2015年 04月 26日

過ぎ去った日々が走馬灯のように…。

暇なようで案外そうでもなく、時間があるとじっとしていられない貧乏性の性格はちっとも治りません。帰国して早25日が過ぎ、折り返し地点にちょっとだけ焦っています。5月に入ると、大きなイベントも控えていますので、ちょっとだけ緊張気味です。今回帰国をして、こちらの家の設備投資!?(新しい電子機器の導入)やら色々なメンテナンスを進めていますが、まだ越えなくてはいけないハードルがありますが、子どもたちとも力を合わせて乗り越えて行きたいと思っています。今日は朝から息子と一緒に大阪市内をウロウロしながら用事を済ませた後、梅田から出ているシャトルバスに乗って大塚家具へ行ってきました。設備投資の一環に、ソファーベッド購入と言うのがあり、あちこちの家具屋さんを渡り歩いているのです。こんな時、車がないととっても不便です。その後、デパートで買い物を済ませ、飛ぶようにして家に戻り、気の置けないお友達5人と近所の割烹で夕食をご馳走になりました。今回は大塚家具だけではなく、コストコ、イケアなどの大型店舗にも行く機会があり、日本の豊かさを垣間見ることができました。私もサンパウロ行きの食材を思い切り大人買い(爆買い)してきました。後どうするんだろう?という不安も残りますが、取り敢えずは重たいもののみ船便を1個口出して様子を見ようと思っています。あれもこれもと欲張らず、今家族に何が必要かを考えてお買い物を続けたいと思います。ということで、今夜は時間いっぱいでまたもやブログ記事をきちんと更新できないことを心よりお詫び申し上げます。明日は従兄の退職お祝いランチ会を我が家にて行う予定です。春は新しい出発やお祝い別れが多々あり、何となく慌ただしいですね。それでは、今宵はおやすみなさいませ。明日は5時起きで調理にかかる予定です。甘いものをしっかり摂りつつ頑張ろうっと(^-^)/
(あべのハルカス鶴屋八幡ティールームにて)
どんなに忙しくても、食欲は落ちません(笑)

Tags:# 

# by beijaflorspbr | 2015-04-26 23:58 | 日本
2015年 04月 25日

検索ワードからサンパウロの強盗事件を知る

ここ数日、大変検索が多かったサンパウロのレストラン栄(しげ)。治安の悪い国のこと、何かあったかな?と訝しんでいるところに、サンパウロ総領事館から被害状況のメールが送られて来ました。詳細は次の通りです。

1 発生日時:4月21日(火)午後7時頃
2 発生場所:パライゾ地区にある日本食レストラン
3 事件概要 パライゾ地区にある日本食レストランに3名で入ろうとしたところ、賊3名が店内で客らに拳銃を突きつけ強盗を行っていた。邦人被害者3名は賊らに強制的に店内に引き込まれ、現金、時計、携帯電話等を奪われた。犯行は5分程度で、賊はすぐに店から逃走した。その後、警察は盗まれた客の携帯電話のGPS機能で居場所を割り出し現場に直行、銃撃戦の後、賊の1名が死亡、残り2名が逮捕されたとの由。なお、奪われた品は本人に返却された。
4 物的被害:財布(現金、クレジットカード等)、腕時計、携帯電話
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ニッケイ新聞の記事はコチラ
(昨年の今頃の時期に栄で食べたお昼のお弁当です。同店のお昼の定食はかなり評判が良いです)

同店は、日本人駐在員の多く住むパライゾ地区のど真ん中にあり、私自身も何度も行ったことのある愛着のあるお店です。若い日系人夫婦がお店を切り盛りしており、お寿司や天ぷらの他、美味しい家庭料理が提供される人気店でもあります。サンパウロの夜は細心の注意を払って行動しないといけないのだということを、こんな悲しい事件が思い起こさせてくれるのかもしれません。被害に遭われた方にお見舞を申し上げます。

蛇足ですが、今日本に居てもブラジルの家族のことが猛烈に心配ですし、トラウマなのか、日本にいて夜一人で歩いていてもちょっと怖いと感じることも多々あります。100%安全ではないと知っていますが、どこに居てもやはり緊張感を欠かさないようにした方が良いのでしょうね。色々考えさせられたサンパウロの強盗事件でした。


# by beijaflorspbr | 2015-04-25 18:47 | サンパウロのレストラン
2015年 04月 24日

急な用事で東京一泊旅行②ホテルサンルート新橋にチェックイン

羽田空港から都内への移動は、車窓からの景観が好きなので、いつも東京モノレールを使います。幸い空いていたのでのんびり鈍行で楽々移動。
まずは今宵のホテルへチェックイン。今回はどうしてもあちこち検索をしてもホテルが取れず、会員登録をしていたサンルートチェーンにアクセスして何とか予約を取ることが出来ました。何とサンルートに泊まるのは2年ぶり!!この日はよほど需要が多かったせいか、どこのホテルも満室で、予約を取るのに大変苦労をしました。この日は、仕事目的で行ったのと、待ち合わせを私の宿泊ホテルにしたため、お目にかかるお相手の勤務先近くである銀座界隈に取る必要がありました。もちろん、とても高価なラグジャリーホテルはいくらでも空室がありますが、私には分不相応です。新橋駅から見事に咲き誇る八重桜を見物しながらゆっくりとホテルへと向かいました。
港区立生涯学習センターに隣接する桜田公園をショートカットすると目の前がもうホテルです。細長いかなり立派なホテルでした。
今宵の宿泊先は、ホテルサンルート新橋。高層階レディースルームの禁煙室を抑えました。カード式キーで、エレベーターに乗る時もカードキーを翳します。レディースフロアーに降り立った時も、もう一度カードをかざすシステムなので安心です。ベッドから洗面所がスケルトンで見えます(^^)
ベッドもフカフカで気持ちが良さそう~♪サンルートのベッドは既に経験済み。
洗面所はごくごく普通のユニットバス。でもこれで十分です!!
レディースルームには、お肌の手入れグッズがいくつも備えつけられていました。一応私も女性なので(コホン!)どんなものか、一応全部試してみました(^-^)v乾燥肌がちょっと潤った気がしたのは気のせいか!?
ホテルでゆっくり遊んでいる暇はありません。荷物を置いて、御徒町の職人さんにお願いしていたものを取りに走って行きました。用事を全て済ませてホテルに戻ると、外はもう暗くなっていました。東京タワーがすぐ近くの絶好のロケーション。
この写真を撮った後、約4時間ほど真剣に仕事と向き合い、緊張の時間を過ごしました。幸い仕事はとても順調に済み、お客さまとお別れをしたのは午後8時過ぎでした。ホッとしたら急にお腹が空いてしまいました。コンビニ食ではいくらなんでも味気ないので、あてもなく銀座方面へと歩いて行き、中華料理の桃花源に何となくふら~っと入りました。思ったよりも豪華かつ立派なお店で、ちょっと腰が引けました。
勇気を出してお願いしたのは、海老の焼きそば一品のみ。意外に心臓が小さい私。。。ビールの小瓶もお願いし、ひとりでこっそり乾杯をしました。
この焼きそばは、薄味で大変美味しく、最後まで頂く事が出来ました。大きな仕事を終えた達成感から、このお店で頂いたこの一杯の焼きそばは忘れられない味になりました。食事後、お店の人と熊本のことをちょっとお話をし、ホテルにゆっくり歩いて帰りました。ちょっと冷たい風が頬に当たり、ほんのり酔っぱらった体に心地良くて、思いの外気持ちの良いお散歩になりました。結局、ホテル・サンルート新橋に泊まることにしたのは、大正解だったなと思いました。翌日はもうお昼の便で大阪に帰るだけです。ホテルのチェックアウトも会員特典のお陰か、レイトチェックアウトで午後1時まで滞在可能とのこと。さあ、何をしようかな?せっか東京に来ているんですものね。心地良い疲れと共にぐっすりと休みました。


# by beijaflorspbr | 2015-04-24 21:36 | 日本国内旅行
2015年 04月 23日

急な用事で東京一泊旅行①NH026便 伊丹→羽田

漸く風邪が快方に向かった頃、東京のお客さまからお呼びがかかりました。それがあまりに急だったため、交通手段やホテルを確保するのにも相当苦労をしました。東京も大阪も外国人観光客が大挙して来日している影響がこんなところにも。結局マイレージが残っていたANAの席が辛うじて取れたので一安心。地元駅から私鉄で30分、空港リムジンバスに乗り、伊丹空港に向かいました。
阪神高速が空いていて、30分弱で伊丹空港に着きましたが、いつもの北と違い南ターミナルANA側へ行かなければいけません。
ちょうどお昼前だったので、大好きな「かつくら」でがっつり揚げ物定食を食べることにしました。これも体力が回復した証拠~♪良かった良かった!まだお昼前で店内は空いていました。食べ終わる頃、お隣さんも徐々に埋まって行きました。
ゴマを擂ってソースを器に入れて食べる用意をしましょう。おソースは2種類から選べます。
お昼のランチ、1080円の「レンコンの豆腐湯葉はさみ揚げ」をお願いしました。日本の定食は本当にリーズナブル。ごはん、お味噌汁、キャベツはお替り自由だそうです。カツが柔らかくて何とも美味しいこと!お味噌汁だけお替りをして、大満足でお店を後にしました。いいなあ、かつくら。相変わらず良い仕事をしています。このお店、お勧めです!
搭乗までもうちょっと時間があったので、恒例の展望台で飛行機観察…。
残念ながら小さい飛行機しか居なかったので、諦めて搭乗手続きをして中に入りましょう。今度は、東京行きの大きな飛行機Boeing777-200機が目の前に!!急にテンションアップ!
いよいよ搭乗、という段階で、たーーーくさんのANAの上級会員さんが列を作られましたので、平会員の私はかなり後の方から搭乗しました。
青を基調とした落ち着いた座席、お昼過ぎの便のせいか、かなり空いていました。空いている飛行機大好き!!(*^^)v
もう座った途端、物珍しくて片っ端から読む、触る、チェックする…(笑)クラッシック音楽を聴きまくる。。。ANAはSKYTRAXで3年連続5スターを獲得したのも記憶に新しいところです。私も今は日系(主にJAL)でブラジルー日本を往復していますが、ANAを使わない(使えない)一番の大きな理由が、手荷物の許容量の少なさです。どうしても、海外生活にはたくさんの和食材や書籍などの買い出しをする必要があり、それらを運ぶ一番の手段が飛行機に載せることなのです。JALは、自身がJALGCMということもあり、エコノミーでも32キロ×3個持てるのに比べ、ANAは23キロ×2個と、南米線乗り継ぎに対しても、何ら配慮や改善がされておらず、どうしても現状ではJALしか選べない現状です。とても残念なことなのですが、、、。
座席指定をする時に、またもや失敗したのは、席がモロ翼の上だったということ…。それでも何とか富士山を拝むことが出来たのは幸いでした。
客室乗務員の制服も変わり、新鮮な感じ。ANAのCAさんは、相変わらず若い方が多い!(笑)
到着予定時刻を少し過ぎ、立派なANAのターミナルに降り立ちました。
まるで国際線でパリかニューヨークにでも到着したような高揚した気分。
ANAの空の旅も最高に快適でした。日系エアラインのレベルはやはり最高です。私は海外在住者なので、飛行機に乗る機会が非常に多いのですが、出来ればANAとJALの両方の上級会員を狙っていました。ところが、スターアライアンスグループは、マイル付与率の低さ、手荷物許容量の少なさなど、あまりにハードルが高過ぎて達成できなかったのは痛恨の極み( 一一)もしも、ANAがサンパウロ直行便を飛ばすようなことがあれば、上級会員への道もより近くなろうというものですが無理でしょうか!?さて、預けた荷物を受け取って都内へ急ぎ移動をします。


# by beijaflorspbr | 2015-04-23 22:18 | 飛行機 | Comments(3)
2015年 04月 22日

兄との癒し時間@スーパー銭湯

帰国してすぐに、兄にお誘いを受け、温泉に行ってきました。温泉と言っても今流行りのスーパー銭湯ですが、一部天然温泉を引いているところもあるので、十分に温泉気分を味わうことが出来ました。何より帰国したばかりで疲れがたまっており、この時の温泉は格別に有難く思いました。隣接されたレストランでランチをご馳走になりました。飲兵衛兄妹は「取り敢えず1杯」の生をば!旨い!!何とこの日はビール半額キャンペーン中だったので、もちろんお替りしちゃいました!
私は調子に乗って黒毛和牛のステーキセットをお願いしました。
日本のお肉は本当に美味しい!!200gですから、到底自分一人では食べ切れるものではありません。皆でシェアして美味しく頂きました。
兄貴は、最近痛風になったと言うことで、地味にお酒のおつまみ系しか食べません。牛タンと大蛤。
さすがにこれじゃ寂しいので、サザエの壺焼きも注文。
これにカレイのから揚げをお願いしました。骨まで綺麗に食べられます。
デザートはアイスクリーム~♪兄貴との癒し時間は最高でした。兄との時間は、帰国したことを実感させてくるものでした。兄自身も長い海外生活から帰国して日本に居てくれ、いつもこうして会えるのは有り難い限りです。ありがとうね、お兄ちゃん♪

Tags:# # 

# by beijaflorspbr | 2015-04-22 22:29 | 家族
2015年 04月 21日

日帰り京都旅⑤東山駆け足観光

案内役のMさんが迷わず車を入れたのは、お煎餅屋の播磨屋さん。ここでお煎餅を購入すると、コーヒーが無料で頂けます。
コーヒーを飲みながらふと見ると、京都御苑の正面玄関が良く見えます。
コーヒーを飲み終わって車に乗り込むと、消防車のけたたましい音が聞こえてきました。緊急車両に弱い私、ずっと見ていたかったのですが、スケジュールが詰まっていたためそこを後にしました。
車内で「そうねえ、春と言えば哲学の道は外せないわねえ」と私が無理難題を言うと、Mさんが「じゃあ、そのすぐ横を通りましょう」と優しく言ってくれました。
銀閣寺へ繋がる道と哲学の道とを分けるところには、大勢の人また人…。
やはりこの日が満開だったようで、本当にラッキー
いつもこの時期には苦労をする移動も、車だとスイスイでした。次も私の希望で高台寺へ。高台寺の駐車場に車を入れて、ここから少し散策します。
高台寺の中には入りませんでしたが、牛を触ったり絵馬を見たりしてゆっくりしました。
とても京都らしい光景、たくさんお外国人観光客もきっと大喜びだったことでしょう。
お喋りをしていると、あっという間に円山公園に着きました。あまりに有名な円山の枝垂れ桜。この枝垂れも、佐野藤衛門さんの「植藤造園」が面倒を見ているそうです。
途中で見た着物姿の外人さん、得意げにポーズをとっていました。
ピンクばかりを見ていると、ユキヤナギの白が新鮮に映ります。
でもやっぱり春は桜が本命中の本命!!
いつも気になる、「湯豆腐」の看板のある小さな家、何故看板があるのに開いていないんだろう?と気になって仕方がありません。
最後は、お漬物のニシダヤさんに寄って、京都駅に送ってもらいました。
Mさんと午前中に合流して、一日中お世話になってしまいました。神戸生まれのMさんの京都生活はかれこれ30年になろうとしているそうですが、しなやかで逞しいその姿にすっかり感銘を受けました。最近は季節ごとに親切に声を掛けてくださるので、ご厚意に甘えっぱなしですが、大好きな京都を効率良く回ることが出来るのはひとえに彼女のお陰です。Mさん、ありがとうございました。また会える日を楽しみにしています~♪長々と日帰り京都旅を綴ってしまいましたが読みにくくてすみません。

# by beijaflorspbr | 2015-04-21 23:54 | 日本国内旅行
2015年 04月 20日

日帰り京都旅④湯葉ごはん

佐野藤右衛門さんが一般に開放して下さっている場所から至近距離にある「ふる里」というお店に予約を入れてくれていました。間口は狭いもののかなり立派な一軒家です。
広いお庭には緋毛氈がアクセントになったスペースがありました。
中もとっても落ち着いた雰囲気でした。Mさんが予約してくれたのは、数量限定の湯葉丼。筍の煮物と一緒に出されました。
疲れたところにお出汁の効いた丼は、絶品でした。あっという間に平らげてしまいました。京都と言えばお豆腐そして湯葉がどうしても食べたくなります。次は東山を目指してMさん号は走り出します。京都の狭い道を、スイスイ走るMさんには感心しました。まだもう少し続きます。

Tags:# 

# by beijaflorspbr | 2015-04-20 21:20 | 日本の美味しいもの
2015年 04月 19日

日帰り京都旅③嵯峨野の桜守・佐野藤右衛門さんのお庭

今回の日帰り京都旅の前に、教え子のMさんに「佐野さんのお庭をメインに見たい」という希望を伝えておきました。前回は、時期的に桜が散りかけているタイミングでしたので、今回の満開時とは大違いなんだろうなと期待が膨らむばかり。そしていよいよ佐野さんのお庭(植藤造園庭園)にやってきました。佐野藤右衛門さんについては、こちらをご参照ください。
もう見事!とかステキ!!なんて陳腐な言葉では到底表現できません。
もうこんな素晴らしい桜の前では、言葉は邪魔です。拙い写真ですが、少しサイズを大きくして連続でご紹介させて頂きますね。
一般道に沿ってある庭園、しかもお出入り自由と言う大盤振る舞い。可憐な桜の乱舞に癒されました。
今年の桜はもう見なくても良いかな?というほど、ここで堪能させて頂きました。ああ、本当に桜って綺麗~♪かれこれ1時間ほどいて、漸くお食事です。


# by beijaflorspbr | 2015-04-19 21:51 | 日本国内旅行 | Comments(2)
2015年 04月 18日

すみません

もし私の家族やお友達がここを見ていたら心配するかもしれませんが、昨晩は我が家でお友達と夕食会をして、お喋りに夢中になって完徹をしてしまったため、記事を書くことが出来ませんでした。毎日覗きに来てくださっている方、すみません。今夜も大切なアポイントがあり、大阪市内まで出かけておりました。帰宅したのが午後10時少し前。そんな状態では到底ブログ記事も更新できません。明日からまた仕切り直してきっちり書かせて頂きます。限られた日本滞在を有意義なものにするためにも、一日一日を大切にしていこうと思っています。今夜はもう体がボロボロ目もショボショボなので、早めに休ませて頂きます。年を感じます。すみません<(_ _)>
明日から京都紀行始めさせて頂きますね~♪


# by beijaflorspbr | 2015-04-18 23:26 | その他
2015年 04月 16日

日帰り京都旅②化野(あだしの)念仏寺

明日のお昼・夜と2回お客さまを招いているため、今日はスーパーでお買い物、郵便局、美容院へ行ってきました。お昼はパトちゃんと近所のラーメン屋さんで美味しいラーメンに舌鼓でした。今日のうちに調理できるものは済ませたので、明日はきっと楽勝かな?でもちょっと疲れ気味です。

さて、嵐山の続きです。Mさんの義両親の菩提寺でもある『化野念仏寺』に来ました。ここの枝垂れ桜は見事なのですが、私たちが行った4月2日はまだ蕾の方が多くて、ちょっと残念。
とはいえ、さすが京都の紅枝垂れ、開花しているところもあり、無我夢中でズームして撮ってみました。
「健康で長生きできますように!」延命地蔵尊に一生懸命拝みました。命と向き合う大病をしただけに、命の重さや尊さを知っているつもりです。
色彩的に綺麗だからでしょうか、外人さんがこの提灯に皆カメラを向けていました。
優しいお顔のお地蔵さまにも手を合わせて…。
一番高台にはお墓があります。その途中はこの通りの見事な竹林
最近は嵐山に来るたびに連れて来て頂いている心地着くお寺です。この格言は大変印象的。
人生をやり直すことはできないのならば、今を精一杯生きるしかないのかな?この時そんなことを思いました。さて、次はいよいよ京都の中でも『隠れた桜の名所』として知る人ぞ知る桜守さんのお庭へ…。これが今回のメインイベントなのですもの。あーーーー楽しみです。


# by beijaflorspbr | 2015-04-16 23:31 | 日本国内旅行