ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp

水を汲む@Águas Petrópolis Paulista

「水が合わない」外国では良く耳にする言葉です。今サンパウロは何十年かに一度の深刻な水不足に悩まされており、既にサンパウロ市北部は厳しい取水制限を行っている地域も多いそうです。私の家があるサンパウロ市南部地域もその影響は免れず、徹底した節水を心がけています。と言っても、水は生活の基本を成すもの、とても大切なものと言わざるを得ません。我が家から比較的至近距離にある「Águas Petrópolis Paulista」は日々の生活になくてはならないお店のひとつ。特に最近のように、日本からのお泊り客が複数来られた時にはたっぷりミネラルウォーターを用意しておくことにしています。日本のお客さまは、歯磨きの際にもミネラルウォーターをお使いだったため、あっという間にミネラルウォーターのストックを切らしてしまいました。車の荷台に積まれた容器は色々です。基本的に自己申告制なので、5リットルを何本、6リットル何本、10リットル何本、、、というようにして会計をするシステムです。
自宅から車で10分以内でペトロポリスに到着。
広い駐車場が完備されています。
一応水が売りというものの、普通のスーパーをちょっと小さくしたような商品も多数売られているので、ついで買いには便利。
ミネラルウォーターのデリバリーももちろんあります。詳しくはHPをご参照ください。
不揃いな空容器をカートに山のように積んで…。
中は結構広く、自分で蛇口から水を満たすシステム、今日もたくさんの人が汲みに来ています。
ウチも…こちらは10リットルチーム。
はい、ちゃんといっぱい入りました!蓋は新しいものと交換できます。
5、6リットルチームは軽いので私が担当~♪
順番にカートに積んでお会計へ。
笑ってしまうくらい大量のお水、しかしながらこれは1か月と持ちません。我が家はご飯を炊く時(水道水で洗い、最後の水をミネラルで炊く)、茹で野菜、煮物の他、お赤飯の浸け水すらミネラルで賄うからです。さすがに歯磨きはミネラルは使いませんが…(笑)
この水屋さんに通って20年以上、有難いお店のひとつです。デリバリーはなかなか融通が利かないので、こうしてマイペースで汲みに行くことのできるペトロポリスは我が家の強い味方です。水不足になると、水の質が急に下がり危険です。多少コストが高くてもミネラルウォーターの飲用をお勧めします。

# by beijaflorspbr | 2014-07-29 23:25 | サンパウロ生活情報

甥の結婚式⑤お料理とお菓子

会場のど真ん中にはケーキ
ケーキを取り囲むように置かれているのはブリガデイロなど、ブラジルの小菓子。激甘なれど癖になる美味しさです(笑)
ケーキカット後に頂くはずなのですが、もうもらっている人多数
一通りおつまみを頂き、乾杯が終わるといよいよお料理、コースではなくブッフェスタイルでした。ブッフェには既に長蛇の列。全貌を掴めなまま次々にお皿に入れてもらうとこーんなにてんこ盛り(#^.^#)←一応恥ずかしい。。。
上の小菓子とは別にデザートもたっぷりありました。
例の小菓子もちょっとだけ頂いてきました。
ケーキカットを待たずに帰ることにしました。フェスタは延々夜中までエンドレスで続きます。出口にはコーヒーとチョコレートが用意されています。何から何まで行き届いたおもてなし。
車を受け取り無事に帰宅したのは午後10時。久しぶりに親戚と会い、楽しい時間を満喫しました。
Mくん、Mさん末永くお幸せにネ~♪

# by beijaflorspbr | 2014-07-28 22:15 | 家族 | Comments(0)

甥の結婚式④披露宴始まる

新郎新婦が入場し、シャンペンで乾杯後それぞれが席に着き宴が始まりました。美しくセットされたテーブル。
何より美しく飾られたアレンジメントが文字通り花を添えてくれています。
あちこちがもうお花畑のようでした!
おつまみが一品ずつ運ばれてきます。パルメゾンチーズに苺、ソースはバルサミコ酢など、全体がちょっと甘め。
唯一熱いままサーヴされた一品、ビーフシチューのようなお味でこれは美味しかった!
まだまだ宴は続きます。この辺で私たちはお水からハイボールにチェンジしました(笑)。ウィスキーはジョニーウォーカーのブラックラベル。やっぱりこの方がお料理と合います!
次はビデオによる二人のラブストーリーが長時間流れました。でも私たちは席に着いて思い思いにお喋り。。。何とも自由な披露宴で楽しいこと!

# by beijaflorspbr | 2014-07-27 22:30 | 家族

甥の結婚式③披露宴会場へ

ところで、ブラジルで結婚式にお呼ばれした時のお祝いの件で良くご質問を頂くことがあります。新郎新婦が独自にウェブサイトを作り、そこに「〇〇店に行って、その中のリストからプレゼントを選んでね!」と言うのが一般的なのですが、最近はやはり日本と同じで現金を包むのが主流のようです。現金は何にも勝る有難い贈り物ナンバーワンのようです。もし新郎新婦がそのまま新婚旅行に行く場合などは、その国の通貨でお金をあげると大変喜ばれます。我が家もなるべくそうしています。ご参考になれば幸いです。さて、ゾロゾロと宴会場に移動しました。
親戚の席に座ろうと思ったのですが、満席で(笑)追い出されちゃった。。。その隣には、義弟の家で良く会う顔見知りの親子と義弟の大学時代の親友夫愛が座っていたので、仲間に入れてもらいました。
おつまみが少しずつ運ばれてきます。飲み物はお水が何回も…。
エスプマンテ(発泡ワイン)が来ましたが、トリオさんが「後で頭が痛くなるから止めた方がいいよ」と忠告してくれたのにも関わらず呑んでしまいました(笑)宴が始まってしばらくすると、新郎新婦が賑やかに登場しました。日本のように静々と…ではなく「イェ~~イ(^_^)/」と威勢よく入ってきました。
皆に祝福を受けて、、、。和やかな雰囲気の中、宴は続きます。。。

# by beijaflorspbr | 2014-07-26 23:21 | 家族

甥の結婚式②無宗教セレモニー

結婚式の会場は姪に続き、日系の会社が運営するBuffet Colonialです。ちょうど日曜日だったので、家をゆっくり出てちょっと寄り道をし会場に向かいました。
入り口で名簿のチェックを受け、色別に仕分けられた小さな紙をもらいました。
黄色・・・新郎の家族親戚・友人、赤・・・新婦の家族親戚・友人、青・・・友人、緑・・・新郎の従兄弟。我々は黄色コーナーのようでした。
お父さんと共に新婦が入場してくると、一斉に拍手喝采。聞くところによると、この日の招待客は何と500人だったそうです!!
バージンロードを静かに歩いて友達の前へ…。セレモニーは全て友達が仕切っていました。誓いの言葉と新婦から新郎へ、新郎から新婦へ手紙の朗読。その内容には心打たれるものがありました。跪いて改めて愛の告白。。。ふぅ~ロマンティック、でも何故か参加者は終始ゲラゲラ笑っていました。本当に和気藹々、手作り感満載の式でした。
義弟夫婦の可愛い末っ子の結婚にホッとしていたようでした。Mくんおめでとう~♪
リングピローを載せた高級車の運転手は小さな子~♪
式が終わっていよいよ披露宴会場へゾロゾロ移動しました。
続きます。

# by beijaflorspbr | 2014-07-25 23:23 | 家族

甥の結婚式①Buffet Colonial

家族と長話をしていてブログ記事を書けませんでしたので、明日から始めます!

# by beijaflorspbr | 2014-07-24 23:39 | 家族

みそ、牛尼動物病院へ

約1年ぶりの牛尼先生の診療所へ向かうみそ
箱からの脱走を試みるも不発に終わり無事に着いちゃった…。
久しぶりに牛尼先生とBoa Tarde!のご挨拶~♪
無事に狂犬病の予防注射が終わりました!ふふ。。。帰りはママに思いきり甘えるよーーー
あんたの首、重たいんですけど・・・(ー_ー)!!牛尼先生ったら、「みそはもうすぐ8歳だね、人間の年で言えば72歳だよ!」「ひぃ~そんなにお年!?先生、一体犬の年っていくつ掛けたらいいんですか?」先生「×8」「だったら64歳では!?」(^_^;)それにしてももうあなたもおじいちゃんなんだね、大事に可愛がってあげなきゃ。帰宅後、みその毛でくしゃみの連続。。。
ちょっと痩せすぎなみそ、現在23キロ半。あと3キロ太らせるように言われました。いつまでもお元気でね。

# by beijaflorspbr | 2014-07-23 23:33 | その他

Campos do Jordão 日帰り旅⑤急いでサンパウロへ帰る

昨日抜けていましたが、午前中にこんなところにも寄ってみました。名前は失念…すみません。
自然の岩山を生かした「ブラジルカラー」の不思議な滝
高低差も奥行きもたっぷりあり、一日中遊べそうなところでしたよ!
お友達はこのお店でブラジル独特の甘いお菓子を購入されました。自宅に戻り、常温で置いておいたら、蟻さんがわんさか・・・(ー_ー)!!甘いものは冷蔵庫保存をお勧めします!
さあ、楽しかったCampos do Jordãoの旅もおしまい、ひたすらサンパウロに向かいましょう。
この日は午後4時からワールドカップ一次リーグ、ブラジルーメキシコ戦の日でした。
最後のCampos do Jordão街並みを楽しみつつ高速方面へ…。
さようなら、またね!今年に入って2度目のCampos do Jordão旅、一度目は娘たちと、二度目はお友達ご夫妻とだったのですが十分堪能できました!
うっすらと咲く桜並木を通り、山を下ります。
道路がとても良いのと、空いているので気持ちが良いドライブを楽しめました。
どこまでも続くブラジルの高速道路・・・
Dutraの辺りに来て変なことに気付きました。こちらは非常に空いているのに向こう側はすごい車列で渋滞しています。この渋滞は延々と続きました。
Tiradentes通りまではとても空いていたのに…
メインの23 de Maio通りはこーーんなに渋滞しています(^_^;)
大手テレビ局Globoのお姉さんが渋滞情報を生放送で流していたようでした、トホホ…。この日は4時の試合開始に合わせて、全ての会社は午後1時まで仕事をし、一斉に移動をし始めた結果大渋滞になったとのことでした。この日以降、ブラジルの試合が行われる日と、イタケロン(サンパウロスタジアム)で試合がある日は、Rodizio(輪番制の自動車通行規制制度)に該当する車は、朝7時から午後8時まで市内目抜き通りを走ることが出来なくなってしまいました。また、この日はサッカーの神様ペレも「生まれて初めて車中で試合を観たよ!」とコメントしていたほどの記録的な渋滞でした。
この時点で15時59分、1分じゃ家に帰れませぬ!(-_-;)諦めてカーラジオで中継を聴きました。結局は1-1の同点でした。
ま、今となってはとても懐かしいワールドカップ狂想曲~♪サッカーにかけるブラジル国民の情熱は半端なもんではありません。ただ、準決勝と3位決定戦の大敗で今後のセレソンがどんな方向に向いていくのか、誰もが不安を抱える中、今日の午前11時に元監督を務めたドゥンガ(1994年優勝チームのキャプテン)が新監督に選ばれました。評判は!?我が家では↓ですが、どうなりますことやら。。。国民総監督のブラジルも当分の間かまびすしい日々が続くでしょう。あーしばらくはサッカーを忘れてゆっくりしたーーい(●^o^●)とはいえ、ブラジル国内の選手権は既に始まっています~ああ、サッカー大国!プライドを取り戻せる日は来るのかしら?
長くなってしまいましたが、あっという間のCampos do Jordão日帰り旅のご報告を終わります。お読み頂き、ありがとうございました。

# by beijaflorspbr | 2014-07-22 23:42 | サンパウロ生活情報

Campos do Jordão 日帰り旅④Baden-Badenでランチ

3つの丘を回った後は、セントロのあるCapivari地区に車を停めて頂きました。いよいよランチタイムです~♪
地ビールの会社Baden Badenが経営するレストランにご案内しました。
生ビールのタンクが並びますが、お兄さんたちが見ているものは…。
テレビでした!(笑)当時は、ワールドカップの予選リーグ中でした。この時間はHグループのベルギーアルジェリア戦が始まったところでした。この日の午後4時からはブラジルーメキシコ戦があるというので、観光客は少な目。
メニューを見ながら選びましょう~♪
喉が渇いたのでまずはこのお店自慢の生ビールでカンパイー☆私は黒いビールにしてみました~♪
ビールのおつまみに、Bolinho de Bacalhau,干し鱈のコロッケ。
アツアツホクホク。。。(●^o^●)
メインはソーセージの盛り合わせをお願いしました。3人でシェアーしてちょうどお腹が一杯になりました!
ちゃんとシェアーしてくれました。K子さんのご主人さまが「ソーセージはドイツで食べて以来だねえ~」なんてさりげなく仰いました。私もですけれどネ!
外のテラス席にもテレビが設置されていて観られるようになっていました。
このお店はテラス席が人気があります。この日は道路を向かないで全員が背中を見せているのは、テレビを観ていたからでしょう。
軽く食後のお散歩をしました。
チョコレート屋さんに入ってみました。
こちらが7月いっぱい行われるイベント広場
家具屋さんの前で、タクシーを待ちましたが…。あらら、売り物の椅子の上にはワンコがお昼寝中~♪
パラナ松の巨木にさようなら~、お天気に恵まれたCampos do Jordãoの旅、最高でした!
さあ、一路サンパウロに帰りましょう。午後4時からのブラジルの試合に間に合うかしら!?

# by beijaflorspbr | 2014-07-21 22:33 | サンパウロ生活情報 | Comments(6)

Campos do Jordão 日帰り旅③

Campos do Jordãoの旅、続けます。Morro do Elefante(象の丘)からカンポス・ド・ジョルドンの眺めを堪能した後はひたすら坂を下ります。
もう一度ダウンタウンを通り、次の丘を目指しました。
サンパウロ有数の別荘地帯ということもあり、道路整備も行き届き、閑静な雰囲気がそのまま伝わってきます。
再び車はどんどん山の頂上を目指します。
山に登る途中にも、もちろんステキな別荘群が建ち並んでいました。
象の丘から車で約20分ほどで、Pico do Itapevaにやってきました。ここは地上2,035m地点で、運が良ければ15の街が一望に見渡せるそうですが…。
残念ながら霧がかかっていて全貌は見られませんでした。ガッカリ…(T_T)
お土産屋さんがたくさん並んでいて、結構楽しめました。この日はちょうどブラジル代表がメキシコと闘う日だったため、国旗色の商品がたくさん並んでいました。
そう言えば、途中で車を止めて頂き、こんな豪華ホテルも遠くから眺めたんでしたっけ。まるで城塞のような立派なホテル。
同じホテルでも、クラッシックと近代建築、どちらが好みかな?なんてお友達とふざけてました。
さあ、そろそろお腹が。。。(^_^;)

# by beijaflorspbr | 2014-07-20 23:23 | サンパウロ生活情報
< 前のページ 次のページ >