2016年 06月 30日

第19回フェスティバル・ド・ジャポン(日本祭)のお知らせ

もう来週末に迫ってしまいましたが、今年も恒例の日本祭(Festival do Japão)が開催されます。今年のテーマは「スポーツと健康」。テーマを見ると一目瞭然ですが、今年はリオ・オリンピック開催間近ということもあり、このテーマになったのでしょう。毎年ラジオ体操や、健康体操などのコーナーもあるので、一緒に体操をしてみては如何でしょうか。日本人及び日系人は健康には気を遣っているおかげか、ご長寿の方が多いのは喜ばしいことです。ブラジルに進出している日系企業や、個人商店などの小規模のブースの他に、各県人会や日系団体による郷土の食べ物などが53ブースも出るそうです。その他、領事館やJICAなどの政府系団体、日本文化を伝える茶道・華道・切り絵・折り紙・書道などのコーナーもあり、毎年大好評です。その他、太鼓や歌謡ショー、ミス日系のコンテストなど盛りだくさんです。来週末はご家族揃ってのんびりお出かけされては如何でしょうか?尚、車よりメトローシャトルバスなど公共交通機関でのお出かけをお勧めいたします。
f0146587_21004778.jpg
------------------------------------------------------------------------------
会場・・・イミグランテス国際展示場
     Roodovia dos Imigrantes, km1,5

日時・・・2016年7月8日(金)  12時ー21時
           9日(土)  10時ー21時
          10日(日)  10時ー18時

入場料 ・・・R$25,00(前売り券R$20,00) ※8歳以下、70歳以上は無料
駐車場 ・・・R$40,00(終日)
無料送迎バス・・・Metro Jabaquara駅から随時運行(運行時間8時ー22時)
※無料バスを待つ列には「高齢者優先レーン」もあります。ボランティアに申し出てください。
------------------------------------------------------------------------------
年々値上がりする入場料と駐車場代には驚くばかりですが、日本人の我々としては足湯など楽しめるコーナーも揃っているので、来週末はタオルを持って(笑)ご家族揃ってお出かけください。昨年のレポートはコチラです。昨年は、伊勢志摩サミットを控えていたため、三重県庁の職員の方が来られて、イベントがあったのですね。懐かしい~♪コチラにもどうぞお寄りくださいね。皆さんが喜ばれること請け合いです。Mちゃん、再会を楽しみにしているからね~~~(^◇^)


# by beijaflorspbr | 2016-06-30 21:03 | サンパウロ生活情報 | Trackback
2016年 06月 29日

NHK Worldあるある(笑)

海外に居ても、NHKが観られる…39年前にこちらに住むようになった私には、隔世の感があります。サンパウロに住むようになった頃、日本の情報が欲しくて欲しくてたまらなくなった時期もありました。程なくビデオが発売され、当面はビデオが心の拠り所でした。いつも希望の番組を録画して送ってくれた母には、感謝しかありません。何年前からか、ケーブルを通してNHK国際放送が観られるようになりました。いつのまにやらNHKがリアルタイムで観られることそのものが、有難くも何ともなくなるくらい、違和感なくNHKの連続テレビ小説だの大河ドラマだのニュースを毎日のように見るようになりました。ところが、腹立たしいと思う前に笑ってしまうのが、時々出てくる「放送権の制約上・・・・」というメッセージ。一生懸命見ている時に限ってドン!と突然出てくるこのメッセージ。今日のニュース9では、なななんと・・・ビートルズ来日50年のレポートの時に「魔」のメッセージが出た!!!うぁ~このレポすごく楽しみにしていたのにな。
f0146587_22070705.jpg
ドカン!(/ _ ; )え?
f0146587_22071243.jpg
しかも「ゴマアザラシ」(爆笑)なんでよりによってゴマアザラシ?なんでやねん???全然関係ないやん~~~毒吐く時は何故か大阪弁になるワタシ~~(-_-;)まあね、NHKの事情はよーく分かりますし、ゴマアザラシだって癒されますけどね、しばしばこのような全然関係ない映像が流されると、諦めに代わってきます。いつか日本でNHKニュースを見ていると(何故か我が息子はNHKがだーーーい好きときた)、「あれ?全部映ってる、静止画やら関係ない映像が被らない!すごいすごい」「当たり前やん、ここは日本やで」そ、そうか…。まあ地球の反対側でもある程度日本の番組が観られるということこそ、感謝しなくてはね。でも・・・オリンピック期間中などはあまりにもどうでもいい番組ばかりを被せてくるのは参りますなあ~~。それと、主婦としてはきょうの料理が真夜中(というか明け方放映)というのも改善して欲しい点です。時差の関係や色々な制約もあるでしょうから、私の声など絶対に届かないとは思いますが、嬉しい楽しいためになる夢のNHKを目指してくださいな。長い長い愚痴でした!(^◇^)


# by beijaflorspbr | 2016-06-29 22:19 | その他 | Trackback
2016年 06月 28日

たまにはフェイジョン

随分温かくなってきたサンパウロですが、まだまだ風は冷たい日々が続いています。ご存知の方も多いかもしれませんが、一軒家に住む我が家は、家にじーっとしているとゾクゾクするくらい寒い日々が続いています。台所にあるドアは4枚とも全開なので、冷たい風がピューピュー遠慮なく吹き抜けます。ブルブル。。。
f0146587_21533482.jpg
窓枠も手作りゆえ、隙間風が遠慮なく吹いてきます(*_*;つまり、我が家にいると、ずっと寒いんです。
f0146587_21555212.jpg
そんな時のお助けメニューはとうさん特製のフェイジョン。お豆を煮る時に、一緒に煮る腸詰やベーコンから浮いた脂や灰汁を丁寧にすくって捨てるのがコツ、といい出来上がった一皿。付け合わせ野菜も冷蔵庫に余った野菜で十分。この日は変色した白菜を(笑)
f0146587_21433507.jpg
フェイジョンには欠かせないモーリョもたっぷり作ってもらいましょう。
f0146587_21463133.jpg
大変美味しく頂きました~~♪日本でのカレーライスのような感じと言えば分かりやすいでしょうか?昔は苦手でしたが、今では好物になっています。


# by beijaflorspbr | 2016-06-28 22:02 | おうちごはん | Trackback
2016年 06月 27日

気になるサーチワードへの答え(後編)

昨日の続きです。日々の記事の中で、?の付いた検索ワードを取り上げてみました。感想については個人差があるかと思いますが、私の意見としてお聞き頂けたら幸いです。

Q6、ブラジル 住んでみて どう?
f0146587_11570013.jpg
サンパウロの場合で言えば、海抜800メートルと高地にあるので、湿気がなく気持ちが良い日が多いです。物に関しては何もかも不自由なく揃うので、外国の中では住みやすい方だと思います。但し、食生活に関しては和食材(特に日本からの輸入品)は当然ながら高いので、日本に居る時のように、気軽に買って食べるということは叶いません。「少し物足りない」ものの、「何とか幸せに暮らせる」というのが正直な感想です。長年の日本人移民の方々のご苦労により、こちらで作られている豆腐・味噌・練り物・日本野菜などが豊富にあり、食生活を豊かにしてくれている大きな要因なのかもしれません。蛇足ではありますが、トリオさんの両親も田舎で農業をされていましたが、子どもたちの教育のためサンパウロ市内に居を構え、中央市場で野菜の仲買人を長年しながら高等教育を受けさせました。

Q7、カステラ 水あめ ブラジル?
f0146587_11315918.jpg
ブラジルでカステラを作る場合の水あめに当たるものは『Karo』です。お友達のママ友のレシピはコチラです。甘くて優しい味のカステラができますよ~♪
f0146587_11352696.jpg

Q8、アクアマリン ブルートパーズ違いは?

ああ、これも過去の記事で書きましたね。二つの石は、価格も全く違うので注意が必要です。日本では、一般的に薄いブルーはアクアマリン、濃い色の石はブルートパーズと判断することが多いようです。アクアマリンの濃い色は、かなり高価になってしまいますので、値段が高いのがアクアマリン、と判断できるかもしれませんね。何だかお金の話ばかりで嫌になっちゃいますねえ(*_*;

Q9、フランゴパッサリーニョってなに?

この場合のフランゴは鶏肉、パッサリーニョは細かく切ったという意味です。日本の鶏の唐揚げにもう少しニンニクでしっかり味を付けたものと思って頂けたら良いと思います。日本の唐揚げの方が、少し優しいお味がします。でもブラジルのFrango Passarinhoもかなり美味しいので、レモンをたっぷりかけて是非一度お試しくださいませ!
f0146587_11401465.jpg
Q10、サンパウロ 空港 7時間 どうする?

どうしましょうかねえ???サンパウロの国際空港のあるGarulhos(グァルーリョス)は、市内から約40キロ地点にあります。ただ残念なことに、交通手段が複数のメトロ駅行きのエアポートバスか、自動車による移動しかありません。市内と空港を結ぶ列車やメトロの計画はたしかにあるのですが、現在まで実現には至っておりません、平日のサンパウロ市内の大渋滞はつとに有名で、運悪く渋滞に引っかかってしまうと、フライトの時間まで空港に戻って来られない、という悲劇に見舞われます。私も昨年の帰国の際、金曜日の午後4時半に自宅を出たものの、グァルーリョス空港に到着したのが2時間半後の午後7時だったということがありました。もしトランジットの時間が、ラッシュアワーを避けた時間か週末であれば何とか移動は可能かと思いますが、リスクを考えると強くはお勧めできません。今のところ、平日の夕方4時過ぎからはこのような渋滞が夜まで続いています。
f0146587_11484392.jpg
Q11、おまけ・・・サンパウロ エッグタルト

お店はコチラにあります。Casa Mathilde.ああ、書いているうちにエッグタルトを食べたくなってきました~♪すぐ近くに、私の大好きなサンベント教会があります。

ここに挙げたのはほんの一部のサーチワードです。もしご質問などがありましたらご遠慮なくお問合せください。分からないことは調べてお返事出来るかと思います。これからもハチドリブログを宜しくお願いいたします。


# by beijaflorspbr | 2016-06-27 20:00 | サンパウロ生活情報 | Trackback
2016年 06月 26日

気になるサーチワードへの答え(前編)

時々【?】が付いているサーチワードがあり、気になっています(笑)果たして正しい答えは見つかったのか、見つからなかったのか?
f0146587_22433789.jpg
Q1、サンパウロに食器洗いの漂白剤ってあるの? 

ありますよ、Cloro(クローロ)と言います。代表的な商品名はCandida(カンジダ)色々なサイズがあり、どこのスーパーでも売られています。食器や衣類の漂白だけではなく、掃除などにもこちらの人は良く使用します。驚くことに、サラダを洗った後に薄めた漂白剤を入れ、しっかり水でゆすいで虫除けに使う家庭もあります。
f0146587_22441092.jpg
Q2、リオオリンピックに行く?

私は断念しました。参考にならずすみません。W杯、オリンピック、カーニバル、ロック・イン・リオ、国際会議など、外国から大挙して押し寄せる大イベント時には、当然のことながら航空運賃やホテル代が高騰します。もし行くと決めた場合は、遅くとも半年前には予約を完了しないと、一財産失うことになります。それだけではなく、やはり治安問題が一番の懸念材料です。もしリオに行かれる方がおられましたら、ツァーで行くことをお勧めします。リオは間違いなく風光明媚な素晴らしい街ですので、是非1度は行く価値があると思います。でも国際的イベントのない時にどうぞ!
f0146587_22485662.jpg
Q3、税関申告書は必要?

税関申告書は、現在提出をしなくても良いです。U$500,00まででしたら、申告は不要です。500ドルの中に、衣類・本・個人用PC・携帯電話は含まれません。ブラジルに入国する場合は、出入国カード(Cartão de Entrada e Saída)のみです。今まで何度か記事にしていますが、コチラの連邦警察のウェブサイトからダウンロード可能です。記入方法についてはコチラに詳しく書きました。
f0146587_22521929.jpg
両方記入し、入国の際左側だけを提出、右側はブラジル出国の際に再提出が必要です。大切に保管なさってください。

Q4、ブラジルのベーキングパウダーは?

Fermento(フェルメント)と言い、我が家が買っているのはRoyalというメーカーの商品です。良く膨らみますよ。
f0146587_22590717.jpg

Q5、ブラジルで一番美味しいB級グルメは?

「ブラジル」という検索ワードに従うと、ブラジルは広すぎるし、食文化や習慣の違いもあるので簡単に答えは出ません。サンパウロに関しても、どのジャンルのB級グルメか?と言うお話になりますので、やっぱり答えが見つからない…。人によっても全く意見は異なることでしょう。サンパウロの和食に関していえば、私が今まで行った中では、ラーメンなら「あすか」未だに安い値段を維持しているせいか、行列が絶えない人気店です。和食一般なら「甚六」「喜怒哀楽」などでしょうか。相変わらず日替わり定食は良心的なお値段です。「すき家」もB級の王者でしょう。ジャンルを問わなければ、街角のBar(バール)でブラジル式格安定食を食べることも出来ます。水曜日と土曜日はフェイジョアーダ定食もあります。フェイラ(朝市)で売られているパステル(揚げパイ)も庶民の味方のB級グルメですね。たまーに食べたくなる庶民の味です。ブラジルは、世界中の人が仲良く住んでいるので、食べ物も様々なものが楽しめます。もしブラジルに来られる機会がありましたら、日本ではなかなか口にできないお料理を試してみられることをお勧めします。
f0146587_23243557.jpg
検索しながら詳しく書いていると、キリがありません(-_-;)ので、続きはまた明日書かせて頂きます。


# by beijaflorspbr | 2016-06-26 23:25 | サンパウロ生活情報 | Trackback | Comments(0)
2016年 06月 25日

Jardinsのお鮨屋さん「Do(道)」

Metrô Jabaquara駅からAna Rosaで乗り換えて、Consolação駅で下車しました。商店街の並ぶRua Augustaの緩い坂をひたすら下ります。
f0146587_21392793.jpg
レストランLe Vin Bistroで出しているパンを売っているお店(レストランの斜め前)でパンを買いました。ケーキなども売られているので、店の前でお茶も楽しむことが出来ます。最近こういったオシャレなスペースがジャルジン地区にはたくさん設置されています。トリオさんによると、最近市役所の許可が出たそうです。それにしても、サンパウロは道幅が狭いので、何となく欧州とは違う雰囲気なのは否めません。
f0146587_21395040.jpg
最初から計画していたのですが、第一目的は買い物、第二目的がこのお店「Do(道)」でお鮨を食べることでした。お友達に教えてもらったこのお店、過去に3回くらい来ています。どちらかというと、寿司バーといったスタイリッシュな雰囲気の店内。HPを見ると、Pinheiros地区にもお店を出したようで大変な人気店になっていました。
f0146587_21285955.jpg
ランチメニューは1~8.A~Fの中から1品ずつ選んでR$42,00というシステムです。お隣の男性は、既にお酒(東麒麟の冷酒)でご機嫌が良さそう~♪常連らしく、ランチメニューではなく1品ずつアラカルトで頼んでいました。オシャレー!次々に入ってくるお客さんもほぼ全員がブラジル人。これだけ和食の「鮨」が日本からは一番遠いブラジル社会で浸透しているのだと思うと感無量!(笑)そして皆上手にお箸を使って美味しそうに食べていました。私たちはいつものように、8番の手巻き寿司&Dのお鮨盛り合わせをお願いしました。
f0146587_21301744.jpg
このお店、不思議なことに最初に味噌汁とニラのお浸しが運ばれてきます。味噌汁は、陶器の器に入っているので、ちょっと熱い(笑)。お味噌汁の中には、申し訳程度にお豆腐2切れが入っているだけでしたが、体が温まりほっこりしました。
f0146587_21304999.jpg
手巻きを頼んだ時に、「サーモン?マグロ?(Atum)ネギは入れて良い?」と訊かれます。マグロ+ネギ多めとお願いして運ばれてきたのがこれ。海苔もパリパリでした!
f0146587_22142485.jpg
しばらく待っていると、メインのお鮨12貫が…。小ぶりでなんとも美味しそうではありませんか。ネタとシャリのバランスが絶妙で美味しく頂きました。
f0146587_21313546.jpg
トリオさんは。上にワサビ乗っける派、お隣のブラジル人がジロジロ見ていたそうです(笑)お鮨を食べ始めた頃、ついに店内は満席になり、待っている人もいました。食べ終わってすぐに会計をして席を立ちました。お隣の方はお酒をさらにお替りし、まだフォアグラ鮨などを優雅につまんでおられました。その間にも、電話で次々と仕事の指示を出していました。
f0146587_21321686.jpg
いよいよ本来の目的であるスーパーSanta Luziaで、お買い物をしました。このスーパーはわざわざ来て買い物をしたくなるほど、良いものが売られています。お気に入りのものをゲットし、重たい荷物を二人で分けて持ち、バスーメトローバスで難なく帰途につきました。
f0146587_21324845.jpg
トリオさんは、車を買いたいという友人の手助けをするために、ホンダのFloraで下車。Floraの社長さんは長年のお友達です。私は生ものだけを持って、自宅の最寄りのポントで降りました。このポント、まるでタクシーで横づけしたように、コンドミニオの真横にピッタリ停まってくれます。警備員に守られた厳重なドアを3枚通った後はこんな緑豊かな空間を1キロほど歩いて自宅へ…。良いお天気で気持ちが良い。
f0146587_21332424.jpg
なだらかな道が続いた後、坂道を上って少し歩くと、我が家です!ふぅ~良い運動になりました。
f0146587_23150460.jpg
みそくん、ちゃんとお家を守ってくれてありがとうね~♪
f0146587_23160494.jpg
みそももう9歳、おじいちゃん犬になりましたが、日々元気に走り回っています。

皆さまへ
おかげ様で、今日6月25日をもって、当ブログは9周年を迎えました。
駄文ばかりのブログではありますが、いつも応援を頂き、ありがとうございます。
いつまで続けられるのかは分かりませんが、これからもどうぞ宜しくお願いいたします。


# by beijaflorspbr | 2016-06-25 23:17 | サンパウロのレストラン | Trackback | Comments(0)
2016年 06月 24日

ある一日…

愛犬の「みそ」が噛み付いてボコボコにした車を修理に出したため、この1週間車なしで生活をしていました。いよいよ食料品を始め、色々な物が足りなくなったので、意を決して二人でお散歩がてら自宅→(徒歩)→バスポント→(路線バス)→メトロ駅と移動すること1時間半。今更ながら車の大切さを実感しました。
f0146587_23284450.jpg
それでも晩秋という気候柄、お散歩も気持ちが良くて快適そのもの。もっと年を重ねてから足が弱らないように、たまにはこうして理由を付けてでも歩かなくちゃいけませんね。エコバッグを持たされてどんどん前を歩くトリオさん。
f0146587_22290925.jpg
バスがなかなか来なくて、待つこと15分経って漸く乗りました。道路は大渋滞でしたが、バス専用路線をスイスイ走って行き、到着したのは海岸線への中距離バスが多く発着するJabaquara駅。終点の1つ前のポントで降りると、こちらのターミナルがすぐ。昔お友達がサントスに住んでいる時にいつもお世話になったターミナルで懐かしい。
f0146587_22573516.jpg
各銀行共通のATMもずらり、先日トリオさんが初めてこの機械を利用したそうですが、「あまりにも便利でビックリした!」そうです。「機械がね、その銀行になり替わったみたいだった」「???」「だから、わざわざ銀行に足を運ばなくても良いってこと」「ふーん、その前にほとんどの人がネットバンキングを利用しているんじゃないの?」「いやいや、ネットは怖いよ」確かにそうかもしれませんねえ。
f0146587_22261620.jpg
公衆電話がほとんど撤去されてしまった日本と違い、こちらにはまだたくさん公衆電話が並んでいます。電話専用のカードを使用します。カードの持ち合わせのない場合は、コレクトコールも可能です。その場合は頭に「9090」を付けて〇〇(ローカルナンバー、サンパウロの場合は11、リオは21)で電話が掛けられます。
f0146587_22254205.jpg
まだここがスタートなので、これからが勝負です!!

# by beijaflorspbr | 2016-06-24 23:25 | 家族 | Trackback
2016年 06月 23日

アクセス解析の不具合でちょっとイライラ

気にしないと言いながらも、日々のアクセス数はある程度の目安にしています。たくさんのページビューがある人気ブログというではありませんが、長年やっているだけあり、コンスタントにアクセス数を維持しています。果たしてどんなキーワードでここにいらしてくださっているのかが知りたくて、結構頻繁にアクセスするのが、管理画面のアクセス解析なのですが、昨日目覚めた時から全くカウンターが動かずおかしいな?おかしいな?と思っていたら、やはりエキサイト側のサーバーの不具合でした。原因が分かってちょっとホッとしています。以下がエキサイト側からのお知らせです。
---------------------------------------------------------------------------------------
いつもエキサイトブログをご利用いただきまして誠にありがとうございます。

6月22日(水)14時30分頃より、すべてのユーザーの皆様のアクセスレポートにおいて不具合が発生しております。本日中には改めて取得できるよう、修正作業を進めております。復旧まで今しばらくお待ちいただけますようお願いいたします。

【発生事象】
アクセスレポートが正常に表示されない
(例)6月22日(水)分の「アクセス数」「訪問者数」が少なく表示される
(例)本日(6月23日(木))の「今日の訪問者数」が0と表示される

【影響範囲】
ブログを開設しているすべてのユーザの方(PC/SP 両方)

【障害原因】
調査中

この度はご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。一刻も早い復旧に向け、鋭意調査を進めております。更新情報に関しましては、判明次第こちらの記事にてお知らせいたします。
--------------------------------------------------------------------------------------- 
全ブログが同じ状態だったのなら諦めもつきますね。いつもいつも拙い当ブログを見にいらして頂き、感謝申し上げます。日々の普通な暮らしの中でどんな発見があるのか、しっかりとアンテナを張ってこれからも続けさせて頂きますので、宜しくお願いいたします。
少し寒さは和らぎ日中は温かくなってきましたが、朝晩はかなり冷え込むサンパウロです。そんな中、昨日のローカルニュースでこんな記事を発見しました。サンパウロ市の福祉の一環として、路上生活者が寒い思いをしないように配っている毛布が大量に放置されている様子をレポートしていました。何とも悲しい山です。日本で良く見かける晴れた日のビニール傘の放置に良く似ています。必要が無くなったからと、放置する行為は見苦しいものです。
f0146587_21263868.jpg
折角の好意がこのように踏みにじられてしまっている現状に少し悲しくなってしまいました。物を粗末にする有様は決して見ていて気持ちの良いものではありません。そんなに几帳面と言う訳ではない私ですが、行って放置された毛布を畳んであげたいな、なんて思ってしまいました。ところで、皆さんは飛行機を降りる時、毛布を畳んで席を立ちますか?私は畳む派です。どうでもよいことが気になるお年頃です(笑)。「立つ鳥後を濁さず」なんて先祖の教えがどうしても頭を離れず困っています。


# by beijaflorspbr | 2016-06-23 21:40 | その他 | Trackback
2016年 06月 22日

寒い日でもジェラート=Bacio di Latte

冷え込みが厳しくなったある週末、家族のお買い物に付き合うためにSao Paulo SP Marcketに車を停めて、お隣にあるMorumbi Shoppingへと道を渡ってやってきました。庶民的な衣類のお店C&Aは家族が大好きなお店、日本で言えばUNIQLO?季節ごとに新しい商品が出るそうです。ファッションに全く興味のない私は、椅子を見つけひたすら待ちました。この日は10℃以下に冷え込んだせいか、分厚いジャケットやコートを買い求めている人がたくさんいました。
f0146587_22521396.jpg
お買い物も済んだので、お隣りへ移動中にふと「アイスクリーム食べて行く?」「そうだね。。。」
f0146587_23072920.jpg
本格的ジェラートのお店Bacio di Latteはかなりの行列。一番小さいカップはR$11,00なので、また少し値上がりしました。
f0146587_22521857.jpg
好みのジェラートを3種類選ぶことが出来ます。味見もOK!いつもすごく迷うこの瞬間が結構楽しい。
f0146587_22541986.jpg
お店の奥にはゆっくり座る場所が設けられています。この日は6月12日ブラジルでは恋人の日で、たくさんのカップルで賑わっていました。
f0146587_22542453.jpg
バニラ・ピスタチェ・ベルギーチョコの3種にコーンも付けてもらいました。相変わらずの美味しさ~♪
f0146587_22542897.jpg
外はすっかり暗くなりました。そろそろ帰ろうかな?お隣のショッピングンセンターのTok e Stokで取り置きしてもらっていた椅子を受け取り、家に戻りました。

# by beijaflorspbr | 2016-06-22 23:16 | サンパウロのレストラン | Trackback
2016年 06月 21日

おもちゃ箱整理

昨日のこの記事を見て驚きました。リオ五輪まで2か月を切っているのに、未だホテルどころか搭乗便の確保も出来ていないとは…。大人のすることとは思えません。確かに知事問題で揺れに揺れたとはいえ、それとこれとは別の話。例えばカーニバルなどの国際的な大イベントがあるリオのホテル事情は、大変厳しいものだというのは周知の事実です。我々も、今年の2月にカーニバルに行きましたが、行き帰りの往復航空券は10か月前、ホテルは8か月前に抑えました。治安の問題からリオはホテルのロケーションが特に大事なので、比較的安全で移動も容易いコパカバーナやイパネマ、レブロンなどの海岸付近に宿を取ろうと思ったものの、一泊5万円以上と目が飛び出るほど高かったので、セントロにある4つ星のNovotelで妥協したという経緯がありました。熟考に熟考を重ねた結果、家族とそう決めました。その代わり、全ての移動はタクシーを使いました。日本の議員さんのホテル予算が2万円弱と訊き、耳を疑っています。サンパウロ市で、何も特別なイベントがない場合でしたらその値段でもブッキングは可能かとは思いますが、大きなイベントの際は到底無理かもしれません。リオのホテルブッキングで良くあるのが、Pacoteと呼ばれ、最低3泊から10泊というものが実に多く、前出のホテルも最低2泊という条件で予約したと記憶しています。東京都も今後一体どれほど費用が加算されていくか、都民の皆さんは当分目が離せませんね。元々リオは観光客の数にホテルの部屋数が付いて行っていないと昔から言われています。五輪まで2か月を切ったところで、焦って探すという行為はある意味危険でもあります。『治安問題』を絶対に忘れないよう、安全に過ごされることを祈るばかりです。それに、余計なお世話ですが、こちらでは決して病気にならないよう、体調を整えていらしてください。つい最近こんな事件がリオの病院で起こっているくらいですので。

さて、ニュースでビックリばかりもしていられません。身辺整理と言う訳ではないのですが、子どもたちが幼い時に使ったおもちゃがないか、と家族に訊かれ、少しずつ整理を始めました。毎週水曜日は、リサイクルゴミの日なので、2袋~4袋を出すようにしている中で、愛着のあるものや、まだ十分に使えそうなおもちゃをピックアップしました。まずは洋服を取って本体と共に洗われたシルバニアファミリー、何十年も経っているのに可愛さは不変です。
f0146587_23072893.jpg
真っ黒だったシュワッチくんも綺麗になりましたね。
f0146587_23072958.jpg
おもちゃを手に取ると、これで遊んでいた幼い子どもたちのことがしきりに思い出され懐かしくてしばしタイムスリップしてしまいました。
f0146587_23073703.jpg
男の子って、車→ロボット→プラモデル(ミニ4駆)→ゲームへと移行して行くんですね。おもちゃを見ていると変遷が良く分かります。残念ながら我が家にはなんでも鑑定団に出せるようなおもちゃは皆無でした(-_-;)が、比較的状態の良いおもちゃで、たくさんの子どもさんが喜んでくれたらいいなあ、と思い分けたもののいくつかは診療所へと運ばれました。ちゃんちゃん!


# by beijaflorspbr | 2016-06-21 23:22 | 家族 | Trackback