2014年 10月 25日

2014年10月ブラジル→日本搭乗記④JAL003便JFK→NRT搭乗記前半

サンパウロからニューヨークまでのAmerican航空のディレイのため、乗り継ぎ時間が40分ほどと切迫した中、優先搭乗で機内に入りました。入った瞬間「随分小さい飛行機!」という印象。B777-300よりもうひとつ小ぶり、これで国際線を飛ばしているんだ…別の感慨を受けました。座った場所は、エコノミーの前方2-4-2の左側の通路C席。横のA席には誰もいません。ついでに言えば、右隣の4席も空いていました。隣に移っちゃおうかな?とも思いましたが、初B787-8ドリームライナーなので、景色や雰囲気も味わいたいと思い、そのまま留まりました。ほどなく若い女性が4席の一番右側に座り、こちら側のD席に大きな荷物をボンと置きました。こりゃ、確信犯だな、と分かりました。こうすると、誰も座らないということが分かっているかなり旅慣れた人の手法なんです。私自身も過去に何度もやりましたから(笑)そんなことができるくらい、この飛行機はガラガラでした。
もしこの飛行機をこのままサンパウロ線に持っていったら間違いなく毎便ほぼ満席になることでしょう。もったいないな、と思いました。経済発展著しいブラジル、特に経済都市のサンパウロには多くの日系人や駐在員が住んでおり、当然ブラジル⇔日本間の移動に頭を悩ませています。昔の駐在員のように、「3年に1回の帰国権」など現在ではないに等しく、昔の駐在員よりもより頻繁に一時帰国を繰り返しています。もしそんな時に、JALまたはANAの日系航空会社があれば、間違いなくそれらを選択することでしょう。一日も早い復活を望むばかりです。窓は少しずつ明るくなったり暗くなったりするもの、飛行中ずっと日が顔に当たり、結構眩しかったなあ。。。
翼も小さめ、何もかもコンパクトで可愛い飛行機だな、と思いました。
離陸し、水平飛行に入ってからすぐにお食事の時間です。まずは飲み物、白ワインにトマトジュースをお願いしました。
お煎餅美味しい~♪
満面の笑みの客室乗務員さんが機内食を配り始めました。すごい、きめ細やかなサービス、日本人で良かったなんて何の脈略もないことを考えていました。この4年TAM、ANA(は別格)、エミレーツ、ルフトハンザ、カタールと色々なエアラインを経験し、その結果機内サービスには「多くを期待しない」と結論を出してしまったので、このJALの行き届いたサービスはとても新鮮なものでした。
機内食が運ばれてきました。昔より格段に良くなっています。2010年、最後に乗った直行便の機内食は、それこそ到底褒められたものではありませんでした。それでも、空腹を満たせたらそれで十分、感謝しなくては。
残念ながら機内食に関してだけは、後発のANAに軍配が上がるかと思いますが、すごく頑張っている印象を受けました。豚肉の卵とじごはん添え、ポテトサラダ&スモークサーモン、コールスローサラダ、そば、アップルクランブルチーズケーキでした。
かなりの空腹で、一生懸命食べましたが美味しかったなあ。。。。それなのにその後、「デザートのアイスクリームでございます」カチンコチンで食べられないので、しばしじーっと見つめるだけ(笑)
最後は温かい日本茶でほっこり。。。その他、コーヒーも頂きました。
食べ終わったらまたすごく眠たくなって爆睡しました。エンジン音が耳に心地よく、本当にぐっすり眠れました。しかし・・・神様は時として試練を与えるんですねえ。。。また世にも恐ろしいあれが我が身を襲ってきました(@_@;)続きはまた明日。


# by beijaflorspbr | 2014-10-25 20:57 | 飛行機 | Comments(0)
2014年 10月 24日

2014年10月ブラジル→日本搭乗記③ニューヨークJFK空港で乗り替え

アメリカン航空950便は、サンパウロを2時間半遅れて出発しました。ところが、ニューヨークに着いた時は、遅れを1時間半縮めました。それでも次の成田行きのJALに乗るためには、たった2時間しか乗り継ぎ時間がないという状況。あのニューヨークJFK空港のイミグレーション(入国管理)の長蛇の列はあまりに有名です。昔サンパウロと日本とを直行便で繋いでいた時すら、あまりにも行列が長くて、飛行機にそのまま走って乗りこむ人多数という有様でした。私も時間が切迫していて、何度もラウンジに入り損なった経験がありました。飛行機がこのせいで遅れたこともありました。乗り継げなかったらどうしよう?と心配しながら降機すると、係員のお姉さんが「成田行きに乗り継ぐ人は申し出てください!」と叫んでいるではないですか。「はい、はい!」と手を挙げると、「あなた◎◎さんね?」と名前を呼ばれ、こんなExpress Connection」と書かれた超派手なカードを渡してくれました。
「このカードは常にしっかり持っていなさいよ!」と注意書きがあったので、しっかり持って移動。イミグレーションブースは案の定混み合っています。係員にオレンジカードをピラピラ見せると、「はい、こっちこっち・・・」一番前の列に優先的に並ばせてくれました。ところが、入国管理官がいやーーな感じのおじいちゃんで、前の人も随分手間取っています。何やら色々なことを質問しているようでした。急いでいるのに5分以上も待って(他の列はスイスイなのに・・・)そのおじいちゃんのところに行くと、案の定「パスポートカバーを外せって言っただろ!」と来た。「Sorry」「で、あんたは日本へ何しに行くの?」「子どもたちがいるから会いに行くの」「他に目的は?どれくらいいるんだい?」うそ・・・私あなたの国通過するだけだよね、自答してしまいました。「帰りはいつごろ?」えええええ???なんだこれ。憮然としてなかなか解放してくれない。赤いカードをチラつかせたってちっとも動じない係官。拘束時間が思いの外長くて焦りましたが、ほんの5分くらいだったかもしれません。前のおじさんの半分くらいの時間で漸くポンポンとハンコを付いてくれました。ほっ!でででも・・・次はスーツケースだ!この空港のカートは借りるだけで5ドルかかると訊いたので、二つのスーツケースにキャリーの合わせて3個を、何とか2本の手でコントロールしながら税関まで進みました。私のボロスーツケースは、時々造反してあらぬ方向へ進もうとします。あらら・・・こらこら・・・なんて慌てていた謎のおばさんはこの私です!(^-^)税関も何とか通過したものの、相変わらず気まぐれなスーツケースはあっち行ったりこっち行ったり…。ああ、もう!とイライラし、やっぱり5ドルでもカート借りりゃ良かった、なんて猛省していると、200mくらい進んだところに「コネクション、コネクション」と大声で叫んでいる複数の係員がいます。「NARITA?」と訊くと「そうよ、ここで預けてね」と言われほっとしました。なーんだ、やっぱりカートは要らないんじゃん。無事重たいスーツケースを2個預けて身軽になった後は、初めてのエアトレインに乗って第1ターミナルに移動することでした。最初、キョロキョロしていると、Air Trainの文字発見、エスカレーターに乗って、進んでいると、本来降りなくてはならない2階を通り越しちゃった。反対側から下に降りている警備員のおじさんに「エアトレインはどこ?」と尋ねると、「ああ、そこ上っちゃだめだよ、もう1階下の先だよ。まっすぐ行って右を進みなよ!」と親切に教えてくれました。そのおじさんの言った通りに進むと、ちゃんとトレインの乗り場がありました。いやはや・・・こんなに簡単なんだ。。。ゆりかもめのように、2本線路があり、どっちかな?どっちかな?と迷っていると、また他のおじさんが現れ「Terminal1はこっちでいいんだよ」と教えてくれました。このトレインは、逆回りで、8→7→6と回っていきました。もし逆周りでも、1周が10分と聞いていたので、安心して乗っていました。そうそう。。。撮影しなくちゃ。漸くカメラを取り出して撮った一枚
あまり人が乗っていなかったので、案内板をしっかり見ていると、JALは1と書いてありました(当り前か・・・)
そのうち、「まあ、椅子まで飛行機!可愛い~♪」と思う余裕すら出てきました。
Air Indiaという珍しい飛行機も目撃
結構エアトレインで楽しんでいたのに、あっという間にターミナル1に着いてしまいました、残念!でも早く乗り継ぎターミナルに行かなくちゃ。
またその辺の人に荷物検査場の場所を訊いて、荷物検査後、漸く見覚えのある場所にやってきました。すぐにサクララウンジに入ろうとすると、私の名前が呼ばれているではありませんか。何か悪いことしたっけ?(笑)実は、荷物検査場に入る前に、JALのカウンターで、残りの旅程のチケットを発行してもらわないといけなかったそうです。知らなかった。。。てっきりサンパウロで発券されたものが有効かと安心してしまっていました。この時サウララウンジで、ニューヨークー成田、成田ー伊丹の搭乗券が渡されました。ラウンジに入ったものの、ひどく疲れて何だか急にお腹が痛み出しました。ラウンジ内の化粧室で洗面をし、何も飲み食いしないまま、搭乗時間が近付いたので、ゲートへ急ぎました。既に優先搭乗が始まっており、チケットを見せたらすぐに飛行機に乗せてくださいました。「おかえりなさいませ!」「そうそう、私はね、4年ぶりにJALに帰ってきたのよ」と言いたかったけれど、言ってません(^_-)-☆さあ、次は楽しみにしていたJALの搭乗記に続きます。

★今日は教え子が、気仙沼から水揚げされたばかりの秋刀魚をたくさん送ってくれました。折角だからと、時間をかけて丁寧に下拵えをして、秋刀魚ご飯、秋刀魚のお刺身、秋刀魚の塩焼き、秋刀魚のフライと秋刀魚づくしの料理を、兄夫婦と久しぶりのNちゃんを呼んで我が家で美味しく頂きました。楽しかった~♪


# by beijaflorspbr | 2014-10-24 23:29 | 飛行機
2014年 10月 23日

2014年10月ブラジル→日本搭乗記②American航空950便 GRU→JFK

ゲートから飛行機まではバスで移動をしました。ところが、バスが飛行機の横に付けられてもなかなか扉が開きません。ずっと待って待って、漸く開いたのは、数分後だったかもう少しかかったか・・・。ゴーーーという大きなエンジン音が聞こえたら、テンションがだんだん上がってきました。さすがBoeing777でかいなあ~としみじみ飛行機を見上げているのは私だけ。バスの扉が開くと同時に、皆我先にと機内に移動し始めました。
皆重たい荷物を抱えてタラップを上ります。ヨイショヨイショ、、、。
ゆったりとしたビジネスクラスシート
私は庶民クラスへ…。何と、今回が初アメリカン航空でした!昔バトントワーリングで、1ヶ月間アメリカに出張し、LA.オハイオ.SFなどを訪ねた時は、ほとんどユナイテッド航空ばかり使いました。
サンパウローニューヨークのこの便の座席は、旅行代理店が予め抑えてくれたと思って油断していたら「あなたまだ座席指定していないわね」と言われビックリしました。結局取ってくれた席は前方の21Cで、お隣は1席空いていて、窓側におとなしい若い女性が座りました。良かった、、、。結局搭乗機は、2時間半遅れてサンパウロ・グァルーリョス空港を出発しました。離陸後、40分ほど経って水平飛行になった後、すぐに食事が配られました。パスタかお肉のチョイス、私は小腹が空いていたので、お肉をお願いしました。飲み物は、赤ワイン♪
漸く飛び始めたといったところでしょうか。いつもマップを見て実感する南米大陸の大きさ!
食事後、すぐに猛烈に眠たくなり、爆睡しました。何度かトイレに通ったものの、この航路は本当によく眠れました。やはり夜間飛行は楽ですね。ニューヨーク到着2時間前くらいに、簡単な朝食が配られます。
このクリームパンはふわふわしていて、意外に美味しかった。サンパウローニューヨークはたったの9時間なので、あっという間に着いてしまいます。それに、深夜便のせいか、実に良く眠れます。と言うと、皆誰もが「ウッソーーー」と信じませんが、私は飛行機に乗っている時間の3分の2くらいは爆睡できるので、得な性格なのかもしれません。最後の食事後、写真を撮らなかったのは、またぐっすり寝てしまったからでした(笑)どんだけ眠れるねん?と突っ込まれそうですが、機内はエンジン音が心地よく響き、まるで子守唄みたいでした。さあ、久しぶりのニューヨークです。この時点での乗り継ぎ時間はきっちり2時間。①降機→②入国管理→③荷物のピックアップ→④再度預け直し→⑤第8ターミナルから第1ターミナルへ、エアトレインで自力移動⑥再チェックイン→⑦荷物検査→⑧次の便に搭乗。たくさんのミッションを抱えてさあ、走るよーーーーーーーーーー。続きます。どうしてもこの時間、死ぬほど眠いです。いつまで続くのかな、この酷い時差ぼけ。( 一一)

*初めてアメリカン空港に乗ってみましたが、評判を前もって聞いていたので、多くを期待しなかったのが良かったのか、ストレスゼロでした。


# by beijaflorspbr | 2014-10-23 17:58 | 飛行機
2014年 10月 22日

2014年10月ブラジル→日本搭乗記①グァルーリョス空港第3ターミナル

今回は、4年ぶりにJAL便に乗り継ぐということで、とても楽しみにしていました。最初は、10月初旬の週末に予約したのですが、満席で取れないとのこと。結局第3週の出発ということになりました。結局このことが後で良かったのかな、と思ったのは、2週連続で大型台風が日本列島を襲ったからです。そんな訳で、この日張り切ってグァルーリョス空港にやってきました。家族とお昼ごはんを一緒に食べ、軽く最後の荷物調整が終わったのが午後3時。自宅を出たのが午後5時過ぎのことでした。平日はあんなに混み合う道路も見事にスイスイ。午後6時半頃に空港に到着いたしました。新しい第3ターミナルができてからは、中・長距離の国際線チェックインはほとんどターミナル3に移動しました。暗くて汚い(失礼!)第一、第二とは見違えるほどの新ターミナル見学が今回の最初の楽しみでした。
第3ターミナルへのアクセスは、標識に書かれている順路の通り、第一、第二ターミナルの入り口から2つめをまっすぐ入ると、第3ターミナルの入り口がありました。心配していたものの、とても分かりやすく書かれた表示にちょっと安心しました。新しすぎて、ちゃんとした案内がないので心配していました。無事送り届けてくれた娘にお礼を言って、ここでお別れ。
ターミナルの中に入ってみると、真ん中にずらっと並んだ自動チェックイン機
難しかったらどうしよう?と超アナログ人間な私はオロオロ。。。係員に訊くと、アメリカンのチェックインは一番左の端っこだよーーと教えてくれました。アメリカン航空のチェックインカウンターに行くと、「エコノミークラスはあっちね」と指差しましたが、「あ、ちょっと待って…セニョーラはイドーゾ(高齢者の意味)だよね、じゃこっち」と優先レーンに通してくれました。軽いショック(-"-)どちらにせよ、ワンワールド・サファイアも一応持っていたので、難なくチェックイン完了。Priorityタグもしっかりつけてもらい、ここでスーツケースとさようなら~♪鍵はかけずに預けました。もらったチケットは2枚。サンパウローニューヨーク(AA)とニューヨークー成田(JAL)です。
今回の旅で困難を伴うと思われたことがいくつかありました。
◎ニューヨーク、成田、大阪・伊丹の3か所でいちいち荷物をピックアップする必要があること。
◎ニューヨークのJFK空港で、第8ターミナルから、JALが出発する第1ターミナルへ移動する必要があること。
それでも長い間の国際線移動の経験から「何とかなるかなあ。。。」と楽観はしていました。まだまだ時間があったので、ちょっとあちこちへ冒険に行きました。色々なお店がありました。
ちょっとだけレアルの現金を持っていたので、ドルに両替をしました。レートは高いけれど、簡単に両替できるのは「まるで外国みたい!」なんて外国なのにそう思ってしまいました。
「あなた、日本に行くんでしょ?日本円にしたら?」と勧めてくれましたけれど、アメリカでちょっとお買い物がしたかったのでUSドルに両替してもらいました。ターミナルも一周して疲れてしまったので、中に入ることにしました。新しいターミナルなので、いちいち聞かなくては分からないのもちょっと疲れました。それでもチョッキを着た案内人がたくさん配置されているのは高評価。
荷物検査の次が出入国管理ブース。明るくて広くて夢のようでした。ずらっと並ぶ免税店や飲食店
真ん中がらせん状のスロープになっており、2階がラウンジスペースと、マッサージ店が入っていました。せっかく上がったのに、ここにはスターアライアンスのラウンジしかなく断念。
出発前のマッサージ、気持ちいいだろうなあ。。。(*^_^*)
スターバックスは広めのスペースを独占中!
すごく広いのでビックリしました。
TAMのおにーさんおねーさんもこれから勤務。階下は何と第2ターミナルだそうで、??だらけ、、、。
こちらはアメリカン航空の乗務員のみなさま。今からロスアンジェルスへ…。
ワンワールドのラウンジが近くにあれば入ってみようかな?と思ったものの、面倒くさいのでそのまま待合ロビーへ。すると、アメリカン航空950便は、1時間半遅れるので、その辺で待っていてとアナウンスがありました。このスペース、大変狭くて座るところもないため、たくさんの人たちが床に座り込んでいました。慣れないからこうなるのか、設計ミスなのかは分からないけれど、さすがブラジル!ザ・ブラジル、待合室に座れないくらいの人を何故詰め込むか?まるであちこちで椅子取りゲームをしている様子に苦笑。
私の乗る950便は、結局2時間遅れで搭乗手続きが始まりました。説明によると、使用機材の到着遅れとのことでした、横に座ったおじさんやおばさんとペチャクチャ話しているうちに、いよいよお呼び出し。移動バスに乗る前、バスが着いてから機内に入るまで待って待って、やっと飛行機に乗った時はかなりくたびれ果てていました。
漸く機内へ誘導が始まったものの、まだまだ待たされる予感がありました。続きます。

# by beijaflorspbr | 2014-10-22 11:11 | 飛行機 | Comments(4)
2014年 10月 21日

日本第一日目

ちゃんとした記事をと思うのですが、PCのインターネットセキュリティーの問題で、なかなか安心して記事を書くことができません。それと、いきなり仕事が本気モードに入ってしまいました。至急サンパウロとも連絡を取る必要があり、なんだかバタバタしています。休息と活動のけじめがなかなか難しい状況ですので、もう少し落ち着いてから日々のご報告をさせて頂きたいと思います。今日もたくさんの方にお寄りいただきましたのに、本当に申し訳ありません。これからもハチドリブログを宜しくお願いいたします。この時間、眠たくて手が火のように熱いです、、、。寝ます。。。
Tags:# 

# by beijaflorspbr | 2014-10-21 23:35 | その他
2014年 10月 20日

無事に帰国しました!

サンパウロを発つ時に、使用機材の到着遅れで2時間半ボーっと待ちました。そのまま行けば次のJAL便への乗り継ぎに問題があったのですが、よほどお上手なパイロットだったのか、ニューヨークJFKに到着した時は1時間のディレイで、楽に乗り継ぎが出来ました。

JALの直行便が無くなってからは2010年にフランクフルト~成田、成田〜パリをJALで飛びましたが、その後あちこちのエアラインを放浪し、現在に至っています。しかし、それはそれで貴重な体験が出来たので良かったと思っています。

久しぶりにワンワールドに返り咲いた訳ですが、AmericanとJALに乗ってみて、その差は歴然としていました。後で大阪の自宅に戻ってからゆっくり旅行記を始めたいと思っています。

今、JAL国内線サクララウンジで大阪行きの搭乗を待っています。もうひと頑張りです!!それにしても体力が無くなったものです。体調は良くありませんが、もう少し頑張ります。




# by beijaflorspbr | 2014-10-20 14:35 | 飛行機 | Comments(4)
2014年 10月 20日

Dinho's@フェイジョアーダ

長年のお友達のS先生とある相談をしに行きました。ご相談が終わったら、お腹が空いていたので、先生をお誘いしてDinho'sへ…。
この日は水曜日で、フェイジョアーダの日。バーに行くと、バチーダ(カッシャッサ&フルーツ)とフェイジョアーダのスープが飲み放題。
飲んだりおつまみを食べたりして、しばらくまったり…。
テーブルに案内されました。パンとパテ
それとPovilhoはシャリシャリしていてお菓子みたい。
まずは皆でサラダバーへ。ここで取りすぎると後何も食べられません。
次はメインのフェイジョアーダを取りにいったトリオさん。お皿がすごいことになっています(@_@;)
私はこのお店に来ると必ず頼む「Chataubriand com Molho Madeira」を選択
ちょうど良い焼き加減。
お肉は残してお持ち帰りにしました。それでもデザートは頂かないと!
大変美味しく頂きました!何よりS先生とのゆっくりした時間が過ごせたのが一番の収穫でした。いつまでもお元気で!!


# by beijaflorspbr | 2014-10-20 12:00 | サンパウロのレストラン
2014年 10月 19日

ブラジルを知る会「第5回東日本大震災応援バザー」日にち決定!

急激に暑くなってしまったサンパウロ、何と今日19日(日)の0時から夏時間が始まりました!1時間のタイムラグは慣れるまで大変です。日本との時差はマイナス11時間とこれまた計算がややこしい(笑)勘違いをして日本の家族がとんでもない時間に電話を掛けたりする悲劇もたまにあります。お願い、勘違いしないでね~(*_*)
2015年3月開催予定のブラジルを知る会主催「第5回東日本大震災応援バザー」の詳細を決めるために『梵』さんに有志が集まりました。日差しの強い中、頑張って辿り着いた先には美味しいお菓子~(^_^)/やったーー!一体何をしに行っているのやら。。。
アキヤマさんの特製フィナンシェとクッキー
メンバーのMさん特製のオレンジ&人参寒天
一同感嘆したのがこれ、何とところてんです!そうか・・・天草があれば出来るんですね。サッパリして美味しいのなんのって。ところてん、見直しました!「梵」のマダムお手製のポン酢の配合具合がまた絶妙でした。
この日はスカイプを利用して、3元中継(サンパウロ・他州・日本)での会議。便利な世の中になったものです。肝心なお知らせをしなくては・・・。

第5回東日本大震災応援バザーは、2015年3月1日(日)に開催させて頂きます。
会場はパライゾ地区の三和学院です。同学院の全面協力で開催できますことを心から感謝いたします。
ご家庭にある不要な本・雑誌・雑貨・食器・衣類などがありましたら、是非とも『ブラジルを知る会』にご寄付頂けますようお願いいたします。
バザーに関するお問い合わせは、お近くの会員または311bazar2015★gmail.com (★を@にかえて下さい)までお願いします。


# by beijaflorspbr | 2014-10-19 12:00 | ブラジルを知る会
2014年 10月 18日

Granadoの石鹸

昨日は何と、ITAIM地区の高級ショッピングセンター3か所(イグアテミ、JK、シダージ・ジャルジン)を梯子するという贅沢な一日でした。後半年で日本へ帰国される方をご案内させて頂きましたが、それぞれに特徴があり、楽しめました。その中でも、イグアテミ内のGranado(グラナード)のご紹介をさせて頂きます。
どこのショッピングセンターにも入っているGranadoは、1870年創業の歴史ある会社です。昔は、スーパーの片隅に置いてあるような地味な会社でしたが、近年事業を拡大し、色々な香りの石鹸やクリームを販売しています。我が家は随分前からこの会社の石鹸を愛用しておりました。今回日本へのお土産もこのお店で大人買いしてまいりました。日本では、ボディーシャンプー全盛期で、石鹸を使う方が少ないかもしれませんが、良い香りの石鹸は引き出しに入れて置くだけで癒されます。
色彩の鮮やかさに目を奪われます。固形石鹸もたーくさん~♪もうより取り見取りなんです。それでも1個が130円くらいなので、お財布にも優しい。
最近はコスメにも力を入れているのよ~と店員さん。応対がとっても親切です。
国際ブランドのロクシタン・ブラジルバージョンも良いのですが、私は庶民的なこちらの方が好きです。
良いお買い物が出来ました!(ちょっと重たいけどね!)一部並べてみましたが、全部は入っていません(買い過ぎかしらん?)
因みに、モルンビ―・ショッピングのグラナードはこのようにちょっと雰囲気が違います。
空気の綺麗な南ミナス州産のコーヒーもスーパーの棚から買い占めてきました!今まで試飲した中で一番美味しかったコーヒーです。ポン・ジ・アスーカルに売っています(内緒ですけど…)
インスタントコーヒーが好きな方にはイグアスコーヒー~♪丸海で求めてきました。本当は缶入りが良いのですが、重たいので断念。
あら・・・安いものばかりネ、と仰るそこのあなた(笑)大切なお友達へはコチラ…。目が飛び出そうに高かったけれど、お誕生祝なので頑張りました!
お土産を買うのも楽しい作業でした。さあ、これらをどうやって持って行くの?ですが、まあ何とかなるかもね!おばさんは逆境にまけません、へへへヽ(^o^)丿


# by beijaflorspbr | 2014-10-18 22:26 | サンパウロ生活情報
2014年 10月 17日

Almanara@家族

忙しい日々が続いています。でも私より数倍も忙しい家族がいます。今週は「Semana da Crianca(子ども週間)」でほとんどの私立校が1週間お休みという大盤振る舞い。昔子どもたちが小さかったこの時期には、いつもGuarujaのアパートに避難していました。少し肌寒いものの、まだまだ海で泳げる時期。大いに満喫したものでした。そんな無邪気に遊んでいた子どもたちも今は大人になり、皆大変忙しくしています。昨日も家族のところにお弁当を届けましたが、お昼休みも患者さまからどんどん電話が掛かってきます。「あの・・・今週はもういっぱいなのですが、来週でしたら・・・」という受け応え。予約帳は来週までほとんど真っ黒でした。一人一時間という丁寧な応対なので、当然予約数も限られてくるのかもしれません。そんな忙しい彼女との久々の週末外ランチに選んだのはアラブ料理のAlmanara。
もうすぐ日本に帰るRちゃんも一緒。ジュースでカンパイー☆
まずはサラダから…。ゴチャゴチャ色々なものが混ざっていて美味しい~。
アラブのパン、温かくて柔らかいタイプです。
キビクルー(生肉)
カフタ(挽肉のケバブ)
カフタにはヴィナグレッチをたっぷりかけて頂きました。
キビクルーは久しぶりで食べるのがちょっと怖かったけれど、一口食べてみたら美味しくて嵌りました!ミントやネギ、レモン汁にオリーブオイルで味付。
ショッピングセンターパウリスタのロクシタンで日本へのお土産を買いました。
忙中閑ありな週末、歩きすぎて足が痛くなっちゃったけど、楽しかった!ありがとうね。


# by beijaflorspbr | 2014-10-17 20:29 | サンパウロのレストラン


< 前のページ      次のページ >