jpg

私はフランス産フォアグラとアスパラガスのミラノ風グリル ポルチーニ茸のソース、何十年振りかでフォアグラを頂きました!赤ワインに良く合う前菜でした。
f0146587_21412774.jpg

次はパスタです。Cちゃんのゴルゴンゾーラチーズのフォンデュータをかけたボローニャ風スパゲティ 柔らかく煮込んだ大根添え(長いっ!)
f0146587_2145650.jpg

私の本日入荷の白身魚と筍、フレッシュトマトのスパゲティ、木の芽の香り、これはいかにも日本的なパスタでした。
f0146587_21465163.jpg

いよいよ主菜なのに結構お腹がいっぱいに…。Cちゃんは鴨をチョイス。皮をパリパリに焼いた鴨もも肉のコンフィ デコポン丸ごとコンポスタとシェリーヴィネガーの甘酸っぱいソース。ふぅ~(+_+)
f0146587_2241697.jpg

私はパスタが魚だったのでお肉を選びました。岸さんセレクトの骨付きばら肉とちりめんキャベツ、ごぼうの煮込み、色が今一つで写真写りが悪いですね。味はGoodでした。
f0146587_226385.jpg

最後はデザート、バレンタインデーということでチョコレートパフェ。飲兵衛のCちゃんはビールを飲んでいます。ふふふ…。
f0146587_2275941.jpg

何とこの店、コースを頼むとデザートはお替りし放題なのです。私だけお替りをしました。
f0146587_2295146.jpg

お店を切り盛りしながらお義母さまの面倒もみている肝っ玉かあさんのCちゃん、なかなか家を空けられない中、こうして時間をとってくださいました。今宵はのんびりゆったりとお互いの自分時間を楽しみましょう。とても心地良い時間でした。私も最近は田舎の家にこもりっきりだったので、良い刺激になりました。
f0146587_22121414.jpg

電車に乗って家に帰って駅に着くと、駅は雪が凍って危ない状態。今度は二人でまたヨチヨチゆっくり歩きながら自宅まで帰りました。雪の降る中、歩いて5分(でも雪で10分( 一一)の温泉に行って、冷たい雪を踏みしめながら露天風呂に入りました。珍しい光景の中、結構楽しめましたよ。温泉効果か、体がポカポカ温まりぐっすり眠れたことは言うまでもありません。翌日は他の友人たちも交えてオフ会イン心斎橋。いったいどういうことになりますやら…。

by beijaflorspbr | 2011-02-18 22:16 | 日本の美味しいもの | Trackback
トラックバックURL : http://beijaflors.exblog.jp/tb/15531126
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 心斎橋Barbacoaでオフ会      同級生と山陽山陰の旅(2010... >>